as usual について質問があります。

as always より頻度は低いですよね?
普段の自分を知っている人に対して使うと「いつもどおり」や「相変わらずだよ」とか「例のごとく」とか
そういう意味になると思いますが、
普段の自分を知らない人に対して使うと
「普段の私はこういう人なんですよ」という意味合いも含まれるでしょうか?
それとも普段の自分を知らない人にいきなり as usual とは使えないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Gです。

 こんにちは。

As usualもAs alwaysも自分が基準になっているフィーリングの表現ですね。

自分が、普段と変わりない(as usual), いつもと変わりない(as always)と思うから言うわけですね。

普段・いつもがあまりいいと思わない人が言えば、フィーリングとしては「よくなっていないね」と言うフィーリングでしょうし、すばらしい毎日を送っていると感じている人は、「まだ悪いことが起こっていないね、Knock on wood」と言うフィーリングになるわけです。

さて、runbiniさん、これらを言うときに文字では伝わらないものってあることはお分かりですね。

ちょっと沈んだ感じで言っているのが分かればそのいつもがあまりよくないとその人は感じている、と言うのに気がつくでしょうし、逆に元気に言っていれば物事を前向きに見てるか実際にいいことが続いているとその人は感じていると言うのが分かるわけですね。

落ち込んでいてもやったるぜ、と聞けばそれなりにその人柄も分かるわけです。 つまりその人の性格や態度も見えるわけですね。 

就職の面接で最近どうですか?と聞かれて、As usual!!と元気に言って、Especially today I feel great. Because I have an opportunity to meet you and know about your company!!といえば一歩就職に近づくことにもなりますが、逆にAs usual.とちょっと沈んだ言い方をすればそれなりに

>「普段の私はこういう人なんですよ」という意味合いも含まれる

てしまうわけです。

つまり、モチベーションを使うことで相手がどのように受け取るかが変わってくると言うことであるわけですね。 この元気なちょっとやそっとのことでは負けない、と言うイメージが同じAs usual/As alwaysででてくることになります。

文字ではなくどのように表現するかですね。 つまり、この表現自体にはいいようにも悪いようにも取れるわけです。 それをどのように伝えるかが英語を使いこなせるかどうかの違いとなり、同情してもらいたいのであればどっちの使い方をするかrunbiniさんならお分かりですね。

面接の話でもお分かりのように、モチベーションを使うことで、このAs usual/As alwaysをうまく使っていい方向に持っていったわけですね。 自分を引き立てる機会を「逃さなかった」と言うことにもなります。 

逆のことをすれば、切れる太刀でも、空を切れば切らないのと同じだ、と言うことになり、英語の知識の持ち腐れ、と言うことにもなるわけです。 知識を持っていても使えなくてはもっていないのと同じだ、と言うことにもなります。 だから私は「もったいない」と言う表現をこのカテですることが多いわけです。 自分のすべてを使い切ると言うことのここにあるわけです。

>as always より頻度は低いですよね?

はこの表現が使われる頻度と言う意味ではなく、普段といつもの違いで、何かをやる頻度が違うと言うことですね。

これは、Alwaysは確かにいつも、と言うことですが、日本語と同じように、いつも、と言う表現が本当にいつもと言うことではないですね。 そういうことが多い、と言うことですね。 その「多い」がどれだけ多いかはその人の主観に基づかなくてはなりませんね。

ですから、この「いつも」が本当は「普段」というと重なることもあるし、本当に間違いなくいつもという意味として使われることもあるわけです。 Alwaysも同じです。

She cried as always. She cried as usual.と言う表現でそのフィーリングはたぶん同じでしょう。 ただAlwaysを使った人にとっては彼女がなくのはいつものことさ、と思っているだろうし、usualの方はよく泣くんだよな、程度かもしれません。 (いつも泣いてばかりの人なんて私は知りません。 また、泣くのが普通と言う人も知りません。)

ちょっとご質問の意図が分からなかったので的をいていなかったらまた書いてください。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。雰囲気はちゃんとわかります。as alwaysというと「いつもそう」、as usualというと「たいがいそう」という感じでしょうか。alwaysとusualの程度は主観によるということも。今度はプラスの意味に使ってみます。きっとチャンスがあると思います。
質問がわかりにくくて申し訳ありません。"as usual"と言う中に「あなたも知っているとおり」という意味が含まれていたら普段の自分を知らない人にいきなり as usualと言った私の使い方は間違っていたことになります。でも心配しなくていいということですね。

お礼日時:2005/04/25 21:00

Gです。



>。"as usual"と言う中に「あなたも知っているとおり」という意味が含まれていたら普段の自分を知らない人にいきなり as usualと言った私の使い方は間違っていたことになります。でも心配しなくていいということですね。

As usualには確かに主観的なものではあるわけですが相手が知っていると思うという期待はあると思います。 だから、友達なんかと挨拶したときに、「知ってのとおりさ, as usual」と言う訳も生きてくるわけですね。 しかし、この訳は「意訳」と言われるものですね。 つまり、その場面でならそういう訳が出来る、なぜかと言うとフィーリングがそうだから、と言うことになるわけです。

知らない人でもいいのです。 そしてその相手が関心を持てば、Oh, yeah?とかが挨拶としてかえってくるわけです。

つまり通りすがりの人に目があって挨拶してきたので、As usual.といっても、 Not much.とか Great!, なんかを言ってもかまわないわけです。 このAs usualは言ってみればあまり重さの無い表現だともいえると思います。

何かこの表現を使った特別な文章が気になるのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 何かこの表現を使った特別な文章が気になるのでしょうか。

特別な文はありません。いつも自分で気にせず使っていたのですが、ひょっとして「あなたも知っているとおり」という意味が含まれていたら時々間違った使い方をしているなと思って気軽に質問しました。#1の回答を読んでいると、as usualには「あなたも知っているとおり」が含まれていて、普段の自分を知らない人には使えないように受け取れました。Ganbatteruyoさんが引用された私のお礼文は確認のために書かせていただいたんです。

> 知らない人でもいいのです。 

お手数かけました。よくわかりました。

お礼日時:2005/04/26 06:44

as usual って親しい間では良く使います。


相手も自分のことを理解してくれていたり、そのため、as usualとつかうと、相手側の相槌に自分が思ったことを付け加えてくれる場合が多いです。
>あ”お前さんはいつもそうだったな~
って感じの相槌を期待するときに使います。

また、共通の話題やなどがある場合、相手を納得させるときに使います。
この場合、心理的に相手もおなじような事で相槌がうてるようなときにつかえるかと思います。

alwaysは頻度が多いですが、usualよりかしこまっていますよね。。。
英文って使う単語数が少ない癖に1つの単語に凄く沢山の意味が含まれるときがあるから難しいです。

bad! とか its bad!なんていうのは、日本では、悪い! それはよくないよ!なんて訳しますが、アメリカでは、 すごくいいね!とか、それすごいじゃん!という意味で使われる場合もあります。

AS usualも実は悪い意味で使う場合もありますので、注意が必要でしょう。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

> また、共通の話題やなどがある場合、相手を納得させるときに使います。

普段の私を知らない人に
「お正月には何もしない(しなかった、だったかな)、as usual」
と言ったのですが、
同意を求めてしまった感じなんですね。

> AS usualも実は悪い意味で使う場合もありますので、注意が必要でしょう。

そう言えばいい意味に使ったことがありませんでした。

> alwaysは頻度が多いですが、usualよりかしこまっていますよね。。。

かしこまっているとは知りませんでした。頻度的なことだけかと思っていました。

お礼日時:2005/04/23 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q11月23日 Nov 23rd ですか?それとも Nov 23th ?

タイトルどうりなのですが、

23日は  23rd なのか 23thか教えて下さい。
検索かけましたが両方でるので。どっちでもいってことですか?

よろしくお願いします。

1日 1st.2日 2nd 3日 3rd
11日 11th? 12日 12th? 13日 13th?

英語苦手ですみません。

Aベストアンサー

23日は23rdです。
23thや31thとかの使われ方って、意味は通じるけど間違えてるって感じなんじゃないでしょうか。

11、12、13は11th、12th、13thで大丈夫ですよ。


参考)英語での序数表現
http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20030313/100300.html

QI apologize と I'm sorry の使い分け

I apologize と I'm sorry はいずれも謝罪するときに使われると思うのですが、意味やニュアンスに違いはあるのでしょうか?
apologize のほうがやや深刻な意味で使う印象がありますが、実際にはどのように使い分けているのでしょうか?
ご教示のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。

動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。

つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry."と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。

と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。

そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。

ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。

その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。

I thank you.とThank you!の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。

日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

...続きを読む

Qsorry to be late と sorry for being

sorry to be late と sorry for being late の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

 お尋ねの問題に関してはいろいろな意見があります。

 下記のリンク先では、大修館発行の「英語教育」に掲載された「‘I’m sorry to be late.’と‘I’m sorry I’m late.’」というテーマの内容が紹介されています。

http://www2.kct.ne.jp/~suga/zasshi.htm#sorry

 最初と最後のみ引用しておきます。

 「あるイギリス人が日本で出版した本(『日本人に共通する英語のミス121』James H. M. Webb, The Japan Times)の中で,日本人に共通するミスの一つとして,I’m sorry to be late.を挙げ,「すでにしてしまった事について謝るときは後ろに節がくる」としていた。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(中略)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~結論として,この2文は「いずれも誤りではない」が,かといって全くの等価ではなく,そこにはformalとinformalの使い分けが存在するというのが真相であろう。」

 Practical English Usage で有名な Michael Swan 氏の解説には「なるほど!」と思う部分がありますが、その中では「I'm sorry for being late.」に関する記述はないようです。

 不定詞が「formal」でthat節が「informal」であるという考えは、「英語青年」の執筆者が何人かのネイティブに聞き取りをした結果をもとにしたもののようです。個人的には次のように考えています。

 過去の行為(または現在完了的な行為)を謝罪する場合には、次の2つが問題ないと思われます。

  (1) I'm sorry for being late.
  (2) I'm sorry (that) I'm late.

 不定詞を用いる人もいるが、不定詞を用いた場合(I'm sorry to ...)には「~したので残念だ。」という「同情」を表すことが多いので「謝罪」を表す場合には避けた方が良いと思う人もいるのではないでしょうか。(一部の日本の辞書を除けば、特に英々辞典においては「I'm sory to be late.」という例文は見られないようです。)

 ご参考になれば・・・。

 お尋ねの問題に関してはいろいろな意見があります。

 下記のリンク先では、大修館発行の「英語教育」に掲載された「‘I’m sorry to be late.’と‘I’m sorry I’m late.’」というテーマの内容が紹介されています。

http://www2.kct.ne.jp/~suga/zasshi.htm#sorry

 最初と最後のみ引用しておきます。

 「あるイギリス人が日本で出版した本(『日本人に共通する英語のミス121』James H. M. Webb, The Japan Times)の中で,日本人に共通するミスの一つとして,I’m sorry to be late.を挙げ,「すでにしてし...続きを読む

Q英語で店員さんを何というのですか?

英語で話していると、いつも迷うのが店員さんを何と呼べばいいのか迷います。

 例1)コンビニの店員さん
 例2)洋服屋さんの店員さん
 例3)レストランの店員さん
 例4)ホテルの従業員 
 例5)デパートの店員さん

  話の流れでは、さほど重要な人ではなく、でもその場所で働いているイメージが出る言葉が知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

    「店員さんを何と呼べばいいのか」には二つ意味があるように思います

1。  職業を何と言う語彙で表すか、でしたら

 例1)コンビニの店員さん store clerk, store attendant
 例2)洋服屋さんの店員さん taylor's apprentice, taylor's assistant
 例3)レストランの店員さん restaurant worker
 例4)ホテルの従業員 hotel clerk、desk clerk, bell captain, porter, maid (職種でいろいろです)
 例5)デパートの店員さん store clerk

2。 そういう仕事に従事している人の注意を引くには何と言うか。でしたら
  Excuse me. 
 
  僕なら Excuse me (99%)、  Hey you!  Are you deaf or what?(腹の虫の居所が悪い1%)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報