服の販売店を営んでいます。
とても小さいお店で、売った商品は個別に管理しております。

友人などに定価から値引きをして販売した場合、帳簿上の仕訳はどうなるのでしょうか。

定価 10,000円
値引 2,000円
現金収入 8,000円

の場合の仕訳は、
  
現金   8,000/売上 10,000
売上値引 2,000/

でいいのでしょうか。
売上値引の勘定の性質がよくわからないので…。

値引後の金額を全部売上にあげてもいいとは思うのですが、どうなのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。

税法との絡みで申し上げますが…、

<質問者様が個人事業者の場合>

現金 8,000 / 売上 8,000

となります。しかし、これは特定の者(友人)に対してのみの価格ですから、その販売価格が通常他の人に販売する価格のおおむね70%に満たないときは、その差額は贈与と見なされ事業収入になります。もちろん、不特定多数の人が同一の価格で購入できるのであれば、たとえ70%に満たない金額であっても贈与とはなりません。

<質問者様が法人の場合>
帳簿上は個人事業者の場合と同様です。ただし、法人の場合低額譲渡をしたときの通常の販売価格との差額は贈与と見なされますので申告調整の対象となります(寄付金の損金算入限度額計算)。値引価格が不特定多数の人に対するものであれば贈与とはなりません。

ご質問の状況では、個人事業者でも法人でも「贈与と見なされる金額」は消費税の課税売上高には含まれません(実際の対価で計算するため)ので注意が必要です。
ちなみに、「売上値引」とは「売上品の量目不足、品質不良、破損等の理由により代価から控除される金額をいう」となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなりましたが、ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2006/02/10 09:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング