お金持ちの事をさす「ボンボン」とは、
なにからきているのでしょうか?

A 回答 (3件)

ちなみに、ぼんぼんは大阪弁らしいです。



「大阪弁」
ぼん、
ぼんさん、ぼんちゃん、
ぼんぼん、ぼんこ、ぼんち

「標準語」
坊っちゃん

「意味」
坊。坊坊。坊稚。良家の息子。ご令息。「ぼんち」は「ぼんちゃん」のこと。「ぼんぼん」「ぼんこ」はやや丁寧な言い方だが、育ちが良くて世間知らずだというニュアンスが込められていることもある。商家の丁稚のことも「ぼんさん」と呼ぶこともある。

参考URL:http://www.interq.or.jp/osaka/inside/osakaben/bu …
    • good
    • 0

もともとは「坊(ぼん)」からきています。


良家の若い息子、若だんなのことをいいます。
ですから、お金持ち=ボンボンではなくて、良家、お金持ちの家の息子のことをボンボン(やや世間知らず、苦労知らずの意味合いも込めて)と言います。お金持ちの家の娘のことはボンボンとは言いません。
    • good
    • 0

大辞林 第二版 (三省堂)



ぼんぼん<

〔主に関西地方で、「ぼん(坊)」のやや丁寧な言い方〕良家の若い息子。若だんな。ぼんち。〔「育ちが良くて世間知らずだ」というニュアンスをこめて用いることもある。「―育ち」〕
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヌードボンボン、オススメの色は?

@cosmeで話題の「エリザベス ヌードボンボンリップグロス」。
ぜひ購入したいのですが、近くのお店にテスターがないので、
なかなか買えずにいます。安いと言っても10円20円ではないですし、
色選びに失敗したらもったいないなぁと思ってしまいます・・・(^^;)

そこで、あなたのオススメの色は何か教えて下さい。
ちなみに私は、素のままではやや赤めの唇。
普段はマキアージュのカラーオンクライマックスルージュBE394を使っています。

あくまで「あなたのオススメの色」でいいので、回答おねがいします。

Aベストアンサー

最近、@コスメの口コミを見て、ヌードボンボンのリップグロス購入しました(^^)
私が購入した所でもテスターは無かったですし、他の色を塗った事も無いので、私の好みであって、あまり参考にならないかと思いますが、私は、2番を購入しました。メイクであまり口紅にポイントをおかないのでA^^;)ヌーディ系です。私は気に入ってます。

口コミを見ると、1番3番を購入されてる方が多そうですね。
口コミで質問者さんと同じ、マキアージュのBE394を使ってる方からこんな口コミもありましたよ↓
『口紅(マキアージュのカラーオンBE394)に一番近い色だと思って買ったのですが・・・、私には濃すぎました(^^;)』

エリザベスのHPに、本当に一言ですが、色の説明(タイプ)が載ってますし、自分のタイプに合った物を購入してみるのも良いかと思います。http://www.elizabeth.jp/brand/nudebonbon/index.html#00

少しでも参考になれば。

Q「きゃききゅけきょ」の「き」と「かきくけこ」の「き

「きゃききゅけきょ」の「き」と「かきくけこ」の「き」は全く同じ発音なのでしょうか。

Aベストアンサー

これは学問的に言うと「音声」と「音韻」の違いに関する質問だと思われます。
私は専門家ではないのでおおざっぱに説明します。
「音声」とは、実際の発音の違いで、「音韻」とは「意味の区別にかかわる」発音の違いのことを言います。すこしわかりにくいですね。

質問の例に即して説明します。
「かきくけこ」と言うときと「きゃききゅけきょ」と言うときの口の中での音が出る場所を比較してみてください。
前者では比較的奥の方、後者では前の方で音を作っていることがわかると思います。
舌の位置が少し奥・前という違いだと言ってもかまいません。
つまり違う「音声」なのです。発音記号で言うと[c]と[k]の違いに該当します。

でも日本語で、 [ci]んぎょ と発音しても [ki]んぎょ と発音しても、
「金魚」を意味することにかわりありません。つまり、「音声」は異なっていても、別の「音韻」とは認識されないのです。
だから、五十音図では[ci]も[ki]も同じ「き」という表記になるわけです。

ところが「きゃ」[ca]と「か」[ka] では、意味が変わってきます。
[ca]く と発音すれば、「客」とか「脚」の意味、[ka]く と発音すれば「各」とか「書く」の意味というように、違う言葉になってしまいます。
そこで、五十音図では[ca]は「きゃ」、「ka」は「か」と区別されるわけです。

そういうわけで「きゃききゅけきょ」の「き」と「かきくけこ」の「き」は別の発音(=音声)ですが、日本語の音韻としては同じ「き」なのだとお答えしたいと思います。

これは学問的に言うと「音声」と「音韻」の違いに関する質問だと思われます。
私は専門家ではないのでおおざっぱに説明します。
「音声」とは、実際の発音の違いで、「音韻」とは「意味の区別にかかわる」発音の違いのことを言います。すこしわかりにくいですね。

質問の例に即して説明します。
「かきくけこ」と言うときと「きゃききゅけきょ」と言うときの口の中での音が出る場所を比較してみてください。
前者では比較的奥の方、後者では前の方で音を作っていることがわかると思います。
舌の位置が少し奥・前...続きを読む

Q“ボンボン”と言ったら、何を思い浮かべますか?

ボンボン○○、○○ボンボン、ボンボン・・・

モノでもコトでも結構です。
ボンボンと言ったら、何を思い浮かべますか?

Aベストアンサー

天才バカボンの、ボンボン バカボン バカボンボン♪

Qこのような事→「こうゆう事」「こおいう事」「こおゆう事」

「このような事」を
発音で言うと「コーユー事」と表現したいのですが
「こうゆう事」「こおいう事」「こおゆう事」、その他
のどれが適切ですか?

Aベストアンサー

どれでもありません。
【こういうこと】

「こお」、「ゆう」でない理由
http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20090823231358
「事」でない理由
http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20090823231358

日本語について詳しくは、主務官庁である文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Qボンボンとはどこから先がボンボンなんでしょうか?

親に学費払ってもらってる人ってボンボンですか?
一戸建てに住んでるとボンボンですか?

どこから先がボンボンと言われる人なのかわかりません、、、

Aベストアンサー

親もぎりぎりで子供に幸せになってもらいたい一心で払っている方もいるでしょうし、

一戸建てでもローンを払うので大変な方もいます。

私は生きる上で親に頼れば2つ返事で大抵何でもしてもらえてお金関係で何も苦労したことがない方を言うのかな……と思います。

あくまで私の考えですが、苦労してやっと手に入れたものもあるでしょうし、物ではやはり一概には言えないと思います。
流石に桁が違ければこいつは確実にボンボンと言えるでしょうが…

Q「着替え」は「き”が”え」、「着替える」は「き”か

たまたま、辞書をめくっていて、気が付いたことです。
「着替え」は「き”が”え」と読みますが、「着替える」は、「き”か”える」ですね。
名詞と動詞の違いにより、なぜ、”か”が濁ったり澄んだりするのですか?

Aベストアンサー

「着替える」という動作語のままの名詞化はありません。しいていえば「着せ替え」となります。これは活用語尾を残します。

ですから名詞化した「着換」「着替」は、もはや動作語ではなく、その服とは別の「着替えるために用意した服」を意味する名詞複合語であり熟語なので、本来は活用語尾は不用ですし、連濁して「きがえ」となりますが、実は半濁した「キカ゜エ」でもあるのです。

もっと触れるなら、そもそも「着替える」の方も、正確には単純に清音の「キカエル」だけではなくすでに半濁した「キカ゜エル」でもあります。
参照:「日本語発音アクセント辞典」NHK編

清音と半濁音、その連濁には幾通りかのバリエーションがありますが、「キガエ」の場合は特に次の要件が関わります。
1)和語は漢語より連濁が起きやすい。
2)撥音の直後は必ず連濁するが、長音の直後は連濁がケースバイケースであり、それ以外では起きても半濁に近い。
3)後の語が動作的でも、その前の語がその動作の対象となる語構成の場合は連濁は起きにくい。
「絵描(か)き」と「筆書(が)き」「横書(が)き」。「物取(と)り」と「横取(ど)り」など。
4)アクセントの型によって連濁のし易さが異なる。
「三回(カイ)」と「三階(ガイ)」や「感謝(シャ)」と「患者(ジャ)」

「着替える」という動作語のままの名詞化はありません。しいていえば「着せ替え」となります。これは活用語尾を残します。

ですから名詞化した「着換」「着替」は、もはや動作語ではなく、その服とは別の「着替えるために用意した服」を意味する名詞複合語であり熟語なので、本来は活用語尾は不用ですし、連濁して「きがえ」となりますが、実は半濁した「キカ゜エ」でもあるのです。

もっと触れるなら、そもそも「着替える」の方も、正確には単純に清音の「キカエル」だけではなくすでに半濁した「キカ゜エル」...続きを読む

Qフワフワしたボンボンの作り方を教えて下さい!

はじめまして。
今度文化祭で踊るダンスで、ビニールテープで作るボンボンを使うんです。
そのボンボンを作って、裂いていったんですけど、なかなかフワフワした感じにならず、しなってしまうんです;
どなたかフワフワしたボンボンの作り方を教えて下さい!お願いします!!(>Д<)

Aベストアンサー

ボンボンかぁ昔つくったなぁ。

作り方ですけど、いすとか机とかの足にぐるぐる巻いていって真ん中を縛ってもち手にしてふちっこははさみで切って手やクシを使ってビニールテープをさいて作るんですよね?

もし違ってたらごめんなさい。

あれって、もち手からの長さとビニールテープを巻く数と裂く細かさによってだいぶイメージ変わったと思うんですけよ。
よってフワフワにしたいなら
・ビニールテープを巻く数を増やしてみる。
・ボンボンの大きさを一回り小さくしてみる(もち手からの長さを短くしてみる)
・細かくさいてみる
以上の3つをお試し下さい。

細かく裂くには目の細かいクシなどを使うと早く出来ますよw

Q「する」と「させる」、「を」と「が」、能動と受身の組み合わせ

「する」と「させる」、「を」と「が」、能動と受身の組み合わせて以下の中でおかしな表現はあるでしょうか?
私は、いずれもおかしくはないように思うのですが、
HやOの表現がおかしいという人もいます。

(動作を行うのは私として)
A:私は机を移動した。
B:私は机を移動させた。

C:このガラスは紫外線を透過する。
D:このガラスは紫外線が透過する
E:このガラスは紫外線を透過させる。

F:紫外線が透過するガラス
G:紫外線を透過するガラス
H:紫外線が透過されるガラス
I:紫外線を透過させるガラス

J:この鏡は光を反射する。
K:この鏡は光が反射する。
L:この鏡は光を反射させる。

M:光が反射する鏡
N:光を反射する鏡
O:光が反射される鏡
P:光を反射させる鏡

E、Lの表現は、ニ格がないけれど、使役表現なのでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく、「(光を)透すこと」と「(光が)透過すること」との混乱が発生していると思われます。
(なお、名詞としての「透過」は文字通り、透り過ぎる、ことで、透すこと、ではありません。)

但し、”+スル”での他動詞化は、一部進んでいる状態と個人的に見ています。

以下、補足を。

酸素透過性コンタクトレンズ、等と使われる「透過」ですが、
酸素透過性 ・・・酸素「が透過する」という性質(=酸素「を透す」)性質・・・を有するコンタクトレンズですね。
性質を有する主体は”コンタクトレンズ”、「透過」の主体は”酸素”であり、酸素「が透過する」コンタクトレンズ、は即ち、酸素「を透す」コンタクトレンズです。
ここで、”酸素透過性”は”コンタクトレンズ”を修飾するひとかたまり、と認識した受け手側としては、「透過」の主体まで”コンタクトレンズ”とする解釈がでてきます。
そこで、酸素「を透過する」コンタクトレンズ、とはなんぞや?→酸素「を透す」コンタクトレンズ、である。よって、「透過する」=「透す」と捉えてしまうことになると。

これらの積み重ねから、「(光を)透過させる」意味でも、「透過する」が通用するようになってきているのではないでしょうか。


それが現実に定着化したものが、まさに「反射」です。

名詞としての「反射」は、(光が)弾き返されること、です。
(鏡による・鏡での)光の反射、などと使います。

しかし、動詞としての「反射する」については、鏡が光を反射する、の表現は充分市民権を得ています。
「反射」の英訳語として、reflectionが当てられますが、厳密には不正確で、reflectionは言ってみれば、「反射させられること」に相当します。動詞形のreflectは、他動詞なんですよ。「(光が)反射する」ではなくて、「(光を)反射させる」の意味です。
反射行為の主体に着目すると、「反射」:弾き返されているもの(光など)が主体、に対して、reflection:光等を弾き返しているもの(鏡など)が主体、となっています。
科学技術・サイエンスの輸入に伴って、英語圏の科学用語に対して日本語をあてなければならなかった過去(現在も)がありますが、reflectionに対しては「反射」とやったわけです。reflection = 反射 と。
更に、それらの動詞形、reflect = 反射スル としてしまうのは容易いです。
(もちろん、本来は、be reflected = 反射スル だったわけですが)
英語圏の人間が、常に他動詞(的に)用いている言葉ですので、次第のその訳語である反射(する)も他動詞的扱いに馴染んで、現在では定着化がほぼ完了していると見ていいでしょう。

更に、反射は次のステージに進みつつあるかもしれません。
即ち、名詞「反射」の意味として、「(光を)反射する事」の許容です。
「反射」は複合名詞としてよく使われます、反射板、反射光。
この「反射」は、「(光が)反射する、板」というよりは、「(光を、)反射する板」、と認識されることが多いのでは無いでしょうか。
板が主役ですので、後者の解釈はもう防ぎようが無いです。

実は、「反射」は中国語では、他動詞です。反対に射出する、ですから。
本来的な意味では、「~を反射する」で正しかったわけです。

しかし、「反射」を中国語から輸入する際に、弾き返される対象を主体としたようです。日本語では、固くしまった蓋・箱を開けるときに、蓋・箱が勝手に開いたわけでは無いにもかかわらず、「蓋・箱が開いた」等と言いますよね。特殊な場合でない限り「蓋・箱を開けた」は使いません。このように、日本語は(動作の)対象を、主体とする構造を好む傾向が有ります。

対象に変化を起こした、より、対象に変化が起きた、とするわけです。
他の例:茶碗が割れた、水がこぼれた
(中国語を母語とする方の、日本語習得の難しい部分の一つ、と伺っています)

これが、理由になるかは分かりませんが、
「反射」は、中国語においては、(光を)弾き返すこと、日本語においては、(光が)弾き返されること、となってしまっています。
ある意味で、原点回帰ですね。

言語間の相互作用、って感じでしょうか。

これ以上は、言語学を学び・研究されている方の領分かと思いますので、そちらに預けます。

恐らく、「(光を)透すこと」と「(光が)透過すること」との混乱が発生していると思われます。
(なお、名詞としての「透過」は文字通り、透り過ぎる、ことで、透すこと、ではありません。)

但し、”+スル”での他動詞化は、一部進んでいる状態と個人的に見ています。

以下、補足を。

酸素透過性コンタクトレンズ、等と使われる「透過」ですが、
酸素透過性 ・・・酸素「が透過する」という性質(=酸素「を透す」)性質・・・を有するコンタクトレンズですね。
性質を有する主体は”コンタクトレン...続きを読む

Qウイスキー以外のチョコもボンボン?

焼酎入りチョコを買ったら、ボンボンと記載されていました。
お酒入りのチョコ=ボンボン
なのでしょうか?

Aベストアンサー

元々は糖衣で何かを包んだお菓子をボンボンと言います。
ウイスキーをチョコレートで包んであるのはウイスキーボンボン。
日本の場合(日本に限らないかもしれませんが)は語源を離れていい加減に外来語を使用しますから、余り気にせずともよいのではないでしょうか。

Q「追い抜かす」、「追い抜かされる」について

私は香川県出身で、今は大阪に住んでいますが、地元の人の車に載ると、
「追い抜かす」、「追い抜かされる」という言葉をよく聞きます。
最初はよく意味が分からなかったのですが、
「追い抜かす」=「追い抜く」
「追い抜かされる」=「追い抜かれる」
であることがしばらくして分かりました。

「追い抜かす」、「追い抜かされる」は方言なのでしょうか、
それとも、間違った使い方なのでしょうか
それとも、一般的な言葉なのでしょうか。

大阪では「追い抜く」、「追い抜かれる」よりも「追い抜かす」、「追い抜かされる」の方を
聞く機会の方が多く、起源をはっきりさせたいと思いますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大阪人ですが、関東在住経験もあります。

まあ少なくとも、オーバーテイクするんを「追い抜かす」て言うて、その逆を「追い抜かされる」て言うのんは、東京でもまあOKやと思います。何でかと申しますと、現在小生が使っております日本語変換ソフト「Baidu Type」で、ちゃんと変換候補として挙がって来るからです。ただ、これには学習機能もありますんで、大阪弁であることの可能性も否定できませんが、まず、大阪方面では一般に、標準語の「抜く」が「抜かす」で、同じく「抜かれる」が「抜かされる」を使うことが多いとは思われます。

昨今、大阪弁の影響が全国に浸透してるて聞きますんで、変換ソフトの作り手もその影響を受けてないとは断言できない状況にあると思われますんで、「追い抜かす」とかの表現が方言であるのかないのかは判定しにくい環境にはあろうかと思われます。それでなくても、日本語の表現を変化させる力のセンターは、今もって京阪地域にある可能性があることは、Ikkoの貢献もあるのでしょうが「どんだけ」なる言い回しが全国に浸透してることからも裏付けられるんではないでしょうか?柳田國男の「方言周圏説」は絶対ではありますまいが。

ただ、「抜かす」は大阪弁で「吐かす」と同音(「何吐かしとんやワレ(お前何言ってるんだ)」という具合に、河内方面を中心に使われる)で、大阪人にはなじみのある発音であることは指摘しとかんとあかんのかなとも思います。

大阪人ですが、関東在住経験もあります。

まあ少なくとも、オーバーテイクするんを「追い抜かす」て言うて、その逆を「追い抜かされる」て言うのんは、東京でもまあOKやと思います。何でかと申しますと、現在小生が使っております日本語変換ソフト「Baidu Type」で、ちゃんと変換候補として挙がって来るからです。ただ、これには学習機能もありますんで、大阪弁であることの可能性も否定できませんが、まず、大阪方面では一般に、標準語の「抜く」が「抜かす」で、同じく「抜かれる」が「抜かされる」を使うこと...続きを読む


人気Q&Aランキング