「みとのまぐあい」という言葉について御教示下さい。
広辞苑によれば「みと」の「と」は入口、陰部の意とあるのですが、別の本では「みと」は「御所」を、「まぐあい」は「目合」から転じた交接の意とありました。

いずれにしろ媾合を表す言葉だと思うのですが、「みと」は「陰部」なのか「御所」(これは「ごしょ」と読んでいいのでしょうね?)なのか、どちらなのでしょうか。或いは諸説あるということなのでしょうか。

また、「みと」の「み」は漢字を充てるとすれば「御」でよいのでしょうか。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

女性の陰部のことを


「ほと」 とよぶことがあります。
この場合は 「火所」とか「炎処」 とかの
字が当てられると聞きました。

つまり「まぐあい」(男女の交接)の時に
女性陰部は火のように熱いかららしいです。
ほてる が 火照る と書くように
「ほ」 は 「火」なんですね。

そして、その「ほと」から尿が
ジャージャーで排泄される様を
ほとばしる と言い
今では、普通に水などがいきおいよく出る様子を
あらわす言葉です。

で、ご質問の「みと」ですが
女性(女性器)を神格化して表現することは日本語では
よくあることです。
だからきっと 「御所」や「御処」が当てられたものと
想像します。

想像の域をでられずすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「ほとばしる」の語源、参考になりました。
「ほと」という言葉は知っていたのですが、結びつきませんでした。「ほ」は「火」なのですね。
女性器の神格化から「御所」ということは考えられますね。なかなか言葉の世界は奥が深いですね。

お礼日時:2005/04/27 20:25

「と」は、戸で女性の陰部のことをいい、尊敬の意味を表す「ほ」や「み」を付けて、みと、ほと、みほと、とも言うといいます。



私も古事記を読んで気になったのですが、古事記の中だけでも、
 みほと 「美ホ登」(ホは草かんむりに番という字)
 ほと  「陰上」「富登」
などがあり、漢字は統一されていませんでした。
美ホ登の注釈に、此三字音を以てす、とあったので、当て字だと思います。
漢字を使い分けるのに意味があるのかな(神と人間の区別とか、出産経験の有無とか)と思いながら読んでいたのですが、そういったことではなさそうでした。

「目合」でまぐわひ、もありますが、「美斗能麻具波比」で、みとのまぐわひ、もあります。

No.2の方がおっしゃっているように、これら以外にも諸説あるのではないかと思います。
これが正しい漢字です、とどれかひとつを選ぶのは難しいように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
>「美ホ登」(ホは草かんむりに番という字)
> ほと  「陰上」「富登」
色々あるのですね。

>これが正しい漢字です、とどれかひとつを選ぶのは難しいように思います。
なるほど、了解です。
大変参考になりました。

お礼日時:2005/04/27 20:29

少しでも参考になる事を願い、回答させていただきます。


「みとのまぐわい」なのですが、確かに「と」は入り口で、陰部の意味を表します。
そして男女の交合を表す「目合い」とくっついて、ひとつの単語となっています。
ゆえに、「みと」は「陰部」の意味を取ると思われます。
(古事記などでは多くその意味で使われていますしね。)

そして「みと」に充てる感じなのですが、「みとのまぐわい」を漢字で書くと「遘合」と書きます。
なので「と」がそれだけで自立し、きちんとした意味を持っているならば「御」でも良いと思うのですが、「みとのまぐわい」の中で、ただ単に意味を表しているだけならば、「御」を充てる事が出来るかどうかは分かりません。
まだまだ諸説があるかもしれませんので、文献などを調べてみるのも良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「遘合」とか「媾合」とかややこしいですね。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/27 20:19

私の辞書 旺文社の全訳古語辞典第二版には「みと」は「水戸」しかありませんでした。

水戸の意味は文字のとおり水の出入り口だそうです。だから、陰部だと思います。違ってたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
遅くなって済みません。

お礼日時:2005/04/27 20:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Q【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。 「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」

【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。

「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」が付くと「だい」に読みが変わるんですか?

大将と御大将はどっちが偉いですか?

大将と御大将の違いは何ですか?

Aベストアンサー

おん‐たい 【御大】解説
〔名〕
(「おん」は接頭語。「大」は「大将(たいしょう)」の略)
(1)一つの団体や仲間の中で、中心的な地位にある人を親しみをこめて、または気軽な感じでいう語。かしら。親分。大将。
(2)刑事をいう、盗人仲間の隠語。〔特殊語百科辞典{1931}〕
 [日本国語大辞典]

Qこの漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい。
お恥ずかしい話ですが、こういうくずした草書体のような文字が読めません。
周りの方に聞くのもなんとなく気恥ずかしく、
でも気になるという…(^_^;)

達筆すぎる方の字もなかなか読めなくて、
適当にごまかして読んだりしています。

こういう草書体の読み方を調べるサイトってあるのでしょうか?
検索しても、フォント用の草書体とかしか見つけることが出来ませんでした。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
読み方ともども教えていただけましたら助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「養浩堂」ではないでしょうか?
右端の字は下部が「食」の典型的くずし方です。
「善」との見分け方は一番下の部分が「ら」のようになっているか「口」になっているかの違いです。
この場合「口」のように見える上に点がありますので、「養」と見ます。
次の字は「さんずい」の次の画の出だしと下に「口」があるので「浩」のようです。


御自分で調べられるのでしたら、参考のURL画面のページの一番下の「データベース選択画面」をクリックし、次のページで右下のほうにある「電子くずし字字典DB」をクリックすれば漢字入力でそれに該当するくずし字をいろいろ表示してくれます。
このページは便利ですよ。

参考URL:http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

Q「感謝の意を表す」と「感謝の意を述べる」どっちが正しい?

「感謝の意を表す」はよく見られる表現だと思いますが、たまに「感謝の意を述べる」という表現も見かけます。

なんとなく「感謝の意を述べる」と聞くと違和感があるのですが、日本語表現として正しいのでしょうか?

- 違和感のあった例 -
「...(前略)...様々な感動やプレーが生まれました。日本国内では...(中略)...ますが、これまでの4年間を戦い抜いたジーコジャパンの選手・スタッフに、感謝の意を述べたいと思います。さて、...(後略)...」

あたかもこれから「述べます」って言ってる感じなのに、その後で「さて」ってすぐ話題かえちゃってるせいでしょうか?

そうなると使い方によってはどちらも正しいような気もするけど、なんだかしっくりしないのです。
正しい使い方の指導・指南も含めて、説明をお願いします。

Aベストアンサー

主語と述語が合致していないからですね。No.3の方が答えておられるとおり、「意」とは「気持ち」のことですから「述べる」というのが変なのですね。
「気持ち」は表すもの、「言葉」は述べるものです。この文章では「感謝の意を表したいと思います」というべきだったのです。後の言葉で具体的に触れていないのならなおさら。
「述べる」と使いたいのであれば、「感謝の言葉」であるべきですし、その後に「具体的な感謝の言葉」が続かなければおかしいのです。あなたの違和感は正しいと思います。

Q魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

しりあいに よのき さんという方が居ますがパソコンで検索しても漢字に変換できません

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方をしりたいです

よの と呼ぶらしいです。よの貴と呼ぶそうです

Aベストアンサー

IMEパッドの話が出ているので参考に。

手書き認識だとこの時点で候補に表示されます。
結構形が分かっていても読みが分からない漢字の時には使えます。

Q「御尊師」と「御尊氏」の読み方

「尊師」は「そんし」と読みますが
「御」がつくとなんと読むのでしょうか?
そのまま「ごそんし」でよいのでしょうか?

また「御尊師」の他に「御尊氏」という漢字も見かけます。
同じ読み・意味と考えてよいのでしょうか?

よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

「御尊師」は「ごそんし」です。
「師」の尊敬語が「尊師」なので、「御」は重複のようですが、
「ご芳名」「お御堂」という言葉もありますからね。
おそらく、自分の先生でなく他人の先生を指すときに用いられるのでしょう。


「尊氏」については、辞書に載っているのは足利尊氏だけです。
誤用か、若しくは、特定の方々だけに使われている言葉だと思います。

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q「御侍史」・「御机下」の意味と書き方について

お医者さんが、他のお医者さんに紹介状書くとき、宛先に、
 「○○先生 御侍史」 または「○○先生 御机下」 と書かれます。

「○○先生 御侍史」
(1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
(2) 実際は自分が手紙書いてるんだけど、侍史に書かせたという体裁をとって、丁寧に扱ってる感を覚えさせることにより、相手を敬う。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、宛先に「御侍史」つけるのじゃなく、むしろ、差出人の名の下に「侍史」と付けるべきでは? 書いたのは自分の侍史なんだから。
_____________________________

「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから、机の下にでも置いといて、ヒマな時にでも読んで…と謙遜し、相手をたてる。
(2) あなた様の机の下に居るほど、私はすぐ傍の存在です。従者です。…みたいにヘリクダル。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、差出人の名のアタマに書くべきでは?
「忠実なるシモベ、机下 ナンノダレベエ」 と。

いづれにしても、今では「宛名」+「先生」+「御侍史(または単に侍史)」、または「御机下」 が一般らしいので、先の説、二通りあるのが変では?と思いまして。

お医者さんが、他のお医者さんに紹介状書くとき、宛先に、
 「○○先生 御侍史」 または「○○先生 御机下」 と書かれます。

「○○先生 御侍史」
(1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
(2) 実際は自分が手紙書いてるんだけど、侍史に書かせたという体裁をとって、丁寧に扱ってる感を覚えさせることにより、相手を敬う。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、宛先に「御侍史」つけるのじゃなく、むしろ、差出人...続きを読む

Aベストアンサー

 「○○先生 御侍史」
 (1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
  ◎これが正しいと存じます。高貴な方のお傍に仕える、ご祐筆様のお手に、という意味だと存じます。だから、あて先の下でも横にずらせて書き留めます。
(2) ◎これは間違いでしょう。差出人としても書くべきではないでしょう、相手にはちゃんと自分で誠実に書きました。ということが大事です。

 「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから、机の下にでも置いといて、ヒマな時にでも読んで…と謙遜し、相手をたてる。
 ◎間違い

(2) あなた様の机の下に居るほど、私はすぐ傍の存在です。従者です。…みたいにヘリクダル。
・・・の2説があります。
 ◎間違い。
 【先生のおん御机のみ下(もと)へ、つまり、座り机の脇の下お近くにお届けできますますように、という意味でしょう。】

(2)の場合なら、差出人の名のアタマに書くべきでは?
「忠実なるシモベ、机下 ナンノダレベエ」 と。
 ◎間違い、差出人のところには使いません。

 「○○先生 御侍史」
 (1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
  ◎これが正しいと存じます。高貴な方のお傍に仕える、ご祐筆様のお手に、という意味だと存じます。だから、あて先の下でも横にずらせて書き留めます。
(2) ◎これは間違いでしょう。差出人としても書くべきではないでしょう、相手にはちゃんと自分で誠実に書きました。ということが大事です。

 「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから...続きを読む

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q「御伺い致します」と「御伺いさせて頂きます」の使い分け

 こんにちは。
 私は営業の仕事をしていて、テレアポなどもしているのですが、よく最近は、「○○させて頂きます」と言う風に「させて頂きます」と言う話し方が多いですよね。
 しかし私は、疑問に思うのです。特に「御伺いします」を丁寧に言おうとして「御伺いさせて頂きます」というのは敬語が付けすぎて、かえって「御伺い」をわざわざ「させていただく」というイメージがあり、私は苦手なのですが、私の上司はいつも「○○させて頂きます」と言うことを強調します。
 しかし本来、「させて頂きます」という言い方は、丁寧かもしれないけどケースバイケースで生意気にもなるのではないかと思うのですが・・・皆様はどう思われますか?
 いろんな方のご意見を聞きたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解される危険性があるので、必然性がない場合、「させていただく」という表現は避けたほうがよいと思います。
いわゆる「やりもらい表現」が絡むことによって、聞き手が登場人物が増えたかのように誤解するかもしれません。
(例えば、部長の「社長を伺え」という命令に対して、平である自分が「伺わせていただく」のかもしれない。)
登場人物が自分と相手しかいないのであれば「伺います」で十分です。
もの足りないようならば「お訪ねします」、「お訪ねいたします」などでもよいでしょう。
(すでに「伺う」が謙譲なのに、「お伺いする」では、二重謙譲になってしまう。「いたす」はいわゆる謙譲とは性質が異なるので、使っても構わない。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報