黄砂の季節となりました。
春の時期に多く黄砂が飛ぶのは何故でしょうか?
偏西風は一年中ふいているはずですが。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

中国の砂漠で乾燥が強く(=冬を通して乾燥が進む)、強風が吹き、砂が空中に舞い上がるのが、春先だからだそうです。



最近の地球温暖化で、砂漠が拡がったり、内陸部で雨が極端に減ったりで、砂が乾燥し、年々黄砂の量も、黄砂が降る期間も増えているらしいです。
    • good
    • 0

厚みのある偏西風は、層のスピードが季節によって変化するようです。



参考URL:http://www.chugoku-np.co.jp/Nie/question59.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウェザーニューズの天気予報アプリの代わり

天気予報といえば、日本気象協会とウェザーニューズが大手ですが、
後者の純正アプリが非常に使いにくいので、ウェザーニューズが提供元の天気アプリを探しています。
いい無料アプリがありましたら、お教えください。

ちなみに日本気象協会の方は、Yahoo!天気のアプリを使っています。天気に特化していて使いやすいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウェザーニューズ自体が、自社アプリ以外に情報を提供はしていないようです。

Q黄砂の季節

黄砂は、いったい何処まで飛んでいくものなんでしょう?

Aベストアンサー

http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/climate_change/2005/pdf/2005_3-2.pdf
東アジアで発生した黄砂が太平洋を横断し、北米に輸送されている事例は、しばしば地球観測衛星から観測されており(例えば、Husar et al., 2001)、グリーンランドの氷床からタクラマカン砂漠起源と思われる黄砂粒子が見出された事例(Bory etal., 2003)や、北大西洋を越えた東アジア起源の黄砂がヨーロッパアルプスまで輸送された事例(Grousset et al., 2003)なども報告されている。
でも、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠の上空4kmくらいに上がった黄砂が数百キロ先に流れるのは、そう珍しいことではないので、日本だと、春先にはしばしば黄砂が来ることになるようです。
春は乾燥していて小さな黄砂が空中に舞い上がりやすく、移動性低気圧が偏西風で東方向に運ぶことになるからということのようです。 このような上空に舞い上がる黄砂は、とても粒径が小さくて、重力に影響されて落下することは少なくて、高層でただただ拡散してしまうので、遠くに運ばれて行くうちに、(もうほとんど残ってない)状態になってしまうかららしいです。
地球がもっと乾燥していた時代には、大量に黄砂が発生するので、遠くの地点でもまだ高濃度の黄砂があり、グリーンランドのようなところでも、堆積したということかもしれません。 
大気中だけでない黄砂の遠方運送もあります。 海に落下した?黄砂も栄養価の高いものとしてプランクトンが餌にし、海洋生物がプランクトンを食べということで、広く海洋を黄砂が広がっていくようなこともあるそうです。ハワイ辺りではかなり黄砂の堆積があるそうです。

http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/climate_change/2005/pdf/2005_3-2.pdf
東アジアで発生した黄砂が太平洋を横断し、北米に輸送されている事例は、しばしば地球観測衛星から観測されており(例えば、Husar et al., 2001)、グリーンランドの氷床からタクラマカン砂漠起源と思われる黄砂粒子が見出された事例(Bory etal., 2003)や、北大西洋を越えた東アジア起源の黄砂がヨーロッパアルプスまで輸送された事例(Grousset et al., 2003)なども報告されている。
でも、ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠の上空4kmく...続きを読む

Q黄砂について

黄砂について教えてください。
黄砂がどういう物なのかはネットで調べたのですが、
北海道育ちの私は実際黄砂というのを体験したことがありません。
それとも気がついてないだけでしょうか。
現在東京に住んでいますが、黄砂は東京にもありますか?
もしくはもう降ってますか?
(「黄砂が降る」という表現が正しいのかどうかわかりませんが)

黄砂が
1北海道でも降るのか
2東京でも降るのか
3それはどんなものか???(目に見えますか?)
が知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1・・北海道では見られないのではないでしょうか・・
2・・私も過去に黄砂現象があったと聞きましたが通常みれるほど回数が多いとは思えません。あると新聞にのるぐらいなのでめずらしいのではないでしょうか・・
3・・これはもういやっていうほど経験しています。

九州の筑紫平野部分の住んでいますが、もう最悪です。
洗濯物は黄色くなる。車もきな粉をふったようになる。
その上、これ雨にまざるとべたっとするのです。
粘土土が乾燥してこまかーい粉になっている感じです。

眼に見えます。空を見上げると世界が黄色いです。
黄土色が正しいです。近くの山も黄色い霧がかかったように見えます。近くでは見れませんが家からはなれると家のあたりも黄色い霧の中にあることがわかります。
ベランダなども、黄色っぽい砂が体積します。
車は最悪・・ほんとに火山灰のようです。

Q影が飛ぶのはなんで?

影が動くとき、静止した物が飛び上がって見えることがあるのはなぜですか?
あと、これはどんな条件が満たされたときに起こるのですか?
疑問に思ったので答えてもらえたらうれしいです☆

Aベストアンサー

もしかして、
題「物が飛ぶように見えるのはなんで?」
質問文「絵の中で影を物からずらしたとき、静止した物が飛びあがって見えることがあるのはなぜですか? (以下略)」

という質問でしょうか?
これなら、浮かし絵とよばれる錯視です。
網膜に入ってくる情報は二次元ですが、これを脳が三次元に構成しなおすため、いろいろな間違いがおこるのです。

Qゴビ砂漠以外の砂漠では黄砂は発生しないのですか?

黄砂は本当に不快ですが、日本とゴビ砂漠は数千キロも離れています。
世界に砂漠は沢山あるので、世界中で黄砂が観測されてもおかしくないと思うのですが、東アジア以外では黄砂の話は聞きません。
ゴビ砂漠以外の砂漠では黄砂は発生しないのですか?

Aベストアンサー

 黄砂と呼ばれていないだけで、世界各地でも同様の現象は発生しています。
 アラビア半島を吹き抜ける北寄りの風が、ヨルダンやシリア付近で砂塵を巻き上げ、砂塵を伴った乾燥した強風となってペルシャ湾岸地域に吹き付ける、シャマールと呼ばれる風がありるそうです。
 オーストラリアでは、夏に内陸の砂漠地帯を通過した南風が、ブリックフィールダーと呼ばれる砂混じりの乾燥した高温風となって吹きつけ、南部の海岸地帯にまで砂塵が降らせるそうです。
 西アフリカでは、サハラ砂漠を通過した貿易風が、ハルマッタン呼ばれる極端に乾燥した東風となって、サハラ砂漠中央部・チャドのボデレ低地付近で砂を巻き上げ、視界が霞む程の莫大な量の砂塵を降らせるそうです。
 この砂塵の粒は、非常に微細なため、貿易風に運ばれて大西洋を越えて、遙か北米大陸にまで到達する事もあるらしいです。
 アフリカ北部では、サハラ砂漠を吹く南風が、ギブリと呼ばれる乾燥した熱風となって、砂塵が降らせるそうです。
 更にギブリは、海岸線を越えて地中海上空を通過し、その際、海面から水蒸気の供給を受けて、高温の湿潤風に変わり、ヨーロッパに到達し、時にはヨーロッパにすら砂嵐を発生させる事もあるそうです。
 このサハラ砂漠に起源を持つ、砂混じりの暑い南風の事を、イタリアではシロッコ、クロアチアやモンテネグロではユーゴ、フランス南部ではマランと呼ぶ様です。
 日本に到達した黄砂が雪に混じる事によって、日本に黄色い雪が降るのと同様に、シロッコが運んで来た赤い砂塵によって、ヨーロッパでは赤い雪が降る事があるそうです。

【参考URL】
 砂嵐 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E5%B5%90

 シャマール - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB

 ブリックフィールダー - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC

 ハルマッタン - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3

 シロッコ - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3

 知って激モテ雑学サイト > •ヨーロッパの雪は赤い?
  http://モテる.12hey.com/1_13.html

 黄砂と呼ばれていないだけで、世界各地でも同様の現象は発生しています。
 アラビア半島を吹き抜ける北寄りの風が、ヨルダンやシリア付近で砂塵を巻き上げ、砂塵を伴った乾燥した強風となってペルシャ湾岸地域に吹き付ける、シャマールと呼ばれる風がありるそうです。
 オーストラリアでは、夏に内陸の砂漠地帯を通過した南風が、ブリックフィールダーと呼ばれる砂混じりの乾燥した高温風となって吹きつけ、南部の海岸地帯にまで砂塵が降らせるそうです。
 西アフリカでは、サハラ砂漠を通過した貿易風が、ハ...続きを読む

Q偏西風はなぜ西に吹くのか?

■偏西風はなぜ西に吹くのか?
地表付近においては亜熱帯高圧帯(中緯度高圧帯)から極側に吹き出す風がコリオリの力によって西向きとなり偏西風となる。

この意味がわかりません。

どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。

■力をコリオリの力(転向力)
地球は自転しているため、地球上では、まっすぐに動くはずの物はその進行方向が曲げられます。この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。

=>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見える)という認識で良いでしょうか。

この認識にたつと、

=>北東貿易風と南東貿易風は、東に流れるのでOK

貿易風と偏西風に違いは、
貿易風は、赤道に向かって吹くか、
偏西風は、極に向かって吹くかの違い。

=>北極から赤道に向かってボールを投げても、
  赤道から北極に向かってボールを投げても、

自転する方向と逆の方向に、曲がる(ように)見えると思うのです。

=>赤道から北極に向かってボールを投げたら、自転方向に曲がるのであれば、偏西風になることは、至極納得できます。


でも、ここで、

■偏西風はなぜ西に吹くのか?
地表付近においては亜熱帯高圧帯(中緯度高圧帯)から極側に吹き出す風がコリオリの力によって西向きとなり偏西風となる。

この意味がわかりません。

どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。

■力をコリオリの力(転向力)
地球は自転しているため、地球上では、まっすぐに動くはずの物はその進行方向が曲げられます。この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。

=>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見...続きを読む

Aベストアンサー

 転向力は地球の自転による見かけの力ですが、北半球では「物体の進行方向を右にそれさせるよう」に働きます。
 ですから、北半球では中緯度高圧帯から赤道低圧帯に向かうと進行方向が、進行方向に向かって右(すなわち西)にずれます。東から西に向かうので東よりの風(北東貿易風)になります。また、同じ理屈で中緯度高圧帯から高緯度低圧帯に向かうと東にずれますので西よりの風(偏西風)になります。
 因みに南半球では転向力の向きが逆になります。台風の渦の巻き方がちがうのもそのせいです。

Q山がかすむと黄砂なのですか

知人がよく、「黄砂きてるよね」って言います。
黄砂の実況データで、ほとんど観測値が出ていない日でも、
「今日は黄砂がひどくない?」と言っています。
理由を聞くと、「朝電車から見える六甲山がかすんでいるから」と
言います。
六甲山がかすむ日は、本当に黄砂が飛んでいるのでしょうか。
それとも、別の理由でかすんでいるのでしょうか。
黄砂がそれほど飛んでるとは思えない日に、幾度となく言われ
辟易しています。知人に根拠はありません。
六甲山がなぜかすんで見えるのか、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

他の方が言われているように、霧(きり)、霞(かすみ)、靄(もや)など水が正体としての現象を始め、杉を代表とする「花粉」、市街地なら排気ガスなどのスモッグなどいろいろ考えられます。

見る人の目ヤニ、視力障害、目の病気、コンタクトの汚れとかも・・・・

「朝電車から見える六甲山がかすんでいる」という点では、電車のガラスが汚れているとか?

Q偏西風 ジェット気流

(1) 熱帯集束帯の上空から極に向かって流れる風は、
   転向力が除々に大きくはたらき、
   風向は西に近づき、風速も大きくなる。

  この文章で、風向が西に近づくのはわかりますが、
  どうして風速が大きくなるのでしょうか。

(2) 亜熱帯高圧帯上空でジェット気流が発生するのはなぜですか。
  またジェット気流が西向きなのはどうしてですか。
  地表付近の偏西風はわかりますが、
  上空でも同じ西風が吹く理由がわかりません。
  
  上空の気圧は、
   赤道・・・高圧
   亜熱帯高圧帯(北緯30°付近)・・・低圧
   亜寒帯低圧帯(北緯60°付近)・・・高圧
   極 ・・・ 低圧

  となり、亜熱帯高圧帯の上空からは
  北上する風が発生しないと思います。

  亜熱帯高圧帯上空から北上する風があって、
  転向力の影響で方向が西よりになっているのでしょうか。

 (3)亜寒帯ジェット気流が発生するしくみも教えてください。

 すみません、疑問点をうまく説明できませんが、
 よろしくお願いいたします。
  

(1) 熱帯集束帯の上空から極に向かって流れる風は、
   転向力が除々に大きくはたらき、
   風向は西に近づき、風速も大きくなる。

  この文章で、風向が西に近づくのはわかりますが、
  どうして風速が大きくなるのでしょうか。

(2) 亜熱帯高圧帯上空でジェット気流が発生するのはなぜですか。
  またジェット気流が西向きなのはどうしてですか。
  地表付近の偏西風はわかりますが、
  上空でも同じ西風が吹く理由がわかりません。
  
  上空の気圧は、
   赤道・・・...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ベクトルを書くと判りやすいのですが…
動き始めは北向きのベクトルのみです。しかしすぐにコリオリ力が働き、直角右向きのベクトルが発生します。ふたつの合力は動き出しのベクトルより「少し東向きで大きくなります」これを逐次繰り返すと、等高度線と平行になった頃に「風速が最大になります」これを全体で平均すると上空の風は等高度線に平行に、地衡風として吹くことになります。

(2)大気の温度は赤道側で高く、極側で低いのは周知のことと存じます。赤道側は密度が低くなり背が高く、極側では密度が高く背が低くなります。中緯度ではその傾きが大きくなっています。その傾きは高度と共に強くなり、地衡風も強くなります。温度の水平傾度のために、高度によって地衡風が変化することを温度風の関係と言います。南北の温度傾度は中緯度帯に集中しているので「中緯度の上空で偏西風が強い」ということになります。
亜熱帯ジェット気流は「熱帯圏界面と中緯度圏界面との境目に存在しています」が、西風の維持には、中緯度側の傾圧不安定波による渦度の水平混合とハドレー循環の角運動量の収束が働いているといわれています(気象科学事典より)
尚、フェレル循環は子午面循環の平均操作によって表されるもので見かけ上のものです。

(3)亜寒帯ジェット気流とお書きですが、寒帯前線ジェット気流ですね。寒帯前線の強い温度傾度で成り立っています。ですから冬になると温度傾度が強まり、ジェット気流も強くなります。温度傾度の解消のために大きく蛇行したり、分流・消滅したりします。

…難しいですね。

(1)ベクトルを書くと判りやすいのですが…
動き始めは北向きのベクトルのみです。しかしすぐにコリオリ力が働き、直角右向きのベクトルが発生します。ふたつの合力は動き出しのベクトルより「少し東向きで大きくなります」これを逐次繰り返すと、等高度線と平行になった頃に「風速が最大になります」これを全体で平均すると上空の風は等高度線に平行に、地衡風として吹くことになります。

(2)大気の温度は赤道側で高く、極側で低いのは周知のことと存じます。赤道側は密度が低くなり背が高く、極側では密度が...続きを読む

Q黄砂は日本のどの地域がひどいのでしょうか?

最近テレビで福岡県の黄砂の被害を見て福岡への引越しは避けようと思いましたが、その他どの県がひどいのでしょうか?花粉症もちなので黄砂が悪影響がある事もテレビで報じられてました。
黄砂の被害が出る県は流動的で特定は難しいでしょうかまた、例えば福岡県でも地域によっては被害が無い場所もありますか?地形や海岸などにも影響されるのでしょうか?
愛媛県、千葉県、長崎県の海と面した地域の黄砂の被害について特に興味があります。

Aベストアンサー

う~ん。正直言って、心配しすぎだと思います。
私は、かなり長い間、福岡に住んだことがありますが、黄砂で害を受けたことは一度もありません。ていうか「黄砂の被害」という言葉すら始めて聞きました。
福岡に住んでいると春先に、中国から黄砂がやってきますが、そんなにひどいことはありません。遠くの山なみが薄ぼんやり黄色く見えたり、空がなんとなく黄色く見えたりするだけです。黄砂現象が起こると「ああ今年も春がやってきたな」と季節の風物詩のような感覚です。WikipediaのURLを貼り付けておきますが、微量の砂が積もる程度で、大きな被害はほとんど報告されていないと書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A0%82
黄砂が花粉症を助長するという実験結果もあるようですが、実際に福岡で人が吸い込む黄砂の数十倍もの濃度にして実験しているのではないでしょうか。それより、東京や大阪の上空の方がもっと薄黒くよどんでいて、こっちの方が気味が悪いですし、花粉症にも影響が大きいといわれています。黄砂は年に数日ですが、東京や大阪の上空の方は一年中ですし。
企業の人たちに赴任したい地方都市はどこですかと聞くと、多くの人たちが福岡と答えます。食べ物はおいしいし、物価は安いし、人情が厚いし、適当に都会でありながら、海や山の自然も近くにありますし、空港が近いのですぐに東京や大阪に行くこともできます。
黄砂に対する誤解で、福岡への引越しをやめるなんてことがあれば、大変残念ですよ。

う~ん。正直言って、心配しすぎだと思います。
私は、かなり長い間、福岡に住んだことがありますが、黄砂で害を受けたことは一度もありません。ていうか「黄砂の被害」という言葉すら始めて聞きました。
福岡に住んでいると春先に、中国から黄砂がやってきますが、そんなにひどいことはありません。遠くの山なみが薄ぼんやり黄色く見えたり、空がなんとなく黄色く見えたりするだけです。黄砂現象が起こると「ああ今年も春がやってきたな」と季節の風物詩のような感覚です。WikipediaのURLを貼り付けておきます...続きを読む

Q偏西風波動について

 質問です。偏西風は何故南北に波をうつのですか?コリオリの力がからんでるのでしょうか。つまらない質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 偏西風が南北に波を打つ原因には、No.1の方も書かれているような、山脈の影響もありますが、最も大きな原因は、極付近と赤道付近の温度差です。

 偏西風は、赤道付近が温められ、極付近が冷やされることによってできる温度差を原因としてできる気圧差によって発生します(この流れの向きがコリオリ力の影響を受けています)。

 温度差が大きくなると、その温度差を解消しようとして、赤道側の暖かい空気を極側に、極側の冷たい空気を赤道側に移動させようとする流れが発生します。これが偏西風の蛇行です。

 もう少し厳密な説明が必要であれば、気象の専門書をお読みください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報