日本は資本主義国家ですが共産主義思想の方も結構おられるようです。そんな方たちにお聞きしたいのですが、
1、本当に日本が共産主義国家になった方がよくなるとお考えですか?
2、世界中で共産主義国家は崩壊しています。(一部を除いて)にもかかわらず資本主義を否定し共産主義のほうが優れているとお考えになるのはなぜでしょうか?
3、努力、能力に関わらず得られる結果が同じだったら全体が衰退する、というのは小学生でも分かる理論だと思いますが‘いや日本が共産主義国家になってもそうはならない。‘と主張されるのでしたらその理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 まず、共産主義社会についてのごくごく基本的な説明から。

(7人も回答していて、誰も書いていないので)

 生産手段の社会化が実現した状態を社会主義・共産主義と呼びます。
 資本主義では生産に必要な道具や施設(分かりやすく工場・機械と言ってもいいです)を、実際に生産活動をしない「資本家」が私的に所有します。生産者と生産手段の所有が分裂した状態ですね、これは資本主義以前にはなかった状態でした。この分裂を解消し、生産手段を生産者の集団による民主的な管理に置き換えること=「生産手段の社会化」を実現し、生産者が生産の主役になること目標にした未来社会が社会主義・共産主義のそもそもの目的です。

ということで。
1、イエスかノーかのみを聞いている質問なので、答えは「イエス」。ただし、共産主義社会の建設は、資本主義の下での常識が浸透していない世代への世代交代が前提ですから、私達が生きているうちは無理でしょう。
2、世界中で崩壊している共産主義社会が本来の共産主義とは無縁の、官僚主義・全体主義の社会であったために崩壊したのですから、むしろ、人類の歴史が全体として「本来の意味での共産主義社会」へ近づいた出来事であると理解しています。
3、資本主義のもとでの「努力・能力」は、私企業の利潤追求という狭い目的として発揮させざるを得ないのに対し、共産主義社会では「生産手段の社会化」によって、社会全体の利益のために「努力・能力」を生かせるのですから、むしろ、みんなやりがいを持って働けるようになると思います。
 自分ががんばって働いた結果が、社会全体から見ればむしろ人を不幸にしたるする矛盾(環境破壊等はその典型です)に悩まなくて済むなら気持ちよく働けるじゃないですか?

以下は補足です。
 共産主義社会建設の初期の段階では、賃金の考え方としては『同一労働・同一賃金』の原則(むろん医者や弁護士といった、高度な労働に対し、相対的に高い賃金を払うことも含みます)、が現在より徹底されるものと予想されています。働かない資本家が、働く労働者を搾取する資本主義社会よりも、『(資本家はいないので)すべての人が働いただけもらえる』社会といえます。あなたが資本家で無い限り、やる気をなくすことは無いと思いますがどうですかね?(小学生でも分かるとは言いませんが)
 最終的には「貨幣がなくなるとか」「国家すら不要になる」とか、いろいろ予想がされていますが、資本主義社会に生きる人間(私も含め)の想像力では、現時点で青写真を描くことは不可能です。
    • good
    • 0

NO8の方の回答に補足させて頂きます。



 現在の北朝鮮や、ソ連時代のスターリンや、中国の毛沢東による体制は、レーニンの目指した真のNO8の方が回答しておる、ロマノフ王朝を倒し虐げられた貧しい全労働者階級を開放する目的での「共産主義」とは全く異なるものです。

 事実上スターリンはレーニンの死後、レーニンが理想とした労働者階級の楽園であるはずべきの「共産主義」を全く否定する名ばかりの恐怖帝政を行いましたからね。

 ですから、現在の北朝鮮の体制も「共産主義」でもなんでもない、事実上の帝政ですからね。

 いや日本が共産主義国家になってもそうはならない。と主張されるのでしたらその理由を教えてください。>

 事実上日本を北朝鮮的な国民と労働者階級の権利を剥奪し、財界の為に全ての労働者を北朝鮮的に農奴化、奴隷化したいと画策しておるのは、自民、公明、民主であり、それに反発しておるのは科学的社会主義の理念により、国民の自由と権利を徹底的に守るイデオロギーの「日本共産党」だというのが建前の絵ですね。・・・あくまでも建前ですからね(笑)

 しかし、財界と自民、公明、民主および大資本マスコミは、「日本共産党」が躍進したならば、労働者階級の権利が強くなると故に、「日本共産党」の理念=北朝鮮の体制実現という歪曲した印象を国民に植え付けようとしておるのも事実です。

 
    • good
    • 0

私は共産主義も資本経済主義もその実行段階でそれぞれ内部に矛盾を抱えているというのが現状であると見ています。


どちらがどうという問題ではありません。

現在までの共産主義国家は多く独裁者の資質に依存するところがあり、それが破綻して崩壊したもので、共産主義とは異質の問題です。

民主主義をそれらに変わるものと思いますが、それも実際の運用面で多くの矛盾を抱えています。

これらの長所だけ集めればとおもいますがこれも理想論でしょうね。
    • good
    • 0

○○主義者ではありませんが、ちょっと気になるので一言。



1.「よい」という状態の定義によるんじゃないでしょうか?何を「よい」とするか、これがみんなが同じ社会なら、1の回答は「よくなる」と言えるかもしれません。(いささか逆説的ですが)

2.共産主義国家と言える国家は存在しなかったのではないでしょうか?
むしろ共産主義の目指すところとは関係なく、共産党による一党独裁という全体主義を維持することに窮したあげく、崩壊したという図式で解釈した方がいいような気がします。

3.「努力、能力に関わらず得られる結果が同じだったら全体が衰退する」
これを小学生でもわかる理論だと決め付ける発想は、実は、「努力、能力に関わらず得られる結果が同じだったら全体が幸せになる」を鵜呑みにするのと同じ程度に単純な考え方ではないでしょうか?
「日本が共産主義国家になってもそうはならない」と主張することは、「日本が共産主義国家になったらそうなる」と主張することと同じくらい短絡的な考え方だろうと思います。
    • good
    • 0

3晩です。

共産主義の考え方を理解していらっしゃらないようなので.考え方を書きます。

資本主義経済の発展の中で.最終段階として独占資本主義という携帯になります。このときに.各種問題が発生します。
この独占資本主義における問題をすべて解決した社会形態として.共産主義が定義されます。
ひとつの理想郷ですから.実際に存在するにはかなりの問題点があります。
たとえば.共産主義の中で.構成員に課した義務のひとつとして「独占欲の禁止」があります。ですから
>努力、能力に関わらず得られる結果が同じだったら全体が衰退する
ような行動を構成員に対して禁止しているのです。

日本で.マルクス経済を学び.共産主義を理想として.それに近い形態を取ろうとした部分があります。それは.独占の金糸です。だから.「護送船団方式」とも非難される主用構成会社全体で常に一定の経済発展をできるようにしてきました。だから.日本の真空管メーカーはすべてトランジスタメーカーとして生き残れました(米国の真空管メーカーはほとんど残っていない。)。
弱いもの・劣ったものを援助して.全体としてのレベルをあげることにより.社会全体としての力を持つようにしたのです。弱いもの・劣ったものがある程度の力をつければ.強いもの・優れたものはそれ以上の力をつける必要が出てきますから.競走が激しくなり.全体としてのレベルが上がって行くのです。

私はマルクスを結構読みますがレーニンは読みません。レーニンのやったことは.ロシア王朝の地位にレーニンたちがついただけで.具体的行動はロシア王朝時代と何も変わっていなかったのです。レーニンの行動は独占資本主義経済そのものだからです。共産主義の名をかたる独占資本主義です。
    • good
    • 0

1.本当の共産主義にならば.なったほうが良いと思います。

しかし.共産主義の名をかたる社会主義者が多いので原則として否定することになります。

2.
>共産主義国家は崩壊しています。
共産主義をかたる社会主義国家は多数あります。しかし.人類の歴史上共産主義の国家が存在したことはありません。
共産主義を名乗る単なる独占資本主義社会国家が崩壊しているだけです。

>というのは小学生でも分かる理論だと思いますが‘い
共産主義の考え方が間違っています。一部分を誇張した考え方です。
    • good
    • 0

こんばんは


共産主義って日本共産党支持者もはいります?
ちなみに、ぼくは、日本共産党の支持者ですが、自分では共産主義ってよくわからないですwその上での僕の意見として聞いていただければありがたいです。

1:よくなるかな~、ならないかな~。一回なってみるのもいいとおもうけど。別に共産主義にかかわらず、日本がよくなるなら、社会主義でも独裁政権でもいいです。

2:今の共産主義ってどちらかというと、権力集中の独裁政権が、その権力維持手段として共産主義をうたってるように思います。キューバや中国なんかはそのような気がします。本来、理想とする共産主義はそのような独裁方法はとってなかったような気がするのですが・・・

3:努力・能力が違えば結果は違ってくると思います。しかし、現在の日本では負担の比率が成功者に傾きすぎてるような感があります。たとえば日本共産党では、みんなが同じ結果を得るのではなく、それぞれの稼ぎに応じた税負担をって言ってたように思います。年収1億の企業と、年収500万の自営業とで、負担割合が500万のほうが%が高いってのはおかしいって言ってると思うのですが。

なんていろいろ書きましたが、共産主義の思想でなければすいませんwスルーしてください。あと、間違ってたらごめんなさいw
    • good
    • 0

共産主義の教育を受けた中国人です。


少しだけ自分勉強したものをここで記述します。
1.どんな主義になったら良いか、これは国家の現状により、どっちのほうが有利かとその主義の基礎が国家にどのぐらいの力があるかにより決められたものと思います。私は日本人ではないため、日本が共産主義になったほうが良いかどうか、何もいえません。ただし、自分の国家に合ってる主義は一番相応しい打と思います。
2.共産主義は資本主義を否定ではありません。社会は下記のように進化している。
原始社会(原始共産主義)→奴隷社会(私有制開始)→封建社会→資本主義社会→共産主義社会
世界の進化水準はまだまだですから、共産主義は資本主義の共産主義国家の数が資本主義と比べて少ないのはおかしくない。(注:これは特定の国、何十年の考えではなく、世界で何千年での視点からみるもの、逆に国家の事情より、一時「退化」することもある。つまり国家の現実にあわせる)将来は、全世界も共産主義になって、そのときは国家との概念がなくなるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ共産主義は一党独裁なのか?民主的な共産主義はないのか?ソ連は崩壊し

なぜ共産主義は一党独裁なのか?民主的な共産主義はないのか?ソ連は崩壊して中国北朝鮮が潰れないのはなぜ? もともとのマルクス レーニンは下層階級のために共産主義思想を考えたのでしょう。
よい共産主義は生まれないんでしょうか?

Aベストアンサー

民主制というのは、色々な意見があることを前提に
話し合い、やむを得ないときは多数決
で物事を決めますよね。

しかし、それは理論的にはおかしいのです。
その意見が正しいかどうか判らないから話し合いをやり、
多数決で決めることになるのです。

その意見が正しければ、多数決によることは問題です。
何しろ正しいんですから、その意見を採用しなければ
なりません。
他の意見はじゃまであり、間違っており、
不当ですらあります。
話し合いは時間の無駄でしかありません

社会主義、共産主義ってのは、それが正しいことを
前提にしていますから、必然的に独裁になるのです。

事実、日本共産党でも、全員一致でしょう。
何時も、全員一致で物事が決められます。
異論、反論はタブーです。許されません。
なにしろ「正しい」んですから。

同じように全員一致を採っているのが、共産党の天敵
公明党ですね。

Aベストアンサー

 いえ、日本は「共産主義みたいな資本主義国家」です。

 一応、日本は資本主義を標榜しております。

 しかし、非常に高度な累進課税制度や相続税制度、高度な生活保護制度などなど、共産主義国顔負けの強烈な「分配制度」を多数持ち続けています(コミュニズムの本質は、共"産"ではなく、共"配")。

 かなり昔になりますが、フランス共産党の書記長が来た際、マスコミのインタビューに対し「我が政党が目指す体制は、日本のような国家体制だ」と答えたことがあるそうです(ポールボネ著 「不思議の国」ニッポン)。
 

Q共産主義

共産主義と社会主義の違いとはどのようなものなのでしょうか?共産主義とは一体いかなるものなのですか?なぜ、共産主義を採用した国は独裁政治になるのですか??中国は共産主義とよべるのでしょうか?

Aベストアンサー

間違いなく共産主義国です。

共産主義を唯一の絶対思想だとするので、それに反するもの・人は悪(犯罪者)とされてしまいます。

それ故に、独裁体制にならざるを得ないのです。

あとは、下記URLを参考にして下さい。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1336269

Q資本主義・自由主義、社会主義・共産主義の違い

資本主義と自由主義の違いがわかりません。また、同様に社会主義と共産主義の違いも分かりません。
辞書を引いてもその違いが明確でなく、西側のどちらの言葉と東側のどちらの言葉が対義語なのかも・・・。
私の辞書では社会主義、共産主義のどちらの対義語も資本主義となっています。

社会制度、あるいは思想・概念で捉えた場合の違いなのかなーと思ったりもしますが、それでも何か釈然としません。
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

社会主義
生産材を国有にし、国民は(共産党に認定された)能力に基づいて働き、生産された富の配分を受ける経済体制

共産主義
社会主義のうち、富の配分が(共産党の認定した)必要度に応じて行われる経済体制

資本主義
生産財を、資本を提供した資本家たちの所有に帰し、資本家の利潤追求と市場原理に基づいて、生産、富の配分が行われる経済体制

自由主義
個人の自由な活動や思想を最大限擁護しようという政治思想、体制
経済的な側面は当然の事ながら資本主義となる

Q社会主義と共産主義の決定的な違いとは一体なんでしょうか?

社会主義と共産主義の決定的な違いとは一体なんでしょうか?
共産主義社会の第一段階を社会主義というのですか?そして、マルクス主義を共産主義と考えるのでしょうか?

Aベストアンサー

もっともはっきりわかる違いは、社会主義が現存するのにたいし、共産主義は原始共産主義を除き存在しません。
>第一段階を社会主義というのですか
というわけではありません。

>マルクス主義を共産主義と考える
方もいますが、このような方は、マルクスをの一部分しか見ていないです。
マルクスの考え方は、資本主義の中で支配者層の破綻を少なくする(不況のときに資産家が壊滅的打撃を受ける)ことの方法のひとつの候補として、共産主義を考えなければならない、としています。当時のマルクスの文章読むことが出来る位の知識がある(文盲でない)人は資産家に限られます。資産家の資産運営方法として共産主義を上げているのですから。

ソ連のレーニンは共産主義を名乗っていますが、政策はロマノフ王朝に替わって下層階級のレーニンたちが政策を行う、というだけで、政策そのものが変わっていません。中国共産党も共産党と名乗っていますが、政策そのものは、日本の帝国主義政策(戦前の政策の意味)とほぼ同じです(中国、北京大学(大学名は疑問)に国費留学した東大教職員の談話)。

Q社会主義国家?社会資本主義国家?

改めて問われると良くわからなくなります。
現在 社会主義国家と言われる国はどこなのでしょうか?
中国は現在は社会資本主義国家?
定義もいまいち解りません。
もやっと してるのでその辺について教えてください。

Aベストアンサー

 生産手段の社会化が実現した状態を社会主義・共産主義と呼びます。
 資本主義では生産に必要な道具や施設(分かりやすく工場・機械と言ってもいいです)を、実際に生産活動をしない「資本家」が私的に所有します。生産者と生産手段の所有が分裂した状態ですね、これは資本主義以前にはなかった状態でした。この分裂を解消し、生産手段を生産者の集団による民主的な管理に置き換えること=「生産手段の社会化」を実現し、生産者が生産の主役になること目標にした未来社会が社会主義・共産主義のそもそもの目的だったのです。

 中国・ベトナム・キューバは実態はともかく、その「社会主義社会を建設途上」であると自称してますから、社会主義国と呼んであげてもよいのではないでしょうか。北朝鮮は、民主的な管理とは程遠いですし、自ら社会主義を目指すとすら言ってませんから論外です。

 社会主義は自由主義との対義語ではありませんし、自由主義の状態にない国で社会主義を名乗っていない国もたくさんあります。

Q共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決して共産主義が誤っているわけではない。
共産主義国家の崩壊=共産主義の誤り、というのは資本家にとって都合のいいイメージ戦略に過ぎない」



質問詳細
20世紀終盤に、ソビエト連邦、及びその周辺の東欧共産・社会主義諸国などが
つぎつぎと崩壊していきました。
また、中国も未だ中国共産党一党支配ながら、資本主義経済の導入に舵を切りました。
キューバにはアメリカ大統領が訪問し、北朝鮮は誰にも相手にされなくなってしまったので
「話のタネにミサイル発射する」という究極の”構ってちゃん状態”です。


これらの事実をもってして、以下のように論評する意見は多いです。
「共産主義とは秘密警察が個人を監視し、職場、学校、家庭内ですら互いを密告しあう狂った恐怖政治の体制である」
「”皆が平等に幸せになる政治体制”を標榜しながら、実際には一党独裁の政党幹部のみが
快楽を享受し、一般国民は彼ら党幹部を養うために貧困にあえいでいる」
「政党のトップは誰にも犯されない強大な権利を持ち、気に食わない奴は誰彼かまわず粛清する」
「民主的な選挙は行われない。公の場で政党、国家を批判することは許されない。TVカメラの前では国家および政治指導者の礼讃を強要される」

結論「だから共産主義はダメなんだ」

この意見を聞くと、ある種の人々はこう反論します。
「ソビエト、東欧の共産主義国家、社会主義国家は、それぞれの国家指導者が”共産主義に名を借りた独裁政治”を行っていた。
よってこれらの国家を共産主義国家、社会主義国家、と色分けする事自体が誤りである。
国民、もしくは外圧からの民主主義の潮流によって、独裁者が追放され、国民が独裁国家から解放されたのであって、
決して共産主義、社会主義が誤っているわけではない。
では
”なぜ共産国家は崩壊したのか? それは共産主義が誤った政治体制・思想であるからだ。
 共産主義国家が崩壊した事が何よりの事実だ”
という論評がはびこるのかというと、それは共産主義と相対する政治体制・思想である資本主義体制を
推し進める人たちによって、そのほうが都合よくイメージを刷り込みやすいからである。
では資本主義は絶対に正しい政治体制・経済体制なのか? 否である。
資本主義体制、とは
”金持ちがより金持ちになり、貧乏人はいつまでも貧乏人のまま”
”儲ける者は働かず、働く者は儲けない”
という世界である。今の日本に当てはめれば、
”親が社長なら子も社長。正社員はなんとか身分安定だが、明日は分からない。そしてハケンは一生ハケンのまま”
ってことだ。こんな社会が人間社会として許されるか? 否である”

さあ、果たして、共産主義国家、社会主義国家の崩壊は、
共産主義そのものの誤り
なのでしょうか? それとも
共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊
なのでしょうか?

共産主義国家の崩壊は、共産主義の誤り? それとも共産主義に名を借りた独裁国家の崩壊? どっち?


質問詳細
ソ連、東欧の共産・社会主義諸国、その他アジアでの共産主義社会
・共産主義政治体制の崩壊、衰退は、いかのどちらが原因でしょうか?
意見A「”共産主義”という政治体制・思想が誤っているので、これらの国家が崩壊、衰退するのは当然」
意見B「崩壊した共産主義国家・社会主義国家は、共産主義をカタる独裁者による国家であった。
 独裁国家が民主主義によって打倒されたのであって、決し...続きを読む

Aベストアンサー

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が行われてしまうので、共産主義の理念が狂ってしまうことになるのです。
19世紀後半以降、資本主義はこの技能労働者を必要とするようになりました。
資本主義の遅れたロシアで革命がおこったのは、技能労働者があまりいないから、まさに遅れていたからです。
遅れていた国だから、ロシアでのみ革命が起きたのです。
あの時代、共産主義はすでに時代遅れになりつつありました。

またマルクス経済学はその理論の中であまりに首尾一貫性が強すぎて、矛盾を一歩でも付け加えると破綻してしまうようになりました。
しかし実際には、限界革命のような新しい経済理論が発見されてます。
しかしマルクス経済学の無矛盾性を維持するためには、このような発見を無視するしかありませんでした。

しいていえば、マルクスの最初の着想点「資本主義には自滅する要素がある」「歴史は経済という上部構造で動いている」
という着眼点がいまだに有効だと思いますけど、マルクス理論の主要なテーマはすでに完全破綻しているといっていいかと思います。

ピーター・ドラッカーの「経済人の終わり」ですでにマルクス主義の理念そのものが無理があると書かれています。
1939年の本です。本筋はナチス批判ですが、その前に共産主義と資本主義を一刀両断してます。

マルクス主義では、労働者が平等なものであるという前提が必要です。
しかし技能労働者といって、ひとりで何人分もの働きをするものがいます。
こういう人たちは、どうしても有利にならざるを得ません。
その中でも最上位の人たちをテクノクラートと呼びます。
結果として、テクノクラートによる支配が...続きを読む

Q「フィリピン」について教えてください 共産主義国? それとも資本主義国?

「フィリピン」について教えてください.. 共産主義国? それとも資本主義国? 質問されて答えたのは..共和国としか...どちらでしょうか? 教えてください 宜しくお願いします!

Aベストアンサー

どこをどう捉えれば、フィリピンが共産主義と言う考えが出てくるのか分かりませんが???
共和国を名乗っているから共産主義だと思ったのですか?
資本主義体制の国で共和国を名乗っている国はほかにもたくさんあります。
一度簡単でもいいからフィリピンの歴史を調べてみてください。
あの国は元はアメリカの植民地だった国ですから、未だにアメリカの強い影響下にあります。
そのため、極一部の大金持ちと大多数の貧乏人しかいない国です。
それが資本主義の一つの完成形ですから。

アメリカの傘下にある国が、共産主義であるわけ無いでしょ?

Q社会主義と共産主義

資本主義社会の対抗馬として社会主義とか共産主義とかの名前が浮かびますが、その社会主義と共産主義の違いはどこなんでしょう?
社会主義と共産主義はほぼイコールと考えてよいのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

社会主義は.一部の人間の考え方によって他の人々の行動に干渉し.特定の目的に向かって行動し.他の考え方を認めないというものです。
ナチス(ドイツ).ムッソリーニ(イタリア).レーニン(ソ連).昭和天皇(日本)
が有名です。特に.日本の国家総動員法は世界一の社会主義管理体制を引いたものとして有名です。
共産主義は.構成員全体のことを考えますが.現在までに成立した政府はありません。
「共産主義」と名乗っていますが.中国共産主義は帝国主義経済そのものです。ソ連に代表される国々は社会主義そのもので.政府の考えに逆らうと実質的に死刑になります。

Qいまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本

いまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本主義の2つの主義が両立して成り立っているのに、なぜ日本は民主主義を前面に押し出し、資本主義とは言わないのですか?

Aベストアンサー

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことはよく知られています。トップダウンで物事を解決していく政治システムとなっていました。

人間が行動するためには「正しい」とか「善」であるという意味付けとか、価値の付与が必要です。人を思いどおりに動かすという権力にも正統性が必要ですね。人が警察官の指示に従うのは法律によって警察官に権限が与えられているからです。為政者例えば総理大臣は日本で最も権威のある憲法に則って権力者となっているため官僚はその指揮に従います。法律は憲法に則って国会で決められたから国民はそれに従います。

しかし、何が正しいとか、善であるかは相対的なものであり、容易に判別できるものではありません。あなたの最愛の人が警官に追われてあなたの家に逃げ込んできました。警官が家の戸口に立ちました。最愛の人を守るためいないというのか。うそを付くのは悪いので警官に引き渡すのか。戦場です。人を殺したり傷つけるのは悪いのか。祖国を守るため、また横の仲間を守るため敵を銃撃するのか。

権力の正統性も同様です。その源泉は神であったり、自然法であったり、長く続いていることであったり、人民の総意であったりと権力者は自己の権力が正統であることを説明します。人民がそれを受け入れるか受け入れざるを得ないということであればなんでもよいということになります。

大衆社会になってからはメディア、うわさなどを巧みに使って人民にその気にさせるという作業が行われており、100人がそう言えばそれが事実か真実かとなってしまう状況ですね。ナチスなどが有名です。


そこで民主主義が資本主義の制約とか修正のために登場したというのではなくて、資本主義がもたらした国民の生活の状態、裕福に資産を持つ人や、雇われて仕事をするしか収入がない人、従来からの大地主や貴族などいろんな人があって、これ以上資本主義を徹底したい人や、なにも持たないので従う人、怖さを知らない人、このままでは没落してしまう人などいろいろな経済的立場として存在し、争議や内乱も含め政治的な主張や軋轢を繰り返かえすという状況が生まれたと考えます。

それぞれの国の歴史的背景、対立の勢力分布、対立の根の深さなどいろいろな要素があってなにも持たない人をどう取り込むかという解決の方法が、日本では働くしか収入がない人を政治参加に取り込む方法であったのではないかと考えます。

彼らを取り込む以上彼らの主張の一部を受け入れることとなり、結果資本主義の制約なり修正が生まれました。日本では、こうした修正した資本主義経済が発展したところ、国民が全体的にそれなりに豊かになってきたため本人の経済的立場というものがあまり気にされなくなりました。経済的立場からの発言や団結なども少なくなりました。この事態には宣伝の効果も大きいと思いますが、国民全体の所得が向上したのも事実であると考えられます。


近年の資本主義重視への揺り戻しは、小さい政府や規制緩和の動きとしてみられ、新自由主義的な政策と呼ばれますが、初期にも政府は何もしないほうがよいという考え方はありました。ワーキングプアというような現象を生み出しましたが、個人の責任をより強く吹聴することによって、社会の仕組みの変化により生じたものであるというという事実がぼかされているとも見えます。

働かざるもの食うべからずという言葉は聖書や旧ソビエト連邦の憲法の条文であり、また資本主義では持てるものは別に働く必要もないわけですから、自己責任というのは資本主義由来の言葉とは少し違うのではないかと考えます。

「持てるものが楽をして儲けて何が悪い。儲けやすいように変な規制なんか廃止しろ。わしが儲けた金に何で税金なんか払わせるのか。」そのように言ってはみもふたもありませんので、使い方や制度が悪いという問題を国民全体に啓蒙し小さな政府に誘導する必要があります。

大衆というものは、自分を自宅にプールがあるような人とは比較しないで、となりの人が海外旅行に行ったことをうらやましがるように出来ていますので、うまく不平不満をその人たちの身近に見つけてあげ誘導することが大切です。そうすれば結果的に投票者当人に不利益になることでも受け入れられます。

そこで資本主義は後ろに隠すべき物です。

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報