こんにちは
ラジオを聞いていたら、ある野球選手が他の選手を
批判するコメントとして、『ケツの穴が小さい』と
言っていたと、報じられていました。
『ケツの穴』が『大きい』とか『小さい』と
言いますよね?
ここで素朴な疑問があるんですが、
『ケツの穴』の大きさがどうして、
肝っ玉の太さと関係するようになったのでしょうか?
それに『ケツの穴』の大小なんて、肛門科のお医者さん
以外にはなかなかわからないものだと思うんですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下転記てます



?
「ケツの穴が小さい」ということは、出すモノも小さい、
つまり お金を出すのをケチるのは度量が小さいの意味に転じたという説。

?
昔から「早メシ早グソ芸のうち」という言葉があり、
快食快便は悩みが無く、健康であることの証。
また、頭の上から真っ直ぐ線を下ろすと肛門にいくことから、
線の太い人の事を「ケツの穴が太い」と言うようになったという説。

?
「穴」という字には、元々「狭い」という意味があり、「人間の幅が狭い」
「見識が狭い」「視野が狭い」という場合にも使われていたという説。
※「ケツ」というのは漢字で書くやはり「穴」という字になるそうです。
    • good
    • 0

・尻の穴が小さい(けつのあながちいさい)[=狭い] 


1.度量が狭い。小心である。 例:「尻の穴が小さいことを言うな」 
2.けちである。吝嗇(りんしょく)である。 

★尻の穴が小さいと「出すものが小さい」ので、けちで小額しか払わないことを言った洒落(しゃれ)から、という。

・尻の穴が太い(けつのあながふとい)[=広い] 1.度量が広い。大胆である。2.図々しい。

参考URL:http://www.geocities.jp/tomomi965/ko-jien02/inde …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング