シャッターと普通の窓ガラスor合わせの防犯ガラス、どちらがいいでしょうか?また、その理由も聞かせてください。それから1階がシャッターで2階はシャッターなしというところもあるように、1階、2階にとりつける窓ガラスをはこれがいいというアドバイスを下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どちらも防犯効果があっていいと思います。



シャッターを必要とする場合(外光を遮りたい、飛来物からガラスを保護したい等)はフロートガラスでもいいでしょう。
シャッターを使わない場所では防犯ガラスを使えばいいのです。
しいて防犯性の優劣を言うなら防犯ガラスの方が優れていると思います。シャッターはバールとジャッキによりあまり大きな音を出さずに破壊できますからね。

それと、1階部分でシャッターを閉めていると留守であることをPRしているようなものでお勧めではないです。しかもちょっとした外出で、わざわざシャッターを閉めたりしませんよね。
したがって、1階こそ防犯ガラスを採用すべきだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変説得力のある回答いただきありがとうございました。
確かにちょっと買い物に出るだけでシャッターを閉めることはないし、昼間でも閉まっていれば留守であることをPRしているようなものですね。
イメージ的にはシャッターの方が防犯性が優れているように思っていましたが、防犯ガラスの方が優れているとは知りませんでした。
「1階こそ防犯ガラスを採用すべき」納得です。

お礼日時:2005/04/24 09:28

シャッターにせよ、ドアにせよ、ガラスにせよ 関係省庁及び建物部品関連の民間団体からなる「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」により、「防犯性能の高い建物部品目録」というものが定められています。



今や、官民合同会議合格品を使うこと、これが前提であれば防犯性能はある基準以上のものであると言えます。

参考URL:http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki19/tatemo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。
各メーカーごとにリストアップされているものがあるんですね。これからはこれを参考に品番をチェックしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 09:15

住宅に使う普通のシャッターには防犯効果はありません。


建築に携わっている人は当然ご存じのことのようですが、あれは簡単に壊せると。
確かに警察庁の防犯案内にも住宅用のシャッター破壊までは10秒かからないという。。。。。

店舗用のシャッターは頑丈で防犯効果はありますが高価です。

防犯ガラスはランクがあり、性能が高い物ほど高くなりますが、効果は間違いなくあります。警察庁などでもそのように広報しております。
だって最高性能のものは防犯どころではなく「防弾」ですから。。。。そこまではいらないと思いますが。

侵入されやすい窓は人目に付きにくい場所にあるとか、窓が掃き出し窓であるなどです。(勝手口も同様)
ですから、そういう場所から対策をとるとよいでしょう。

もちろん防犯ガラスを全部の窓に出来れば文句無しですがコストが、、、、

まあ1Fと2Fのベランダなど侵入されやすそうな所に防犯ガラス仕様にすれば文句はないでしょう。
ただシャッターよりは高いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。
やはりコストのことは無視できないので、苦しいところですが、今のご時世、防犯は充分考慮すべきですよね。
しかし、シャッターの破壊に10秒かからないとは…(-_-#
再検討してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 09:48

最近、新築しました。

その際、やはりシャッタ-か防犯ガラスか迷いました。
シャッタ-は閉めないと効果ないので、日中の外出時の防犯効果はありません。そのため、1階は全て防犯ガラス(一部網格子)、2階は普通のペアガラスにしました。
最近は、外観がすっきりするという理由でシャッタ-をつけないお宅もふえたとか。確かにないほうがすっきり仕上がります。なくて問題なのは、台風の時、長期留守の時くらいでしょうか。
金額的には、シャッタ-より防犯ガラスの方が安いようです。

それからウチは、全てLOW-Eにしました。これは、どれだけ効果あるのかまだよくわかりませんが、外観上はおしゃれです。
ただ、冬の断熱効果はシャッタ-をしめた方がいいそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。
一般的な建売住宅を見ていると1階はシャッターがついていますが、2階は付いていないものが多いようです。それはデザイン上のこともあるのでしょうね。
シャッターを閉めないと防犯効果がない、というのもやはり好ましくないですよね。台風の時は大丈夫かな?という心配もありますが、シャッターより防犯ガラスの方が良さそうですね。
LOW-E、調べたところ、かなり高そうですね。残念ながらコスト的に採用は難しそうです…f^o^;

お礼日時:2005/04/24 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数の決定

償却資産の届け出の手引きを読むと、
耐用年数は届け出をする側が記入するものと思われるのですが、
何も記入せず提出してよいと言われました。

そうすれば、市の方で耐用年数を決定してくれるからとのことでした。

事実、これまで市が決定した耐用年数で毎年の減価償却費を計算してきたようです。

しかし、これだと耐用年数が決定し、それを知らされるまでは減価償却の計算ができないと思います。

また、市が決定した耐用年数が
「減価償却資産の耐用年数などに関する省令」に基づいた耐用年数と合致しないとも思います。

市の決定した耐用年数で減価償却することに(「省令」に基づいた耐用年数と合致しなくても)問題はないのか。
問題ない場合、市が耐用年数を決定するまで減価償却はどのように行えばよいのか。

申し訳ありませんが、どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

通常は会社の判断した耐用年数を記入して申告でしょうからこういうことは気にしません。
また固定資産税は1月1日の現況で課税ですから、決算期によっては時期もかなりずれがあります。当然納税通知書の到着が間に合わないことは起こります。

でも法人税や所得税の減価償却費と固定資産税の課税標準は別な制度のものですから、これが違うことはなんら問題ではありません。

会社は決算上はあくまで法人税法上の耐用年数表にしたがって判断して決算をすればよいのです。市町村がこれと違う判断をして課税してきたとしてもそれは固定資産税上の問題で、法人税や所得税には無関係と思えばよいでしょう。
異議があれば所定の手続きで不服申立ては可能です。多分めったにないでしょうが。

実務的にはこれは困るので、ある程度の会社ならば自己の判断した耐用年数で償却資産も申告をすると思いますが。

Q防犯シャッターの有無と階数

現在引越しを考えていて、先日何件か物件を見たのですが、一長一短という感じでなかなかいい物件が見つからず困っています。。色々な物件を見てふと疑問に思ったのですが、防犯シャッターのある1階と防犯シャッターのない2階以上って防犯面で考えるとどちらが安全なのでしょうか?どなたか体験談などありましたらぜひ教えてください!

それから、皆さんはよい不動産屋さん悪い不動産屋さんはどんな点で判断していますか??重ね重ねすみません(^^;)

Aベストアンサー

防犯シャッターのあるバルコニー側の防犯面に限って言えば、防犯シャッターのある1階でも安全だ(というかむしろ安心できる)と思います。3階以上はともかく、防犯シャッターのない2階よりは……ということですが。もちろん、宝の持ち腐れでは同じことで、こまめに開閉することが大切なのは言うまでもありません。また、近頃は何階だから安全とは言えなくなってきてますよね。バルコニーも含めたその他の防犯も考え合わせて、普段から「あの家はキッチリしてる」という印象を与えていれば、狙われる危険性は低くなると思います。そういう意味でも、防犯シャッターがあると、そういった印象を与えやすくなりますね。

不動産屋さんの良し悪しは、やはり対応を見るしかないですよね。聞いたことにキチンと答えてくれるか、答えられなかったら頼まなくても調べてきて教えてくれるか、言いにくいことや聞きにくいことを言っても嫌な顔をしないか……など。でも契約前は、みんなある程度よい部分を見せるので、契約後、掌を返されたなんてことも聞きます。判断は難しいですが、結局は物件をよく見て、その物件と業者さんの説明とに大きく食い違いがなければ、あとあと問題が起こることは少ないと思います。

防犯シャッターのあるバルコニー側の防犯面に限って言えば、防犯シャッターのある1階でも安全だ(というかむしろ安心できる)と思います。3階以上はともかく、防犯シャッターのない2階よりは……ということですが。もちろん、宝の持ち腐れでは同じことで、こまめに開閉することが大切なのは言うまでもありません。また、近頃は何階だから安全とは言えなくなってきてますよね。バルコニーも含めたその他の防犯も考え合わせて、普段から「あの家はキッチリしてる」という印象を与えていれば、狙われる危険性は低くなると...続きを読む

Q耐用年数について

耐用年数について
耐用年数5年とは10年とかありますが、
計算してみると、耐用年数で償却が終わりません。
なぜでしょうか?

逆に耐用年数2年の定率法だと、計算すると1年で償却が
達成されます。

どうしてこうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>耐用年数で償却が終わりません。なぜでしょうか?
旧定額法・旧定率法の場合は、耐用年数経過時点で取得価額の10%が残る様に設定されいいます、
旧定額法の 「償却の基礎になる金額」=「取得価額×90%」 であり、旧定率法の償却率には90%が織り込まれています( 旧定率法の償却率の計算式、「 償却率=1-(1/10)^(1/耐用年数) 」 )。

減価償却制度は大正7年に税制において初めて規定され、残存価額(割合)は10%とされました、
昭和39年、償却可能限度額の改正が行われ、償却可能限度額は95%に変更されたが、残存割合10%はそのままとなる、
平成19年度税制改正において、償却可能限度額95%に達した翌年より、残り「5%-1円」を5年間で均等償却し最後の5年目に未償却残高1円(備忘価格)を残す様に変更されました。

例えば、旧定率法で耐用年数が3年の場合、取得した年の使用月数が12か月の時は償却可能限度額95%に達するには4年かかります、取得した年の使用月数が11~1か月の時は償却可能限度額95%に達するには5年かかります。


平成19年3月31日以前取得の「旧定額法」の計算式、
「償却額」=「取得価額×0.9」×旧定額法の「償却率」×「使用月数÷12」、
その年の「未償却残高」=「取得価額」-「償却累積額」。

「取得価額」の95%に達する迄は上記の計算式・方法で計算します。
前年の(「未償却残高」-「取得価額の5%」)が前年の「償却額」を下回る年が95%に達する年で、
95%に達する年の「償却額」=「未償却残高」-「取得価額の5%」、
「未償却残高」=「取得価額の5%」。

95%に達した翌年より、残り5%より「1円」を残して5年間で均等償却し(「取得価額の5%-1円」÷5年)、
5年目の「未償却残高」=「1円」(備忘価格)。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


>耐用年数2年の定率法だと、計算すると1年で償却が達成されます。どうしてこうなるのでしょうか?
平成19年度改正において、平成19年4月1日以降取得の減価償却資産の償却可能限度額は100%となり、残存価額(割合)は廃止されました、
定率法は、「250%定率法」ともいわれています、定率法の償却率は、定額法の償却率 「1/耐用年数」 を250%したもにです。

例えば耐用年数2年の場合、定額法2年の償却率は1/2=0.500で、この250%は1.250となり 1 以上はあり得ませんので、定率法2年の償却率は1.000となりました、
取得した年の使用月数が12か月の時は1年目で償却を完了します、取得した年の使用月数が11~1か月の時は2年かかります。


平成19年4月1日以降取得の「定率法」の場合
「耐用年数」により「償却率」と共に、「改定償却率」及び「保証率」が定められています(耐用年数2年の場合は「改定償却率」及び「保証率」はありません)。
「償却保証額」=「取得価額」×「保証率」。

「定率法」の計算式 
「償却額(調整前償却額)」=「期首未償却残高(1年目は取得価額)」×定率法の「償却率」×「使用月数÷12」。
「未償却残高」=「期首未償却残高(1年目は取得価額)」-その年の「償却額」。

前の計算式で毎年償却し、「調整前償却額」が「償却保証額」を下回る年より、「償却率」に変えて「改定償却率」を使用し「改定償却額」を計算します、
またこの年の「期首未償却残高」が「改定取得価額」となります、翌年以降この「改定償却額」(「改定取得価額」×「改定償却率」)をそのまま使い定額償却します、
前年の「未償却残高」が前年の「改定償却額」を下回る年、及び本年の「改定償却率」が「1.000」の場合は最終年です。

最後年の「償却額」=「期首未償却残高」-「1円」、
最終年の「未償却残高」=「1円」(備忘価格)。

国税庁>タックスアンサー>No.2106 定額法と定率法による減価償却(平成19年4月1日以後に取得する場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2106.htm

>耐用年数で償却が終わりません。なぜでしょうか?
旧定額法・旧定率法の場合は、耐用年数経過時点で取得価額の10%が残る様に設定されいいます、
旧定額法の 「償却の基礎になる金額」=「取得価額×90%」 であり、旧定率法の償却率には90%が織り込まれています( 旧定率法の償却率の計算式、「 償却率=1-(1/10)^(1/耐用年数) 」 )。

減価償却制度は大正7年に税制において初めて規定され、残存価額(割合)は10%とされました、
昭和39年、償却可能限度額の改正が行われ、償却可能限度額は95%に変更されたが、...続きを読む

Q2階建てアパートの1階に住んでますが、2階に移りたいのです。

去年の10月に今のアパートに入居しました。元々二階の物件を探していましたが無くて、婚約者の勤務先に近い1階アパートに入りました。つい最近ですが二階の方が越して行き、空室になりました。二階に移りたい理由は、細々とあるのですが蟻、虫がでたことも理由にあります。今は蟻の巣ころりを設置したら出ませんが。虫はたまたま時期だったのか今は出ません。2階だとこんなこと無いですよね?他の理由は、外から見えにくいカーテンを常にしてないとみんなが見るんです。でもこのカーテン、外からの光も遮断、風も通しません。1階にはベランダが無く、物干しポールで洗濯物は干せますが、洗濯物の下を住人が少しの近道の為に行き来します。トラブルは避けたいために文句は言ってませんが、他人の洗濯物が頭に触れるのは嫌なものではないのでしょうか?と言う様に悪条件なのですが、来年結婚、妊娠予定です。だとすると、子供を連れての移動は1階のほうが楽?洗濯物が増えるから2階?共働きだから乾燥機を購入?子供が出来ても一人くらい増えるなら引越し予定はありませんので、同じような経験ある方、いらっしゃるか疑問ですがいろんな視点からアドバイスお願いします。1階だと防犯の為に少しの暑さでも窓を開けて寝られないのは辛いですよね、、。

去年の10月に今のアパートに入居しました。元々二階の物件を探していましたが無くて、婚約者の勤務先に近い1階アパートに入りました。つい最近ですが二階の方が越して行き、空室になりました。二階に移りたい理由は、細々とあるのですが蟻、虫がでたことも理由にあります。今は蟻の巣ころりを設置したら出ませんが。虫はたまたま時期だったのか今は出ません。2階だとこんなこと無いですよね?他の理由は、外から見えにくいカーテンを常にしてないとみんなが見るんです。でもこのカーテン、外からの光も遮断、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私の場合は以前ハイツの1階に住んでいました。赤ちゃんを連れての移動になると、1階の方が便利なのは確実です。特に小さいうちはベビーの荷物もかさばるし、赤ちゃんを抱っこして、プラス荷物を運ぶのは(歩き始めるまで1年程ありますし)結構大変ですよ。
あと前の方も言っておられるように、音が絶対増えるので、今同じアパートの2階に引っ越すのはベターではないと思います。下がどんな人に入れ替わるかわかりませんから。知人で「2階の子供がうるさい!」と棒で天井を叩く人もいました(知人やめたくなりました・・・)。あと苦情でノイローゼになって、引っ越ししたという知人もいます。
虫は2階でも出ますし・・・洗濯物も、不便とはいえ干せるようなので、引越するなら2人目ができてから、少し広いところに移る方が良いと思います。
あと2階でも、防犯ロックなどしないと窓を開けて寝るのは危険と聞きますよ。

Q耐用年数経過後の資本的支出

耐用年数を経過した建物の一部に資本的支出をした場合元の建物と同じ耐用年数を用いると定められておりますが、やむを得ず一部に改修工事をしただけで到底建物自体が耐用年数に見合う延命になった訳ではありません。
それでも元の耐用年数を使うしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

少なくとも税法上はそのような規定になっているので、その耐用年数で計算しなければなりません。

なぜその耐用年数なのかという点については、資本的支出によって価値が増加したのであれば、その建物全体の価値に含めて減価償却するという、19年改正以前の税制が基本になっているためでしょう。19年改正後の原則である、資本的支出を個別に計算するという税制上の制度は、あくまで計算の便宜によるものであって本体と別の独立した資産と考えているわけではなく、個別に計算するから別の耐用年数を使う、というような考え方はないのではないかと思います。少なくとも私はそのような制度は知りません。
価値を高める、という意味では、最初からその価値を付加した場合の建物の価値と、それがない場合の価値との差が資本的支出と考えることができるでしょう。最初からその付加価値があった場合にその部分(資本的支出の部分の価値)に適用されるのは当然その建物の耐用年数なわけで、それを後から付加したとしても、やはり同じ耐用年数を適用する、という考え方なのだと思います。
もちろんその時点の残存年数で計算すべきなど、立法論としては別の考え方もあるでしょうが、実務としては、現在の税制ではこのようになっている、と割り切るほかないと思います。

それと、勘違いしているかもしれませんが、合算したとしても個別に計算したとしても、資本的支出前の本体部分については従来どおりの計算なので、別に建物全体の耐用年数が延びるわけではありません。耐用年数経過後も使い続けた場合には資本的支出の分だけが本体よりも長い期間減価償却をするというだけです。
言うまでもないと思いますが、建物を取り壊すなど、建物を処分したなら耐用年数に関係なく未償却残高はその全額が除却損で落ちます。

少なくとも税法上はそのような規定になっているので、その耐用年数で計算しなければなりません。

なぜその耐用年数なのかという点については、資本的支出によって価値が増加したのであれば、その建物全体の価値に含めて減価償却するという、19年改正以前の税制が基本になっているためでしょう。19年改正後の原則である、資本的支出を個別に計算するという税制上の制度は、あくまで計算の便宜によるものであって本体と別の独立した資産と考えているわけではなく、個別に計算するから別の耐用年数を使う、という...続きを読む

Qアパート1階と2階どちらがよいか

今年からあるアパートに引っ越すことになりました。
1階と2階両方が空いているのですが、どちらにしようか迷っています。以前別のアパートの1階、2階に住んだ経験がありますが、私としては1階の方が住みやすいので(音が下に響かなくて良い等)、そちらにしたいと思っています。ただ、木造なので地震が恐く、安全面からでも2階の方がいいのかとも感じています。1階の住みやすさと2階の安全性のどちらを優先すべきか…皆さんでしたらどう思われますでしょか。
私は今それを天秤にかけて同じ位なので…。
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は二階派です。アパートやマンションでは二階以上にしています。女性なら、防犯面でも少し安心感があります。
上にどんな方が住むかわからないので、小さい子供がいるとか、大きな音を出す状況が特になければ、二階の方が良いのではないでしょうか。
さすがに5階に住んだ時は、災害の時を考えちょっとふあんになりましたが、二階くらいなら大丈夫ですよ♪
また、二階は暖かいです。ベランダがあれば洗濯物を干したりも安全ですよね。
一階の人から聞いた話ですが、窓を開けていたら、ネコが入ってきたとか、アリやワラジムシそのたもろもろ、一階の人は見たことがない虫が沢山出る、っていうのも聞いた事があります。

Q中古資産の耐用年数について

中古資産の耐用年数について

先日、会社で車輌(新古車)を購入しました。今回購入した車輌の初年度登録は平成21年5月です。
普通乗用車の法定耐用年数は新車の場合は6年ですが、
簡便法で中古資産の耐用年数を求める場合は、「法定耐用年数 - 経過年数」で求めても良いと
思いますが、今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
>それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?
見積耐用年数の計算式では、経過年数1年未満の端数処理の「切り上げ」・「切り捨て」は規定されていません(端数処理は有りません)。

見積耐用年数の計算式は、
(1).法定耐用年数の全部を経過した資産の見積耐用年数。
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」×「0.2」。

(2).法定耐用年数の一部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」-「経過年数」+(「経過年数」×「0.2」)。

[計算結果の1年未満の端数は切り捨て、2年未満は2年とする]、

国税庁>タックスアンサー>No.5404 中古資産の耐用年数
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

乗用車の法定耐用年数は6年で、
経過年数を平成21年5月登録~平成22年2月取得と仮定すれば、経過年数=0年9ヶ月 → 0.75年、
「見積耐用年数」=6年-0.75年+(0.75年×0.2)=5.25年+0.15年=5.4年 →5年。
見積耐用年数は5年になります。

>今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
>それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?
見積耐用年数の計算式では、経過年数1年未満の端数処理の「切り上げ」・「切り捨て」は規定されていません(端数処理は有りません)。

見積耐用年数の計算式は、
(1).法定耐用年数の全部を経過した資産の見積耐用年数。
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」×「0.2」。

(2).法定耐用年数の一部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用...続きを読む

Qアパートの1階と2階の住み替え 騒音について

現在、住宅地にある2階建6戸のアパート(軽量鉄骨)の1階角部屋に居住しています。
このアパートに居住しているのは現在、私と隣人、そして反対側の2階角部屋の3人です。

アパートに面している道路ですが、住宅地内の普通車も交差点でないと離合できないような狭い道ですが、国道の抜け道としてでしょうか、トラック等が結構なスピードで通り抜けします。
(地域で10キロ以下の表示や、子供飛び出し注意等の看板を設置して、いろいろ努力しているようです)
道路から部屋までは、居住者の駐車場を挟んで10メートルほどでしょうか。
まず、その交通騒音があります。

加えて、隣人の方がきまって夜10時前後1~2時間ほど、音楽鑑賞もしくはゲームでしょうか、重低音を鳴らして、壁全体から響いています。(その時間帯は私はヘッドホンをつけるようにしています)

また、隣人の方は朝6時半ごろ出勤されるのか、朝5時半ごろから小さい音ですが音楽を鳴らし始めます。(音楽自体は聞こえないのですが、かすかにボン、ボンという重低音が響いてきます)
日中は気にならない程度の音なのですが、私が神経質なのか、それで目が覚めてしまいます。
そのあと駐車場でアイドリングを10分ほどされるのがまた堪えます。

そこで、私の真上の住人が引っ越されたのを機に、2Fに住み替えを考えています。
管理会社に尋ねたところ、敷金礼金仲介料等は引き継ぎで必要ないが、クリーニング費用と諸経費で20000円(別途税)でかかりますよ、とのこと。

ただ心配なのは2Fに移っても騒音が変わらなければ意味がないということです。
自動車の騒音(音+振動)は1Fと2Fですこしは違ってくるのでしょうか。
距離と角度がある分、期待しているのですが。

隣人の重低音についても、管理会社の方が言うには部屋を2階にしても響いてくるかもしれないですよとのこと。
二階の中央部屋にやかましい方が入居するならば、時間限定の今の部屋のほうがましですし。

ちなみに、管理会社を通して隣人に対してはクレーム(というか騒音レベルからしてこちらからのお願いになるのでしょうか)はしておりません。

居住して半年ほどなので、費用がちょっともったいないかなぁとも思っています。
費用は21600円+月々若干の賃料の値上げ(1000円程度)、皆さんの意見を聞かせてください。

騒音を抜きにすれば、現在の物件は位置や間取り等は気に入っております。

現在、住宅地にある2階建6戸のアパート(軽量鉄骨)の1階角部屋に居住しています。
このアパートに居住しているのは現在、私と隣人、そして反対側の2階角部屋の3人です。

アパートに面している道路ですが、住宅地内の普通車も交差点でないと離合できないような狭い道ですが、国道の抜け道としてでしょうか、トラック等が結構なスピードで通り抜けします。
(地域で10キロ以下の表示や、子供飛び出し注意等の看板を設置して、いろいろ努力しているようです)
道路から部屋までは、居住者の駐車場を挟んで10メ...続きを読む

Aベストアンサー

アパートなどの生活音は、四方八方にいきますので特にあまり変わらないかと思います;
位置、というよりも建物の構造に大きく左右されますので、2階の角部屋からの音が聞こえてくるくらいでしたら、精々隣人の音楽が少し遠くなったな…程度かと。

車の音も、もう少し上の階なら響かなくなっていく可能性はありますが、基本的に音は変わらないと思います。そのかわり、振動は抑えられると思いますよ。
もし下に他の方が入居なされたら、自分が気を遣う側になりますが冬はちょっと温かくなります笑

一度、自分の部屋から音楽を流し、管理会社にお願いして見学(聴学?)してみるのはいかがでしょうか?時間帯を合わせれば車の音なども感じがつかめるはずです。その際には、(嫌でなければ;)床に寝転がってみるのがいいと思います。

自分は、面倒さと費用がかかることを考えると、耳栓して我慢しちゃうかもしれません;

以下サイトに、メリットデメリットがありましたので、ご参考までに^^
http://www.livable.co.jp/chintai/plus/advice54.html

アパートなどの生活音は、四方八方にいきますので特にあまり変わらないかと思います;
位置、というよりも建物の構造に大きく左右されますので、2階の角部屋からの音が聞こえてくるくらいでしたら、精々隣人の音楽が少し遠くなったな…程度かと。

車の音も、もう少し上の階なら響かなくなっていく可能性はありますが、基本的に音は変わらないと思います。そのかわり、振動は抑えられると思いますよ。
もし下に他の方が入居なされたら、自分が気を遣う側になりますが冬はちょっと温かくなります笑

一度、自...続きを読む

Q中古資産の耐用年数について

初歩的?意味不明な質問かもしれませんが、相談させて下さい。
建物を中古資産として購入した場合、算式によって耐用年数を算出しますが、例えば18年という結果が出たとします。しかし、現行の耐用年数では建物で18年という耐用年数は無いはずです。
そのような場合、耐用年数及び償却率はどのように決定したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

建物が用途と構造によって何年、という感じで決められている耐用年数は、あくまでも新品を取得した前提でのものですので、中古資産の場合は、その通りにならないのは、ごく当たり前のことで、算出された耐用年数に従って、その償却率によって計算すれば、何も問題ありません。

Q1階が車庫のアパートで2階は寒い?

タイトルの通りなんですが、これからの冬の時期、1階が車庫で2階の部屋にいた場合、床から冷たい空気が入ってくると聞きました。
車庫には何もない為らしいのですが、実際に住んでいる方がいましたら感想を教えてもらえないでしょうか?
できれば北海道に住んでいる方でお願いします。

Aベストアンサー

道民です。
同条件の物件は要注意かと思います。
築年数の新しいものでしっかりした造りなら安心なのですが、そうでないなら大抵後悔します。

過去に大家さんも2階に住んでいるアパートの2階で居住したときは、不自由なく寒さも特段に感じず快適でした。
友人が住んでいたアパートは良くあるタイプでしたが、夏は暑く冬は寒い最悪の部屋で、一年で引っ越していました。
夏は朝作ったカレーが、仕事から帰宅すると夜には腐っていた。
冬は日中出掛けた数時間の内に凍結して業者を呼ぶ羽目になったので、寝る前と外出時には水抜きが必須だった。という話です。
特に角部屋は最悪ですよね。
似たようなタイプのアパートで空室が目立つ建物はやめた方がいいような気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報