現在SAPのR/3を使用してシステムを構築していますが、そこの会社では箱詰めで商品を出荷しているのですが、その箱の中に入れる製品数量が一定していないのです。R/3では、1個の箱に何個って決まった数量しか対応できないため、ITFコードというものを利用して識別させようと思うのですが、このようなことは可能なのでしょうか?
もし可能であればどのような方法があるのでしょうか、ご存知の方がおられたらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

taka91022さん、こんばんは。


ご質問拝読させて頂きました。
そこで、疑問が生じてしまいましたので、補足を頂ければと思っております。
まず、御社は、SAP R/3のご導入を決められ、そのERPのコンセプトを
ご理解された上で、導入を決められたのですよネ。
そして、それらを導入するにあたり、御社内の調査を行い、業務の最適化を
含めて検討されたのだと思いますが‥。

もし、物流に関しての調査において、それら取引先の荷合に関しての契約・
及びそれに付帯する入庫及びそれに関する認証の手続きのご確認は
とれていたのではないのですか。 ?
少なくともSAP R/3のご導入を決められたという事であれば‥。

ご記載の内容の荷合が異なるとしても、その発注・入荷・入庫・在庫については
そのモデルが確定していると思うのですが、間違っていますか。

現在、日本では、ITFコードを主要的に使用している企業は、数少なく
また、更に、その大手の中でも、JAN変形のコードを使用している企業も
あります。
もし、それらにご対応しようとすると、ERPのコンセプトよりかなりずれて
しまうと思うのですが‥。
また、これら荷合がはっきりしない入庫の場合の入荷・在庫の処理は
(仕入計上も含めて)流れが確定しているのでしょうか?。

これらを技術的な内容から判断するに、
ITFといえども、それらを読み取り、そのコードから判断する事は、AP的に
問題が(その読み取りAPのみ)ないと思えますが、それから先の次のプロセスの
有機的な流れの各モジュールに多大な影響を及ぼすと思うのですが‥。

これらを総合すると、非常に疑問が生じるのですが?。
(上記懸案の内容が、御社の中の状態と相違するのであれば、ご容赦下さい)
    • good
    • 0

確かにNO.#1のwa jiroさんの回答にもあるように、


SAP R/3の導入コンセプトが少しずれているようですね。
R/3は有名ですが、巨大なシステムの構成になっているため、
カスタマイズに非常にお金がかかります。
よく聞くのはR/3を使いつつ物流部分は別のアプリケーションを使っている会社が多いようです。

ITFは出来れば避けた方が良いかと思います。
機種やシステムによって認識しない場合があります。
製品コードだけならJANでバーコードタイプをCODE39が一番無難ではないでしょうか?
仮に、ロット管理をする製品であればEAN128や二次元バーコードを考えても良いかもしれません。

参考URL:http://members.edogawa.home.ne.jp/lm-lab/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSAPの今後について

私は2年前まであまり仕事に恵まれなかったのですが、プログラマーの仕事をしていました。なので転職といっても他の業種に転職するしかないと思っていましたが、ある派遣会社でSAP R/3の説明会があると聞いて、一月だけですがSAPの説明書を書いていたので何か参考になればと思い、行きました。そこで今後はSAPが世の中に浸透するようなことを言っていましたが、高いお金を出してでもSAPの研修に行くべきかどうか悩んでいます。

Aベストアンサー

>今後はSAPが世の中に浸透するようなことを言っていましたが

業界では7割強くらいのシェアを獲得しています。既にSAPは世界中で浸透していますよ。

あの研修はかなり高価で、個人で出費する人は常識的にいないと思われます。通常勤務先が教育コストとして出すものです。ABAPはC Cobolが分かれば簡単とよく聞きますので、所属先(派遣会社?)に研修費用を出してもらえないのであればある程度独学するしかないでしょう。あとは未経験でもOJTで使ってくれるチャンスを待つといった感じでしょうか。

Q商売をしている方にお聞きしたいのですが、効率的な商材の仕入れ方法をぜひ

商売をしている方にお聞きしたいのですが、効率的な商材の仕入れ方法をぜひ教えてください!

私は個人事業である中古商品をネットオークションで販売しています。

ちなみに落札率はほぼ100%に近い確立で落札され、商材自体が安定して売れる物ですので利益は必ず出ます。

もちろん利益が出るというのを見越して商材を選択し仕入れをしています。

しかし、商売を始めて1年あまりのまだまだひよっこですが、最近自分の仕入れ方法は何か間違っているのでは

ないかと思い始めています。

基本的に数点の商材を毎日出品していますので、毎日利益が出る仕組みにしています。

ですので1週間分(7日間分)の商材がそろっていればいいわけです。

ちなみに基本的に仕入れは全てネット上で行っています。

ここからが本題なのですが、私は欲張っていい商材があればどんどん仕入れをしてしまうのです。

気がつけば14セット(2週間分)も仕入れをしてしまっていることもあります。

そして在庫を処分し切れていないうちにまた次の商材を仕入れる・・・

こんな悪循環なことばかりしています。

こういうことを日々行っているので利益と経費(仕入れ代金)のバランスがガタガタで、生活費やら

貯金分のお金まで仕入れ代金に費やしてしまっている状況です。

本来ならば元金をまわして純利益だけを生活費や貯金にまわしていくというのが商売の基本だと思う

のですが、今の現状では全くそういう状況ではありません。

経営のプロに話を聞くと言ってもどこでそんなサービスをしているのかも知りませんし、私のまわりは

公務員やサラリーマンばかりで直接経営に携わっている人がいないので相談も出来ず本当に悩んでます。

そこで経験豊富な商売人や経営のプロにお聞きしたいのですが、商売(小売業)をするにあたって効率的

な仕入れ方法あればぜひ教えていただけないでしょうか?

何か商売の基本的な事がわかっていない気がしてなりません。

どうかよろしくお願いいたします。

商売をしている方にお聞きしたいのですが、効率的な商材の仕入れ方法をぜひ教えてください!

私は個人事業である中古商品をネットオークションで販売しています。

ちなみに落札率はほぼ100%に近い確立で落札され、商材自体が安定して売れる物ですので利益は必ず出ます。

もちろん利益が出るというのを見越して商材を選択し仕入れをしています。

しかし、商売を始めて1年あまりのまだまだひよっこですが、最近自分の仕入れ方法は何か間違っているのでは

ないかと思い始めています。

基本的に数点の商材を毎...続きを読む

Aベストアンサー

 本来ならば、仕入れと在庫金額を計算して利益を出すのですが、(この方法でないと税金を納めるとき認められない。)質問者の場合、1個ずつ仕入れ金額と、販売金額を出せる訳ですから、その一つ一つを日記式にノートに書いていってみてください。
 つまり、仕入れた時の金額ー売れた時の金額=利益金額となります。その利益金額を累積してみると、その利益金額内で仕入れ金額がまかなえているか分かるはずです。生活費にまで食い込んでいるということは、おそらく利益金額より高く買っているからではないかと思います。
 こういった時は、どうやって高い利益をとれるか考えるしかありません。方法は、もっと安く仕入れられないか、もっと高く売ることはできないか、そして経費(上の式には入っていませんが、輸送費、通信費などです。)はもっと落とせないかを考えてみることです。
 いろいろ経費にあたるものを入れてみると、けっこう大変なのがお分かりになると思います。手詰まりのようであれば、商材自体の検討をした方がいいかもしれません。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1845732.html

 本来ならば、仕入れと在庫金額を計算して利益を出すのですが、(この方法でないと税金を納めるとき認められない。)質問者の場合、1個ずつ仕入れ金額と、販売金額を出せる訳ですから、その一つ一つを日記式にノートに書いていってみてください。
 つまり、仕入れた時の金額ー売れた時の金額=利益金額となります。その利益金額を累積してみると、その利益金額内で仕入れ金額がまかなえているか分かるはずです。生活費にまで食い込んでいるということは、おそらく利益金額より高く買っているからではないかと思い...続きを読む

QSAP BASISにおけるSAPサーバの運用監視業務について

SAP BASISにおけるSAPサーバの運用監視業務について教えて下さい。
弊社は人材派遣を主とした業務としているのですが、
「SAPサーバの運用監視に適した要員はいないか?」という引き合いがありました。
弊社にて派遣予定のメンバにはSAP運用に関するノウハウがなく、
具体的にどのような業務内容か?等に関してが掴めずにいます。

そこで実際に相手様に照会を行う前に 以下の点に関して教えて頂けませんでしょうか?
もちろん、全て実案件に依存する内容と思われますので、一般的には…といった想像レベルで結構です。

1. SAPサーバの運用監視とは、具体的にどのような事を行うのでしょうか?
ハードウェアトラブル対応、バックアップ等の保守の他に考えられる業務はありますか?

2. UNIX互換OSの知識について
おそらくプラットフォームはAIXだと思うのですが、どの程度のスキルが必要でしょうか?

3. ベーススキルについて
弊社にはSAP系経験者が1名もおりませんのが、何か代替になりそうなベーススキルはありますでしょうか?
例)Oracle系運用経験等

SAPの経験者様におかれましては情報不足であるとお感じになるとは思われますが、
どうか宜しくお願い申し上げます。

SAP BASISにおけるSAPサーバの運用監視業務について教えて下さい。
弊社は人材派遣を主とした業務としているのですが、
「SAPサーバの運用監視に適した要員はいないか?」という引き合いがありました。
弊社にて派遣予定のメンバにはSAP運用に関するノウハウがなく、
具体的にどのような業務内容か?等に関してが掴めずにいます。

そこで実際に相手様に照会を行う前に 以下の点に関して教えて頂けませんでしょうか?
もちろん、全て実案件に依存する内容と思われますので、一般的には…といった想像レベル...続きを読む

Aベストアンサー

1.行う業務によって異なることが予想されます。
 相手方に聞くことは問題ないと思いますので何を行う業務なのか
 確認させて欲しいということで一度聞いてみてください。
 今から SAP を勉強したところで専門知識の話をされても到底間に合いません。
 興味がある場合はまず確認しましょう。

2.SAP のみの監視で AIX の管理はチームが別に存在するのであれば基本
 コマンドのみの知識でもなんとかなりそうですが、AIX の管理も行うということで
 あれば、障害管理にまつわる知識、チューニングの知識等、必要になると思われます。
 前者であれば他のプラットフォーム経験者と AIX の基本的な経験者がいれば
 問題ないかと思います。
 後者であれば AIX5.3 リリースくらいから AIX に携わっている方がいないと難しいかと
 思います。

3.ベーススキルが必要とはあまり思いませんが、代替になるものを探すよりも
 SAP を勉強したほうが良いかと。
 一人も経験が無いことをユーザ様に伝え用件に沿うことは可能か確認してから
 の方が良いかと思います。

1.行う業務によって異なることが予想されます。
 相手方に聞くことは問題ないと思いますので何を行う業務なのか
 確認させて欲しいということで一度聞いてみてください。
 今から SAP を勉強したところで専門知識の話をされても到底間に合いません。
 興味がある場合はまず確認しましょう。

2.SAP のみの監視で AIX の管理はチームが別に存在するのであれば基本
 コマンドのみの知識でもなんとかなりそうですが、AIX の管理も行うということで
 あれば、障害管理にまつわる知識、チューニングの知...続きを読む

Q小さなタバコ販売所を経営しております。カートン(10個)買いのお客様に

小さなタバコ販売所を経営しております。カートン(10個)買いのお客様にはライターを付ける処はよくありますがライターもすぐになくなることはないので当店では他に缶コーヒーやボックスティッシュー、タオルeなどの中からサービス品を選んで頂いています。これが意外と受けて何とか店を閉めずにやってくることができました。しかし最近禁煙する人も増えてなかなか営業も厳しいので他にいいサービス品はないものかといろいろ頭を悩ましています。そこでみなさんのお力をお借りしたいと思います。タバコを買われる方は何をサービスで貰えたらうれしいでしょうか?ただ何と言っても予算も(50円前後が上限)限られておりますのですが。何とか知恵を御貸し下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

高級タバコ を バラにして 一本 サンプルとして 吸わせる  は どうでしょうか?
1箱なら 高価ですが バラに すれば コストも かからず 良いのでは?
また 高級な タバコに 変わる可能性も あるかも??
・・・・・・・・・・・・・・
経営戦略としては サービス品提供戦争に 巻き込まれることは 安売り競争に 巻き込まれることと 同じで 貴社を 疲弊させることに なると 思いますから 慎重で あるべきだとは 思いますが。
・・・・・・・・・・・・
お得意様固定のために タバコサロン など を 提供してみては? 場が あれば? の 話ですが?
タバコ吸いながら 禁煙批判など できる 場ですが?

QSAP

ERPベンダーの独SAPの、このSAPとは何かの頭文字等の略語なのでしょうか?

わかる方いらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下に説明があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/SAP_AG

Q「刑務所志願」でケーキ1個盗む 47歳男に懲役6月判決 という記事について

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kanagawa/news/20050601ddlk14040208000c.html
『万引き:「刑務所志願」でケーキ1個盗む 47歳男に懲役6月判決 毎日新聞』について、この人は、いったいどうするのがベストの解決方法だったのでしょうかね?
それとも、万引きをしたことがもっともベストな選択だったのでしょうか?
皆さんは、どのようにお考えになりますか?

また、こういった人間の場合、解決策が見つからなければ、再発防止にはならないと思うのですが・・・
どうなんでしょうかね?

Aベストアンサー

私見ですが、日常生活と刑務所との中間的な更正施設が必要と思ってます。中にはそのような施設もありますが、地方自治に任せているのが実態ではないでしょうか。

「3食、寝床付」と勘違いして初犯を起こし、刑務所内で、仲間に「重犯教育を受ける」という制度(?)だけは勘弁してもらいたいです。

QSAPは何の略でしょうか・・・

ユニクロをはじめ、無印良品・GAPなどのヒットアパレルに共通するのは、企画・製造・販売を一体化して行うSAP(製造小売業)という業態である。

ここで言うSAPって何の略称でしょうか。


調べてもERPのSAPばかり出てきてなかなか見つからないのです。。。

Aベストアンサー

SAPではなく、SPAだと思います。
speciality store retailer of private label apparel

Qカンバン方式の可能性について

 トヨタの有名なカンバン方式は、在庫のムダを徹底的に省き、ジャストインタイムの冠たる生産方式だと聞いています。低迷する製造業界の起爆剤とも思われるのですが、では、なぜ中小製造業では、この導入が難しいのでしょうか。殆ど失敗することが多いとのことです。導入するには、なにを(どこを)留意するべきなのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

カンバン方式に否定的なご意見が多いのですが、マイナス面が出たことも事実です。
しかし、売れるかどうかわからないものを作るといのではなく、売れるものだけを滞留なく作る、というジャストインタイムの考え方は不変の論理です。
申すまでもなく、問題はこの論理のシステム化にあり、そこには各社の戦略や製品事情、コストなどからいろいろな方法が考えられます。
導入失敗の大きな理由の一つに、発注者が持つ市場・販売情報が直ちに納入者と共有できていないということがあります。発注者はこの情報を基に社内を整えることができますが納入者はついていけず、コスト負担を増大させるなどの問題となります。
肝心な情報の共有の仕組みなく導入しても失敗ははっきりしています。
時間的にどの段階で、発注者情報を入手でき、納入者はその情報を基に、どの程度の対応ができるかを明確にしながら、システムを構築或いは進化させていくという方法が良いと思います。
なお、最も有効な方法は、交通予約システムの応用で、しかも双方でビジュアルに、いわば共同作業で行うという方法が考えられます。
IT時代を迎えて、カンバン方式も進化させることが考えられるというものです。

カンバン方式に否定的なご意見が多いのですが、マイナス面が出たことも事実です。
しかし、売れるかどうかわからないものを作るといのではなく、売れるものだけを滞留なく作る、というジャストインタイムの考え方は不変の論理です。
申すまでもなく、問題はこの論理のシステム化にあり、そこには各社の戦略や製品事情、コストなどからいろいろな方法が考えられます。
導入失敗の大きな理由の一つに、発注者が持つ市場・販売情報が直ちに納入者と共有できていないということがあります。発注者はこの情報を基に...続きを読む

QSAPとオラクルについて

SAPとオラクルについて教えて頂けたら幸いです。
社会人で8年間メーカーの海外営業部署で 販売促進、売上処理、輸出入業務をしています。現在転職を考えていて求人を見ていると 営業や経理職に「SAP経験必須」というのをよく見かけます。2つとも企業でなにかに使われるソフトウェアというのは解っていますが使用経験はありません。そこで下記について教えてください。

1. SAP・オラクルの使用用途(これらで何ができるのか。)

2. SAPやオラクルを体験・学習できるスクールか企業提供のカリキュラムなど (東京都内)

3. どちらが主流か

自分でもネットで検索を続けてみますが、使用経験者からお聞きするのが一番いいと思っております。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

主にオラクル製品を使っています。
(SAPは未経験)

>1. SAP・オラクルの使用用途(これらで何ができるのか。)

SAPはエンタープライズ向けのERP製品のトップシェア企業。

オラクルはデータベースソフトのトップシェア企業ですが、SAPの競合のERP製品(E-Business Suite)も出しています。

>営業や経理職に「SAP経験必須」

と言う事ですので、ERP製品の経験を指していると思います。
ERPと言うのはこういうものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E8%B3%87%E6%BA%90%E8%A8%88%E7%94%BB


>2. SAPやオラクルを体験・学習できるスクールか企業提供のカリキュラムなど (東京都内)

オラクルについては、つい先日まで Oracle Open World と言うカンファレンスが開催されていたので、そちらに参加されるとよかったですね。

Oracle Technology Network(OTN)に登録(無償)するとオンデマンドのセミナーが受けられます。こちらも無償だったはず。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/index.html

また、OTNに登録すると、たまに無料セミナーのお知らせが届く事もあります。

SAPも同様の無料セミナーがあると思いますが、オラクルほどではないと思います。
(すいません、こちらについてはわかりません)


>3. どちらが主流か

競合するERPだけを見たら圧倒的にSAPが主流。
但し、企業としてはオラクルの方が上。
(データベース製品としては有償でエンタープライズ向けの中ではオラクルがトップシェアです)

ソフトウェア市場全体でのシェアとしては、
1位 マイクロソフト
2位 オラクル
3位 SAP(IBMだったかも?)
と云った感じです。

#1さんの回答と同様ですが、「何も知らない」ところから、2~3ヶ月勉強して転職に有利になるようなものではありません。
SAP も、E-Business Suite も仕事で使えるようになるためには何十万もする有償セミナーを受けるのが通常です。
海外でのご経験を生かして転職された方よいと思います。

主にオラクル製品を使っています。
(SAPは未経験)

>1. SAP・オラクルの使用用途(これらで何ができるのか。)

SAPはエンタープライズ向けのERP製品のトップシェア企業。

オラクルはデータベースソフトのトップシェア企業ですが、SAPの競合のERP製品(E-Business Suite)も出しています。

>営業や経理職に「SAP経験必須」

と言う事ですので、ERP製品の経験を指していると思います。
ERPと言うのはこういうものです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%81%E6%A5%AD%E8%B3%87%E6%BA%90%E8%A8%88%E7...続きを読む

Q経営者(側)がしっかりしない会社で、改革は可能か?

会社の建て直しは、日産(カルロスゴーン社長)やいすずなど、社長が先頭に立って成功した事例はあるようです。しかし、私のいる会社(建設コンサルタント)では、利益や売上が年々減少する中で、改革が進みません。資本の70%は親会社が所有し、経営者(側)が天下り中心で、人事は親会社のいいなり、非上場です。したがって、抜本的な改革ができません。しかし、なんとか親会社の顔を立てながら改革をしようという意志はあるようです。このような会社で、社員からのボトムアップで改革は可能でしょうか?また、どんな方法が有効か?改革の事例などはあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

もし、私がこういう会社のコンサルを依頼されたら断ると思いますが(スイマセン)、あえて経営コンサルタントとして、経営改革の支援を担当する者の立場で回答させて頂きます。

経営改革にはいくつかの重要なポイントがあります。
1)達成したい「目的」、明確かつ段階的な「目標」がある
2)経営全体との整合性のある「改革テーマ」がある
3)全社において「改革への理解とコンセンサス」がある
4)改革を実行に移す上での「(オペレーション)コンセプト」が従業員に浸透している
5)改革推進にあたり、“既定路線維持への抵抗”に対して対抗できる「強力なリーダーシップ」がある

細かなポイントはもっとありますが、大まかなところでこんなものでしょう。

そして、そもそも「経営理念」や「経営方針」「経営戦略」といったことが親会社をはじめ、御社の経営陣に理解され、それがキチンと意味を成しているか?が重要です。
普段からコレらが意味を成していないのに、いくら経営改革を(社内の誰が)唱えても従業員の多くがついていく筈もなく、改革は失敗に終わることでしょう。

また、通常、5)のポイントを見ても判るように『経営トップ』が先陣を切って危機感を示して、(路線変更を)嫌がる従業員をねじ伏せてでも改革にまい進する、という位でないとそもそも“改革”レベルのことはできません。
最近、“改善の究極的な積み上げは改革になる”みたいなことを言う方も一部におられるようですが、“ボトムアップだけ”では「改革は出来ません」。

以上のポイントを見ても判ると思いますが、1)2)5)は経営トップおよび経営陣が「自ら改革に臨む姿勢」を持ち、すすんでやらないことには始まらないことがお判り頂けると思います。
一方、3)4)については従業員の中でもミドルマネジメントクラスで動いてくれる人がいれば十分に対応できる内容だと思います。

大事なことは、やはり『経営トップと経営陣が現状への危機感を持ち、その打破に“改革が必要だ”と理解している』ことであり、従業員はその意思についておくことしかできません。但し、その“危機感”が「誰から伝わるか」は時と場合によります。
経営者の多くは、ステークホルダーであるメインバンクの様な金融機関をはじめとする債権者や、株主、親会社、取引先(販売先・仕入先・外注先)や事業パートナー、顧客などからそれを感じることが多いのですが、それが従業員から伝わっても良いのではないでしょうか?
どうしてもボトムアップである必要があるなら、こういう考え方も有効かもしれません。

少なくとも私の所属する会社も大企業の完全子会社で、経営陣は親会社からの天下り(?)ばかりですので、同じ状況ではありますが、私自身は経営改革には「経営陣の自覚」なくしてはありえない、と思います。厳しいことを言うようですが、通常、現場で出来るのは業務改革やせいぜい事業改革までです。

もしも、改革のために経営陣を動かしたいなら「何故必要なのか?」を明瞭かつ論理的に説明できなくてはいけません。
とりあえずは上記のポイントを基に『経営者に危機感を自覚してもらう』ことを考えてみては如何でしょうか?

経営上の意思決定の段階は、簡単に言えば
『環境・資源分析(内部・外部)⇒ドメイン(事業領域)決定⇒戦略決定』
となりますが、
A)強み・弱み・機会・脅威を(自分たちなりに)調べ上げ、分析する。
  →SWOT分析/4C分析とそのマトリックス分析(※1)などを活用。
B)ドメイン設定段階で必要なポイントを洗い出す。
  →エイベルのドメイントライアングル、6W4H(※2)などを活用。
C)自分たちの考える改革案をまとめる。(出来れば1つではなく、選択できるだけの数を用意。)
  →経営基本戦略なのか、競争戦略なのか、成長戦略なのか、それとも機能別戦略なのか、レベル・位置づけをはっきりさせておくことも重要。
のようにしていけばよいのではないでしょうか?

(※1)
S(強み)W(弱み)O(機会)T(脅威)について、自社の特性を洗い出すことで進むべき道を見つける手法。年代が上の人には十字(クロス)分析という人もいます。
4Cには色々定義がありますが、この場合にはSWOTとの組合せということもあるので、以下の4つです。
C(Company:自社)C(Co・Operator:協力会社/パートナー)C(Competitor:競合)C(Consumer:顧客)
マトリックス分析ではこのSWOTを縦軸に、4Cを横軸にして、該当する環境・資源などを洗い出し、分析します。

(※2)
エイベルのドメイントライアングルはよく知られた「誰に(who)、何を(what)、どの様に(how to)」です。
6W4Hは私が言っているものなので、あまり(というか誰も?(苦笑))使われていないかもしれませんが、要はこれを細かく定義したもの、と言って構いません。(本当は違う意味がありますが、使う人にとって見れば同じことです)
who (主体・担当)「誰が」
whom (客体・顧客)「誰に対して」
what (対象・商品)「何を」
when (時期・日時)「いつ(タイミング)」
where (空間・場所)「どこで」
why (理由・原因)「何のために(お客様にとっての価値、と言い直したほうがよいかもしれない)」
how to (方法・手段)「どんな方法で、どんな形で」
how many(数量・容量)「どれだけ」
how much(価値・価格)「いくらで」
how long(期間・納期)「いつまでに(納期)、いつまで(期間)」

以上、ご参考まで。直接のお役に立てはしませんが陰ながら応援しております。頑張って下さい。

もし、私がこういう会社のコンサルを依頼されたら断ると思いますが(スイマセン)、あえて経営コンサルタントとして、経営改革の支援を担当する者の立場で回答させて頂きます。

経営改革にはいくつかの重要なポイントがあります。
1)達成したい「目的」、明確かつ段階的な「目標」がある
2)経営全体との整合性のある「改革テーマ」がある
3)全社において「改革への理解とコンセンサス」がある
4)改革を実行に移す上での「(オペレーション)コンセプト」が従業員に浸透している
5)改革推進にあたり...続きを読む


人気Q&Aランキング