動画の編集をしたいのですが(圧縮)もとのビットレートがわからないと編集後に元のビットレートより大きくなってしまうことがあるのでなんかムダとおもいます。
そこで
avi,mpeg,wam.vobファイルなどのビットレートを表示するソフトはありますか?
真空波動拳などは、対象にしている動画のフレームレート[29.99f]などを表示するだけで、ビットレートを表示してくれるものはありません。
動画の例2MB、4MBなどのビットレートを表示してくれるフリーソフトなどはあるのでしょうか?

できれば計算機とかでなく、ドラッグ&ドロップするようなソフトであればありがたいです。
教えてください。
VOBにも対応しているとありがたいです。


DVDは4~9MBぐらい というのは参考にならないので、対象にしている動画のビットレートを見たいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


動画データやVOBファイルのビットレートを調べるのですよね?
「Bitrate Viewer」ですとファイルを読み込ませてビットレートの最大値や平均値を表示することができます。
英語ですが、それほど難しくはないと思います。
下記からDLできますのでお試しください。

参考URL:http://www.tecoltd.com/bitratev.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはすごいですね!
ありがとうございます

お礼日時:2005/04/22 22:20

質問の意味が良く読みとれません。



Windows Media PlayerのプロパティやQuick Timeのムービー情報表示ではだめなのですか?

ビットレートは上記の方法で見られるはずですし、むしろ2MB、4MBなどのファイル容量ならファイルを右クリックしてプロパティを表示すれば見られるはずですが…。

この回答への補足

え・・・・・それでは対応していないファイルがおおいんですよ

補足日時:2005/04/22 22:22
    • good
    • 0

私の知る限り見たことないですね。


(あったら、ごめんなさい)

時間とサイズを大きさから割り出すしかないんじゃないかなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなのでしょうかね

お礼日時:2005/04/22 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Q携帯動画変換君のビットレート上限

携帯動画変換君でmpeg-1に変換したのですが、設定したビットレートに比べて異常に容量の小さいファイルが出来上がりました。
携帯動画変換君でmpeg-1にエンコードするときの最大ビットレートの値はいくつなのでしょうか?

Aベストアンサー

回答通知メールを受信しておりませんので補足からお返事が遅れていたらすみません。

変換前の動画(の画質)によって最大ビットレートの値は変わり、ある動画はビットレートを5000kbpsと設定してエンコードしても、変換後のビットレートが1000kbps以上にはなりませんが、同じくビットレートを5000kbpsと設定して他の動画をエンコードすれば、変換後のビットレートが2000kbpsになる動画もあれば、4000kbpsになる動画もあります。(この場合、変換後の動画のビットレートより低いビットレートを設定して変換すると、そのビットレートに近い値になります。)

画質の良い動画の方が、ビットレート上限が高くなるわけですが、「(の画質)」と、()を付けたのは、人が判断する画質ではなく、コンピュータが判断する画質であることに注意する必要があるからです。(画質という言葉が適切かどうか分かりませんが、携帯動画変換君の変換作業を行っているFFmpegを始めとする、数多くのエンコーダを産出している海外ではよくクオリティーという言葉を使います。)
人は見た目で画質を判断しますが、コンピュータはデータの複雑さなどを基準に判断します。動きの激しい動画ではデータが複雑になりますし、コンピュータは人が識別できる色数以上の色が扱えますので、必ずしも人が見て画質の良いものが、コンピュータからして画質が良いとは限らないからです。
では、もっと画質の良い動画を変換した場合、携帯動画変換君で変換できるビットレートには上限があるのでは?と聞かれればですが、携帯動画変換君自体の上限より、mpeg-1の12bit(4096色)やPCの32bit(1677万色)などの色数の表現の限界で、作成可能なもっと画質の良い動画の上限が先に来ると思います。

説明が下手ですが、まだ分かりにくい所があれば具体的に指定してください。

回答通知メールを受信しておりませんので補足からお返事が遅れていたらすみません。

変換前の動画(の画質)によって最大ビットレートの値は変わり、ある動画はビットレートを5000kbpsと設定してエンコードしても、変換後のビットレートが1000kbps以上にはなりませんが、同じくビットレートを5000kbpsと設定して他の動画をエンコードすれば、変換後のビットレートが2000kbpsになる動画もあれば、4000kbpsになる動画もあります。(この場合、変換後の動画のビットレートより低いビットレートを設定して変換すると、...続きを読む

Qドルへの両替、現金やT/Cの交換レートが最もよいのは

ドルへの両替、現金やT/Cの交換レートが最もよいのは?
旅行のため、200万円ほどドルに替えようとおもってるのですが、
現金、T/Cで各々で最もレートのよい交換方法をおしえてください。
ネットでいろいろ探してもうまく見つかりません。

Aベストアンサー

 日本で日本円から米ドルに両替する場合、現金は金券ショップが最も有利なレートを出しています。トラベラーズチェック(以下TC)のレートは横並びですが、手数料は多少安くできる方法があります。

 両替法の有利不利を論じるにあたって、為替用語をいくつか説明させてください。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り銀行間の取引きに用いられるレート。顧客はこのレートでは取引きできず、外貨を売るにしても買うにしても必ずいくらかのマージンを払うことになる。新聞やテレビなどで報じられているレートは特に断りのない限りこの銀行間レート。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは常時変動しているので、これを窓口での取引基準に使うと処理が煩雑になる。そこで銀行はこれに代えて「公示仲値」というものを定めその日の取引の基準レートとする。公示仲値は各銀行が独自に定めるので銀行の間で完全には一致しないが、銀行間レートを参照して定めている以上、自ずとある範囲内に収まる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も国際間の決済を扱う関係で、外国為替市場や各国経済の動向を読みながら通貨間の換算レートを独自に決定する。このレートは銀行間レートや公示仲値と同じとみなして差し支えない(*1)。

 銀行間レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三者は厳密には一致しないものの、実質的には同一のレートとみなせます。そして両替法の有利不利はそこからどれだけの手数料が上乗せされているかで比較すれば一目瞭然です。

1. 現金への両替
(1)即時両替
 米ドル現金への両替レートは、一昔前までは「銀行間レート(あるいは公示仲値)+3円」が一般的でしたが、平成10年の外国為替及び外国貿易法改正により多くの金券ショップが参入し、銀行より有利なレートを提示して扱い額を増やしています[1-6]。金券ショップでは「上乗せ幅2円(銀行より1円有利)」が一般的でしたが、最近は1円50銭といったところまで現れています[1]。外貨両替を扱っている金券ショップは全国どこにでもあるものではありませんが、お住まいの近くに店舗があれば覗いてみてもよいでしょう。
 銀行は「公示仲値+3円」でほとんど横並びですが、三井住友銀行の「外貨両替コーナー」[7]は2円70銭、三菱東京UFJ銀行は2円80銭で多少有利です。
[1] http://www.ticket-center-inc.com/gaika.htm 1円50銭上乗せ
[2] http://www.ticketzone.jp/gaika/index.html 販売1円79銭 買取2円
[3] http://www.igami.co.jp/currency.html 2円上乗せ
[4] http://kinken.homepage.jp/change/ 2円上乗せ
[5] http://gaika.e-daikoku.com/ 2円上乗せ
[6] http://www.tiketking.co.jp/change/exchange-top.html 販売1円94銭 買取3円
[7] 三井住友銀行 外貨両替コーナー http://www.smbc.co.jp/kojin/sonota/ryougae/ichiran.html

(2)外貨預金経由
 外貨預金は「帳簿上の数字として外貨を保有する預金」であり、日本円預金のように現金で自由に出し入れすることはできなません。また一部の銀行では手数料(外貨現金取扱手数料)を払うことで外貨現金として引出せますが、その手数料は一般に1ドルあたり2円なので、外貨預金経由で米ドルを調達するのは一般に不利です。
 その中で三井住友銀行とみずほ銀行の2行は外貨現金取扱手数料について独自の設定をしており、条件によっては「日本円現金→外貨預金→外貨現金」のルートで有利に米ドル現金を調達できます。

(A)三井住友銀行
 米ドル外貨預金を1万ドル以上保有していると、米ドルに限って外貨現金取扱手数料が免除され米ドル現金で自由に出し入れができるようになります[8]。調達予定の金額が200万円相当なら検討に値します。
 日本円資金を米ドル外貨預金に振替える際のレート(対顧客電信売レート、TTS)は米ドルの場合公示仲値+1円(為替手数料)です。引出す際の手数料はかかりませんので、結局1ドルあたり1円の手数料だけで米ドル現金を調達できることになります。
 具体的には三井住友銀行の外貨預金取扱支店に行ってまず200万円を預け、為替レートが円高と思えた日に米ドル普通預金に振り替えます。タイミングを見計らって一度で振り替えるのも、数回に分けて振り替えてレートを平均化するのもお好みでどうぞ。必要な資金を米ドル普通預金に振り替えたら支店に行き米ドル現金で引出します。ただし200万円相当の米ドル現金を常備している支店はわずかでしょうから、引出す数日前に連絡し準備してもらったほうがよいです。
[8] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

(B)みずほ銀行
 外貨現金をその通貨の外貨預金として引出す場合、外貨現金取扱手数料は金額や通貨種によらず1回1,000円に設定されています。小額では損ですが200万円相当ならメリットが出てきます。このサービスは積極的には宣伝していませんが[9]などに小さく記述があります。店頭に置いてある外貨預金のパンフレットの最後にも書いてあります。
 みずほ銀行で日本円資金を米ドル外貨預金に振替える際のレートは公示仲値+1円ですが、振替操作を同行のATMで行うと公示仲値+60銭で済みます。2万ドルを調達したとして為替手数料が12,000円、外貨現金取扱手数料が1,000円ですから合計13,000円。1ドル当たりの上乗せ幅は65銭で済みます。多額の米ドル現金を引き出す場合に事前連絡した方がよいのは(A)と同じです。
[9] みずほ銀行 外貨での入出金 http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/g_teiki.html

(3)外国為替証拠金取引の利用
 これ以上にレートを追求されるなら、外国為替証拠金取引(FX)を使って日本円資金を米ドルに振り替え、その資金を適宜の銀行に国内外貨送金し、外貨現金取扱手数料を払って外貨現金を受取る方法があります。手数料が現時点で最も安いのは、FX業者の「外為どっとコム」[10]で資金を米ドルに振り替え、三井住友銀行に国内外貨送金し(2)の(A)で述べた「残高1万ドル以上なら外貨現金取扱手数料免除」を活用して米ドル現金を受取る方法[11,12]と思われます。
 公示仲値+5銭程度で米ドル現金を調達できますが、仕組みは多少複雑で為替取引や外貨送金に関する理解が前提となります。また1万ドル以下ではメリットはありません。
[10] 外為どっとコム http://www.gaitame.com/
[11] http://www.gaitame.com/service/gaika_shousai02.html
[12] http://www.gaitame.com/campaign/g_camp.html

2. トラベラーズチェックへの両替
 200万円といったまとまった金額となると、紛失・盗難対策の点でTC併用は必須でしょう。米ドル建てTCの両替レートは公示仲値+1円の横並び(これ以外の設定は見たことがないです)で、レート的には現金よりよいのですが、上で述べたように現金両替のレートもよくなっているので、TC発行手数料まで含めて考えると逆転することもあります。
 TC発行手数料はほとんどの銀行が1%に設定していますが、東京の「さわやか信用金庫」[13]では無料です[14]。またシティバンク銀行在日支店に口座をお持ちなら同行でのTC発行手数料はやはり無料です[15]。お住まいの場所が東京でなくシティバンク銀行もご利用でないとすると、次善の案は通信販売業者の「セシール」でしょう。セシールのTC発行手数料は0.5%です[16]。
 なおアメリカでは多くの場所でTCをそのまま使えますが、それ以外の国の多くでは免税店や大規模百貨店など限られた場所でしか使えず、金融機関でいったん換金することになります。そして換金時に手数料がかかることもあり、その場合最初から現金で持参するより不利になることもあります。

[13] さわやか信用金庫 http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/index01.html
[14] http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/service/foreign_exchange.html
[15] citibank トラベラーズチェック http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html
[16] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

3. クレジットカード
 クレジットカードはスキミングなどに気をつければ安全で、特にアメリカでは大いに威力を発揮します。その決済レートの計算は以下の通りです。
(1)ショッピング
 クレジットカードでショッピングをした場合の日本円での引落し額は「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートで換算し、海外利用に伴う手数料を加算」で計算されます。「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」は冒頭述べたように、銀行間レートや公示仲値と同一視して構いません。手数料はVISA/Masterが1.63%、JCBが1.60%です(一部、これと異なるカードもあります)。従って全体では「公示仲値+1.60%または1.63%」ということになります。(「両替のレート+3%」ではないです)
 両替に際する上乗せ分が1.6%以上ならばクレジットカードを利用した方が有利ということです。

(2)キャッシング
 クレジットカードでキャッシングをした場合の日本円での引落し額は「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートで換算し、引落し日までの利息を加算」で計算されます。利率は年利で15~25%くらい、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息として金額の1.0~3.8%くらいを払うことになります。
 ただし利用枠が月あたり20万円や10万円と小さく、さらにアメリカでは現金払いが必要となるケースがそもそも少ないこと、同じくATM設置者が利用手数料(1~3ドルくらい)を徴収すること、米ドルならTCなど他の方法でもレートは良いことから、キャッシングの活躍の場はあまりなさそうです。

4. 国際クレジットカード
 シティバンク銀行や新生銀行が出していますがレートは良くありません。銀行間レートに3~4%の加算が目安です。本題から外れるので割愛しますが、詳細をご希望であれば[17]をご覧ください。
[17] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2795145.html

5. 試算例
 銀行間レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートがいずれも1米ドル=117円00銭のときに、米ドルで2万ドルを調達するのに必要な日本円の額を試算してみます。手間とレートのバランスで適宜のものをお選びください。
【現金】
・金券ショップで現金に両替(最安の+1円50銭を前提)
(117.00+1.50)×20,000=2,370,000円
・銀行で現金に両替(三井住友銀行「外貨両替コーナー」を想定)
(117.00+2.70)×20,000=2,394,000円
・三井住友銀行で外貨預金経由で両替
(117.00+1.00)×20,000=2,360,000円
・みずほ銀行で外貨預金経由で両替(円→米ドルの振替えはATM利用)
(117.00+0.60)×20,000+1,000=2,352,000円
・外為どっとコムで現受けし、三井住友銀行に国内外貨送金
(117.00+0.05)×20,000=2,341,000円
【TC】現地での換金手数料はかからないものとします
・さわやか信金でTCに両替
(117.00+1.00)×20,000=2,360,000円
・シティバンク銀行でTCに両替(口座を持っている場合)
(117.00+1.00)×20,000=2,360,000円
・セシールでTCに両替
(117.00+1.00)×20,000×1.005=2,371,800円
【クレジットカード】2万ドルの買い物をしたとして試算
・ショッピング
117.00×1.0163×20,000=2,378,142円

 100万円相当以上の現金や金地金、小切手(TCも含まれます)、有価証券を持ち出す場合は出国時に税関申告が必要です[18]。また国によっては持ち込み額に制限がありますし、制限内でも金額によって申告が必要になります。例えばアメリカでは1万ドル以上の持ち込みは申告対象です。
[18] 現金・TC・有価証券持ち出しについて(東京税関) http://www.tokyo-customs.go.jp/zei/kon.htm

6. 結論
 現金については、手軽に両替するなら金券ショップがよいでしょう。多少手間をかけて良ければ三井住友銀行やみずほ銀行で外貨預金経由で両替する方法もあります。
 トラベラーズチェックはさわやか信金とシティバンク銀行が有利ですが、前者は東京にしかなく後者は口座開設が必要で使いにくいこともあるでしょう。その場合、セシールが次善の案になります。

*1 私の過去のデータでは銀行間レートとの乖離は平常時で±0.4%以内、為替の変動が激しい局面でも±1.0%で収まっています。

 日本で日本円から米ドルに両替する場合、現金は金券ショップが最も有利なレートを出しています。トラベラーズチェック(以下TC)のレートは横並びですが、手数料は多少安くできる方法があります。

 両替法の有利不利を論じるにあたって、為替用語をいくつか説明させてください。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り銀行間の取引きに用いられるレート。顧客はこのレートでは取引きできず、外貨を売るにしても買うにしても必ずいくらかのマージンを払うことになる。新聞やテレビなどで報じられてい...続きを読む

Q携帯動画変換君で可変ビットレート

PSPで動画を視聴することが目的です。
携帯動画変換君を使っているのですが、可変ビットレートができません。FFmpegはバージョンは忘れましたが1年ほど前のです。
自分なりに書き換えてみたものがこれですが、qscaleのところを1にしても50にしても変わりません。
どこが間違っているのか教えてください。

[Item3]
Title=AVC FULL/VBR QB2 ステレオ/128kbps
TitleE=AVC FULL/29.97fps/VBR QB2 Stereo/128kbps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -flags bitexact -vcodec h264 -coder 1 -

bufsize 128k -g 250 -s 480x272 -r 29.97 -qscale 2 -maxrate 2000k -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 128k -f psp -level 21 "<%

OutputFile%>.mp4""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160x120 -an "<%OutputFile%>.jpg""

PSPで動画を視聴することが目的です。
携帯動画変換君を使っているのですが、可変ビットレートができません。FFmpegはバージョンは忘れましたが1年ほど前のです。
自分なりに書き換えてみたものがこれですが、qscaleのところを1にしても50にしても変わりません。
どこが間違っているのか教えてください。

[Item3]
Title=AVC FULL/VBR QB2 ステレオ/128kbps
TitleE=AVC FULL/29.97fps/VBR QB2 Stereo/128kbps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -fl...続きを読む

Aベストアンサー

PSP用に動画を変換したいとのことですが、携帯動画変換君のことはよくわかりませんが、この変換ソフトはいかがでしょうか。
http://cowscorpion.com/MultimediaTools/AnyVideoConverter.html

私もよく使っていますが、とても使いやすいです。日本語にも対応しています。

Q日本で、ドルを買う場合、もっともレートが良く、手数料を安くする方法は何

日本で、ドルを買う場合、もっともレートが良く、手数料を安くする方法は何ですか?

現在、ドルが極めて安いので大量に買っておき、次の海外旅行のために
タンス預金することを考えております。

日本で、ドルを買うためには、銀行か、空港ということになると思うのですが
どちらの方が安く買えるでしょうか?
(何かのついでに購入するつもりですので交通費などは無視出来るとしてお願いします)

それと、銀行によって、レートや手数料は異なるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どれぐらいの金額を貯め込むのか。
そして、貯めたお金をいつごろ使うのか。

この2つの観点が非常に大事です。

交換手数料は金融機関により違いはありますが、
100万円くらいの両替なら悩む必要もない程度の手数料です。
交換手数料より為替レートの方が100倍モノを言いますので、
ドル安時に確実に外貨に換金することを最優先すべきです。
換金場所に悩む必要はありません。
私は即時性を求める換金にはFXを使うこともあります。


私は継続的に海外旅行に行くので、今貯めたお金は利子をつけて
3~5年後に手元に入るようにしています。
200万円程度で外貨建商品を買うと、30~40万の利子がつきます。
ローリスク、ミドルリターンです。
日本の金融機関に比べたら、スーパー・ハイ・リターンですね。

この時に私が使うのは、プルデンシャル生命(ジブラルタ生命)の
一時払い終身保険(ドル払い)です。
商品によっては、1000万円を10年預けると500万円の利子がつきます。

保険で貯金すると、おまけで保険が付いてくるので毎月の保険料も
抑えることができるので私は重宝しています。
¥と米$や豪$に換える際の換金手数料も銀行の半値です。
そのほかにもメリットはたくさんあります。
私は非常に助かっていますが、あまり知られていません。


余談に触れましたが、要は、短期的な話なら為替レート重視で。
中長期的には金融商品の特性を生かして¥から外貨への有利な
展開を考えることをオススメします。
もし100万円の現金があるのなら、直近の旅行で使いそうな額・・・
例えば30万円分をドル紙幣に換金し、
残る70万円分は外貨建商品に形を変えておくという感じです。

段階的に金利が下がってきていますので、中長期的な観点もお持ちなら
11月の内に外貨建金融商品を購入しておく方がいいですよ。

どれぐらいの金額を貯め込むのか。
そして、貯めたお金をいつごろ使うのか。

この2つの観点が非常に大事です。

交換手数料は金融機関により違いはありますが、
100万円くらいの両替なら悩む必要もない程度の手数料です。
交換手数料より為替レートの方が100倍モノを言いますので、
ドル安時に確実に外貨に換金することを最優先すべきです。
換金場所に悩む必要はありません。
私は即時性を求める換金にはFXを使うこともあります。


私は継続的に海外旅行に行くので、今貯めたお金は利子をつけて
3~5年後...続きを読む

Q動画データーのMPEG2へのビットレート変更

こんにちは。

みなさんに伺いたいのですが
aviやmpgなどの動画ファイルをMPEG2形式に変換してくれて
さらにビットレートの変更をしてくれるフリーソフトを探しています。

良かったらご教授願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MediaCoder
http://cowscorpion.com/MultimediaTools/MediaCoder.html
SUPER
http://cowscorpion.com/MultimediaTools/SUPER.html

Qドル請求の未払計上時の為替レート

海外の関係会社からドルでの請求書が届いたのですが、今月には支払いをする予定はなく、未払金に計上したいのですが、この場合、平均レートと月末レート、どちらを使用すべきなのでしょうか?
今まで、海外からドルでの請求が来たことがなかったのでどう処理して良いかわかりません。
ご回答いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

発生時のレートで計上します。したがって請求日ではなく、実際の取引の日のレートになります。
支払時までに為替が変動して計上済額と実際の支払額とに差額が生じれば、為替差益(差損)となります。
決算時に未払いのままであれば、決算時のレートで評価します。

http://homepage2.nifty.com/NODE/accounting/kaikeihouki/kaikeikijun/foreigncurrency.htm

Q動画のビットレートを一括で確認したい

フォルダ内の動画のビットレートを一括で確認できるフリーソフトはないでしょうか?
エクスプローラ詳細表示で音声のビットレートは一覧で確認できますが、そのイメージです。
真空波動研などは一ファイルずつしか確認できないので比較しづらいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

MediaInfo
http://www.gigafree.net/media/mediainfo.html
ウインドウにドラッグ&ドロップ(複数可)。

QAUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いま

AUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いますか?
以前1ドル74円で安いと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

84円当たりを目安にされてはどうでしょうか。
豪ドルは5日に利上げの発表があるかどうか注目されていますが、
あるないに関わらずAUD/USDは調整でいったん下げると予想されています。
 
対して日本は金融緩和が決定しており、これも5日に内容が公表されます。
恐らくこれで円安方向に動いて行くだろうと予想されています。
 
総じていえばAUD/USDの下落調整スピードよりも
USD/JPYの方が早く上がるだろうと見られ、
欧州系の銀行アナリストは84円まで行くと予想しています。
 
90円近くまで行くかもしれませんが、年末に向けてドルの需要が高まるので
多くは望めないと思います。
 
これは予想であって内容を保証するものでないことを断っておきます。

Q【iTunes】CDからの曲とYouTube・ニコニコ動画からの曲とでは、音質が違う?ビットレートは同じ128kbpsだが…

最近、iTunesを使い始めました。
とりあえず所持CDを全てインポートしました。
その他の曲は、YouTubeやニコニコ動画からダウンロードしています。

それぞれの曲を聴き比べてみたら、

(CDからの曲)
高音が強調されている感じ。
細くて繊細な感じ。
FM局っぽい感じ。

(YouTubeやニコニコ動画からの曲)
低音が強調されている感じ
ずっしりとした感じ。
AM局っぽい感じ。

といった印象を受けました。

全ての曲を聴き比べた訳ではありません。
聞き比べた曲から、たまたま上記のような印象を受けたのかもしれません。

実際、CDからの曲と、YouTubeやニコニコ動画からの曲とでは、たとえビットレートが同じだとしても、音質に違いがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、同じビットレートでもエンコーダーによって違いが出ます。
ただこの場合は良いスピーカーで再生して、音質を聞き分ける耳を持った人でないと判らないかもしれません。

次に動画サイトにアップした音楽の元が悪い場合です。
例えば元が64kbpsならば128kbpsでエンコードしたところで64kbpsの音質でしか聞こえません。でもビットレート表示は128kbpsになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報