しばしばトラブルはありますが、
肌質だけが数少ない自慢の18歳女です。

今までは何も塗らないのが一番だと思っていたのですが
いつまでも胡坐をかいているわけにもいかず、
漸く重い腰を上げ始めました。

そこで質問なのですが、
ファンデ、パウダー、化粧下地など
どこまで肌をカバーすればよろしいでしょうか?
また、使って肌に負担がかかるのはどこからでしょうか?
ぜひ、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

わたしの祖母は農家でしたが、化粧を一切せずそのため洗顔でも石鹸さえも使用しませんでした。

(がゆかったらしく)もちろん、ローションもなにも使用しません。農家を辞めて入院してから死ぬまで、真っ白でシミひとつないシワもないキレイな85歳でした。
化粧品に頼ってないので、栄養が自分で供給出来てるマレな例だと思います。顔に限らず、火傷の回復も異常に早く医師を驚かせました。(化粧をしないという以外に食生活等も関連していると思いますが)
栄養を早くから与えると肌が怠けて自分で供給出来なくなるんですよね。。
でも、今は、外出すれば凄い紫外線、家の中でも窓から紫外線はあります。エアコンなどの乾燥、埃、空気中の細菌。それらによるトラブルはどんどん増えてくると思います。
現代社会は、田舎の祖母には無かった肌への負担は
たくさんあります。
自然化粧品であればファンデーションを塗っても肌呼吸を妨げず、いろんなトラブルのバリアとなります。
良いものを選んで、今の肌をキープされるのを
お奨めします。
悪いものはつけない方が良いと思いますが、良いものはよりキレイにしてくれると思います。
わたしは、家にいる時「ローション、エッセンス、ベース、ファンデ」です。(自然化粧品です)
素顔なのにキレイと言われるが化粧してます。(笑)
素顔もモチロンきれいと言われますよ。(パーツは別としてね。。笑)
普段、日焼け止め効果が高いベースを使用しているので安心です。
市販の日焼け止めクリームは日焼け止め効果も高いですが肌への負担も大きいので使用していません。
夜は、ちゃんと優しく洗顔して、ローションで水分を補って、クリームで保湿をお奨めします。
夜にキレイな肌がつくられますから。。。
化粧品は全て なるべく自然のものを使用してください。
「高い」=「良いもの」ではないと思います。
ご自分にあったものを見つけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません…!!
自然化粧品、大変参考になりました。
ありがとうございます。
kinokonokonokoさんとkinokonokonokoさんの
おばあさんのような美肌めざして頑張ります!!

お礼日時:2005/04/25 15:30

私はとても敏感肌で色々と試行錯誤して、顔の皮膚には本当に苦労(?)しました。



化粧品は色々試しましたし、皮膚科も何軒もかかりました。
10代の初期、即ち「第二次性長期」に入ってからはにきびに悩まされました。
成人になって「メイクアップ」しなければならない時は「無香料」のものを使っても痒みが出ました。

その云十年(苦笑)に渡る「苦闘の結果」辿りついた「一番肌に対する方法」は「何も塗らないこと」でした。

顔は「ただの(無香料が良い)安物の石鹸で二度洗い」します。
「それだけ」です。家に居る時は。
それが一番「肌に良い」のです。

ただ、「外出時」だけは「紫外線は大敵」なので(皺、しみ、などのトラブルの80%は「光老化」と呼ばれる「紫外線の害」から来るものだそうです。皮膚科医に聞きました。)「日焼け止め」だけは1年を通して塗りましょう。
これは「絶対」です。

あとは「無理にすること」はありません。

「化粧品」は全て「化学物質」です。
それを顔に塗って良いことはありません。
人間の肌というものはきちんと「自分で自分を守る」様に出来ているのです。
それを無理に「基礎化粧」などするから「肌自体の回復力が落ちる」のです。
ですので、「化粧品に手を出す」のはチョットですが「麻薬に手を出す」のと似ています。
一度始めると止められなくなるのです。

「メイクアップ」は外出時など、「自分のしたい時だけ」すれば良いと思います。
「メイクアップ」して「違う顔の自分を発見すること」は楽しいことでもありますし。
ただ、それも自宅に戻ったら、すぐに、完璧に落としましょう。

私の意見は「世間一般とは異なる」と思います。
が、実際「経験して到達した」のが「そういう結論」だり「実績」でした。

ですので、御質問者様も今迄通り、「何も塗らない」ので「大正解!!」だと思います。
それを続けて下さい。
年を取った時に解ります。
「何もしない人間の方が綺麗な肌をしている」と。
(実際、私はクラス会などに行くと「綺麗な肌してるね~!!何塗っているの?どんなお手入れをしていえるの?」と聞かれます。もちろん、「日焼け止め」と「口紅」以外は何も塗っていません。)


以上、私の経験を踏まえて書かせて頂きました。
何かのお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご本人様の体験を踏まえられた上での回答、ありがとうございます。
基礎化粧商品は麻薬…恐ろしいです…

紫外線は大敵とのことなので紫外線ケアはしっかりしようと思いました。

わたしもlilylilylilyさんのようにクラス会で
褒められるようになりたいです!

お礼日時:2005/04/23 07:06

就職をされたのであれば一通りの化粧が必要でしょうが、そうでないのならまだお若いので、ファンデーションを薄付けするだけ、または少し色の付く日焼け止め程度で十分だと思います。



肌の負担という点では、ファンデーション以上が当てはまると思います。(下地は物によるので一概には言えません)
ただし、日焼けも肌の負担になりますので、ファンデーションを付ける事が必ずしもマイナスになるわけではありません。
化粧をした日は必ず綺麗にクレンジングし、基礎化粧品でケアして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

no1の方も仰るとおりやはり洗顔は大切なのですね!!
どうもありがとうございます。

ファンデーション以上ということは
ファンデーションも当てはまってしまいますよね…
下地は物によるということなので
まずは下地デビューをしてみようかと思います。

お礼日時:2005/04/23 07:02

シミだらけになってしまったオバサンとしては羨ましい限りですね。


何も塗らなくても勿論おきれいでしょうが、紫外線対策だけはした方がいいですよ。
なので、何も塗らないよりは
洗顔後、化粧水、乳液で肌を整えたらUV効果の下地クリームを塗り、ファンデーション(リキッドが一番自然でおすすめです)パウダーの順でお使い下さい。
パウダーは粉のものが自然でよいですね。
化粧直し用には固形パウダーのコンパクトを。

塗り方ですが、ベタッと平坦に塗るのでなく頬や額、鼻筋を中心に後はぼかしこむ感じで、特に首との境に線ができないよう注意して下さい。
自分では見えなくても横から見るとお面のようになってしまう事ってよくありますから。
仕上げに何もついていないスポンジパフで境界をぼかすとよいです。

オバサンはこれではカバーしきれないのでコンシーラーを使ったりパウダーファンデを部分重ねしたりと苦労していますが、18歳ならここまででOKです!

使って肌に負担という物は最近は少ないでしょう。
何よりの負担はメイク落としを怠ることです。
ファンデーションを使ったらクリームやオイルのクレンジングの後、石鹸などで洗うダブル洗顔は必ずしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございます!!
肌に負担、というものが最近少ないと聞いて
だいぶ安心致しました。
ファンデはリキッド、参考にさせていただきます。

しかもお化粧の仕方まで載せてくれて
大変嬉しいです。

やはり洗顔は必須ですか!!
今まで顔面ノーメイクだったので
あまり気合を入れていませんでしたが頑張ろうと思います

お礼日時:2005/04/23 06:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング