どうも、田舎の親(60代)が間質性肺炎と診断されたようなのですが、はっきりしたことを教えてくれません。
心配なので自分なりに調べようとしましたが、これにはいろいろな種類があるらしく、それが特定できないと対処法などもわからないようです。それでその種類を聞いても「よくわからない。こわいからあんまり知りたくないし、主治医からも詳しく聞いていない」と言います。
現在、月に10日ほど仕事をし、お酒は毎日飲んでいます。タバコは長年吸っていません。処方されている薬はきちんと飲んでいるようですが、薬の副作用で顔がむくんでいます。
主治医には「少なくとも5年は命を保証する」とか言われたそうですが、離れて暮らしているだけに、何だか心配です。
こうした患者が使う「肺を鍛える、息を吹き込むトレーニング器具」がある、と聞いたことがありますが、そのような感じで、家庭で少しでも努力のできる方法などがあれば、教えていただけませんでしょうか。また、間質性肺炎とは必ず死に至る恐ろしい病気なのでしょうか。
美空ひばりさんが同じ病気でお亡くなりになったと知り、気になってしかたありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


さぞご心配のことと思います。
しかし、残念ながらここに書かれている情報だけで何かものを言うのは難しいというのが正直なところです。

質問者の方も少しお調べになったようですが、一言に間質性肺炎といいましても、その原因はさまざまです。もちろん原因が確定できれば治療が可能な場合も多いですが、原因不明のいわゆる特発性と呼ばれる間質性肺炎であれば多くは難治性で慢性の経過をたどりますし、また、特にたちの悪いケースでは数ヶ月のうちに死亡してしまうようなことすらあります。

ですから、この場で飛びかうであろうさまざまな情報は、かえって質問者の方を不安にしてしまう可能性がありますので、是非一度田舎に帰って、主治医から詳しい状況をお聞きになることをお勧めします。それが一番賢明な方法だと思います。

尚、一般的によく行われている呼吸トレーニング法などは慢性の閉塞性肺疾患と呼ばれる病態には有効ですが、いわゆる間質性肺炎のような拘束性疾患にはあまり効果はないと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

個人情報保護法のため、私が直接主治医に話を聞く事が難しいようなので、改めて母に病状を確認しました。どこまでが正直なところなのか不明ですが、今すぐに命が危険という状態ではない、という言葉を信じて、親孝行に努めたいと思います。
ともかく、予後が極端に悪いケースではなさそうというだけでも救われました。
トレーニングについても教えていただき、ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/06 10:30

下記「参考URL」にあるように「間質性肺炎」は別sの呼び名を「肺繊維症」という病気です。



なかなか難しい病気の様ですね。
御質問者様のその親御様は「肝炎」ではないですか?
良く「肝炎患者」が「間質性肺炎」を起こすことがあるのです。
(美空ひばりさんの場合もそうでした。)

離れてお住まいとのことで、歯痒い思いをなさってい
ることと思います。
一度、御自身で親御様の主治医にお会いになって、詳しい病状と今後の治療方針など聞かれたらいかがでしょうか?

又、必要があれば、親御様を御質問者様のお住まいの近くの大学病院か大きい総合病院といった所で改めて、受診・検査をお受けになる、という方法も考えてはいかがでしょうか?


余り、お役に立てない回答で申し訳ありません。
私の知っている限りのことを書かせて頂きました。
何かのお役に少しでも立てれば幸いです。

参考URL:http://www.nivr.jeed.or.jp/option/nanbyo/37.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これまでまめに健康診断などはやっていたようですが、問題があったことは一度もなかったです。ただ、お酒が好きでしたので、肝炎は疑っていました(検査には出た事はありませんが)。
この4月から個人情報保護法により、家族でも、本人の了承ナシには話を聞く事が難しくなったと聞きました。
先のことはわかりませんが、とにかく後悔のないよう、せいいっぱい伴走したいと思います。

お礼日時:2005/05/06 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎治療の副作用による間質性肺炎

私の父がペグイントロンなどの注射によるC型肝炎の治療をおこなってきていたのですが、副作用の影響か間質性肺炎になってしまい、ペグイントロンの投薬治療を中止することとなりました。調べてみる限りこの間質性肺炎は様々な原因でなりえること、そして、特発性の場合は治療法もなく、命さえ奪う非常に危険な病気と書いてありましたが、C型肝炎の治療における副作用で間質性肺炎にかかった場合は完治するものなのでしょうか?また一度、完治した場合はC型肝炎の投薬治療を再開してもいいものなのでしょうか?ぜひともみなさま、お教え下さるようお願いいたします。

Aベストアンサー

まず最初に、この質問への最適な回答の持ち主は主治医であるということを大前提とした上で一般的なことを述べさせていただきます。

一般的に原因がわかっている間質性肺炎は、その原因が排除されれば回復が見込めます。どこまで回復するかは個人の年齢、肺機能、間質性肺炎の重篤度、罹病期間などによります。
基本的に一度間質性肺炎を起こした場合は、同じ治療薬の再投与は行いません。

Q間質性肺炎はうつりますか

医療に詳しい方からのご回答を希望致します。約一ヶ月前に一度だけセックスの関係になった彼が間質性肺炎と腫瘍で余命一月無いとのことを知りました。突然倒れステロイドで治療している、集中治療室、との情報が最後でステロイドで彼の安らかな死を祈る一方で自分の身体が心配になってきました。不倫関係だったため一切の連絡場所がわからなくなりました。セックスは避妊しました。キスなどでうつるようなことはありますか。彼の年齢は35歳で同じ歳、私は誕生日が来て36歳になりました。現在特に症状はありません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

詳しい状況がわからないので一般的なことしか書けませんが、間質性肺炎というのは様々な病態を含む疾患名で、ある特別な原因によって起きる(何らかの原因に特異的に起きる)単一の疾患をあらわす言葉ではありません。

原因がはっきりわからないものを特発性間質性肺炎といい、原因が特定もしくは推測できるものに関しては、例えば膠原病性間質性肺炎とか、薬剤性間質性肺炎といった呼び方をします。

原因が不明というケースが稀ではありません。上に書いた膠原病や薬剤によるもののほか、職業性のものやアレルギー(真菌などのアレルゲンに暴露したことでおきるもの)に関連したもの、ウイルス感染に関連したものなどがあります。

病気の進行についても、非常にゆっくりとしたものから急激に死の転帰をとるものまで様々です。

通常の細菌性肺炎や結核では、症状や肺の陰影が異なることが多いのですが、マイコプラズマ肺炎の一部や劇症型肺炎の代表であるレジオネラ肺炎などでは、画像的に間質性肺炎との区別が難しいこともあります。(マイコプラズマは感染しますがレジオネラは人から人には感染しません。)

一般的にいって、間質性肺炎の診断名で人に感染させる可能性の高い原因を持っていることは少ない、としか言いようがありません。

詳しい状況がわからないので一般的なことしか書けませんが、間質性肺炎というのは様々な病態を含む疾患名で、ある特別な原因によって起きる(何らかの原因に特異的に起きる)単一の疾患をあらわす言葉ではありません。

原因がはっきりわからないものを特発性間質性肺炎といい、原因が特定もしくは推測できるものに関しては、例えば膠原病性間質性肺炎とか、薬剤性間質性肺炎といった呼び方をします。

原因が不明というケースが稀ではありません。上に書いた膠原病や薬剤によるもののほか、職業性のものやア...続きを読む

Q特発性間質性肺炎の人の飲酒と入浴

肺の生検の結果、特発性間質性肺炎と診断をうけました。特発性間質性肺炎の人の飲酒と入浴について教えてください。初期段階の肺炎なのですが、飲酒と20分以上の入浴は禁忌と考えたほうが良いのでしょうか。また、胃腸病のため鉱泉を飲用しているのですがこれについてもどうなのか、ご存知の方ご教示下さい。

Aベストアンサー

 「特発性間質性肺炎」の場合は、食事については特に制限はありません。飲酒についても通常の飲酒量であれば問題はありません。但し、当然ながら喫煙は御法度です。
 入浴については、呼吸が苦しくならない範囲でなら大丈夫です(それが20分なのですか?)。
 鉱泉の飲用については、前述のとおり問題はありません。

Q間質性肺炎の診断についてお伺いします

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両肺の背中側に見られるが、血液検査(KL-6が基準値0~500U/mlに対し290、SPーDが0~110g/mlに基準値に対し17)に異常は認められないというものでした。次回は6ヶ月後に血液検査とCTを受けることになっています。

<お伺いしたいこと>
真の病状は何だろうかと困惑しています。妻の兄を間質性肺炎で亡くしたばかりで気掛かりです。
1)画像診断上、肺気腫と間質性肺炎は混同されやすいのでしょうか?
2)KL-6の値が基準中心値より高めですが、どのように受け止めるべきでしょうか?

以上、宜しくお願いします。

65歳3ヶ月の男性です。喫煙歴は18歳以来1~2箱/日、65歳誕生日で禁煙しました。

<今までの経緯>
1)今年2月10日に受けた人間ドックの胸部X線検査で右側の肺の下部に網状影との結果が出ました。(毎年受診しており今年初めての異常結果)
2)3月22日に受診した二次検診のCT診断結果は初期の肺気腫との医師からの説明で、3ヶ月後の6月12日に再度CTと血液検査を受けることになりました。
3)昨日受けたこの6月12日の検査に対する診断結果(医師は違っていました)は間質性肺炎の症状が両...続きを読む

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺炎は認識していたが喫煙に伴うもので程度も軽かったので、問題となる肺気腫のみ指摘した。
後の医者は、画像上間質陰影があり、間質性肺炎があるのは間違いないのでただその指摘をした。

何れも、肺気腫に関しては労作時呼吸困難を聞かれて、もしくは呼吸機能検査をした上で、中止して経過観察と言われたでしょうが、間質性肺炎に関してはただ経過観察と言われたと思います。

禁煙を成功させたのであれば、ほかによい方法があるわけでなく、ただ経過観察するしかないでしょう。唯一あるとすれば、過去の喫煙を後悔し二度と喫煙しないと誓うことぐらいでしょうか。

KL-6の値は高ければ臨床的に意味がありますが、低い中では意味がありません。正常範囲なら気にしなくてよいです。

義兄が何歳で亡くなられたかわかりませんが、あなたの間質性肺炎とは意味も重症度も違ったはずです。
気にされず、禁煙を続けてください。

呼吸器内科医です。
画像を見ないとなんともいえませんが、恐らく肺気腫と間質性肺炎の両方があるのだろうと思います。

肺気腫は長年の喫煙習慣で、肺尖部を中心にボコボコ空洞があったと思います。
間質性肺炎は基本的には原因不明のことが多いですが、喫煙歴の長い人は喫煙が原因だろうとされる間質性肺炎が見受けられることが多いです。

なぜ前の医者は間質性肺炎を指摘せず、後の医者は指摘したのか?
重喫煙者の肺底部に索状影・間質陰影が見えることは珍しいことではありません。前の医者は軽度の間質性肺...続きを読む

Q間質性肺炎て・・・

私の父は、肺ガンで、抗がん剤治療を約1年半ほどうけていたのですが、最終的に、間質性肺炎で逝ってしまいました。

ちょうど、今知人のお母さんが、乳がんで抗がん剤治療をうけているのですが、一ヶ月くらいで間質性肺炎になってしまいました。

Drからあぶない状態と言われているようですが、私の経験から早すぎるのでは?と思ってしまうのです。

父の場合は、長い抗がん剤治療で、骨髄を弱めてしまったので、なんとなく間質性肺炎になってしまったのはわかるのですが。

知人の、お母さんは、この肺炎で命を落とすことはないですよね。
専門家の方、経験者の方、ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

薬による間質性肺炎は、投与早期に出てくることも、長く経ってから出てくることもあります(数日で出てくることもあります)。また、軽症から重症まで様々な段階があります。骨髄とは直接の関係はありません。

お知り合いの方の心労も大きいと思いますので、是非相談や愚痴を聞くことでその負担を支えることをしてあげてください。それが周りの人間にとって一番の「できること」です。

Q間質性肺炎と画像診断されたのですが

60歳の女性(妻)のことですが、
健康診断からの精密検査で
CTでの画像所見から「間質性肺炎」の診断を受けました。
血液検査や呼吸機能検査、心筋梗塞関連の検査等の結果は
まったく正常(KL-6は300台半ば)でした。
症状は、山に登ったときや走ったときに、
肺全体に空気が回っていないような感触があったことがあるくらいで、
それも以前から指摘されているアレルギー性の影響、
あるいは風邪気味だったからと思っていました。
医師から、肺炎の進行はないタイプなのでということで、
膠原病やその他の検査、ステロイド剤の投薬を始めるための検査を
2か月後に行なうことを告げられました。
ステロイド剤の副作用があると都合の悪い予定が
その2か月後の前に入っていることをこちらから告げたので、
そのことを配慮してくださった側面もあったかもしれません。
2か月間についての不安を医師に告げても、
それで大丈夫とのことでした。
「初期の初期」という診断でしたが、
本当に2か月あけても大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

間質性肺炎にもいろんな種類があり、なんとも言えず、検査の結果を待つしかありません。
NSIPならステロイドが著効しますし、IPFなら症状がなければ治療しないか、せいぜいNACの吸入などを行うくらいの場合もあります。

検診でみつかったという事なら、症状もほとんどないのでしょうから、二か月は普通は問題ありません。

Q間質性肺炎と診断されました。

母(50代女性)が間質性肺炎と診断されました。
昨年末より咳がでるようになり、今年5月に病院でレントゲン・血液検査の結果、間質性肺炎と診断されました。
 血液検査
  KL-6 1900H
  SP-D  334H
  LDH    261H
  抗核抗体  80H

その結果、他の病院を紹介され6月に紹介先の病院で再度レントゲン・血液検査
7月に結果を伺いにいった所、膠原病の疑いもありましたが膠原病ではなく間質性肺炎とのことで「このまま経過をみましょう。突然、死に至る事もあるので、苦しくなったらすぐ来て下さい。」と言われております。現在は、突発性間質性肺炎と診断されたわけでもないのですが、原因特定の検査はしておらず、ただただ経過をみているだけで、母の咳がでる頻度が高くなり苦しそうにしているので大変心配です。

このような場合、このまま経過をみているしかないのでしょうか?
原因特定する検査をお願いすべきなのでしょうか?
少しでも、よくなる検査・治療等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

呼吸器内科医です。
間質性肺炎は特発性であれば原則として自然寛快の可能性は少ないと思います。症状は線維化している程度にもよるのですが、わずかな範囲であればまったく症状がないまま数年経過する方もいます。
原因特定は非常に難しく、明らかな薬剤性(ある薬剤を服用したらなったなど)や膠原病と診断されている患者さんが間質性肺炎になった場合くらいでしう判明されません。また先に間質性肺炎が発症して、その後に膠原病の症状がでてくることもあります。
治療はNo.1の方が書いてみえるように、ステロイド、免疫抑制剤です。併用することもあります。高容量で長期使用になるので、副作用が起こってくるため対策が必要になります。そのため入院で治療を開始することが多いです。
50代とお若いので、副作用には耐えられるように思います。ただ治療反応がいい病気ではないので現時点で治療するかどうかは非常に判断に迷うところです。
呼吸器内科医でもこの病気については得手不得手があります。主治医の先生とよく相談されて、セカンドオピニオンをされてはいかがでしょうか。

Q間質性肺炎です

先日、67歳の母が間質性肺炎と診断されました。2ヶ月ほどの咳のあと、気管支炎ということで市立病院に入院しましたが、1週間ほど後、上記肺炎と診断されました。現在、抗生物質をとり安静にしていますが、見た目では、元気で、はきはき話しますし、歩くこともできます。痰はでてないようです。間質性肺炎は治らないといわれていますが、本当でしょうか?市立病院は頼りないです。何かできることはないでしょうか?専門のお医者さんはいないでしょうか?これからベストの手助けはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

お母様ご心配ですね。
きちんと検査をした上での診断でしょうから、治療に信頼が持てないのでしたら、担当医にお話してセカンドオピニオンや転院などの選択肢も必要でしょう。

その前にご家族で評判のよい病院を探しておかれたほうがよいかもしれません。
参考URLをご覧下さい。

お大事になさってくださいね。

Q間質性肺炎についてお聞きします。

間質性肺炎について質問します。抗リウマチ剤のメトトレキサートを飲み始めて、約40日ほどで空咳が出るようになりました。不安だったので、胸のレントゲンと血液検査をしてもらったところ異常なし。安心はしたのですが、咳が出始めてまだ1週間。初期だと検査しても分からないという事もあるのでしょうか?それとも、この異常なしの結果を信じて、安心しても構わないでしょうか?また、薬剤性の間質性肺炎は治ると書いてありましたが、どうなのでしょう?

Aベストアンサー

関節リウマチ患者です。
内科系リウマチ専門医の診断でしたら 安心していただいてよろしいかと思いますよ。
不安や疑問は主治医とお話しになってはいかがですか?
失礼ながら インフォームドコンセントが成されていないゆえのご不安かと思いまして。
とは言え 一患者が言ってもご不安は消えないでしょうから 呼吸器内科を受診されてみてはいかがですか?

また 薬剤性間質性肺炎であれ リウマチ性間質性肺炎であれ 間質性肺炎は治る(元通りに回復する)ことありません。
ただ 薬剤性間質性肺炎は 原因となる薬を中止すればそれ以上の進行はありません。 なので早期発見が重要となります。
友人に リウマチでありながら間質性肺炎の方は複数居ますが みなさんキチンと治療しています。(薬剤性、リウマチ性どちらもいます。)
間質性肺炎も早期ならエンブレルも使えますし 友人はプログラフやネオーラルで治療しています。

Q間質性肺炎後の血糖値上昇

85歳男性です。
5年前に間質性肺炎と診断され、昨年末に風邪をこじらせ間質性肺炎が増悪し、入院しました。
ステロイドを3週間投与され退院しました。在宅酸素です。
退院後毎日毎日体重が減少しつづけています。
今回血糖値が急に1/6には270で今日は784でした。
糖尿の既往症はありません。
どうしてこのようなことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

現在も飲み薬のステロイドが入っていますか?
今日の血糖測定値は病院でなされたものですね?

であれば医師は血糖が上がることを予想して検査をしたと思います
今日の値を見て薬の変更やあなたへのアドバイスはどうでしたか?

機序については簡単に理解できないものかもしれませんが
厚労省の薬剤副作用高血糖のマニュアルから貼っておきます

副腎皮質ステロイド薬は、
末梢組織での蛋白の異化を亢進させ、アミノ酸放出を促進する。
このアミノ酸は肝での糖新生の基質となり、肝糖新生が促進する。
同時に、副腎皮質ステロイド薬は、肝に直接作用し、糖新生、糖放出を亢進させ、
その結果、高血糖が誘発される。
副腎皮質ステロイド薬が、耐糖能に与える影響は必ずしも肝臓に対する作用のみではないが、
肝における糖新生亢進が主な高血糖の原因であると考えられている。
従ってインスリン抵抗性を反映し高インスリン血症が認められる場合が多い。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1d14.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報