現在工場で製造関係の仕事をしている26歳の会社員です。入社してから3年と半年、ずっと工場で仕事をしてきました。以前から興味を持っていたサービス業(レストランのウェイター)への転職を1年ほど前から考えています。しかしこの前親戚の人に相談したところ、「接客業は基本的に女の人の仕事であって、男が一生賭けてチャレンジする仕事ではない」と言われてしまいました。確かに言われてみるとホテルならまだしもレストランの接客といえば女の人の特権という感じもするし、本気で男がやる仕事でもないような気がしてきます。でも僕はお客様にサービスをするホスピタリティの仕事にとても魅力を感じます。僕はどのように考えれば良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前にレストランでの勤務経験が4年ほどあります。



ウェイターも突き詰めていくとなかなか奥が深いものですね。また、同じ給料をもらっている人でも、その技術は雲泥の差があります。安い店でも心地よいサービスを提供してくれる人がいる一方で、高い店でも、何でそんなに気が利かないのと思うこともあります。

同じような境遇の仕事にOLがあります。できるOLとできないOLの差を単純に給料に換算すると3倍くらいの開きがあっていいように思います。しかし、現実はどんなに仕事のできるOLでもOLの給料しかもらえないんです。
(OLの方を批判しているのではありません、気を悪くなさらないで下さい)

はっきりとは分かりませんが、製造の現場でも「このひととこの人が同じ給料?納得いかないな~。」といったことがあると思います。

tohroroさんがどの程度の収入を望まれているか分かりませんが、ウェイターだけではどんなに仕事ができても早い時期に収入が頭打ちになります。(もちろん格式のあるレストランなどこの範疇に入らない例外もあります)

つまり、それで家族を養っていくと考えた場合は、ソムリエを目指すとか、店長になるとか、自分の店を持つといったもうひとつ上を目指していったほうがいいと思います。

その第一ステップとしてウェイターから始めるのは非常にいいと思いますよ。

この回答への補足

僕の場合3年前に結婚しており、子供もこれから先いつかは産んでいくという状況の中で、家族を養っていくのに十分な収入は得ていかなければなりません。

自分の店を持つという目標は特にありませんが、レストランのウェイターから店長になって、あるいはそれ以上の本部への仕事というのも20年後、30年後という形で漠然とはしているものの考えています。

レストランでのキャリアアップってそういうことですよね?そういう場合でもstorkさんのおっしゃっていた通り、やはり収入は頭打ちになるのでしょうか?

補足日時:2001/09/14 11:20
    • good
    • 0

お客様に気持ちよく食事を楽しんでいただく、という接客は素晴らしい仕事だと思います。


最近はウェイターを指名できるレストランもありますし、チップで稼ぐ方もおいでです。
そういうレストランで、ということならば、非常に意味のある仕事だと思いますが、ファミレスのお運びなら、やめておいたほうがいいでしょう。
下にグローバルダイニング社のURLをあげておきます。ご参考まで。

参考URL:http://www.global-dining.com/global/

この回答への補足

回答及び参考URLどうもありがとうございました。
kensakuさんの回答の中で、「ファミレスのお運びならやめておいたほうがいい」とありましたが、その理由は具体的にはどういうことなんでしょうか?もう少し詳しく教えていただけると嬉しいです。

補足日時:2001/09/14 11:34
    • good
    • 0

先ずはじめに、tohroroさんが目指しているレストランとはどのような形態のものでしょうか?


ファミリーレストランか、格式のあるレストランかによっても考えは変わってきます。確かに、ファミリーレストランなどの場合は、比較的若いアルバイト店員を使うことが多く、現場で一生を過ごすことは少ないと思います。
しかし、格式あるレストラン(便宜上こう呼ばせてもらいます)の場合は、ソムリエやマネージャーとして現場で一生を過ごす人もいます。
または、ホテルのレストランなどの場合も、レストラン/バー/ラウンジ/宴会婚礼サービスなどと、第一線を転々としながらスキルアップを計ることも出来ます。

私自身、ホテルマンを約七年ほどしてきましたが、非常に奥が深く、人生経験の豊富な先輩方を見て来ました。やはり、一生かけてサービスにいそしんでこられた方々は違います。
男が一生賭けてチャレンジするのに十二分な仕事です!
人の感動に触れられる仕事は少ないですよ。
本当に応援します!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モノ作りの仕事をしていると基本的に人と触れ合うことが少ないので、人の感動に触れられるという仕事を羨ましく感じます。(もちろんその分、つらいこともあるでしょうけど・・・。)
とても勇気付けられる回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 11:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接客業は、どんなに理不尽な人間関係でも、笑顔でいないといけないのですか? それが接客というものです

接客業は、どんなに理不尽な人間関係でも、笑顔でいないといけないのですか?

それが接客というものですか?
初めて接客業へと転職するつもりですが、基本の大事な事ってなんですか?

Aベストアンサー

会社によります。

どこまでがOKでどこからはNGなのかは
まず、最初に、上の人に確認しておきます。

こういう事を言ったらダメとか、
これ以上なにか言ってくる人が居たら、自分で対応せずに上の人を呼びなさいとか、
何かしらの基準やマニュアルがあると思います。


接客で大事なのは、
第一に、お客様の目線になって接する事です。


言葉遣いはもちろんですが、
何かをおすすめするにしても、コチラの主張をする以前に、
まずはお客様のご要望を聞き、それに応じることを念頭に置きます。

笑顔で接客というのは、
ムスッとして声が低かったり聞き取りにくい話し方してる店員に、
お客様が気軽に声をかけたり相談したりできるか?って話で…。

そうじゃなくて、何かお困りになっていたり、
何か相談したいと思っているお客様が、話しかけやすい店員でいることがポイントです。


・表情
・声のトーンや話し方
・姿勢
・服装
・清潔感
・言葉遣い
・あいさつ
・私語を慎む
・気遣い

いろいろありますけど、どれも、自分がお客の立場になったとした時、
どういう店員なら好感が持てて、
どういう店員は嫌だと思うのかを考え、
ひとまずは、自分が嫌だと思う店員にならないよう心がけます。

その上で、会社のマニュアルも踏まえて柔軟に対応を変えて行きます。


世の中には変な人とか、理解できないくらい失礼なお客様がいるのも現実です。
店員からしたら、二度と来んな!と思うお客様がいるのも本当ですが、
そのお店のオーナーや社長でない限りは、基本言えません。
我慢です。

だって、そのお店は、自分のものじゃなく、社長やオーナーのお店だから。


上の人の対応に納得できないというのなら、
それは辞める他ありませんし、

お客様の理不尽な態度に、どうしても我慢できず、割り切る事もできないとかなら、
接客は向いていないという事になると思います。

会社によります。

どこまでがOKでどこからはNGなのかは
まず、最初に、上の人に確認しておきます。

こういう事を言ったらダメとか、
これ以上なにか言ってくる人が居たら、自分で対応せずに上の人を呼びなさいとか、
何かしらの基準やマニュアルがあると思います。


接客で大事なのは、
第一に、お客様の目線になって接する事です。


言葉遣いはもちろんですが、
何かをおすすめするにしても、コチラの主張をする以前に、
まずはお客様のご要望を聞き、それに応じることを念頭に置きます。

笑顔で接客という...続きを読む

Q接客業をすると仕事以外誰とも会いたくなくなる?

客や患者さんの対応をする仕事をしていると、プライベートの時間は誰とも会いたくなくなるのでしょうか?
人と話す事をしんどく思ってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

個人的見解です
1個人差の問題だろうと思われます。
2プライベートタイムは、一人じっくり音楽や読書の時間を過ごしたいと思うかたは珍しくないです。
3そんな方の職業がたまたま接客業だったと考えれば
ごく当たり前のことだと考えます。

Q接客業に向いている人

接客業に向いている人ってどんな人ですか?

Aベストアンサー

相手(お客さん)に満足してもらうことに関心のある人でしょうか。
丁寧に人と対応することができる人が望ましいと思います。
また、どうすれば満足してもらえるかを考えられることができ、行動に移すことができること。
対人ですので、基本は営業と一緒だと思いますので、その辺の情報を収集されると良いかもしれませんね。
販売の経験から、自分からお客さんに声を掛けていき、お客さんの求める商品(ニーズ)に答えることができること。
さらに、商品(サービス)に関して売った後のアフターフォローまで
できれば、お客さんはまた来店してもらえる可能性は高いです。
接客業での質問ですが、サービスも販売も同じく接客した人の信頼でお客さんは選んで(購入して)もらえることを販売士のテキストでは述べられています。

Qレストランでの接客について疑問あります。

こんにちは。

海外のレストランでサーバーとして働き始めています。
サーバー経験は日本でもなく、初心者です。

自分なりにミスをしないように気をつけて頑張っています。
それを褒めてくれる人もいます。帰り際に「今日も頑張ったね」ってその人は言ってくれます。とても嬉しくて、頑張ろうと思います。

でも、中には「まったくなっていない!」って怒ってばっかりの人もいます。今日は、「休憩時間(食事)に、料理が上がっても、誰一人サーバーの子は取りに来てくれない。座っている。前のサーバーの子は
必ず取りに来てくれた。」と怒られました。
食事している時は口に物が入っている状態です。
このときに、何も事前に報告もなく、突然「出来上がった!」って言われても、口の中のご飯はなくならないし、出すことはできないし、
何より焦って気管に入ることのほうが危ないし、苦しいです。
それに、歯を磨いていない状態で料理をサーブして、
その料理の説明をすることはお客様にとっては失礼ではないかと思うのです。自分だったら嫌です。それを伝えても、レストランとはそういうものだといわれました。

できたての料理をすぐお客様のところにサーブすることは大切です。
それは十分分かっているから、休憩15分のところを忙しいときには5分で終わらせています。歯を磨きサーブしていますし、表に立っているときには頑張っています。

手が汚い状態、口が汚い(歯を磨いていない)状態で果たして
よいサーブといえるのだろうかと疑問です。
これはレストラン業界ではどこも、私の考えよりも、
その先輩の言い分が100%正しいのでしょうか。

疑問に思ったので、レストラン業界のかた、経験者・・
ご意見いただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

こんにちは。

海外のレストランでサーバーとして働き始めています。
サーバー経験は日本でもなく、初心者です。

自分なりにミスをしないように気をつけて頑張っています。
それを褒めてくれる人もいます。帰り際に「今日も頑張ったね」ってその人は言ってくれます。とても嬉しくて、頑張ろうと思います。

でも、中には「まったくなっていない!」って怒ってばっかりの人もいます。今日は、「休憩時間(食事)に、料理が上がっても、誰一人サーバーの子は取りに来てくれない。座っている。前のサーバー...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

外食チェーン(国内)で店舗の教育研修に従事してきた者です。

今の外食などは海外から入ってきたサービス内容などを見習いながら今に至ることかと思います。

ホスピタリティーという面でも、飲食関係のサービスは気配りや心配りなどのお客様という立場に立って考えるというのは同じかと思います。

その場にいる以上、他の職種とは違い、あくまでサービス業である以上は、いかなることがあっても対応が必要とされることは当然のことかと思います。
休憩時間ということも大切なことかと思いますが、お客様の観点から、またサービス業の宿命的なことであると思います。

自分の給与はどこから頂いているのかという考えで言うと、やはりお客様がリピートあるいはそのお店を利用し続けることがあって、給与はお客様からいただいているということも忘れてはいけないと思います。

デスクワークで仕事などをし、そういった職種は休憩時間はあくまで休憩ということが事務所などでなく外に出ることもあるかと思いますが。サービス業である以上は、やはり清潔で迅速かつ丁寧の常にお客様に視点がなければならないものです。
一人で仕事をしているのではなく、皆それぞれが協力して連携しておく必要もあるのではないでしょうか。店舗はあくまで「お客様」のために存在するもので、従業員が休憩だけをすることではないのは当然ご存知かと思います。誰が悪いという前ではなく、店舗の人全員が連携して動く必要があるので、店舗のチームワークを確固たるものとして話合いなどが大切ではないかと思いました。100%正しい、また正しくないという以前の問題として、お客様をあくまで最優先しないといけないのではないでしょうか。お客様も敏感なので、内輪でのいざこざがあるとたちまち評判や信頼に関わるということもあるのですから常にそういったことを視野に入れて何事にも迅速に対応しないといけないのではないかと思います。

参考程度にでもなれば幸いです。

こんばんは。

外食チェーン(国内)で店舗の教育研修に従事してきた者です。

今の外食などは海外から入ってきたサービス内容などを見習いながら今に至ることかと思います。

ホスピタリティーという面でも、飲食関係のサービスは気配りや心配りなどのお客様という立場に立って考えるというのは同じかと思います。

その場にいる以上、他の職種とは違い、あくまでサービス業である以上は、いかなることがあっても対応が必要とされることは当然のことかと思います。
休憩時間ということも大切なことかと...続きを読む

Q接客業の方って音に敏感ですか?

自分の周辺を常に気にされていたり、音に敏感、人の話や気配にとても敏感に反応し、
声を出しています。私はそれが苦手なんで、できないんですが、どうやったら身に付くんでしょうか?

Aベストアンサー

「気配」ってなにか、ということですよね。

私は営業職で、バイトですが接客業の経験もあります。サービスの極意は「お客様が求めていることを、求められる前に提供すること」ですが、そのための「気配」の察知は大変ですね。
ただ接客業もいろいろありますが、レストランなどなら営業よりも難しくない、と考えています。

なぜなら「飲食店での客の要望は、ほとんど決まっているから」です。これが同じ接客業でも、たとえば服屋の店員はずっとむずかしいでしょう。そもそもヒヤカシの客についても売り上げは上がらないし、買ってくれそうな人にくっついていれば嫌がられるし、かといって本当に助けてほしそうな人を見極めるのはとても難しい、ということになるからです。

その点、レストランなら、メニューを閉じていれば「注文をとってほしい」、水のコップが空なら「水を足してほしい」、皿が空いていれば「デザートを持ってきてほしい」とすぐに分かります。いや、それ以上に何かしてほしい客はウエイトレス(ウエイター)を探してきょろきょろしていますから、ちょっと見渡せばすぐに「気配」を感じることができるはずです。実際に私はそういう風にしていました。

>自分の周辺を常に気にされていたり、音に敏感、人の話や気配にとても敏感に反応
私が考えるに「何をのぞんでいるか、パターンを熟知している」ということなのだと思います。

レストランでも高級なところに行くと、これがきちんとできています。コースメニューを出すお店などは、客の食べる店舗なども重要ですから、接客係がきちんとしていないと、冷めた肉料理などになってしまいます。
高い料金を取るところでは、こういうサービスまで料金のうちです。

質問者様の仕事がどういうものだか分かりませんので「声を出すこと」がどれくらい重要なのかはわかりません。しかしそれって本当に客が求めていることですか?

大切なのは「お客様が求めていることを、求められる前に提供すること」です。人というのは必ず「行動」の前に「気配」があります。一番割りやすいのは「さあ告白するぞ」という感じの意気込みではないでしょうか。これを受けると、告白される側もどきどきしますね。恋愛映画などではこの「気配」を観客にどの様に伝えるかが、ある意味ポイントであるといえます。

質問者様も日常的に「気配」を察知しているはずなんです。

ですから、気配を察知することは人間の基本的な能力のひとつであるといえます。それほどむずかしいわけではありません。ましてや接客の場では客は確実に「何かを求める」という行動を起こすのですから、それを察知できないことはないのです。

これらの気配の察知が難しい、分からないと感じているなら、まあ恋愛映画でも見てみましょう。冗談ではなく本気です。そして109でも行って、売れる店員さんの動きを観察してみましょう。さらにはお金を出せるなら、一流といわれるレストランで食事をしてみるのもいいでしょう。
かれらがどのように「気配」を感じているか、客がどのように「気配」を出しているか、だんだん見えてくると思います。

それらのことがなんとなく分かるようになったら、職場で目標とする人の動き、特に目の動き・聞き耳を立てている様子、全体を把握するために行っていること、などを観察してみましょう。
出来る人というのは明らかに行動が違うものです。

質問者様は「太い心」と書かれていますが、太い心の持ち主だからできることもあります。それはお客様の心情に1歩いや半歩でも入って、ニーズを引き出してくることです。神経質な人はむしろ、客の不興を恐れてそのようなことはしません。

接客業は、一生の仕事にできるほど奥の深いものだと思います。「気配」を感じることはコツさえつかめば難しくありません(だって、普段からやっているはずですから)、しかしそれをサービスに換えて、さらにお客様にまんぞくしていただき、できればそれでお金がもらえるようになるには大変です。

ぜひ、がんばってください。

「気配」ってなにか、ということですよね。

私は営業職で、バイトですが接客業の経験もあります。サービスの極意は「お客様が求めていることを、求められる前に提供すること」ですが、そのための「気配」の察知は大変ですね。
ただ接客業もいろいろありますが、レストランなどなら営業よりも難しくない、と考えています。

なぜなら「飲食店での客の要望は、ほとんど決まっているから」です。これが同じ接客業でも、たとえば服屋の店員はずっとむずかしいでしょう。そもそもヒヤカシの客についても売り上げは上が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報