ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

どうも、田舎の親(60代)が間質性肺炎と診断されたようなのですが、はっきりしたことを教えてくれません。
心配なので自分なりに調べようとしましたが、これにはいろいろな種類があるらしく、それが特定できないと対処法などもわからないようです。それでその種類を聞いても「よくわからない。こわいからあんまり知りたくないし、主治医からも詳しく聞いていない」と言います。
現在、月に10日ほど仕事をし、お酒は毎日飲んでいます。タバコは長年吸っていません。処方されている薬はきちんと飲んでいるようですが、薬の副作用で顔がむくんでいます。
主治医には「少なくとも5年は命を保証する」とか言われたそうですが、離れて暮らしているだけに、何だか心配です。
こうした患者が使う「肺を鍛える、息を吹き込むトレーニング器具」がある、と聞いたことがありますが、そのような感じで、家庭で少しでも努力のできる方法などがあれば、教えていただけませんでしょうか。また、間質性肺炎とは必ず死に至る恐ろしい病気なのでしょうか。
美空ひばりさんが同じ病気でお亡くなりになったと知り、気になってしかたありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


さぞご心配のことと思います。
しかし、残念ながらここに書かれている情報だけで何かものを言うのは難しいというのが正直なところです。

質問者の方も少しお調べになったようですが、一言に間質性肺炎といいましても、その原因はさまざまです。もちろん原因が確定できれば治療が可能な場合も多いですが、原因不明のいわゆる特発性と呼ばれる間質性肺炎であれば多くは難治性で慢性の経過をたどりますし、また、特にたちの悪いケースでは数ヶ月のうちに死亡してしまうようなことすらあります。

ですから、この場で飛びかうであろうさまざまな情報は、かえって質問者の方を不安にしてしまう可能性がありますので、是非一度田舎に帰って、主治医から詳しい状況をお聞きになることをお勧めします。それが一番賢明な方法だと思います。

尚、一般的によく行われている呼吸トレーニング法などは慢性の閉塞性肺疾患と呼ばれる病態には有効ですが、いわゆる間質性肺炎のような拘束性疾患にはあまり効果はないと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

個人情報保護法のため、私が直接主治医に話を聞く事が難しいようなので、改めて母に病状を確認しました。どこまでが正直なところなのか不明ですが、今すぐに命が危険という状態ではない、という言葉を信じて、親孝行に努めたいと思います。
ともかく、予後が極端に悪いケースではなさそうというだけでも救われました。
トレーニングについても教えていただき、ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/06 10:30

下記「参考URL」にあるように「間質性肺炎」は別sの呼び名を「肺繊維症」という病気です。



なかなか難しい病気の様ですね。
御質問者様のその親御様は「肝炎」ではないですか?
良く「肝炎患者」が「間質性肺炎」を起こすことがあるのです。
(美空ひばりさんの場合もそうでした。)

離れてお住まいとのことで、歯痒い思いをなさってい
ることと思います。
一度、御自身で親御様の主治医にお会いになって、詳しい病状と今後の治療方針など聞かれたらいかがでしょうか?

又、必要があれば、親御様を御質問者様のお住まいの近くの大学病院か大きい総合病院といった所で改めて、受診・検査をお受けになる、という方法も考えてはいかがでしょうか?


余り、お役に立てない回答で申し訳ありません。
私の知っている限りのことを書かせて頂きました。
何かのお役に少しでも立てれば幸いです。

参考URL:http://www.nivr.jeed.or.jp/option/nanbyo/37.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これまでまめに健康診断などはやっていたようですが、問題があったことは一度もなかったです。ただ、お酒が好きでしたので、肝炎は疑っていました(検査には出た事はありませんが)。
この4月から個人情報保護法により、家族でも、本人の了承ナシには話を聞く事が難しくなったと聞きました。
先のことはわかりませんが、とにかく後悔のないよう、せいいっぱい伴走したいと思います。

お礼日時:2005/05/06 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • びまん性間質性肺炎、特発性間質性肺炎<呼吸器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    びまん性間質性肺炎、特発性間質性肺炎とはどんな病気か (1)間質性肺炎  さまざまな原因により生じる、間質を主とする疾患の総称です。間質性肺炎と対比して使われる呼び名として、細菌性肺炎を代表とする肺胞腔内(はいほうくうない)を主とする肺胞腔内性肺炎があります。  しかし、同じ疾患でも、時期により間質性肺炎を示したり、また肺胞腔内性肺炎を示したりすることもよくあります。また、最近では高分解能CTなどで検...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間質性肺炎と診断されました。

母(50代女性)が間質性肺炎と診断されました。
昨年末より咳がでるようになり、今年5月に病院でレントゲン・血液検査の結果、間質性肺炎と診断されました。
 血液検査
  KL-6 1900H
  SP-D  334H
  LDH    261H
  抗核抗体  80H

その結果、他の病院を紹介され6月に紹介先の病院で再度レントゲン・血液検査
7月に結果を伺いにいった所、膠原病の疑いもありましたが膠原病ではなく間質性肺炎とのことで「このまま経過をみましょう。突然、死に至る事もあるので、苦しくなったらすぐ来て下さい。」と言われております。現在は、突発性間質性肺炎と診断されたわけでもないのですが、原因特定の検査はしておらず、ただただ経過をみているだけで、母の咳がでる頻度が高くなり苦しそうにしているので大変心配です。

このような場合、このまま経過をみているしかないのでしょうか?
原因特定する検査をお願いすべきなのでしょうか?
少しでも、よくなる検査・治療等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
間質性肺炎は特発性であれば原則として自然寛快の可能性は少ないと思います。症状は線維化している程度にもよるのですが、わずかな範囲であればまったく症状がないまま数年経過する方もいます。
原因特定は非常に難しく、明らかな薬剤性(ある薬剤を服用したらなったなど)や膠原病と診断されている患者さんが間質性肺炎になった場合くらいでしう判明されません。また先に間質性肺炎が発症して、その後に膠原病の症状がでてくることもあります。
治療はNo.1の方が書いてみえるように、ステロイド、免疫抑制剤です。併用することもあります。高容量で長期使用になるので、副作用が起こってくるため対策が必要になります。そのため入院で治療を開始することが多いです。
50代とお若いので、副作用には耐えられるように思います。ただ治療反応がいい病気ではないので現時点で治療するかどうかは非常に判断に迷うところです。
呼吸器内科医でもこの病気については得手不得手があります。主治医の先生とよく相談されて、セカンドオピニオンをされてはいかがでしょうか。

Q間質性肺炎患者に余命宣告は可能ですか?

父が4年前に間質性肺炎と診断されました。
2度の肺炎の末、現在ほとんど歩けない状況です。
先日、主人が来春からの海外駐在の内内示を受け、付いていくべきか否か迷いはじめています。
現在労作時の酸素量は5リットル、安静時4リットルです。少しトイレに立つだけで酸素飽和量が60台にまで下がってしまう状況で、この秋から急激に弱りはじめています。
ただ、ベットで安静にしていれば93以上あり風邪や肺炎などにならなければまだまだ生きられるのかな…と思うときもありますが、逆に風邪などを今度引いたら厳しいのかなと思っています。
そこで海外に行くかいなかの判断として余命が知りたいのですが間質性肺炎にそもそも余命宣告はできるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、できます。ただし、全くあてになりません。
大体、予想される余命より短めに宣告します。余命宣告より早く亡くなられると治療に問題あったかのように受け取られかねませんし、余命宣告より長く生きられるとご家族は喜ばれるので、最短の余命宣告をします(そこに、怪しげな治療法がつけいる隙ができるのですが...)。

酸素流量が安静時4L/minだと、普通は一年、もたないかと思います。来春までもどうかというレベルです。

Q間質性肺炎におけるステロイド治療について

間質性肺炎におけるステロイド治療についてお尋ねします。
私の友人がかなり重篤な間質性肺炎になり、やむなくステロイド治療に切り替えました。
量としては25~30ミリの大量投与でした。
結果、たくさんの副作用を発症し、先日亡くなりました。
遺族から相談を受けたのですが、亡くなる一ヶ月くらい前からステロイド投与量を5ミリ程度に大幅に減らしたそうです。
私の記憶では、ステロイドの投与をやめるとか、大幅に減少させると症状が急激に悪化すると聞きましたが、これくらいの量の減少は医学的に問題はないのでしょうか?
専門家のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

文面から想像で書きます。事実と異なるかもしれません。

肺線維症は間質性肺炎の7つの分類のうちの一つです。また薬剤性の間質性肺炎もあります。エクセグランは間質性肺炎をおこす可能性はあります。

薬剤性の間質性肺炎であれば、薬を中止しステロイドを使えば治ります。病態のメインは肺線維症であったと想像します。肺線維症は間質性肺炎の中でも予後が悪く、ステロイドも効きません。次第に肺が線維化し機能が低下していきます。酸素が必要となります。

きっかけはエクセグランによる薬剤性間質性肺炎であったかもしれませんが、肺線維症により病態は悪化し、ステロイド導入となったが効果は薄く、効果がないため維持量のみのステロイドを内服し、亡くなる直前に感染症の肺炎を併発しそれが原因で急性増悪した、という流れであれば十分にありえます。

肺線維症であれば治療法はほとんどなく、避けられない結果であったと思います。

Q間質性肺炎 余命数日の祖父に何を・・

90歳の祖父が12月末に間質性肺炎という難病にかかってしまいました。
間もなく急性憎悪になり、大学病院へ転院後には日に日に悪化してしまって
昨日の夜からモルヒネ投与しています。。

もう意識も朦朧としていると思いますが、
残された期間でどんな事をしてあげれば良いでしょうか?

年末に入院してからは、酸素吸入を外せないためご飯も食べられず
サイダーだけは美味しい美味しいとと言って飲んでたようです。
明日田舎に帰ってお見舞いに行くので、何かしてやりたいんです。

Aベストアンサー

はじめまして
私も五年前に本当の姉のように可愛がってくれたイトコの
お姉ちゃんが胃癌になり
余命3ヶ月と診断され
最後はモルヒネを投与し
意識も朦朧となり
私は仕事を休みずっと
お姉ちゃんのそばにいました

お姉ちゃんはかなりきつい
抗がん剤治療にも耐えて
いつも笑顔で本当に
強い人だと思いました。

その時はもう持って
3日だと言われていました

私は家では号泣していましたがお姉ちゃんの前では
明るく接して
腰が痛いと言えば腰を
ずっとさすってあげたり
今までと変わらず
笑顔でお姉ちゃんと
話をしました。

お姉ちゃんは意識が
朦朧としていましたが
笑いながら最後に
「毎日のように病院に
きてくれてありがとう」と
言ってくれました。

それがお姉ちゃんの
最後の言葉でした。

私もお姉ちゃんに
ありがとうありがとうと
何回も言いました。

そして次の日亡くなりました。
質問者様の大変お辛い
気持ちがとてもよくわかります

おじい様がもし意識朦朧で
話が出来なくても

手をにぎり
「おじいちゃんありがとう。」
と言ってあげて下さい

きっとおじい様には
伝わると思います。

質問者様のような
おじい様思いのお孫さんに
恵まれきっとおじい様も
幸せだったと思います。

暫くは悲しく辛い日々が
続きますが
私の心の中にはお姉ちゃんは
生きていて私が辛い時に
お姉ちゃんが頑張れって
言ってくれている気がします。

大切な人と会えなくなるのは
とても辛い事ですが

質問者様の心の中には
おじい様との思い出は
ずっと残ります。

こんな回答しか答える事は
出来ませんが

おじい様がいつも
見守っていてくれていると
信じて下さい。

はじめまして
私も五年前に本当の姉のように可愛がってくれたイトコの
お姉ちゃんが胃癌になり
余命3ヶ月と診断され
最後はモルヒネを投与し
意識も朦朧となり
私は仕事を休みずっと
お姉ちゃんのそばにいました

お姉ちゃんはかなりきつい
抗がん剤治療にも耐えて
いつも笑顔で本当に
強い人だと思いました。

その時はもう持って
3日だと言われていました

私は家では号泣していましたがお姉ちゃんの前では
明るく接して
腰が痛いと言えば腰を
ずっとさすってあげたり
今までと変わらず
...続きを読む

Q間質性肺炎の診断についてお伺いします

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両肺の背中側に見られるが、血液検査(KL-6が基準値0~500U/mlに対し290、SPーDが0~110g/mlに基準値に対し17)に異常は認められないというものでした。次回は6ヶ月後に血液検査とCTを受けることになっています。

<お伺いしたいこと>
真の病状は何だろうかと困惑しています。妻の兄を間質性肺炎で亡くしたばかりで気掛かりです。
1)画像診断上、肺気腫と間質性肺炎は混同されやすいのでしょうか?
2)KL-6の値が基準中心値より高めですが、どのように受け止めるべきでしょうか?

以上、宜しくお願いします。

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺炎は認識していたが喫煙に伴うもので程度も軽かったので、問題となる肺気腫のみ指摘した。
後の医者は、画像上間質陰影があり、間質性肺炎があるのは間違いないのでただその指摘をした。

何れも、肺気腫に関しては労作時呼吸困難を聞かれて、もしくは呼吸機能検査をした上で、中止して経過観察と言われたでしょうが、間質性肺炎に関してはただ経過観察と言われたと思います。

禁煙を成功させたのであれば、ほかによい方法があるわけでなく、ただ経過観察するしかないでしょう。唯一あるとすれば、過去の喫煙を後悔し二度と喫煙しないと誓うことぐらいでしょうか。

KL-6の値は高ければ臨床的に意味がありますが、低い中では意味がありません。正常範囲なら気にしなくてよいです。

義兄が何歳で亡くなられたかわかりませんが、あなたの間質性肺炎とは意味も重症度も違ったはずです。
気にされず、禁煙を続けてください。

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺...続きを読む

Q酸素濃度が85%(救急車の中で)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿しているのにトイレに行こうとしたりして危険なので7日は縛られていたそうです。
私は縛られていたせいで祖父がそうなってしまったのではないかと思いましたが、叔父は「救急車の中で測ったときに酸素濃度が85%だったから、脳細胞がやられたからではないか」と言います。
脳細胞がやられるのに2日も要するのでしょうか。
ほかには何が原因と考えられるのでしょうか。
また『酸素濃度が85%』というのはどのような影響を及ぼすのでしょうか。
祖父は食べることが一番の楽しみのようで、いつもおいしそうにモリモリ食べていたから、食べるときにも目を閉じたままというのはとても気になります。
(吐血は噴門部からのもので検査の結果はまだ出ていません。)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると安静時でも85~86%になって、身動きすると、本当に苦しくなります。
この位になると主治医に、このまま泊まっていきなさい(=入院しなさい)といわれて、酸素チューブで酸素を鼻からすって、しばらく病院にごやっかいになります。

今まで一番低かった酸素飽和度は、大発作をおこして、真夜中に救急車で運ばれていた時で、70%台だったと思います。さすがにチアノーゼといって体中が真っ青になっていました。意識もちょっと朦朧としていて、数値を思い出すことはできません。
救急車内で、すぐ酸素マスクをさせられましたが、それでも85~86%。この時は、病院でも一晩酸素マスクさせられました。(マスクはチューブより酸素吸収率が高いのです、息苦しくて大嫌いですが。そしてもっとひどい呼吸困難者は、酸素テントに入らされるはずです)

この時は高濃度の酸素を長期間吸いすぎると、二酸化炭素が体内から排出されにくくなるからと、安静時でも94~95%になる程度の酸素量しか許してもらえませんでした。

……などとえらく自分語りをしてしまいました。

ま、つまり酸素飽和度が一時的に85%になったからといって、それで脳細胞がやられてぼけたと言われると、じゃあ今の私は、何なんだ?ってことで。実際、倒れた次の日は元気そうだったんですよね?

あと入院をよくする者の経験談として……

入院すると高齢者の方は呆けることが多いです。特に個室に入った人などで身内の付き添いさんがいない人は、ぼけやすいです。
もともと認知症(痴呆)の治療として、最近は老人ホームでも身の回りに思い出になるものを置き、小さな家具などは家で使っていたものを使用することが望ましいといわれるくらいです。
それがいきなり、無個性な病院の、見知らぬ部屋、見知らぬ人(医者・看護婦・入院患者など)、窓の外の身知らぬ風景、そんな中に入れられるのですから、ぼけやすくなるというもの。
しかも、もともとかなりの高齢で痴呆もあったんでしょう?痴呆が一気にすすんだとしても仕方がないかも知れません。

できれば、細かいものでもいいので、家で普段使っていた思い出に繋がるものをどんどん持参し、ベッド周りに置くとか、短時間の見舞いではなく、なるべく長い時間いて、色々横で話してきかせるとか、してあげた方がいいですよ。
そして、病気も心配でしょうが、退院してよいとなれば、早く家に連れて帰ってあげてください。思い出の家で生活すれば、改善の余地があると思います。

かつて、同じ大部屋の入院して一気に呆けたおばあちゃまが、退院して次の通院時に、私のいる大部屋に遊びにきてくれたら、まともになっていて、驚いたこともあります。

ではでは、どうか、大切にしてあげてくださいね。

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると...続きを読む

Q間質性肺炎について

主人の母親が間質性肺炎かもと言われ、4日が経過しています。 先生もはっきりと断言してくれないのですが、はっきりとして診断がくだせるまでこんなにも時間がかかるものなのでしょうか?ご存知の方がおられましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

間質性肺炎といっても様々な原因があり、原因不明の特発性間質性肺炎もあります。間質性肺炎を疑うのは、症状、胸部X線写真、胸部CT撮影診断などからですが、確定診断には手術(肺生検)が必要になることがあります。簡単に診断を下せるものではありません。

教えて!goo 内でも「間質性肺炎」で検索すると、下記の質問の専門家さんの回答が参考になります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1347973
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=83532

Q間質性肺炎につて

私の父(60歳)なんですが、先日風邪に似た症状で体調を崩し、しばらく様子を見ていたんですが、急に体調が悪化した為病院へ行くと間質性肺炎と診断されました。症状は、かなり悪いらしくて検査をする暇もなく、ステロイド投与治療が始まりました。3日間ほど投与してもよくならず、人工呼吸器をつけることなりました。それが今日の事です。
いろいろ他の方の質問等参考にしてみたものの、この病気での死亡率及び回復率が分かりません。先生に聞いても、分からないと言われます。
他の方々の多くは、すぐに亡くなったという情報はあまり見かけません。
この病気ですぐに死亡につながる事はあるのですか?
人工呼吸器の外れる日は来るのですか?
専門知識のある方、経験された方、お力をお貸し願えれば幸いです。

Aベストアンサー

お父様の具合が、お悪いのに、あまり書きたくありませんが、
うちの父親も数年前、突然、(薬害)間質性肺炎になりました。
夜中に息苦しい感じかすると言い市立病院に行き、
そのまま緊急入院となり、あんなに元気だった父親が、
あっけなく10日ほどで、亡くなってしまいました・・
うちの父親の場合は、糖尿病持ちだったので、
糖尿病の薬を長年飲んでました、その中のわずかな期間飲んだ
新薬が、間質性肺炎を引き起こし取り返しのつかない結果になってしまいました・・
間質性肺炎は、原因が多種なので、断定しにくく、
うちもすぐに病名を伝えられましたが、原因は不明、
片肺が真っ白になってるから、即ステロイドを投与ということでした。
投与してみないと結果は、医師でもわからないそうです。
でもステロイドが効けば、割とあっという間に治るとも言われました。
うちの場合は、病名からネットで色々調べた結果、
薬が原因ではないかと思い、医師に今飲んでる薬を渡し、
薬害の血液検査をお願いしました。
(これは、こちらから積極的に言わないと医師も面倒で、
あまりしてくれないと思います)
人工呼吸は、ステロイドが効けば、肺も回復するので、外れると思います。
うちは、最悪な結果になってしまいましたが、
間質性肺炎で、ステロイド治療で、
回復して元気になったっていう人も多く聞きますから、
お父様を元気づけてあげて、あなた様も元気を出してください。
色々調べてると思いますが参考になればです。
  ↓
http://www.masa.go.jp/res/files/resQnA/IP11.html#1.はじめに
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E8%B3%AA%E6%80%A7%E8%82%BA%E7%82%8E#.E7.97.87.E7.8A.B6
http://www.naoru.com/kannsitusei-.htm
http://www.kiko.pmda.go.jp/

お父様の具合が、お悪いのに、あまり書きたくありませんが、
うちの父親も数年前、突然、(薬害)間質性肺炎になりました。
夜中に息苦しい感じかすると言い市立病院に行き、
そのまま緊急入院となり、あんなに元気だった父親が、
あっけなく10日ほどで、亡くなってしまいました・・
うちの父親の場合は、糖尿病持ちだったので、
糖尿病の薬を長年飲んでました、その中のわずかな期間飲んだ
新薬が、間質性肺炎を引き起こし取り返しのつかない結果になってしまいました・・
間質性肺炎は、原因が多種なの...続きを読む

Q間質性肺炎の治療について(乞う専門家、経験者のアドバイス)

私の知り合い(69才、男性)が間質性肺炎と診断され、肺機能も正常な状態の60%であると言われました。この病気の専門家の方、又現に治療をされていらっしゃる方にどのような治療方があり快方に向かわれた方の治療方など教えていただければ有りがたいのですが・・・・咳きが出ますと発作状態で大変苦しそうではらはらします。

Aベストアンサー

たまたまこの質問を見ました。私の義父が間質性肺炎にかかりました。
大変発作もつらく年々咳がひどく辛くなっていきました。この病気は「難病」の種類に入ります。直接効く薬はありません。義父は入退院の繰り返しで去年亡くなってしまいました。7年この病気と闘っていました。60才で発病して67才で亡くなりました。医者にも「よくはならない」とはっきり宣言され、病気がひどくならないように付き合うしかないと言われました。
宣告どおり、よくはなりませんでした。
咳がとまらないと血液中の酸素が不足するのであまりひどいときは我慢せずすぐ医者へ行ったほうがいいです。
 快方に向かう話でなくてすいません。
病状がこれ以上ひどくならないようお祈りいたします。

Qたった今、父が「間質性肺炎」と告知されました。

父が千葉県の大学病院にて先ほど「間質性肺炎」と告知されました。本当なら今日からでも入院してほしいがベットがあいていないので、10日後検査入院するように言われました。夜中でも急変したらすぐに病院に来るようにとのことも言われたようです。(付き添いの母からすべて聞きました)
私としてこの病気は病院によって対応がまちまちだということでぜひとも都内の間質性肺炎の得意とする病院(虎の門病院、日本医大、帝京大等)に行ってほしいのですが、

(1)行くタイミングは千葉の病院で検査入院してからのほうがいいのでしょうか?それとも10日間時間があるうちに上記の都内の病院に行って新たに診断したほうがいいのでしょうか?

(2)これらの都内の病院は突然行っても診察してもらえるものなんでしょうか?

とにかく私としては悲しむのではなく自分ができるベストを尽くしたいと思っています。

ぜひともアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学病院なら、それほどはずれた治療はしないでしょう。

急にほかの病院にいっても、結局最初から検査をするだけなので、10日以上の時間が確実にかかります。というか、10日で大学病院に入院させてもらえるなら、よいのではないですか?

他の病院に言っても紹介状なし初診なら、何時間も待ったあげく、また入院待ちということになるでしょう。初診は一般内科で、呼吸器の専門医の診察は予約を取ってから、という病院もざらにあります。

急に具合が悪くなったら入院させてくれるとの配慮もあるので、まずは今の病院で検査を行い、もし他の医師の意見が聞きたいのであれば、その結果を持って余裕のあるときに聞きにいくのがベストだと思います。


人気Q&Aランキング