プロテインとは、短期間続けて飲めば筋肉がつくものか、飲み続けないといけないものかどちらなのでしょうか?
ご回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どちらも間違いです。



プロテインというのはあくまでも「タンパク質」です。飲んだだけで筋肉がつくことはありません。

筋肉をつけるためには、一定の負荷をかけたトレーニングを行うことが基本前提です。

特に運動をしていないなら体重×1.0g、適度に有酸素運動や自分の体重を利用した筋トレをしているなら体重×1.2~1.5g、その両方をやっている、あるいは長時間ハードな有酸素運動をやっているなら体重×1.5~2.0g、有酸素運動に加えて本格的なウエイトトレーニングもやっているなら2.0~2.5g以上が、1日のタンパク質の摂取量の目安です。

ですが、一回の食事で吸収されるタンパク質は30g程度なので(それ以上摂っても脂肪になってしまう)、ある程度のトレーニングをしている人なら、3度の食事だけでは不足する場合があります。

それを補うために間食などでプロテインを摂るわけです(逆にいうと、3度の食事で補給できるならプロテインを摂る必要はありません)。

そしてトレーニングと言うのは一朝一夕で効果が出るものではありません。
筋肉をつけるというのは言うほど簡単ではなく、ハードなウエイトトレーニングを続けても、男性なら2~3か月、女性なら半年~1年で1kg増えるかどうかと言うところです。

つまり、一度に、あるいは短期間プロテインを摂っても効果はありません。

一定期間(最低2~3年)、ある程度の負荷をかけて、トレーニングを続けながら、その間は食事で足りない分のタンパク質を、プロテインを飲んで補うことで、はじめて効果は発揮されるのです。

なお、トレーニングを止めたのに、プロテインを飲みつづければ、余計なカロリーを摂ることになり、脂肪に変わりやすくなるほか、タンパク質の分解のために肝臓や腎臓に負担がかかります。

運動や生活強度の度合いに応じて上手にプロテインを活用してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報