ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今年の夏から冬にかけて半年間、学校のプランで語学留学することになります。行き先はいまのところイギリスかカナダなんですが、悩んでいます。
どちらかの国に留学されていた方や両国をよく知る方にお聞きしたいのですが、両国の良い点、悪い点を教えてもらえないでしょうか??また、どちらがお勧めかも聞かせてください。
留学の目的としては、英会話ができるようになることです。今の時点の英会話力はダメダメです。
どちらに行けば話せるようになりますかね…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 夏」に関するQ&A: 英語訳お願いします 私は今年の夏、1人で海外に留学するつもりです。

A 回答 (6件)

イギリスの事情はよくわかりませんが、カナダのバンクーバーに留学していましたので、カナダのことを書きます。



まず、カナダはアメリカ同様に「移民の国」なので、英語を母語としない人も暮らしやすい雰囲気があります。話したい!という意志があれば下手な英語でも聞く耳をもってくれますし(私も英語力はダメダメでした)、他人に対してフレンドリーな人が多いです。私は、電車の中で英語を勉強していたら、前に座っていた人に教えてもらったこともあります。
また、夜中の繁華街など一部の場所・時間を除けば治安も比較的よかったと思います。
豊かな自然もカナダのいいところですね。バンクーバーは都心に巨大な原生林の森を擁した公園があり、散歩するだけでも心が癒されますし、野生のアライグマや渡り鳥もいます。

悪い点ですが、まず第一に、ありえないストが起こりえる。私の滞在中にも、郵便のストで郵便物がとどかなくなったり、バスのストでバスの運行がなくなったりしました。最近の日本では公共交通のストはないので、こんな場面に直面されたら驚かれるかもしれません。
第二に、これは都市によりますが、バンクーバーの場合、日本人が多いこと。日本人同士でつるんで遊んでしまい、一年居ても全然しゃべれない人もいました。要は自分の意志の強さなんですけどね。英語力に自信がないなら、いきなりカナダ人じゃなくて、韓国人や台湾人など、英語が母語じゃなくて文化の似ている留学生の友達をつくると話しやすいかもしれません。留学中という境遇も似ているので、仲良くなりやすいですし。
あと、天気もあまりよくありません。冬のバンクーバーは雨ばかり。これが内陸の方へ行くと(カルガリーとか)鬼のように寒いです。

それから、これは価値観の問題ですが、カナダは移民の国なので、いろいろな人種の人がいます。最近は中華系の人が非常に多くなってきています。カナダ=白人みたいな先入観を持って行くと、かなり戸惑うかもしれません。実際、ホームステイ先が白人じゃないと文句をいう留学生もいました。もしカナダを選ばれるのなら、多人種・多民族であるという部分も受け止めてほしいです。

あと、身につく英語に関してですが、同じ英語でも、カナダとイギリスでは全然違います。カナダ英語はどちらかというと、アメリカ英語に近く、それに独特のいいまわしがあるという感じです。欧州でカナダ英語を話すと「アメリカから来たの?」といわれるくらい、差が少ないと思います。
一方、個人的な感想ですが、イギリスの映画などを見ると、聞きづらい感じがしますし、知らないいいまわしがいっぱい出てきます。イギリスで勉強された方なら、おそらく逆の感想を述べられるでしょうが。

最後に、私は今もカナダが大好きで、カナダに留学してよかったと思っていますよ。
    • good
    • 0

 カナダのバンクーバーは1ヶ月ほどいたことがあります。


イギリスはロンドンにちょっと観光で立ち寄った
だけです。

 お薦めはカナダです。

>英会話力はダメダメです。

 日本の英語教育は古いアメリカ英語とイギリス英語
がごちゃまぜなんですが、どちらかというと
アメリカ英語なんですね。ですからあまり得意でないとすすると、イギリス英語についていくのは大変だと
思います。
 カナダはアメリカ英語とも少し違うのですが、
どとらかと言えばアメリカ英語で、そこに少し
古いイギリス英語が混じってるんで、
丁度いいと思います。
 古いイギリス英語では、listenをリステンと
発音するなんて授業ではやりましたが、
発音の正解はリッスンって叩き込まれるじゃ
ないですか。ですから目の前でリステン
リステンとか言われると思わず不合格!って
言いたくなります。(笑)
 カナダはフランス語圏と英語圏がありますが、
太平洋側のバンクーバーやバンフといった英語圏の
ところにもフランス語の表示があります。
飛行機も国内線の案内は英語、フランス語併記です。
フランス語も少し分かると楽しいと思います。

>どちらに行けば話せるようになりますかね…。

 語学留学するのは、日本語の解説なしで、
英会話のCDを聞くようなものです。
カナダの人はよく、しまったとか、じれったいとか、
クソっとか、ムカツクって
いう表現としてYakeとかYakkieって言うんですが、
日本の英和辞書には普通載っていません。
それどういう意味?って英語で聞くと
disgustingとかannoyingっていうような
意味だと教えてくれるので、表現が
広がっていくんです。
 日本人の多い語学学校なんかへ行って
しまうと、まわりの日本人とおしゃべりばかり
して,結局英語は上達しないかもしれない。

 夏からなら、後3ヶ月くらいあるわけですよね。
まだ時間はありますね。猛勉強したほうがいいです。
じゃないと、もっと勉強してから来るんだったと
絶対後悔します。

 そそ、後イギリスはロンドンなんか
町並みが美しいですが、物は高いし、
食べ物はまずいし、地下鉄は汚いし・・・
でも何故か女に子には大人気なんですね。
    • good
    • 1

どちらに行けば話せるようになるか...。



どちらに行っても話せる人もいれば、話せない人もいます。

英語以外の興味はなんでしょう?

私はイギリスにいましたが、旅行しまくり、ヨーロッパ諸国や果ては中東、アフリカにまで足を伸ばしました。

歴史、文化、絵画、演劇、コンサート、オペラ、バレエなんかが好きならヨーロッパのほうが断然触れる機会が豊富ですね。

逆にこういう歴史の重みなどに全く興味がなければカナダでもいいのではないかと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。

私は、カナダに留学していました。私も留学したての時は、全く英会話が出来ませんでした。

カナダの場合トロントやバンクーバーには日本人が集中しています。私は、バンクーバー島の田舎に留学していたのでストなどの影響はありませんでした。自然も豊富で人柄もいいですしね。

要は、英語が話せるかどうかは、場所選びにかかってきます。まず、カナダはとても広いので、雨か雪が降る地域が決まっています。そして都会か田舎。都会に行けば日本人比率が大きくなり、田舎に行けば小さくなります。長距離バスが発達しているので田舎に住んでいても週末都会に日帰りで遊びにいけます。

日本で教えている英語は、アメリカ英語なのでイギリス英語とは少し違います。イギリス英語は、少し堅苦しく聞こえ、アメリカ英語は、イギリス英語よりフレンドリーに聞こえます。

No.3さんが言われてたようにケベック州に行かれるとフランス語と英語が学べます(ケッベクは昔、フランスの植民地でした)。余談ですが、ケッベク州のモントリオールに行ったとき、ホームレスのおっちゃんが英語とフランス語の両方話していたのが忘れられません。

長くなりましたが、最後に私もNo.1さん同様、カナダが大好きで留学してよかったと思います。カナダ、イギリスどちらを選ぶにしても日本では経験したことのない貴重な体験が出来ます。きっと素晴しい留学になりますように。
    • good
    • 2

私は、イギリス、カナダのどちらでもなくアメリカに留学していました。



なので、この二つの国に行った事はありませんが、大学時代に勉強したことや、留学友達、たくさんの人の話を聞いて、どちらが良いかを客観的に書きたいと思います。

発音のことを考えれば、カナダが良いと思います。大きな理由は、イギリス英語と、アメリカ英語の発音の違いです。(なので、好みによるとは思いますが。)
流暢なイギリス英語よりも、波のあるアメリカ英語の方が、聞いていてかっこいいですし(これは私たちの耳に慣れているだけかもしれませんが)、私自身アメリカ英語の舌を巻いたり、アとエの間の発音をしたりするほうが、英語を話してる感じがして、とても楽しいです。(日本人はこの発音に慣れていないので、出来ない間はとても苦しいですが・・・)

イギリス英語は、カタカナ英語のような感じで、流暢で話しやすい分、淡々と聞こえます。しかし、英語の本場はやはりイギリスですし、たくさんの歴史的建物、また有名なオックスフォード大学もあります。そこでは夏期講習も開かれているみたいなので、学ぶことはたくさんあると思います。

(大学時代、二つの発音の違いについてかなり詳しく勉強したので、もし興味があれば、また聞いてください。)

またカナダも、とても広いので、行かれる所によっては、フランス語英語の半々のところもあれば、日本人ばかりいて英語を勉強しにくいところ、なまっているところもたくさんあるらしいので、行かれる前に十分調べていかれたほうが良いとおもいます。

私も、アメリカに行く前は、本当に全然出来ませんでした(笑)なので、安心してください。でも、もう少し勉強していけば・・・とも思ったので、字幕なしで映画を見たり(意外と英語がわからなくてもストーリーはわかるものなんです(笑))、せめて耳だけは慣れていかれたほうが良いかもしれません。(私はまったく何もして行かなかったので)

二つの国ともとても寒いですし、どちらを選べれるにしても、気をつけて行ってきてくださいね☆
    • good
    • 0

こんにちは。

 私はNo.1の方とは違いイギリス留学体験者です。 私なりの経験を話します。

まず、イギリスも「移民の国」です。ご存知のように世界中に植民地を持っていたのでインド、パキスタン、中国(主に香港かな)、アフリカ、ジャマイカなど多民族が住んでいます。もちろん彼らなりにアクセントがあります。

ストですが、私は「テロ」のほうが怖かったです。
北アイルランドでは独立運動がありテロがイギリス国内で起こったりしています。私の滞在期間は5年近くでしたが2回ありました。 
電車が遅れたりするのはしょっちゅうでしたが(有名な話?)郵便と消防車は中々すばらしいサービスでした。
(寮にいる時、フライパンを焦がしてしまい煙が充満して
ベルが鳴り、消防車がすごいスピードで来ました。。。
後日罰金でした。。。)

カナダ滞在の経験がないのですが、私がイギリスに決めた理由は「地理」になります。ヨーロッパのいろいろな文化に触れたかったので、大学の休みにはフランス、イタリア、スペイン、ドイツ、オランダ、スイスなど旅行しました。 ヨーロッパ大陸は国ごとの文化が違い、それを体験するのはとても楽しかったです。たいていは英語が通じました。 最初、クラスメートは全部「イギリス人」だと思っていたのですが、「ウェールズ」「スコットランド」に
別れていたりフランス人の両親やポーランド人の祖父母を
持っていたり、「ヨーロッパの歴史」を感じました。
きっと学校でいろいろな人が留学に来ていると思うので話をすると知らなかった事がたくさんあると思いますよ。
教科書では体験できないと思います。

もうひとつ、アピールするといえば個人の庭がとても綺麗です。 田舎もいいですよ。

私も最初は英語がダメダメでした。TVを見たり友達と
話したり、学校の授業を受けて少しずつ話せるようになりました。 他人とは比べず、コツコツと勉強してみてください。 日本ではアメリカ英語が多いのでたまーにイギリス英語を聞くと拍手をしたくなります。あのパキパキ感がたまりません・・・・・

私もイギリス、カナダの両方経験者の体験を聞きたいです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバンクーバーかトロントか迷っています。

来年の春から1年間の予定でカナダへ語学留学を考えています。学生ビザで行く予定です。

最初の数ヶ月はバンクーバーかトロントと考えていますがどちらの都市にしようか迷う一方です。
いろいろな話を聞きメリット、デメリット考えすぎて行き詰ってしまいました。

英語レベルは初級
ゆっくりしっかり英語を学びたいです
寒さは苦手だけど耐えられないことは無いと考えています
どちらかといえば田舎が好き
体を動かすことが好きでいろんなスポーツを楽しみたい

バンクーバー、トロントに留学経験の方。
両都市に滞在した方。
決め手となったことなどありましたら教えてください。
都市を決めることは特に人それぞれですが自分の中で何かを得られればと思って投稿しました。

Aベストアンサー

両方長期滞在しています。
トロントより、バンクーバーに長く滞在しています。
最後にバンクーバーへ行ったのは少々前ですが、トロントはこの夏にも行きました。
本当に両方一長一短です。(苦笑)
私が感じたことを書きます。

トロントもバンクーバーに負けずにアジア人が多いです。(日本人はバンクーバーにくらべ少なめ。)
移民の国とは本当によく言ったものです。
とくに、バンクーバーのリッチモンド市。トロントのマーカム市。スーパーから看板まで漢字表記が多く、ここは中国か?と思えます。
バンクーバーがアジア人中心なら、トロントは黒人系が多い印象です。

都市の大きさは比べるまでもなくトロントが大きいです。
メインストリートがバンクーバーの倍以上あります。
しかし見所が少ないのはトロントで、これはトロントニアンも自負(?!)しています。(これといった観光が少ない)
トロントには「山」はないです。と言うか見えません。
日本ならどこか見回せばある「山脈」が全く無い。
なんとなく乾いた都市に始めは違和感がありました。
バンクーバーは東西南北全部見えます。南にはアメリカの山々が見えます。
トロントでは皆湖で海水浴?します。プールもたくさんあります。夏は楽しいです。
バンクーバーでは、海はありますが・・暑さが足りず、2回経験した夏は泳いでいません。

気候はトロントは夏は暑い。このところ7,8月が30度を上回る日が多いです。冬は極寒。マイナスの日も結構続きます。冬、夏の温度差が大きいです。
バンクーバーは、全体的に寒い。でも冬の日中はトロントのような寒さはない。雪も少ない。
バンクーバーは夏も30度は越えない。(27,28度あたり。日本人らには水着になるには暑さがたりないと思うカンジ)昼間タンクトップで歩けても夕方や日陰はひんやりする。寒がりの日本人は上着が必要。
日本の夏のように「薄着」したい!とまで思わなかったです。(夕方には寒くなり、日陰はくしゃみ。肩だし系は着なかった記憶があります。)
車のクーラーや自宅のエアコンが必要なかった。
トロントは両方必要。最近家庭用クーラーが売れています。

トロントは日本と同じ。結構開放的な格好ができます。
夕方もそのままで大丈夫。日本とおなじで日中「うだる」カンジはありますが、さらりとしているので嫌な暑さではありません。
バンクーバーでは聞いたことがない「せみ」がトロントでは鳴いています。

冬はバンクーバーは雪はあまり降りませんが、夜中を除き「極寒」という印象はなかったです。(深夜はマイナスになります。) 
トロントは1月からぐっと寒くなります。日中もマイナス気温で春が遅いです。

まとめると・・
トロント・・・・夏は暑いが冬も寒い。青空率が高い。春ごろから空がとても美しい。一年の気候にメリハリがある。

バンクーバー・・夏は暑くなく、冬も寒すぎない。青空率が少ない。10、11月ごろは雨季で青空の日が極めて少ない。毎日灰色空。一年の気候にメリハリがない。

簡単に言えば、トロントは都会。バンクーバーは田舎。です。
バスの運転手に「こんにちは」「ありがとう」を皆言うのがバンクーバー。トロントはだれも言わない。(さみしいので私は言いますが、返事はあまり返ってこない。)
バンクーバーでは「トロントへ行った」などの「トロント関係」の経験談がカナダ人の自慢ネタになる都市で、それに対しトロントでは「モントリオール」が自慢ネタになるイメージがあります。(日本人ではなく、カナダ人の。)

バンクーバーが好きで何回も行くうち飽きて(?)しまい、トロントへ行きました。
両方言い都市です。

両方長期滞在しています。
トロントより、バンクーバーに長く滞在しています。
最後にバンクーバーへ行ったのは少々前ですが、トロントはこの夏にも行きました。
本当に両方一長一短です。(苦笑)
私が感じたことを書きます。

トロントもバンクーバーに負けずにアジア人が多いです。(日本人はバンクーバーにくらべ少なめ。)
移民の国とは本当によく言ったものです。
とくに、バンクーバーのリッチモンド市。トロントのマーカム市。スーパーから看板まで漢字表記が多く、ここは中国か?と思えます。
...続きを読む

Qイギリスかカナダか。。

こんにちは。
留学するのにイギリスかカナダで迷っています。

どちらもいい部分があって、
イギリスはヨーロッパに近いので、旅行を気軽にできる。
カナダはアメリカ英語に近い発音。物価が安い。
などなどです。

どちらかの国に留学したことがある方ご意見いただけたらうれしいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

イギリスはよくわかりませんが私は今、カナダに留学している者です。
カナダはアメリカ英語に近いというより、アメリカより英語がきれいと聞きます。
アメリカ英語とカナダ英語は、少し違うところがありますが問題ありません。
もしカナダに留学するなら、最初は多少都会の学校がいいと思います。
なぜなら、私は今、田舎の高校に通っているのですが困った時日本人に頼れないところが痛いです。
ですが、田舎の方が英語にどっぷりと浸かることができます。
あなたは、学生or社会人どちらですか?
あと、物価は税金があるので、日本よりは高いと思いますよ(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報