日露戦役の地域出兵記念碑を都内ですが3箇所で見つけました(北区飛鳥山、杉並区妙法寺、豊島区雑司が谷)みな、日露戦役とは書いていませんで、明治三十七八年戦役出兵のと書かれていたのです。大体建立は戦中から戦後直後でした。当時は「日露戦争」とは言わなかったのでしょうか?いつから定着した名称なのでしょう。あるいは「日清戦争」も当初は「明治二十七八年戦役」ということだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日露戦争は通称なのです。

正式名称は「明治三十七乃至八年戦役」です。

これは現在でも変わりません。戦争名称は閣議で決められるものです。日清戦争もおっしゃるとおりです。第一次世界大戦も正式には「大正三、四、五、六乃至七年戦役」といいます。また第二次世界大戦は日本においては「大東亜戦争」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。大変意外感じで、目から鱗という状態です。みな通称とはしりませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 17:29

日露戦争(Japanese - Russo war)というのは国際法上での名称です。

国内では「明治三十七八年戦役」と言います。
日清戦争(Chinese - Japanese war)も同様で、国内では「明治二十七八年戦役」

ちなみに義和団事件(Boxer Rebellion)は北清事変、第一次世界大戦は「大正三、四、五、六乃至七年戦役」、ノモンハン事変は国境事変、太平洋戦争(国際法ではEast Asia warと言い、東亜戦争が正しい、日本のマスコミ、米国のみが太平洋戦争という言葉を使っているが、別の戦争を指す言葉なので本来は使ってはいけない)は大東亜戦争と言います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

前に回答いただいた方同様、たいへん目が覚める思います。北清事変だけは正式名が通っている感じがします。国内で国際法規によらない理由というのがよくわかりません。

お礼日時:2005/04/26 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菓子メーカーの明治製菓がカールを中部地方以東の販売中止すると発表しました。 ピーナッツバターのピッキ

菓子メーカーの明治製菓がカールを中部地方以東の販売中止すると発表しました。

ピーナッツバターのピッキーが日本撤退の発表をした翌日に明治製菓の看板商品だったカールすら全盛期の1/3しか売れていなかったという。

他者のカルビーのポテトチップスとかは値段も高くなり、量も物凄く減らして売っている。

カルビーポテトチップスは高齢者が増えて、一度に食べきれなくなった人が増えたので、高齢者でも一度に食べ切れる量に減らして売っているというが、ポテトチップスは一度に食べきれなくても口を塞いだで保存している人が大半なのでカルビー社は高齢化を理由にしているが実際は売れ行きが悪化して、新商品のヘンテコな味を出しまくって客離れを更に加速させて、最近では売れないので、少量生産して品薄商法をやったりカルビー社には昔の誠実な社風のカケラは1つも残っていないが、明治製菓は誠実すぎて昔の量のままで昔の値段のまま売っていて、少子化で売れ行きが悪くなって、物価も上がって利益は薄くなり売上げも1/3で死んだ。

明治製菓もカルビーのように悪徳商法に手を出せば良かったのに悪いことをするくらいなら潰れてやるって意気込みが伝わってきてさすは明治製菓だわと思った。

色んな味を出したら飽きられて、不味い新製品を投入してしまうと定番商品まで不味いイメージが付いて売れなくなる。


東ハトがまさにそうでノーマルキャラメル味を出し続けていれば良かったのに買収されて今やクソ不味い新製品味を次々に投入してブランドイメージ=不味いとなっているので東ハトを売却したのは間違いだった。

片っ端から日本の菓子メーカーが死んでいっている。

その割に全体の売上高は横ばいなのでどこかのメーカーが総取りしてるのかと思ったら、どこのメーカーも横ばいだったりする。

菓子製造業者は不思議な業界である。

菓子メーカーの明治製菓がカールを中部地方以東の販売中止すると発表しました。

ピーナッツバターのピッキーが日本撤退の発表をした翌日に明治製菓の看板商品だったカールすら全盛期の1/3しか売れていなかったという。

他者のカルビーのポテトチップスとかは値段も高くなり、量も物凄く減らして売っている。

カルビーポテトチップスは高齢者が増えて、一度に食べきれなくなった人が増えたので、高齢者でも一度に食べ切れる量に減らして売っているというが、ポテトチップスは一度に食べきれなくても口を塞いだで...続きを読む

Aベストアンサー

総売上は、横ばいの陰には、菓子の輸入の増加があります。PB商品は、卸業から大型小売店まで作っています。その中で輸入品で占めている割合は増えるばかりです。
数十円が百円均一で売れるから利益率もいいので、各社へ広がったんですね。
輸入先は、中韓始め、ベトナム、タイからインドネシア、そして、ヨロッパまで広がっているから、安全性は難しいですね。
しかし、儲かるからやめられません。その為に、日本メーカーは、利益を確保する為に、経費の高いTVCMを止めたのです。そこでかろうじて利益を上げています。
それまでは、高利貸し商法で、CMの為に売り、売る為にCMを入れる、で利益はすべてCMに消えていましたからね。それが、出演者を高額にした元凶です。
そして、そこには、かのB企業の 電通がいます。
参考までに、売上資料です。
http://www.eokashi.net/siryo/siryo08.html

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.

Q明治カールの「たんぱく加水分解物」

明治のカールを半袋くらい食べていたら(チーズ味)、口の中の口蓋(上のあたり)がひりひりします。

食べ方に問題があるのでしょうか?口蓋にこすれるような食べ方をしたからでしょうか?

それとも、「たんぱく加水分解物」のせいでしょうか?パイナップルにはたんぱく質をとかす物質が含まれているといいますが、これとは別のものでしょうか?

Aベストアンサー

たん白加水分解物は植物または動物性たんぱく質を酵素や酸で加水分解したものです。
たんぱく質を分解するものではありません。
これはNo.1の方の回答のとおりです。

ただ、たん白加水分解物はグルタミン酸ナトリウムではありません。
グルタミン酸ナトリウムはその名のとおりうまみ成分のアミノ酸のグルタミン酸とナトリウムが結合したもので、食品添加物として「調味料(アミノ酸)」と表示されます。
ご飯をよくかむと唾液の酵素ででんぷんが分解されて甘みが出ますよね、それのたんぱく質バージョンと考えていただければわかりやすいかと思います。
たんぱく質も分解されるとうまみやコクを出すための調味料となります。ただ、これはあくまでも食品素材としての扱いとなりますので添加物ではありません。

ちなみに、口がひりひりするのは何か刺激が強いのだと思うのですが・・・単純にペッパーなどの香辛料とか・・・添加物の調味料などは人によって舌にぴりぴりと刺激を受けたりするようです。

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

Q明治カールのCM「それにつけても」

カールおじさんが出てる頃のCMで、最後に「それにつけても、おやつはカール」と言っていますが、「それにつけても」とはどうゆう意味ですか?
何気なく聞いている言葉でも、考えると意味がわからない言葉がありますが、これは前々から気になっていました。バカな質問ですがお願いします。

Aベストアンサー

江戸時代より昔(よく憶えていない!)和歌の歌人(誰がか知らない)が、どんな上の句にも合う下の句を考えました。
例「八重山の~~~」「それにつけても金の欲しさよ」
何百年も前から使われているので、それのパロディーであると認識しております。国語の先生をやっておられる方ならご存知かと思います。いらっしゃったら、補足してくださいね。

Q日清戦争と日露戦争

日清戦争と日露戦争には相互に関連はあるのでしょうか?

関連があるのでしたらどの様なことですか?

Aベストアンサー

ロシアの南下政策を阻止したい日本が緩衝地帯として、朝鮮半島を自陣に引き込もうとしたのを清が気に入らなくて起きたのが日清戦争。
朝鮮半島を緩衝地帯にし損なった日本が南下するロシアと直接ぶつかったのが日露戦争。

つまり、「南下するロシア」がキーワード。

Q明治のカールについて

今日ラッキーカールが出ましたが確率的にどれ位の割合で出るのですか?何袋中何袋みたいな?教えて下さい。

Aベストアンサー

ネットで調べた人がいるみたいですが、
数百個に一つ、数千個に一つ、十万個に一つと諸説あるみたいですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/kotukotu/diary/200803010000/

こちらのサイトには40個に1個の割合で入っていると書かれています。
http://popeye.mo-blog.jp/waraibuta/2008/07/40_403a_3.html

根拠、真偽のほどは定かではありませんが。

ラッキーカールのことは公式サイトにも触れられていますね。
http://www.meiji.co.jp/inquiry/kyakusou/sweets/snack.html

Q日清戦争、日露戦争について

日清戦争、日露戦争について詳しく書いてあり、分かりやすく解説されたホームページを教えてください。
また、分かりやすく解説してくださる方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

日清・日露の遼戦争を歴史の流れから理解し、戦争の推移、展開を概観することは必須ですが、私はこれに加えてこの両戦争を個々の日本国民がどう戦ったか、を是非勉強してほしいと思います。
 ひとつの方向として、戦争中の指揮官や一兵卒が残した戦争の一局面やここの兵士の意識などです。これらの一局面から戦争全体を眺め「帰納法的」なアプローチが、次の意味からも面白いと思います。

 日清戦争の「勇敢なる水兵(黄海開戦)」や日本軍が北京を目指して進軍した際の「雪の進軍」、日露戦争では「橘中佐」「広瀬中佐」「水師営の会見(乃木大将)」など、物語風に作られた素晴らしい「文部省唱歌」があり、感動させられます。これらの唱歌からは兵士たちのいじらしいほどの国を思う気持や意識が伺えます。「年表」だけの戦争では、なんともつまらないと思います。
 今に起こる愛国心の議論なども、我々の先人が日清・日露の戦争をどんな思いで戦ったのか、しかっり見据えた上でやってほしいものです。

Q明治製菓のお菓子 カールのおじさんについて

昔からの素朴な疑問なのですが、あのCMに出てくるキャラクターを書いた人は有名な人なのでしょうか?
 アニメ 日本昔話でも、そっくりなキャラクターが出てきたのをよく憶えています。
もし、わかりましたら、是非、知りたいのですが、どなたかご存知な方いらっしゃいませんか?
どうぞよろしくお願いいたします (^_^)

Aベストアンサー

「ひこねのりお」さんのデザインしたキャラクターです。

参考URL:http://www.hikone-st.co.jp/

Q日露戦争には少年兵は出兵したか

1896年生まれの祖父が日露戦争に行ったと、祖母から聞かされていますが、年齢を計算すると当時、16,7歳ということになります。

Aベストアンサー

当時、兵役は最年少で17歳からだったと思います。
成人してからの兵役が大半で割合としては少ないですが
1904~5年当時で16~7歳というと微妙な線でしたので・・・。
 (・・・当時実際に対露戦で未成年者の出兵があったかは調べておりませんが)

でも1889年生まれですと15~6歳ですね。
お祖母さんが日露戦争以降の別の戦役でのお話と思い違いなされていたのかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報