ルータを購入し、無事ファイル共有できるようになりました。

ここで質問なんですが、ファイルを共有したとき、共有フォルダに入れたファイルが、相手側のパソコン(Bとします)に転送される場合と、相手側のPCに表示されるが、ファイル自体は転送されていない場合があります。

前者はこちら側のPC(Aとします)が切れてても、Bでひらけます。後者はBがAのファイルを参照しているという形なので、AがついてないとBから開けません。
意味わかりますよね。

このような違いはどういった設定から生じるのでしょうか。

もうひとつ質問。Aで共有フォルダ(マイコンピュータにあるやつ)を共有するに設定し、Bでも同じように設定します。次に、Aの先ほどのフォルダにファイルを入れます。そのあとBで見ると、マイコンピュータ内の共有フォルダにはなく、マイネットワーク内のフォルダにファイルが移動しているのです。なんとなく不思議なのですが、こんなものなのでしょうか?自分としては、共有フォルダに入れたのだから、共有フォルダから取り出したいのですが・・・。

質問がわかりづらいかもしれませんが、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

#1の補足です。


「全ユーザに共通するフォルダ」であっています。
ユーザの切り替えをしなければ、関係ないですねぇ

WinXPやWin2000ではユーザはホント大雑把ですが「管理者(AdministratorとかRootとか)」と「管理者以外」の2種類があります。
管理者は、PCについて何でもできます。
管理者以外は、変に設定をいじってPCを壊さないように、機能に制限が入っています。

この制限の中の1つに、ファイルやフォルダへのアクセス権限があります。

管理者ユーザをS、管理者以外のユーザにAとBとした場合、
SはSとAとBのファイルにアクセスできます。
AはAのファイルのみに、BはBのファイルのみにしかアクセスできません。

ことのき、SがAやBにファイルを見せたいとき、AがBに見せたい時などに(逆もしかり)、ファイルを「全ユーザにつながっている」フォルダの中においておけば、誰でも見れる、ということです。
    • good
    • 0

新しくファイルを保存するフォルダのオリジナルが、どのPCにあるか?だと思われます。


PC-Aから、実はPC-Bの共有フォルダに保存した場合が前者、PC-AでPC-Aの共有に保存した場合が後者ではないでしょうか?
ファイルはケーブルに「直接」ぶら下がったフォルダにではなく、どちらかPCのHD(ハードディスク)に保存されています。本当の保存場所を確認してみてください。

マイコンピュータにある共有フォルダ(「共有ドキュメント」ですよね?)は、ネットワークを通した異なるPCの共有のためではなく、「同一PC内で複数のユーザ同士のファイル共有に使うフォルダ」であると私は認識しています。

Aからマイネットワークで、Bが共有している共有ファイルに書き込めば、Bのマイコンピュータの「共有ドキュメント」に保存されていませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。共有フォルダをどっちのパソコンで作ったかということですね。理解できました。ありがとうございます。

共有ドキュメントはそういう意味だったのですか。でもいちいちそこに入れなくても、家族で使ってるパソコンならそんなことしなくてもいい気がしますが…。あまり意味が感じられません。うちはいちいちユーザーの切り替えとか作らないものですから。あっ、そうした場合の全ユーザーに共通する(つながってる)フォルダということですね。違ってますか…?

お礼日時:2005/04/23 08:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング