12歳の子供がケガをし、前歯をあ脱臼しました。 すぐにワイヤーで固定してもらい、刺激しない様にして4週間、と言われました。 きちんと歯が付く場合と付かない場合、骨にくっついてしまう場合の3通り考えられるとのことでした。 
 また神経も今反応がありません。復活するかどうかは半年からそれ以上経たないと何とも言えないとの返事でした。
 歯がきちんと付かない場合と 神経が復活しなかった場合、いずれもどのように対処したら良いのでしょうか?
 ケガなので傷害保険がきくと思いますが、半年~何年も経って症状が出た場合、今回のケガがモトで、と証明するには今からどんな準備が必要でしょうか?
 医療的、保険的な両面でアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、歯がきちんとつかない場合は動揺が強くなり、結果的に歯として機能できなくなると言うことですから、抜歯しなくてはなりません。


亜脱臼の場合、固定しておけば、殆どは元に戻ります。
しかし、場合によっては、骨とくっついてしまう事もあります。歯の根が吸収してしまうこともあります。
骨とくっついてしまう(癒着)場合、問題となるのは、今後何かの時に抜歯する事になった際、少し大変という事くらいでしょうか。

神経に反応がない場合、数週間?から2・3月で快復してくることもありますが、もしそのまま反応がない場合(歯髄が死んだ状態)、すぐに神経をとる処置は必要ないと考えます。そのままにして問題になるのは、歯牙の変色です。感染すると痛みが出現します。その場合は根の治療をして、差し歯をすることになるでしょう。

ちなみに、症状が出た場合の処置は通常の虫歯の処置のように、その都度治療費がかかります。全て保険で賄えますが、自費診療を望むことも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 専門的なお答えありがとうございました。
 亜脱臼してから2週間になりますが、先日歯科で診てもらったところ、多分このままくっつくでしょう、とのことでした。 神経の方はもう少し様子を見ないとなんとも言えないようです。
 今後「なにかの時」が心配です。VSD(心室中隔欠損症)ですので、歯のことでは今まで神経をつかって来ました。(虫歯はありません) そちらの方で気をつけなければならないことはありますか?

お礼日時:2001/09/24 14:17

現在は固定中なのでしょうか?


私の知る限りの回答しかできませんが、、、

まず、再植できない場合では(年齢からして入れ歯はしないですよね?)、その部分がないのですから、両隣の歯を削って橋渡しのかぶせ物(ブリッジ)にする事が多いのでは。。。

次に、神経が死んでしまっただけだったら、神経の処置をして詰め物・かぶせ物という段階を踏むと思います。この場合はその歯だけの処置ですので隣の歯は健全なままです。

子供さんの場合は、ほとんどが再植はうまくいきます。ただ、神経は何年か経って
死んでしまうことが多い様に思います。定期的に健診に行かれて、しっかり管理した方がいいでしょうね。
後、お役に立てずに申し訳ありませんが、保険については詳しくありませんので
お答えできませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。 現在固定中で 前歯で物が噛めない状態が続いています。定期的に検診、が大切ですね。 

お礼日時:2001/09/15 07:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 水晶体脱臼、亜脱臼<眼の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    水晶体脱臼、亜脱臼とはどんな病気か  水晶体は、チン氏帯と呼ばれる細い糸によって眼球壁に固定されています。眼球を打撲したり、チン氏帯に細かい粉が蓄積する性質の人や、全身の病気と関係してチン氏帯が弱い人などでは、チン氏帯の一部が切れてしまうことがあります(亜脱臼)。すると、その部分で水晶体の支えがなくなるので、固定が不安定になります。この場合、白内障手術は難易度が高くなります。  手術中に水晶体が...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩鎖関節の亜脱臼による関節変形症の手術のリハビリ

 先日、整形外科で肩鎖関節の亜脱臼による関節変形症の手術を受けました。
その後、1か月間リハビリに通ったところで院長に呼ばれ、
「これ以上通ってこられても、うちは迷惑だ。あとは自分で適当に何とかしてくれ。今度、来院したら叩き出してやる」
と言われて、診療を拒否されました。
この手術も「手術すれば必ず痛みは取れる。だからぜひ手術が必要だ」と院長に言われ受けたのですが、術後は腕が水平状態より上に上がらなくなり、普通にしていても常に激痛が走ります。

このような症状は、カイロプラクティックや整骨院で改善するでしょうか?

余談ながら、肩鎖関節亜脱臼による、鎖骨端の切除術はその病院でも初めての症例だと後からわかりました。

Aベストアンサー

 お気持ち察します。参考になれば幸いです。おなじく自転車事故で2週間前(7/23)に左の肩鎖骨(亜)脱臼したものです。

■質問をうかがい,2つほど記させていただきます。
1)医師から手術の成功失敗の可能性を含む説明(インフォームド・コンセント)は十分になされたのでしょうか?医師の技術にもよるのでしょうが,わたしの場合は「うまくいかない場合もある」と言われました。
2)すでになさっておられるかもしれませんが,症状の説明,手術を受けた方,整骨院など,いろんなHPを参考になさってください。わたしは「肩鎖骨 リハビリ」,「肩鎖骨脱臼」他などで検索し,ずいぶん参考になりました。

 ※症状とリハビリに関しては下記URLが参考になりました。

他にわたしの事例をもとに思いつくことを記させていただきます;

【症状・経緯】

○事故直後;レントゲン写真による診断は医師の言葉で「亜脱臼」(下記URLでおそらくII度)です。医師はわたしの仕事(本業:事務系と契約:倉庫の肉体労働)を聞いて「手術をしてもうまくいかない場合が多い,保存療法で」と言われました。

○1週間後;受診の際,肩は100°(水平から10°上)くらいにあがり,まだ突っ張ったような感覚や時折痛み(鈍痛)があります。関節のつながりについては鎖骨下部が肩甲骨の上端の線に接するほど(参考URLの図,II度とおなじ)でこれ以上回復は望めないと言われました。

【今後】
2週間後に再診の予定です。救急車で運ばれてはじめに脳外科に運ばれたこともあり,都合3名の医師が診ることになりました。判断も言い方もそれぞれ少しずつ違っていましたが,どうも後遺障害は残ることは確実なようです。病院で肩にたすきのような拘束帯を装着しました。毎晩シャワーの際のみ外しています。都合3週間装着することになります。今は後遺障害を覚悟してリハビリ(基本的には自分の努力)でどこまで改善するかにするかに集中しようと考えています。

 最後に,あなたがかかっている医師の「たたき出してやる」という言葉に胸が痛みました。残念ですが,被害者,弱い立場の態度,出方により相手の対応も変わります。ご自分の体から,相手の感情まで,当面,改善することや変えることができないものをまずしっかり見極めて,よりよい回復の道を切り開いて行かれるよう願い祈ります。

参考URL:http://www.jossm.or.jp/series/flie/019.pdf#search='肩鎖骨%20リハビリ'

 お気持ち察します。参考になれば幸いです。おなじく自転車事故で2週間前(7/23)に左の肩鎖骨(亜)脱臼したものです。

■質問をうかがい,2つほど記させていただきます。
1)医師から手術の成功失敗の可能性を含む説明(インフォームド・コンセント)は十分になされたのでしょうか?医師の技術にもよるのでしょうが,わたしの場合は「うまくいかない場合もある」と言われました。
2)すでになさっておられるかもしれませんが,症状の説明,手術を受けた方,整骨院など,いろんなHPを参考になさってください...続きを読む

Q脳神経に付いている番号は何ですか?

脳神経に付いている番号→(I)嗅神経
これはどういう理由で付いているのですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>神経が脳と接続されている部位(脳から出る部位)によって、頭側から尾側の順になるように付けられた番号でも呼ばれる。脳神経の番号はローマ数字で表すことが多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E7%A5%9E%E7%B5%8C

>脳神経は第I~第XII神経まで存在し、全て脳幹部から発生しているが発生元の脳の部位が異なる。第I~第III脳神経までは中脳、第IV~第VIII脳神経は橋、第IX~第XII脳神経は延髄から、それぞれ発生している。
>嗅神経と視神経は厳密には中枢神経の延長であるが、歴史的に末梢神経に含めて考えられている。
>この12対が、脳から出る神経のすべてというわけではない。終神経、鋤鼻神経など、上記の12対に含まれない脳神経も存在する。人間では退化しているが動物ではよく発達しており、フェロモンを感じ取る役目があるといわれている。

まず、解剖して、その段階で順番に名前を数字でつけ、その神経の終端がどこにあり、どういう働きかを調べられ、名称がついたというのが順番です。学生時代に、犬の脊椎からの神経を破壊し、変性した神経細胞を数えることでその神経の最終部位とその数を30年以上発表をしていた教授の手伝いをしたことがありますが、そういった地道な研究から神経の始まりと終わりの関係を調べて来たのです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E7%A5%9E%E7%B5%8C

>神経が脳と接続されている部位(脳から出る部位)によって、頭側から尾側の順になるように付けられた番号でも呼ばれる。脳神経の番号はローマ数字で表すことが多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E7%A5%9E%E7%B5%8C

>脳神経は第I~第XII神経まで存在し、全て脳幹部から発生しているが発生元の脳の部位が異なる。第I~第III脳神経までは中脳、第IV~第VIII脳神経は橋、第IX~第XII脳神経は延髄から、それぞれ発生している。
>嗅神経と視神経は厳密には中枢神経の延長であるが、歴史的に末梢神...続きを読む

Q剪定生膝蓋骨亜脱臼と、剪定生膝蓋骨軟化症を持った人で子供を持った人はいますか?手術はしていません、私

剪定生膝蓋骨亜脱臼と、剪定生膝蓋骨軟化症を持った人で子供を持った人はいますか?手術はしていません、私は医師から降ろす事を進められます、今は妊娠していません、体重は支えられるのでしょうか、私の体重は50キロ前後です、良いアドバイスをお願いします

Aベストアンサー

「先天性膝蓋骨亜脱臼」「膝蓋骨軟化症」のことでしょうか?

http://www.doctor-nabi.com/category/%E8%86%9D%E8%93%8B%E9%AA%A8/

http://ja.healthline.com/health/chondromalacia-patella#予防7

これらを見る限り「妊娠NG」となっているサイトはないようですが、主治医が「降ろす事を勧めている」のならば、主治医に「妊娠を継続しがたい体重は何キロ?」と聞く方がいいのでは?
また、装具など「補助具」のことも相談しては、いかがでしょう。

Q経皮経肝胆管造影について

経皮経肝胆管造影について。

経皮経肝胆管造影(四×5)と、スポット撮影(六×1)を併用した場合ですが、添削問題の解答では2094点となっていました。
腹腔鏡検査1800点の他に、何を足したら2094点になるのかわかりません。。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

造影剤使用撮影の算定ルールは

診断料+撮影料+造影剤注入手技料+フィルム料+薬剤料+特定保険医療材料

今回の問題は、
経皮経肝胆管造影(胆管・膵官造影法を行った場合)は違う算定方法ですよ、という問題だと思います。

造影剤を注入をした場合は、
経皮経肝胆管造影における造影剤注入手技料は、腹腔鏡検査により算定。

と、離して考えたら判りやすいと思います。

Q前足の指が亜脱臼だと診断されました

 初めて質問します。 7歳のシーズーです。
 5日前から突然前右足をかばい、歩き方がおかしいのと肉球のあたりが腫れているので病院に連れて行くと、レントゲン撮影と触診で”おできのようなものでしょう”と言われ、4日分の抗生剤や痛み止めを処方されました。
 それから薬をきちんと飲ませて様子を見ていたのですが、良くなるどころか日に日にひどくなり、今ではまったく歩こうとしないし、少し触れただけでも悲痛な泣き声。
 再度病院に連れて行ったところ、”違う角度からレントゲンを撮ってみます”との事。結果、前右足中指の第1関節が亜脱臼だと診断されました。原因がやっとはっきりして、今後の治療方針を以下のように言われました。
 
--全身麻酔で関節の部分を開き、関節のズレを直す手術する。靭帯が切れていることもありうるのでなんとも言えないが、最低3日の入院。退院後は、3週間程度ギブスをしていなければならない。--

そこで質問なのですが、
1.”亜脱臼”という怪我は、手術をするしか治る方法はないのでしょうか?
2.ペットホテルなどに預けることはおろか、今までケージに入れたことがないため、トリミング時にお迎えが遅れて短時間ケージに入っただけでもストレスを感じてしまうところがあります。全身麻酔による手術も初めてでとても心配ですが、入院したことによるメンタルな部分が一番心配です。何か良い方法はありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 初めて質問します。 7歳のシーズーです。
 5日前から突然前右足をかばい、歩き方がおかしいのと肉球のあたりが腫れているので病院に連れて行くと、レントゲン撮影と触診で”おできのようなものでしょう”と言われ、4日分の抗生剤や痛み止めを処方されました。
 それから薬をきちんと飲ませて様子を見ていたのですが、良くなるどころか日に日にひどくなり、今ではまったく歩こうとしないし、少し触れただけでも悲痛な泣き声。
 再度病院に連れて行ったところ、”違う角度からレントゲンを撮ってみます”との事...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

関節は骨と骨とが接するように位置して形成されており、接しているところを「関節面」と呼びます。
関節を構成する骨同士が本来あるべき位置からずれてしまっているものを脱臼と総称しますが、もとの関節面同士が完全に離れているものを「完全脱臼」と呼び、もとの関節面の一部が接触を保っている状態を「不完全脱臼(または不全脱臼・亜脱臼)」と呼びます。脱臼のなかの、ずれ方がひどくない状態というような意味合いです。ちなみに一時的に亜脱臼になり、これが整復された後に周囲の組織の損傷によって痛みや腫れなどが見られる状態を捻挫と呼びます。
脱臼全般の基本的な治療方針としては、整復・固定・安静および外傷などの治療になります。脱臼・亜脱臼どちらにしても骨の位置がずれていることになりますので、位置を直そうとするのであれば手術が必要になる場合が多いと思います。ただ、ご質問者様の愛犬の場合にもやはり手術が必要かどうかという点に関していうと、実際に診察した獣医師でないと何とも言えないところです。
足先の怪我というのは実際には気づかない場合も多く、なんとなく足を引きずっているなあと思いながら様子を見ているうちになおったので放っておいたら、何年後かに別の件でレントゲンを撮ったら骨折→自然治癒していたという犬もいますし、チワワなどで骨折しているのが分かったが、指が細いために整復が難しく、整復せずに固定のみで安静にして治癒させる例もあります。足の骨のような、小さく、多くの骨が集まっている部位の場合、その中の一つか二つが本来の位置とずれていても普段の生活には支障のない場合も多くあります。
もし手術に不安がある場合、担当獣医師に手術せずに治癒は可能かという点について問い合わせをし、よくご相談されるほうがいいと思います。合わせてセカンドオピニオンを求めることもお考えに入れると良いでしょう。
ケージに入れるトレーニングをしてこなかったのは、厳しい言い方になりますが、飼い主さんに責任がありますね。愛犬にもしものことがあった場合を考えて、狭いケージに入ったり、一人でいさせる訓練をしておくことは大切です。
ただ、入院が初めてと言っても、特に気難しい犬でなければ、たいていの犬は慣れるものです。「うちの犬はデリケートなので」と言いながら飼い主さんのほうが精神的に参ってしまう例も多いものです。曲がりなりにも動物のプロですから病院を信頼して、気持ちに余裕をもつようにしたほうがいいでしょう。

(No.1の方の添付URLは「膝蓋骨脱臼」という疾患に関してのもので、膝の皿が内側に脱臼する病気です。やはり小型犬に多いものですが、ご質問者様の愛犬は前足の指の脱臼ということですので、おそらく違うものですね)

こんにちは。

関節は骨と骨とが接するように位置して形成されており、接しているところを「関節面」と呼びます。
関節を構成する骨同士が本来あるべき位置からずれてしまっているものを脱臼と総称しますが、もとの関節面同士が完全に離れているものを「完全脱臼」と呼び、もとの関節面の一部が接触を保っている状態を「不完全脱臼(または不全脱臼・亜脱臼)」と呼びます。脱臼のなかの、ずれ方がひどくない状態というような意味合いです。ちなみに一時的に亜脱臼になり、これが整復された後に周囲の組織の損...続きを読む

Q神経内科、脳神経外科

神経内科はどのような診療内容か
また脳神経外科はどのような診療内容か

母が現在、認知症で脳神経外科に通院しています。
1年前に引越しをして今行っている病院はちょっと遠くなってしまいました。ですが月1だったので私が連れて行っていました。
先日足腰も悪く整形外科にも行っていてふらつきがあるので整形の検査だと特に問題なしとの事で神経内科で頭のCTを撮って検査してもらったらといわれました、この際だから認知症の病院を家の近くの神経内科にかえようと思ったのですが神経内科って頭も見るんですか?
認知症にはどちらの科がいいのでしょうか?

個人病院の脳神経外科か少し大きい病院の神経内科か。

Aベストアンサー

 No.6の回答を読ませていただいての再度のコメントです。
 
 私の回答の「認知症に対する外科的治療法は今のところありませんから」という部分と、No.6の方の「世の中には外科的に治療可能な認知低下が存在するということです」を読まれて、もしかしたら質問者さんや一般の方々は困惑されたかも知れません。

 一般的に「認知症」と言った場合、アルツハイマー型、脳血管障害型、或いはレビー小体型などの認知症を指しており、これらの病気に対する外科的治療法はやはり現在のところ無いと思います。しかしこれらの「認知症」以外の脳の病気でも「認知症」と似たような症状を示すものがあり、それらの中には外科的に治療できるものもあります(No.6の方が「認知症」ではなく、「認知低下」と表現されているところがポイントだと思います)。

 例えば脳腫瘍でも腫瘍の存在する部位によっては認知機能が低下しますし、高齢者であれば正常圧水頭症などの病気も考えられます(ただし後者であれば認知機能障害よりも歩行障害がメインとなることが多いと言われています)。発熱などを伴っていれば脳膿瘍の可能性もあるでしょう。これらの病気には何れも外科的治療法があります。

 今回の件ですが、既に脳神経外科に通院されて「認知症」と診断されていますから、上記の外科的治療可能な「認知症」様の症状を示す疾患は既に否定されているであろうという前提で私は回答し、神経内科受診をお勧めしました。手術可能な病気が否定された段階になれば、認知機能障害を示す病気に関する知識は一般的に脳神経外科医よりも神経内科医の方が豊富だと私は思います。

 以上より、No.6さんの回答に倣えば認知機能障害の方の一般的な受診優先順位は、

1.脳神経外科 = 神経内科 → 2.精神神経科

だと思いますが、「脳神経外科医の人数>神経内科医の人数」であることを考慮すると、

1.脳神経外科 → 2.神経内科 → 3.精神神経科

になると私も思います。

 No.6の回答を読ませていただいての再度のコメントです。
 
 私の回答の「認知症に対する外科的治療法は今のところありませんから」という部分と、No.6の方の「世の中には外科的に治療可能な認知低下が存在するということです」を読まれて、もしかしたら質問者さんや一般の方々は困惑されたかも知れません。

 一般的に「認知症」と言った場合、アルツハイマー型、脳血管障害型、或いはレビー小体型などの認知症を指しており、これらの病気に対する外科的治療法はやはり現在のところ無いと思います。しか...続きを読む

Q亜脱臼の診断って存在しないのですか?

引っ越しする前に行っていた接骨院で

肩の関節が痛く回すとゴリゴリいうので診てもらったら

肩の亜脱臼(不全脱臼)と診断を受けて治療していました。

引っ越しして先日、新しい接骨院に行ったら、

亜脱臼というのは、骨と骨が少しずれて動かせない状態の事で普通に動くのであれば亜脱臼での診断はないといわれました。

どっちが正しいのでしょうか?

更に、他の接骨院に行って診断してもらった方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

これにはカラクリがあります。

まず脱臼、亜脱臼の診断にはレントゲンが必要です。これは関節面を確認しなければいけないからです。関節面は外から触れられませんので、絶対にレントゲンが無い接骨院ではわかりません。

接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という国家資格者です。接骨院は、肩コリや腰痛など治療するものだと勘違いされている方もいますが、実は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療する施設です。しかも国から 「急性期に限る」 とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできないのです。

腰痛や肩コリの治療は 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯し、慢性腰痛を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付したり、施術部位数・治療日数の水増しなどの手口で健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。貴方の場合もこの手口にはまったのだと思います。貴方を慢性疾患(五十肩など)すれば保険請求が出来ないから、 “脱臼” でなければ困るのです。これは接骨院の常套手段です。

全国に約三万件と 整骨院はあり、不正は業界ぐるみで行われております。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに 数種類あり、2007年度で約3000億円か かっています。言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。


>亜脱臼というのは、骨と骨が少しずれて動かせない状態の事で普通に動くのであれば亜脱臼での診断はないといわれました。

正しくないですね。亜脱臼とは関節面の一部の接触が保たれているものを言います。動く動かないでは分類しません。


>どっちが正しいのでしょうか?

脱臼・亜脱臼の区別はレントゲンでなくては出来ないため、どちらも正しくありません。彼らには学がないので信じないほうがいいですよ(この説明は長くなるのであえて割愛します)。


>更に、他の接骨院に行って診断してもらった方がいいのでしょうか?

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

これにはカラクリがあります。

まず脱臼、亜脱臼の診断にはレントゲンが必要です。これは関節面を確認しなければいけないからです。関節面は外から触れられませんので、絶対にレントゲンが無い接骨院ではわかりません。

接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という国家資格者です。接骨院は、肩コリや腰痛など治療するものだと勘違いされている方もいますが、実は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療する施設です。しかも国から 「急性期に限る」 とお達しがあります。一週間以上経...続きを読む

Q自律神経の反対の神経はなんでしょうか。

自律神経は自分でコントロールする事が出来ない神経ですが、ではその反対で、自分でコントロールする事が出来る神経は何というのでしょうか。

知覚神経、運動神経でしょうか。

教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょっと質問の意味を取り違えたようです。m(__)m
そうなると「体性神経」が言葉としては近い意味になるように思います。

Qルーズショルダー(亜脱臼)の治し方

こんにちは。
筋トレで無理をしすぎたのか、もともと関節が外れやすかったのか、左肩がルーズショルダーというものになってしまいました。分かりづらいので、普段は亜脱臼といっているんですが、この亜脱臼を治すにはどうすればいいんでしょうか?
整形外科に行ったら、しばらく様子を見ようというばかりで、ちょっと不信感があります。
どういうトレーニングをすれば、関節が外れなくなるか分かるでしょうか?
はやく筋トレをしたいんですが、亜脱臼の間はやっちゃいけないっていわれています。
なにか情報をお持ちの方、おねがいします。

Aベストアンサー

 私も右肩が亜脱臼です。運動ではなく、おばちゃんに多いそうです。
 腕に力が入らないので、整骨院で見てもらったところ、そう診断されました。幸い、そこの先生が正しい位置に戻してくださいましたが、繰り返してます。今は、自分で治せるようになりました。
 スポーツ医学に詳しい整体の先生を見つけて、直し方を覚えましょう。無理すれば、余計長引きます。

Q胸の下の神経の太い血管(?神経)のようなもの?

3日前左胸の下部が痛むと思い触ってみました。左胸を持ち上げると胸の下部にすこし膨らんだ細い縦筋が1本ありそれを押すといたみました。
2日目になるとその筋が少し太くなったきがしました。痛みもなぜかわきから背中にかけ、そして左手がしびれたかんじに数時間なりました。
今日(3日目)は食事をしたら飲み込むたびに胸がいたみ、笑うこともつらい時があります。痛みは消えたりじわーと現れたりで痛みの部分は最初はその筋を触ったときに痛みがあったのが、その後左胸全体が痛み、押さえたくなります。今もしこりのような筋はあります。左胸には違和感があります。これはなんでしょうか?

海外にすんでいて海外保険には加入していますが、保険に加入してる病院(=キャッシュレスが可能な病院)が遠いためまだ通ってません。週末がすぎれば行く予定ですが気になるのでどなたかおしえてください。痛む神経のような血管のようなものと
左胸、左背中が痛むのは関係ありますか?見た目では
皮膚には何もありません。年齢は26(女)です。

Aベストアンサー

乳房外で皮膚の表面上では何もなく、乳腺炎の時のような
赤みや熱感がない時には、モンドール(氏)病という可能性があります。
この場合は特に治療はなく、放っておけばよいものです。
皮膚の下で筋状にかたくなり、痛みを感じるのが特徴で
数ヵ月で戻ります。
もう受診されたかとも思いましたがご参考になれば。
お大事に、どうぞ。


人気Q&Aランキング