37才男です。フライトで肺塞栓を発症しました サイズも小さく 現在はパーフェクトリカバリと医師からは言われておりますが不安なことがあります。

1.ワーファリン一ヶ月飲んでおりますがこないだ初めて大学病院でプロテインcを測ったところ値=34%と低いです。
 質問(1)後天性欠乏症?なのでしょうか?
 質問(2)ワーファリン終了後 このプロテインc欠乏 は治りますか?

2.発症後2週間後ぐらいから今だに 息が苦しくなったり胸が痛かったり 首の血管がどくどくひどかったりしますが医師は 心電図 心エコー 肺シンチともに正常で精神的なものでは? とのこと 
 質問(3)他に何か考えられる合併症ありますか?

※ちなみに血管ドップラーで両ふくろはぎに極小さな
角質化した血栓が発見されております。主治医は上記すべて大丈夫といってますが実はこの症例にあまり詳しくなさそうで不安です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 毎日は見られないので補足があったのを気づきませんでした。

遅くなり申し訳ありません。また、GW明けにはPCのない環境になってしまうので申し訳ありませんが、これ以上はお答えできないかもしれません。

 家族性の検査結果は陰性ということなのでプロテインcは問題視しなくてもいいと思います。
 
 セカンドオピニオン済みとのことなので体に問題がないのは良かったですね。
 精神的なことは一つ病気をすれば気にしてしまうのは仕方ないです。でもどんなことにも絶対はありません。それでもみんなベストを尽くしていくだけです。

 肺のどこに詰まりその先の部位が壊死しなかったかどうかが後遺症の問題になりますが、
早い時期に適切な治療がなされたとのことなので完治&後遺症は無いと考えていいと思います。
 
 足の小さな血栓は角質化しているということなので溶かすことはできません。もう溶かせる段階を通り過ぎているからです。でも極小さいと言うことなので、それがすぐ問題に繋がるとは考えにくく、念のため足の血栓の観察ができる環境があることが望ましいのだと思います。
 
 今回の塞栓で、新しい血栓が発生しやすい体質になったということではないです。
 でも高グリセリド血症、280は確かに高いです。いわゆるドロドロ血は血栓の元ですので、身長、体重、食生活、運動の様子は書かれてないので分からないですが、太っていたらやせた方がいいですので、油物やお酒をたくさん飲むような食生活は避け、多少の運動も必要です。
 まあ、食生活や運動は病院の栄養士さんから詳しく説明を受けたかもしれません。

 薬終了後は定期的な経過観察ですね。ワーファリン終了後のDダイマーとプロテインcと足の血栓の観察できる環境であれば復帰OKというのはそれをさしています。フライト時の肺塞栓の予防は参考URLでどうぞ。

 RLP-Cは動脈硬化になりやすいかどうかの参考値として考えます。RLP-C単独の値より、コレステロール値や中性脂肪値と関連させて考えます。
 また中性脂肪と関連して高くなったり低くなったりします。現在中性脂肪156mg/dlとの事なのでRLP-Cもそれなりに下がっていると思います。
 
 首のどくどく感はとても精神的な感覚があります。病変でどくどく感を感じることは少ないからです。

 手については痺れや指先が青くなるくらいの冷えがあった場合は診察が必要です。ただの冷えの症状が2,3分で治る程度なら問題ないです。

 最後に、今現在できる検査は十分できていると思われます。動脈硬化、血栓の病気は今の状態がどうかというより、これからの定期的な検査の方が重要になってくると思います。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/anshin/igaku1.htm

この回答への補足

hanasakaさん お忙しい日々の中で顔も名前も知らない私に誠実なアドバイス、本当に感謝いたしております ありがとうございます。 
 書いていただいた一語一語 全て今後の私の人生にとても有意義な情報となります。
 先日産業医からは、「出血のリスクがあり今は復帰NG=帰任」が出てしまいました。衝撃を受けましたが自分の命のため、ゆっくり現実を受け止めます。今後は ”無病”改め”一病息災” で今回痛い目にあったことで全体の生活の改めをいたします。
もし、また見ることがありましたら下記最後の質問です すみません 
→(1)角質化(医師いわく”陳旧”)した血栓 
 ・肺塞栓は先日主治医から再度パーフェクトリカバリと出ました。次は血栓を溶かすことを次の目標にしたかったのですがとても残念です。ただ 奇跡があるかもしれません生活改善でがんばります。
 ・そこに新たな血栓が発生しやすくなりますか?
 一年以降後 定期検査はどれくらいの感覚で必要し ょうか?
→(2)運動の件
 ・ウオーキングやゴルフはどうでしょうか?走った りは、この陳旧血栓が溶けはしないが肺に飛んだり はもしかしてしますか?
 ・栄養士とうからの指導はありません 本屋で書籍 購入や立読みで勉強しております。

 ※ちなみに 身長171cm 体重今67(発症時70)kg 運動無し へそウエスト 今83(発症時86以上)cm 
→発症は メタボリックシンドローム だったのかも?と主治医から言われました。

補足日時:2005/04/27 08:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanasakaさん お忙しい日々の中で顔も名前も知らない私に誠実なアドバイス、本当に感謝いたしております ありがとうございます。 
 書いていただいた一語一語 全て今後の私の人生にとても有意義な情報となります。
 先日産業医からは、「出血のリスクがあり今は復帰NG=帰任」が出てしまいました。衝撃を受けましたが自分の命のため、ゆっくり現実を受け止めます。今後は ”無病”改め”一病息災” で今回痛い目にあったことで全体の生活の改めをいたします。
もし、また見ることがありましたら下記最後の質問です すみません 
→(1)角質化(医師いわく”陳旧”)した血栓 
 ・肺塞栓は先日主治医から再度パーフェクトリカバリと出ました。次は血栓を溶かすことを次の目標にしたかったのですがとても残念です。ただ 奇跡があるかもしれません生活改善でがんばります。
 ・そこに新たな血栓が発生しやすくなりますか?
 一年以降後 定期検査はどれくらいの感覚で必要し ょうか?
→(2)運動の件
 ・ウオーキングやゴルフはどうでしょうか?走った りは、この陳旧血栓が溶けはしないが肺に飛んだり はもしかしてしますか?
 ・栄養士とうからの指導はありません 本屋で書籍 購入や立読みで勉強しております。

 ※ちなみに 身長171cm 体重今67(発症時70)kg 運動無し へそウエスト 今83(発症時86以上)cm 
→発症は メタボリックシンドローム だったのかも?と主治医から言われました。
 

お礼日時:2005/04/27 08:48

 昔から一病息災、一つ病気を持っている人が一番長生きするって言いますからね。


 
 血栓はまっさらな血管より何か在る所にできやすいのは当然のことです。しかし血栓はどこにでもできるし動脈硬化の部分にもできやすいです。そこにだけできるとは考えない方がいいです。
 要は血栓や動脈硬化を防ぐための食、運動習慣を身に付けるべきと思います。

 定期検査は医師の判断に従って下さい。あとは毎年健康診断されると思うので要検査項目があったら医師に判断を仰ぐのがいいです。

 ウォーキングやゴルフは子供から老人までできるスポーツとしてよく言われます。でも運動後、汗をかいてそのままでいるのはエコノミー症候群と一緒です。どんなスポーツでも準備体操や整理体操、適切な水分を補ってください。ゴルフでコースを回る時は特に注意が必要です。
 
 陳旧血栓は医師の判断によると飛ばないでしょうと言うことなので大丈夫でしょう。もし飛んだとしても極小さいなら問題ないと思います。

 メタボリックだったかもと言うことなので、発症時一番の問題はやはり高グリセリドだったと思われます。最近は詳しい書籍がたくさん売られていますのでどうぞ参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanasakaさん 本当にありがとうございました
 一人で海外ホテルで悩み、また一時帰国後も自宅で今後自分の体がどうなっていくのか・・不安が募る中おかげ様で一つ一つ解決できました。
 今後の経過をhanasakaさんに相談できなくなるのは不安ですが自分でも勉強してゆきます。  また機会ございましたらアドバイスください。 肺塞栓2.3とかにします。
 家族もおりますので早く元気になり 心機一転がんばっていきます。色々ありがとうございました

また hanasakaさんも 何卒 お体ご自愛ください。

お礼日時:2005/04/29 08:44

プロテインcに関して医師からはどのように説明をうけていますか?


 プロテインcは、ビタミンKにより血液凝固を抑制する蛋白質です。だから体内の有効なビタミンK量により、プロテインc量も変化するものです。
 ビタミンKは血液の凝固にも凝固抑制にも両方に関与しています。

 今回のプロテインc量の値は正常より低いですが、ワーファリン(ビタミンK拮抗性抗凝固剤、簡単に言えばビタミンKの働きを邪魔する)の投与による後天的低下と考えられます。
 プロテインcが低下していてもワーファリン服用中はワーファリンが血液凝固を抑制しているので問題はありません。
 だからワーファリン終了後には(ある程度)回復するものと思われます。でも薬の要因だけで低下しているのか、体質的に少ないかは終了後しばらくして検査をしてみないと分かりません。

 息や胸の痛みではやはり狭心症や心筋梗塞や他の肺病変を疑って検査をします。でも心電図、心エコー、肺シンチをやって問題なしと出ているなら今挙げた病変は考えにくいです。
 
 後は他医にかかり、セカンドオピニオンを求めるよりないと思います。

この回答への補足

hanasakaさん ありがとうございます感謝です。 ワラをもすがる思いで投稿してよかったです。
 ・今週にも主治医の診断書→産業医面談し納得し仕事復帰したいと願っております。 しかし実は復帰先が発展途上国でとても慎重になっております。ご迷惑おかけいたしますがまた何点かアドバイスください。

→プロテインcに関して医師は
 ・本人は詳しくなく エコーの女医さんのアドバイ スで「この数値は結構振れるので観察」だったそう です。家族性の検査結果は陰性といわれています数 値はどれかはわかりません。
 ・仕事はok ワーファリン終了後のDダイマーとプロ テインcと足の血栓の観察できる環境であればどこ でも復帰ok。でした。
→セカンドオピニオンも実はいたしました
 ・息苦しい件は、指に酸素計?をつけられましたが  酸素は十分とのこと。息が苦しいは過呼吸かな?  自分で思い、吐いた息を吸いコントロール試みて  ます。
 ・あと全体の診断に関しては権威ある大学病院の検  査結果なので最初から肯定的。胸もやはり他に検  査はないとのこと。あとは私本人の自身回復と言  われました。

質問(4) 肺塞栓は小さければ完治できるのですか?
  後遺症はないのですか?
 ・先生方には完治(予防ワーファリンは必要)とい  われております。 早い時期に適切な治療がなさ  れたので再発率2~3%とのこと。今回の主な   原因は6時間のフライトと高グリセリド血症とス  トレスでしょう。とのこと。

質問(5) 血栓は角質化しており小さく飛ばないでしょ  うといわれましたがどのようにしたら溶かせます  か?また新しいのが発生しやすい体質になってし  まいましたか?
   ・食生活と運動で自己治癒力である程度予防以    上に治療までいきたいのですが。
質問(6) フライトの多い仕事なのですがワーファ    リン治療終了後は一般的にどのような対応にな   るのでしょうか?

質問(7) 実は血液検査でもう一つ RLP-Cというものが  9.6mg/dlで高かったのです。
 ・自分は中性脂肪がフライト時280mg/dl 現在1  56mg/dlです。
 ・首の左の血管のドクドク感はいっこうに治まりま  せん。最近左右の手のひらが片方すごく冷たく片  方熱いことがとくあります。
 ・冠動脈疾患や動脈硬化の検査を最後リクエストし  たほうがよろしいでしょうか

補足日時:2005/04/24 11:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanasakaさん ありがとうございます感謝です。実は復帰先が発展途上国でとても慎重になっております。ご迷惑おかけいたしますがまた何点かアドバイスください。
→プロテインcに関して医師は
 ・本人は詳しくなく エコーの女医さんのアドバイ スで「この数値は結構振れるので観察」だったそう です。家族性の検査結果は陰性といわれています数 値はどれかはわかりません。
 ・仕事はok ワーファリン終了後のDダイマーとプロ テインcと足の血栓の観察できる環境であればどこ でも復帰ok。でした。
→セカンドオピニオンも実はいたしました
 ・息苦しい件は、指に酸素計?をつけられましたが  酸素は十分とのこと。息が苦しいは過呼吸かな?  自分で思い、吐いた息を吸いコントロール試みて  ます。
 ・あと全体の診断に関しては権威ある大学病院の検  査結果なので最初から肯定的。胸もやはり他に検  査はないとのこと。あとは私本人の自身回復と言  われました。
質問(4) 肺塞栓は小さければ完治できるのですか?
  後遺症はないのですか?
 ・先生方には完治(予防ワーファリンは必要)とい  われております。 早い時期に適切な治療がなさ  れたので再発率2~3%とのこと。今回の主な   原因は6時間のフライトと高グリセリド血症とス  トレスでしょう。とのこと。
質問(5) 血栓は角質化しており小さく飛ばないでしょ  うといわれましたがどのようにしたら溶かせます  か?また新しいのが発生しやすい体質になってし  まいましたか?
   ・食生活と運動で自己治癒力である程度予防以    上に治療までいきたいのですが。
質問(6) フライトの多い仕事なのですがワーファ    リン治療終了後は一般的にどのような対応にな   るのでしょうか?
質問(7) 実は血液検査でもう一つ RLP-Cというものが  9.6mg/dlで高かったのです。
 ・自分は中性脂肪がフライト時280mg/dl 現在1  56mg/dlです。
 ・首の左の血管のドクドク感はいっこうに治まりま  せん。最近左右の手のひらが片方すごく冷たく片  方熱いことがとくあります。
 ・冠動脈疾患や動脈硬化の検査を最後リクエストし  たほうがよろしいでしょうか?

お礼日時:2005/04/24 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血栓の緊急的治療?点滴

町医者で血栓ができて血管が詰まっているとの判断で、すぐに大学病院に転送されました。町医者の指示に従い大学病院でついたらすぐに、血栓を溶かすような点滴がはじまりました。画像などで血栓の存在を確認する前にいきなり治療に入ることはよくあるのでしょうか?

Aベストアンサー

網膜は眼底を見ることで直接血管を観察して診断するものです。

参考URL:http://www.skk-health.net/me/06/index.html

Q白血病と肺塞栓

友人が最初に肺塞栓と診断され、その後に白血病と診断されました。
本人は白血病との診断結果に納得いっていないようで、白血病の治療を断ったそうです。
どなたか、肺塞栓と白血病の関係をわかりやすく説明いただけないでしょうか?
白血病だから肺塞栓になったとするのであれば、余命13ヶ月ということはありえますか?
私が調べたケースでは、白血病の末期に肺塞栓が原因で死亡したケースはありましたが、
彼女はまだまだ元気に普通に生活しています。
診断したお医者さんが大袈裟なのであればいいのですが。。。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内科医です。

一般的に、悪性腫瘍が存在すると、(詳しい機序は省略しますが)血液は固まりやすい傾向にあります。炎症によって血液を固める細胞が増えたり、血液を固めるタンパク質等の物質が産生されやすくなるからです。

血病などの血液悪性腫瘍や、血小板増多症などの血液疾患においても同様です。

また、肺血栓塞栓症のような、血栓性疾患に遭遇した場合、原因の一つとして、悪性腫瘍が潜んでいるかもしれないことを、常に念頭に置かなかければなりません。よって、お友達を診断された担当医は、肺塞栓を単なる肺塞栓とせず、その原因にまで踏み込めたという点で、極めて良い判断だったのではないかと推察いたします。

肺塞栓も白血病も、「なんとなく」診断できるものではありません。血液データ、CT画像、顕微鏡画像などいろいろな基準にのっとり、診断されているはずです。なので、「大げさに言っておこう」と言えるような類ものではありません。

「診断結果に納得がいっていない」というのも、重大な疾患名を二つも言われ、混乱しているからでしょう。科学的根拠に基づいて、「納得がいっていない」のではないと、感じます。

確かに、肺血栓塞栓症から診断された急性白血病であれば、稀なケースではあると思います。では、今すべきことは、早くできる限りの治療を開始することです。これから、大変な治療が始まると思いますが、是非支えてあげてください。以下の参考にしてください。同様なケースも過去に報告されています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/shinzo/43/5/43_681/_pdf

内科医です。

一般的に、悪性腫瘍が存在すると、(詳しい機序は省略しますが)血液は固まりやすい傾向にあります。炎症によって血液を固める細胞が増えたり、血液を固めるタンパク質等の物質が産生されやすくなるからです。

血病などの血液悪性腫瘍や、血小板増多症などの血液疾患においても同様です。

また、肺血栓塞栓症のような、血栓性疾患に遭遇した場合、原因の一つとして、悪性腫瘍が潜んでいるかもしれないことを、常に念頭に置かなかければなりません。よって、お友達を診断された担当医は、肺塞栓を...続きを読む

Q脳梗塞の治療薬、血栓溶解療法について

脳梗塞の治療で3時間以内(検査・準備も含めて)であれば、
血栓溶解療法が効果的だとネットで調べて分かりました。
個人差などあると思いますが、
(1)この治療は何週間くらい行うものなのでしょうか?
(2)この治療は点滴ですよね?
だとすると腕に刺して行うのでしょうか?
(3)入院は一ヶ月くらいでしょうか?
(4)この治療を受けられるのは時間制限があるので、
早期治療という意味では後遺症は残りにくいですよね?

余談ですが、母が2年前に脳内出血で開頭手術を行い1ヶ月入院、
リハビリ病院に3ヶ月入院しました。
今現在、左半身不随で左腕は全く動かず、デイケアを週3回通っています。
母も心配ですが、父もかなり高齢なので、脳梗塞についても知っておきたいと思い質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アルテプラーゼ静脈内投与血栓溶解療法 自体は 発症から3時間以内の1回限りです

その後は状態に応じて他の治療~リハビリが行われます

状態に応じて数日~数か月とかなり異なります

参考URL:http://www.treatneuro.com/archives/446

Qワーファリンと肺がん手術について

62歳男性、10年前に弁置換手術を受け、ワーファリンコントロールをしています。
今回、肺がんが発覚しました。病期などの詳細は検査中です。
現在、病期の総合所見がわかるまでに、事前に家族で情報を集めています。
心配なことは、もし、手術が可能なステージだった場合、ワーファリンを服用している場合は、肺がんの手術は可能なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は肺血栓持ちで、ワーファリン服用中に
子宮癌から転移した箇所の摘出手術をする羽目になった事がありますが
その際は手術1週間前から服用をストップして
#3さんも仰っているヘパリンの点滴で対応してきましたよ。
術後落ち着いてから再び服用が始まっていましたね。

ワーファリンを服用しているからといって手術が出来ないという事は無いでしょう。
担当の先生もワーファリン服用時の手術について考慮してくれると思いますよ。

Q深部静脈血栓症の治療について

深部静脈血栓症を発症してしまいました。症状は、左足太腿からふくらはぎまでの腫れと圧迫痛です。

原因は大きくなった子宮筋腫が腹部血管を圧迫したことらしいです。

3週間の入院でヘパリン点滴とワーファリンの内服治療を受けました。

現在腫れと圧迫痛は幾分和らぎました。ワーファリンの服用を続けながら、10日後の子宮全摘手術を待っているところです。

手術時は首の血管よりフィルターを入れ、血栓をキャッチする予定です。(フィルターは一週間ほど入れておきます。)

腹部の血管は完全に詰まってしまっており、血栓は溶けないと言われました。詰まった血管の代わりにバイパスが出来つつあります。詰まった血管は今後も使われることは無いそうです。

手術時この使われなくなった血管を縛るなり、切除するなりの処理をして欲しいと思っています。医者に相談したところ、下手に触ると血栓が肺に飛ぶ恐れがある為、そのままにした方が良いと言われました。

私としては、それくらいの事で飛ぶ恐れがある血栓が詰まった血管なら、なおさら処理して欲しいと思っています。
今後の生活を考えた時、肺塞栓などの危険因子を体内に持っておくのは避けたいと思います。

血栓が詰り、使わなくなった血管は通常体内に残しておくものなのでしょうか? せっかく開腹手術を受けるので、処理できるものならして欲しいと思いますが、そう言う事は一般には行われないのでしょうか?

総合病院ですが、循環器科、婦人科、血管外科にまたがるケースの為、それぞれの領域の関係からか納得行く説明を受けられません。

この分野にお詳しい方、どうぞアドバイスをお願いいたします。近々医者より最終説明があります。もし血管の処理が可能で、一般に行われている事であればもう一度希望を伝えたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

深部静脈血栓症を発症してしまいました。症状は、左足太腿からふくらはぎまでの腫れと圧迫痛です。

原因は大きくなった子宮筋腫が腹部血管を圧迫したことらしいです。

3週間の入院でヘパリン点滴とワーファリンの内服治療を受けました。

現在腫れと圧迫痛は幾分和らぎました。ワーファリンの服用を続けながら、10日後の子宮全摘手術を待っているところです。

手術時は首の血管よりフィルターを入れ、血栓をキャッチする予定です。(フィルターは一週間ほど入れておきます。)

腹部の血管は完全に...続きを読む

Aベストアンサー

手術には詳しくないのですが、お腹の血管を取り出すということは現実的には無理です。
縛るだけならば可能かと思いますが、私の知る限りではそういった手術は聞いたことがありません、専門ではないので何とも言えませんが。
しかし、血栓があるまま放っておくのはやはり不安が残るかと思います。
手術の際に肺梗塞にならないように予防的に一時的な下大静脈フィルターというものを入れるのだとは思いますが、私であれば手術の時だけでなく、その後も肺梗塞の危険性はあると考えますので、一時的ではなく永久的なフィルターを挿入を考えます。
永久的なフィルターについて医師と相談されると良いかと思いますよ。

Q肺血管造影検査について

54歳男性です。動静脈婁の疑いありで肺の血管造影検査をするとの事です。造影剤を静脈から注射にて注入するだけでしょうか、カテ-テルをいれて肺付近に造影剤を入れるのでしょうか。又造影剤によるショックの頻度はどの程度なのでしょうか。ご存知の方御回答宜しく御願いします。

Aベストアンサー

血液の流れを考えて見ますと、全身の静脈が上大静脈と下大静脈に集まり心臓(右心房)へ入ります右心室から肺動脈へ流れ肺に入ります、それから肺静脈から心臓へ戻り左心房左心室から全身へ送られます。
この場合、足の付け根の大腿静脈からカテーテル(約2mm程度)を入れて下大静脈へ先端(心臓の入り口)へ持って行き機械で造影剤を注入するのではないでしょうか、約10cc程度の注入と撮影、これを何度か繰り返すと思います。
造影剤が体に入ると多くの場合熱感が生じます、肺の場合でも熱感または違和感が起きると思います。
息止めは10秒程度と思います。
副作用ですが重篤なものはほとんど起きません、軽度(熱感を中心として)がほとんどです。
肺の血管造影は経験ありませんが、腹部の血管造影から推察するとこんなもんでしょうか。
他の方が(胸部の経験がある方)記入してくれるともっとわかるのでしょうが、、、

Q血栓治療について

去年の9月に右足がむくんで通院したら血栓と診断され、即入院で点滴にて溶かす治療を受けました。一週間程度で退院しましたが、その一ヵ月後に血管が細くなっている箇所をバルーンで膨らます手術をしました。

その後は2週間おきに通院してワーファリンをもらってのんでいました。今年の6月にまた詰まってしまい入院しました。現在退院して同じように通院しています。
担当医師はワーファリンで直るわけではないので様子をみていきましょうといいます。

心臓血管外科の医師ですので間違いない治療と思いますが、このペースで通院、入院が今後も続くと仕事的にも非常に厳しくもし退職となれば治療費も不安です。妻は病院をかえてみたら?といいますが現在の担当医を裏切るようで気が進みません。

なにかしらのアドバイス頂けましたらありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

病院を変えることが気が進まないのであれば、血栓ができにくくなるよう自分で気をつけるぐらいしかないと思います。
既に気をつけられていることだと思いますが、日常的に

・こまめに体内に吸収されやすいスポーツドリンクを飲む

・扇風機などに直接長時間当たり続けると、気化熱で水分を奪われ続けるので短時間で済ませるか、壁に当てて間接風にして弱める(特に就寝時)

・エアコンの除湿はなるべく避ける(特に就寝時)

・ワーファリンの効果を下げる納豆・青汁・多過ぎる緑黄色野菜は控える

・起きている間は30分に一度は足を動かす

睡眠中は心拍数・血圧も下がりますので血栓ができないよう、より気をつける必要があると思ってます。
今更なことばかり書きましたが、お気をつけてください。再発のないよう願っています。

Q肺がんと脳血管認知症を持つ母

69歳の母が今年5月に肺がんが見つかりその検査をしている際に心臓病が発覚し8月末に大動脈狭窄症の手術をしました。手術は8時間にも及んだものの成功したように思われましたが入院後母の様子がおかしく性格が変わってしまったなっと感じていました。きっと手術のストレスと思いそんなに気にしてはいなかったのですがそして、本日肺がん摘出手術を予定していたのですが、MRIで脳の検査をしたところ脳血管認知症だと判断され手術が中止となりました。現在東京都千駄木の大学病院に入院しているのですが医師曰く、自分が病院にいるという認識がなく本人が何故手術をするのか分かっていなくて手術する事はまず好ましくなくパニックになる可能性があるとの事。もしかしたら、術後寝たきりになるかもしれないという可能性があるとの事。どうしてもやってほしいというならやってあげても良いけど的なニュアンスで認知症がよくなったらやってあげることはできるけれど認知症がよくなる可能性も薬もないような説明だったようです。さじを投げられたような感じの対応でこちらもどうしていいかわからず。

私は海外にいるので全てのやり取りを兄がしてくれてるのですが医師の進めはガンの治療はなにもしない(現在恐らく初期で2.5センチの腫瘍が2カ所ありガラスがわれたときの破片のように腫瘍のかけらのようなものが肺中にちらばっているとのこと)だから何にもせずそのままにしておきましょうとのことでした。骨や脳には転移してないようですが、そのままにして置く事はあまりにも危険ですよね。初期から何もしない場合余命は何年位になるのでしょうか?

このような状況でもなぜ抗がん治療やその他の治療方法をすすめてくれなかったのでしょう

認知症を持っているため、もうそっとしておいてあげようっという気持ちもあり抗がん治療もしない場合どうなのでしょうか???

また肺がんの抗がん治療の費用は一般的にどれくらいかかるのでしょうか?現在のところ認知症に関しては昼間はヘルパーさんにお願いし夜は兄家族と過ごし認知症が進行しないようリハビリを考えていますが肺がんの対処をどうしていいものか戸惑ってしまっています。

次から次へと病気が発覚し応対してくれてる兄もきっと疲れてしまっているのだっと思っています。そして兄は寝たきりになる事をすごく恐れていて。。。
母も手術をすごく嫌がっていたのでこれ以上精神的な悪影響を恐れているのだと思いますが何もしないのはどうしたものかっと感じています。万が一余命が5年であっても寝たきりになるよりは残りの余生を楽しく過ごせるように支えてあげたいっと兄はいってました。

私も旦那を置いてすぐにでも行きたいし半年くらい日本にいれるよう話しているから行っても良い?っと聞いていますが小さい子がいるので大変だと思っているようで全てを背負ってしまってその点について返事をしてくれません。

なんだか支離滅裂ですが、皆様ならどうされますか?
最終的には家族皆で話し合い決めなくてはいけないのですが皆様のアドバイスを元に最善の決断をしたいとおもっておりますので何卒アドバイスのほど宜しくお願いいたします。

69歳の母が今年5月に肺がんが見つかりその検査をしている際に心臓病が発覚し8月末に大動脈狭窄症の手術をしました。手術は8時間にも及んだものの成功したように思われましたが入院後母の様子がおかしく性格が変わってしまったなっと感じていました。きっと手術のストレスと思いそんなに気にしてはいなかったのですがそして、本日肺がん摘出手術を予定していたのですが、MRIで脳の検査をしたところ脳血管認知症だと判断され手術が中止となりました。現在東京都千駄木の大学病院に入院しているのですが医師曰く、...続きを読む

Aベストアンサー

私は医者ではありませんが、31年前から親戚の方が白血病で亡くなられてから癌に関心があり自分なりに学んできました。癌に関してだけ言えば、多くの方が「ガンになる原因」を知らなさ過ぎると感じています。特に患者となってしまった時に「ガンとは何か」がわかっていなくて「ガンに対する思い込み」だけが先走っているようです。

その結果、何もしないより抗がん剤治療をしたほうがよいと考えてしまう事です。次のような話があります。

立花 隆 「がん 生と死の謎に挑む」 (文藝春秋)「結局、抗がん剤で治るがんなんて、実際にはありゃせんのですよ」と、議論をまとめるように大御所の先生がいうと、みなその通りという表情でうなずきました。僕はそれまで、効く抗がん剤が少しはあるだろうと思っていたので、「えー、そうなんですか? それじゃ『患者よ、がんと闘うな』で近藤誠さんがいっていたことが正しかったということになるじゃありませんか」といいました。すると、大御所の先生があっさり、「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」といいました。

農家の人は自分の食べる野菜には農薬は使いません。同じく賢い医師は抗がん剤の限界を熟知しています。
人間の腸の絨毛は植物の毛根と同じ働きをしています。抗がん剤は除草剤のような役目です。
医者には延命義務と苦痛緩和義務がありますが、「マニュアルどうりすれば責任なし」と考えていると思います。

「やるほうがよい」事もあります。先日の、作詞家 なかにし礼さんのような治療法とかはいいと思います。好きな事をしたり、適度な運動をしたり、マッサージをしてもらったり、体にいいものを少ないめに食べる(高いメロンとか)とか、希望を持って生きるなどなど・・・・・・・

最後に「ガン」はウイルスではなく、自分の細胞の一部です。自分を支えてくれている多くの細胞の一部が何らかの事情で反乱を起こしているか、老化への手助けをしているのかもです。お母様が出来るだけ痛みがなく、楽に平安に過ごせるようにしてあげてほしいです。

私は医者ではありませんが、31年前から親戚の方が白血病で亡くなられてから癌に関心があり自分なりに学んできました。癌に関してだけ言えば、多くの方が「ガンになる原因」を知らなさ過ぎると感じています。特に患者となってしまった時に「ガンとは何か」がわかっていなくて「ガンに対する思い込み」だけが先走っているようです。

その結果、何もしないより抗がん剤治療をしたほうがよいと考えてしまう事です。次のような話があります。

立花 隆 「がん 生と死の謎に挑む」 (文藝春秋)「結局、抗がん剤で...続きを読む

Q親知らず抜歯後にできた血栓を治療したいです。

親知らず抜歯後にできた血栓を治療したいです。
   
 今週月曜日に、親知らずの抜歯をしました。その親知らずは横に倒れた状態の、半ば埋もれた歯でありましたが、とにかく抜歯自体は成功しました。またその時に、血があまりでないようにと何針か縫っていただき、次の日やその次の日は必ず腫れるだろうからと、腫れ止めと痛み止めの薬を頂きました。
 確かに施術後、縫合した部分を中心に腫れあがり、出血も結局昨日まで止まりませんでした。しかしそれはそれで仕方のないことだと思っていたのです。
 ところが、腫れが多少マシになって、外側から触って感触を確かめられる位にまでなった時に、ふとしこりのようなものがあることに気づいたのです。
 まさか親知らずの破片が残っているのかと少し不安にもなったりしましたが、2日ほど様子を見ていると、そのしこりは大きくなったり小さくなったりしていたので、そんなはずはないか、血栓のようなものだろうと判断し、いずれ治るだろうと思って深く考えないようにしていたのです。
 しかし、先程就寝中に、この血栓が原因で深刻な問題に直面することになりました。
 この血栓(もちろん素人判断のものですが)なのですが、どうやら顔を横にして就寝すると、そこに血が溜まり、急に大きくなるようなのです。例えていえば、歯の大きさくらいだったものが、歯と歯肉を足したような大きさになる感じです。この現象は仰向けの状態ならば多少マシになるようです。
 そしてそのあと、この大きくなった血栓が、その下辺りの顎の骨を圧迫し、ひどい痛みを絶えず与えてくるようになったのです。先程は顎の付近まで痛みました。
 起き上がることで、痛みは少しずつひいてきていますが、今も鈍痛に悩まされながら記事を書かせてもらっています。すでに痛み止めはありません。
 
 もちろん現状ではかかり付けのお医者様に相談するという以外にはないかもしれませんが、施術後のお話では、次に来院されるときは、縫合部分の糸をとりますという話でしたので、時間的に血栓の問題に対応してくれるのかかなり不安です。しかも今日です。
 その点においてうまく血栓の問題を優先的に取り計らっていただけるようにできるような言い方はないのか、あるいは糸をとることを優先した場合、そのお医者様と今後も付き合っていっていいのか、また日曜休診の医院しかない地域なので、別の医院に問い合わせておくのがいいのか等、問題解決のためできるだけアドバイスなり情報をいただければ幸いです。 長文で申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

親知らず抜歯後にできた血栓を治療したいです。
   
 今週月曜日に、親知らずの抜歯をしました。その親知らずは横に倒れた状態の、半ば埋もれた歯でありましたが、とにかく抜歯自体は成功しました。またその時に、血があまりでないようにと何針か縫っていただき、次の日やその次の日は必ず腫れるだろうからと、腫れ止めと痛み止めの薬を頂きました。
 確かに施術後、縫合した部分を中心に腫れあがり、出血も結局昨日まで止まりませんでした。しかしそれはそれで仕方のないことだと思っていたのです。
 とこ...続きを読む

Aベストアンサー

まあ問題なさそうですが、不安なら先生とよく相談してください。
親知らず抜いた後ってかなり大きい穴があくわけですからいろいろ
あります。1週間、場合によっては2週間くらい不快症状がでることは
しょっちゅうです。人間の体はよくできていますから自然に回復
してくるものです。

Q肺がんの喀血は、どこからの出血なのでしょうか。がん自体の腫瘍血管から、

肺がんの喀血は、どこからの出血なのでしょうか。がん自体の腫瘍血管から、まとまって出血するものでしょうか。また一センチに満たない腫瘍から、少量の喀血は十分起きるものでしょうか。

Aベストアンサー

私の父は、肺胞に至る手前のかなり太い気管に小豆粒ほどの腫瘍が出来ました。
喉から結構近いところだったので、カメラを差し込んで写真を撮って見ることが出来ました。

いわゆる、身体の外側に出来るイボの様な物です。
そのイボ状の表面にヒビが出来て、血がにじみ出てきていました。
僅かずつの出血が肺の奥に落ち込んで、有る程度たまると咳き込んで吐き出すことになるようです。
一日に何度か吐血していましたが、連続して一気に大量の出血をするのではないようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報