MTVのPINP MY RIDEっていう車改造の番組があるんですが、その番組でラインストーンを飾り付けしてる時だとか、ワーゲンのキラキラのロゴに「サーファーなブリングブリングだね!」みたいな事言ってたんですが、一体ブリングブリングって何ですか?
耳で聞いてるだけなんで、ブリングブリングって言ってるのかは不明ですが、ブリ●●ブリ●●とはいってました。
きっと、正式な英語というより若者語みたいだと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

bling blingって元々はいっぱいのジュエリーがぶつかる音から来たらしいんでが、ジュエリーの事を指したり、派手な格好の人(PimpとかThugっぽい)を指して使ったりするスラングです。

下の英語のスラング辞書に写真も載ってます。見てみて下さい。

参考URL:http://www.urbandictionary.com/define.php?term=b …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
なるほどって思いました。 このサイト、お気に入りに入れました~^-^

お礼日時:2005/04/24 08:17

“点滅する(キラキラする)”という意味で“blink”という単語がありますが…

    • good
    • 0
この回答へのお礼

キラキラなんですね。 やっとわかりました^-^ ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/23 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語でcarryとbringの意味の違い

英語でcarryとbringの意味の違いが分かりません。
どなたか分かりやすく教えて下さい!
お願い致します。

Aベストアンサー

基本的な意味と使い方

carryは、もともと、「車で運ぶ」という意味で、物・人を運ぶことを意味し、この動詞自体は、移動の起点・終点を意識しない。
つまり、移動中、運んでいる途中、持ち歩いているーーそういう状況で用います。
The police officer is carrying a gun. あの警察官は銃を所持している。
(The police officer has a gun. だと、身につけているのか、手に持っているのか、家にあるのかなど不明)
I don't usually carry cash. 私は普段現金を持ち歩かない。
Pipes carry the water across the desert. パイプは砂漠を横切ってその水を運ぶ。

応用
言語の運用
They always carry on a long conversation.  彼らはいつも長い会話をする。
計画の実行 
They finally decided to carry out their plan. 彼らは計画を実行することを決めた。


bringは、takeという動詞と対をなし、comeとgoの関係と同じに用いる。
bringはcomeに、何かを持ってーーという意味を加えた語であり、
takeはgoに、何かを持ってーーという意味を加えた語です。
ですから、bringが持ってくる、takeが持っていくとなりますが、
ただし、一人称と二人称の間の持ち運びには、takeを使わず、bringを用います。
これは、一人称と二人称の間の行き来には、goを使わず、comeを使うのと同じことです。
(注意:一人称と二人称のところから別の場所へ行くときはtake, goを使う)
He brought the box into my room. 彼はその箱を私の部屋に運び入れた。持ってきた。
cf. He came into my room. 彼は私の部屋に入った。
I will bring a present to you. あなたのところへプレゼントを持っていきます。(2人称のところへ持って行くのでtakeではない)
cf. I will come to you. あなたのところへ行きます。(2人称のところへ行くのでgoではない)

熟語や細かいことはありますが、基本は上記のようになります。

基本的な意味と使い方

carryは、もともと、「車で運ぶ」という意味で、物・人を運ぶことを意味し、この動詞自体は、移動の起点・終点を意識しない。
つまり、移動中、運んでいる途中、持ち歩いているーーそういう状況で用います。
The police officer is carrying a gun. あの警察官は銃を所持している。
(The police officer has a gun. だと、身につけているのか、手に持っているのか、家にあるのかなど不明)
I don't usually carry cash. 私は普段現金を持ち歩かない。
Pipes carry the water across the d...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報