中小企業の働き方改革をサポート>>

来月ブラジルに旅行しに行こうかなあと突然思い立ちました。
その予習というか、心の準備というか、ブラジル文学を読んで気分を盛り上げたいなあと思っています。

ブラジル人作家による、ブラジルを舞台にした文学作品をご存知でしたら、ぜひ教えていただけませんか。

ちなみに私が好きな物書きを仕事にしている人は、
よしもとばなな・宮本輝・大江健三郎・スティーブン=キング・三島由紀夫・ウィリアム=サローヤン等です。

古典でも、現代文学でも「個人的にこれはよかった!」
と思うものならぜひおすすめください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下のリンク先にブラジル文学者がたくさん載ってました。

最後に載っているパウロ・コエーリョの『アルケミスト』という作品は世界中の旅人に愛されています。南アジアやヨーロッパの安宿や古本屋の本棚に、この本の日本語訳(!)が置いてあるのを何度も見かけました。旅行前や旅行中に読むにはうってつけの本です。よかったら読んでみてください。

参考URL:http://www.kufs.ac.jp/toshokan/worldlit/worldfla …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございました。
「アルケミスト」はブラジル文学だったのですね。何年か前から読もう読もうと思っていて、つい後回しにしていました。これを機に、ぜひ読んでみようと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/30 08:46

http://www.brasemb.or.jp/brasil/education.htm

にも言及されている、アレンカール(Jose Martiniano de Alencar, 1829-77)(Joseの「e」には「´」付き)の「グアラニー」(あるいは「グアラニー族」)は、いかがでしょうか? 1857年の作品ですが、作者生存中の1870年には、ゴメスの手でオペラ化され、それはブラジルの国民オペラに位置づけられています。「"グアラニー" "アレンカール"」で検索すれば、たくさんヒットします。上記URLには、これ以外の文学作品に関する記述もあるので、参考になりましょう。

「グアラニー」は、植民地時代のリオデジャネイロを背景として、征服者たちの横暴と戦うグアラニー族の、原始的ではあるが、騎士的な生活を題材にしています。

参考URL:http://www.brasemb.or.jp/brasil/education.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えどうもありがとうございました。ご紹介いただいたサイトも見てみました。

<詩人メノッセ・デル・ピーキアは、以下の言葉でこの新しい芸術運動の目的を要約しています。「我々は、我々の芸術の中に、光、空気、換気装置、航空機、労働者の要求、理想主義、自動車、工場の煙突、血液、スピード、そして夢を求める」

素晴らしいですね。

ぜひブラジル文学を読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/04/25 04:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング