逆説の日本史を2巻古代怨霊編までよみました。
なかなかおもしろい説だと思うのですが、聖徳太子のあたりは引っ張った割りに説明不足で消化不良気味です。

それ以上に、どうしてもおかしいと気になるのが、天武天皇が本当は皇位を継げる身分ではなかったので、持統天皇が自分の子孫が皇位を継ぐことに固執した、という点です。

その説でいくのなら、大田皇女の大津皇子を草壁皇子のために陥れて、草壁も急死してしまっても、持統天皇と同じく天智天皇の娘である新田部皇女に舎人皇子と大江皇女に長皇子と弓削皇子がいるので、皇統を守るなら彼らでも良かったのではないでしょうか?
(ということは、持統天皇が自分の子孫に継がせたかっただけ?)

天智の娘が4人嫁いだという割りに、舎人皇子、長皇子、弓削皇子が無視されていて、天武の父が新羅人だったと言う説を信憑付けるためにあえて無視しているのだろうか?とも思ってしまいます。

この辺について、井沢氏のほかの本などで触れられているのでしょうか?
あるいは、大田皇女・持統天皇と新田部皇女・大江皇女の身分は明らかに違うなど、井沢氏が全く触れないにも自明のわけがなにかあるのでしょうか?

小説だと割り切ればいいのでしょうが、他の部分はけっこう詳しく検討しているに、この点が流されているのがとても気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足ありがとうございました。



井沢氏の「天武が天智の異父兄で父は新羅人だった(皇極が舒明と結婚する前の子)」とする説は、『日本書紀』において、天武の生年が不明であることを一つの切り口にしているのだと思います。そして後世の記録である『一代要記』『本朝皇胤招運録』にしたがえば、天智より天武が年上とされているところから、異父兄としているのではないでしょうか?しかし『一代要記』などは、中世に成立したものなので、信憑性は非常に怪しいです。

また皇統意識という点では、すでに他の方から回答があったように、推測しがたい点です。あまり過大な評価はしたくはないのですが、ご指摘のように「持統天皇が自分の子孫に継がせたかっただけ」と考えるほうが案外自然なのかもしれません。皇統の維持というなら、確かに他の妃の所生の皇子でも何らの問題がないということになりますよね。
おそらく井沢氏は、大津皇子の排除などを行ってまでも、持統の子である草壁及びその子孫に皇位を継がせていることに注目して、立論された結果、他の諸皇子との関連などを視野に置かなかったのではないでしょうか。つまり天武と天智の子である持統天皇という狭い血統の話でしか考えなかったのではないかと。
日本古代史の学界では・・・こんな話は聞きませんね・・・正直(苦笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。詳しいお話を聞けてすっきりしました。
本当はそうだったのかな、と思わせる部分はあるのですが、読むときは良くできた歴史小説だという理解で読むようにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/25 22:59

井沢さんの本は読んだことはないのですが、日本古代史が大学での専攻だったので、少し調べてみたのですが、ご質問で若干疑問なところがあります。



>天武天皇が本当は皇位を継げる身分ではなかった
>天武の父が新羅人だったと言う説

血筋から言えば、天智天皇と同母弟です。父は舒明天皇、母は皇極(斉明)天皇です。身分的には、何ら問題がないはずだったと思うのです。この「天智天皇」が天智の息子の大友皇子だったとすれば、大友の母は采女(地方豪族が大王家に対して貢上した子女)ですから、身分が低いというのはうなづけるのですが、そうすると「持統天皇が自分の子孫が皇位を継ぐことに固執した」という部分がよくわからないのです。

すでに出されている回答も拝見したのですが、話の前提自体が問題となる部分はありそうですね。「皇統を守る」という話も、本当にそんな意識が当時あったのかという点でも疑問ですし。
正直なところ、この時代のことをかじった人間として、一読して頭をひねってしまう・・・井沢さんの説からはそんな感じを受けました。

この回答への補足

その井沢氏の説は、
「持統天皇が孫に皇位を譲るなど、天武の子の中でも持統の子孫に皇位を譲る事に固執した。それは、実は天武は天智の同母弟ではなく、異父兄で父は新羅人だった(皇極が舒明と結婚する前の子)。(本当は皇位を継げる身分ではなかったが、その時代の流れもいろいろあって周りの豪族が味方した。)壬申の乱の勝者天武側が、皇位簒奪を正当化するため記録上同母弟という事に改変した。持統天皇は天智の娘である自分の子が継ぐなら皇統が途切れずに済むと考え、だから史実にあるように自分の子孫に継がせる事に固執した」というものです。

一説としては(もちろん、学会では一説にすらなっていないのでしょうが)おもしろいと思うのですが、その説をそういう理由で主張するなら、最低でも私が疑問に思った舎人、長、弓削皇子のことが解消されていないとおかしいと思ったのです。発刊されてずいぶん経つし素人の私が気になるようなことなので、そのような大それた説を唱える井沢氏は既にどこかで私の疑問点に付いては述べているのだろうかと思って質問しました。

補足日時:2005/04/24 15:35
    • good
    • 0

仰る通り小説家の妄想の範囲なので学説として考えるには無理があるはずです。


正直この人の作風ってかなり強烈なイデオロギーがあって、1の方がおっしゃってる先に結論ありき、なヒトなのでまあそういう芸をたのしむかどうか、という読み方しかできないんじゃないかと。(私には無理)
そもそも天武の時代以前天皇家が天皇を名乗っていたかどうかという点も問題ですし、皇統を守るなんて意識はおそらく無かったでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
以前から話は聞いていて興味があった本です。
自分が、この説も有りかも知れない、と納得するには少なくとも疑問点無く解決されていないと納得できず、引っかかっていたのですが、先に結論ありき、といわれるとやはりそうなのかもしれないと思います。
皇統を守るという意識もまだないころということで勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 15:32

一般論ですが、先に結論がある場合、都合の良い情報を根拠にし、そうでない情報は触れないで済ませることが多いですよね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうござます。
やっぱりおっしゃる通り都合が悪いことなので触れないで済ませているのかもしれませんね。

お礼日時:2005/04/24 15:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

Aベストアンサー

天智・天武の兄弟を疑う説は有ります。

なぜなら日本書紀には天武の生年が記されていないからです。
欠史時代や古墳時代の天皇を除いて生没年がはっきりしてないのは、この天武天皇と崇峻天皇だけです。
崇峻天皇は唯一暗殺された天皇であるから、短命を特に悼んでの不記載と考えられます。

では天武は単なる書き落としかと言えばそんな筈はないのです。なぜなら日本書紀という書物自体が天武朝の編纂で天武の事跡の顕彰を大目的に書かれた物だからです。天武の記事は全体の一割に及ぶ、つまり本書の主人公です。
その人物の生年を書き忘れるとは考えられません。

しかし没年は朱鳥元年(686年)と明記されています。
『一代要記』『本朝皇胤紹運録』には天武は65歳で崩御とありますから、逆算すると622年の生まれと計算できます。ところがこれが本当だとすると弟である天武が兄である天智より4年も先に生まれた事になってしまうのです。
日本書紀において天武の生年は書き忘れられたのではなく、書くに書けなっかたのだという推論が可能である訳です。

この他天皇家の菩提寺である泉涌寺で天武系7人の天皇だけ除外されていること、天智天皇の死体が見つかっていない事などが非兄弟説の出所です。

私は案外兄弟では無かったのではないかと思います。

天智・天武の兄弟を疑う説は有ります。

なぜなら日本書紀には天武の生年が記されていないからです。
欠史時代や古墳時代の天皇を除いて生没年がはっきりしてないのは、この天武天皇と崇峻天皇だけです。
崇峻天皇は唯一暗殺された天皇であるから、短命を特に悼んでの不記載と考えられます。

では天武は単なる書き落としかと言えばそんな筈はないのです。なぜなら日本書紀という書物自体が天武朝の編纂で天武の事跡の顕彰を大目的に書かれた物だからです。天武の記事は全体の一割に及ぶ、つまり本書の主人公です...続きを読む

Q定慧・孝徳天皇後胤説と藤原不比等・天智天皇後胤説

こんばんは。よろしくお願いします。

今日、あれやこれやとググっていて
定慧・孝徳天皇後胤説と藤原不比等・天智天皇後胤説を知りました。

ご存知のとおり、定慧と藤原不比等は正史によれば中臣鎌足の子であるとされています。

しかし、中臣鎌足は孝徳天皇の后(名前がわかりましたら教えて下さい)を妻としてもらい、
その時その女性は孝徳天皇の子を身ごもっていた。
これが定慧である。

また鎌足は天智天皇の后であった鏡王女を妻としてもらい、
その時鏡王女はすでに天智を身ごもっていた。
これが不比等であるという説があるそうです。

この説の真偽についてどう思われますか。
またその理由を教えて下さい。

※このカテゴリーでときおり
「そんな昔のことはわからない」というような趣旨の回答を目にしますが、
そういった類の回答はご遠慮ください。
(それを言っちゃあおしまいです。)

Aベストアンサー

そんな昔のことはわからない、ですよね。
だから、歴史は面白い。記紀もどれほどの信憑性があるか
わからないし。素人が想像力を働かせる余地がありますね。

で、定慧でした。
元々、鎌足は先に孝徳に近づいてから、中大兄に乗り換えたわけです。
そのときにお荷物になった孝徳種の定慧を唐へと。

不比等については、後の竹取物語のヘタレ役(車持皇子)のモデルに
なったりしてます。これは不比等の生母が車持氏だったため、
バレるように書かれたという説があります。
つまり、不比等の母は車持氏ということが、当時の一般的な
認識だったのでは?

私としては、鎌足自身の出自に興味があります。
百済王家の余豊璋とか?
白村江のときはどこで昼寝してたのか、書紀にも出てないようだし。
中大兄がピンチのときに、右腕がおらんのはまずいでしょ?

Q弓削道鏡、天海大僧正、天武天皇について

弓削道鏡、天海大僧正、天武天皇についての小説やHPを探しています。特に天武天皇については天智天皇(兄)より年上だったという説を詳しく書いているものがいいです。井沢元彦先生の「逆説の日本史」シリーズにも影響を受けているのですが。
もちろん娯楽として楽しめる小説やコミックでもかまいません。紹介してください。

Aベストアンサー

 弓削道鏡について

http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-YMST/doukyou.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167182319/250-6770272-2676219


 天海大僧正について

http://member.nifty.ne.jp/vega-hoshino/Kitain/Tenkai.html

http://www.geocities.jp/syutendoji28110/mitsuhide10.htm


 天武天皇について

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-nara/tenmu-sokui.htm

http://homepage2.nifty.com/hpsuiren/koukyu/asuka/tenmu.htm

http://homepage1.nifty.com/sibaurataro/rekisibun/ten3.htm

http://www5.ocn.ne.jp/~kku30th/newpage61.htm

http://cosibu.hp.infoseek.co.jp/wide/mu_koukei.htm

 弓削道鏡について

http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-YMST/doukyou.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167182319/250-6770272-2676219


 天海大僧正について

http://member.nifty.ne.jp/vega-hoshino/Kitain/Tenkai.html

http://www.geocities.jp/syutendoji28110/mitsuhide10.htm


 天武天皇について

http://www.ffortune.net/social/history/nihon-nara/tenmu-sokui.htm

http://homepage2.nifty.com/hpsuiren/koukyu/asuka/tenmu.htm

http://homepage1.nifty.co...続きを読む

Q穴補部皇子は、聖徳天皇阻止のため泊瀬部皇子を立てた

 聖徳太子が天皇になら(れ)なかった理由については、諸説あると思います。

 その一つに、
---
用明天皇と不仲であった穴補部皇子は、
厩戸皇子を次期天皇にさせまいと、泊瀬部皇子を立てた
---
というものがありました(出展を忘れてしまいました。)。
どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

私の理解では、穴穂部皇子を推す物部氏と、豊日大兄皇子を推す蘇我氏の対立の構図であり、穴穂部の弟の泊瀬部皇子は、まだこの段階では出る幕ではなかったのではないかと思われます。当時の朝廷において勢力の全くない泊瀬部を、よりによって同母兄の穴穂部が立てるなどとは奇想天外のことと思います。

穿った見方では、穴穂部皇子は対抗馬である彦人大兄皇子、額田部皇太后の生した竹田皇子、用明天皇の皇子厩戸とで争う図式の中で、蘇我との結びつきが強い厩戸を警戒していて、当面はより組しやすい竹田を立て、その母と結託しようとしたというのはあります。ですが、泊瀬部を立てても有利になるとは思えず、より存在感がある自身が出ることの方が自然であると思えるのです。穴穂部は蘇我の血縁とはいえその専横を憎んでおり、その弟崇峻天皇も即位後は蘇我を退けて大伴氏と結びましたから、蘇我が共通の敵であったという複雑な事情もあって、そのような説が立てられたのではないかと推測します。

さらに穿った見方では、推古天皇における聖徳太子、または舒明天皇における中大兄皇子の「権力の二重構造」のごとく、泊瀬部を即位させ自身は大兄として実権を握るということですが、当時は兄が弟に皇位を譲るのが自然の環境であったことからして、それは有り得ないことだと考えられます。実力も背景も無い泊瀬部には大兄も無理ですから、この兄弟が結託する理由がまるでわかりません。

泊瀬部皇子に光が当たるのは、用明天皇が崩御してからのことですが、それは、彦人も竹田も三輪氏という後ろ盾を失くしたからではないでしょうか。この時を境に、泊瀬部は蘇我に担がれて穴穂部と皇位継承争いをする節すら見られるので、ますます意味不明としか言い様がないのです。崇峻天皇は崇神でも崇仏でもなく、即位後は蘇我を嫌って崇神に傾いた可能性はありますが、要するにどこからも担がれやすく、しかも御しやすい天子であったということは間違いなさそうです。

私の理解では、穴穂部皇子を推す物部氏と、豊日大兄皇子を推す蘇我氏の対立の構図であり、穴穂部の弟の泊瀬部皇子は、まだこの段階では出る幕ではなかったのではないかと思われます。当時の朝廷において勢力の全くない泊瀬部を、よりによって同母兄の穴穂部が立てるなどとは奇想天外のことと思います。

穿った見方では、穴穂部皇子は対抗馬である彦人大兄皇子、額田部皇太后の生した竹田皇子、用明天皇の皇子厩戸とで争う図式の中で、蘇我との結びつきが強い厩戸を警戒していて、当面はより組しやすい竹田を立て...続きを読む

Q天武天皇

京都 泉涌寺には、なぜ、天武天皇系の天皇の位牌は存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

天武系統は壬申の乱で勝利しながらも称徳(考謙)天皇(道鏡を天皇にしようとした女帝)で滅びた皇統だからです
今の皇統は天智系統です

ちなみに天智天皇と天武天皇は兄弟 壬申の乱で兄の子 大友皇子を倒し その後称徳天皇までは天武系統が続く
しかし称徳天皇に子が居なかったので天武系統は滅び光文天皇(桓武天皇父)に皇位が移る

光文は今に続く天智系統で こちらが正当な皇統とされた
天武系統は壬申の乱で皇統を奪ったので逆賊みたいな扱いをされ さらに称徳天皇のスキャンダルで一層恥をさらしたあげく皇統を断絶させた

なので天武系統の位牌は泉涌寺にはないのです

Q大友皇子 十市皇女

の関係って、政略結婚のみだったんでしょうか?
武市皇子とは、大友皇子が生きている時から?
壬申の乱で、フナのお腹に密書を詰めた?
この ことについてどう思いますか?
教えて下さい。
また、考えるきっかけになった本等 ありましたら
教えて下さい(^0^)
因みに 大友皇子のこと好きですか?
好き・嫌いの理由も教えて もらえると嬉しいです♪
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
歴史小説好きからの意見として書かしてもらいますね。

>大友皇子 十市皇女の関係って、政略結婚のみだったんでしょうか?
どうでしょうねえ。そんな大昔のこと、事実を知るのは難しいですけど、小説を読む限りだと政略結婚だったのではないか、と思います。
壬申の乱で十市皇女は父の大海人皇子に味方しているようですし(母の額田王の影響もあったと思いますが)。
あまり愛情があったという感じは受けませんでした。

>武市皇子とは、大友皇子が生きている時から?
昔「天上の虹」だったか(題名はうろ覚えなのでわかりませんが)里中満知子先生の漫画で3人の三角関係が描かれていましたね。
ただ、小説を読む限りでは三角関係を書いたものにまだ出会えていません。
大友皇子が亡くなってからはとても親しくしていたというのは読んだことはあります。

>壬申の乱で、フナのお腹に密書を詰めた?
この ことについてどう思いますか?
どうでしょう?(笑)
実際にやったことないし、出来ることなのかぜんぜんわからないです。

読んだ本は黒岩重吾さんのものが多いです。
「茜に燃ゆ」上下巻 中公文庫
「天の川の太陽」上下巻 中公文庫

>因みに 大友皇子のこと好きですか?
私はあまり好きじゃないかな。
本ではどうしても悪役なんですよね。
母が采女だったということで身分の低さを恥じるように一生懸命背伸びをしているようで。
人柄は悪くなさそうですけど。

他の方の回答、楽しみにしてます。

こんにちは。
歴史小説好きからの意見として書かしてもらいますね。

>大友皇子 十市皇女の関係って、政略結婚のみだったんでしょうか?
どうでしょうねえ。そんな大昔のこと、事実を知るのは難しいですけど、小説を読む限りだと政略結婚だったのではないか、と思います。
壬申の乱で十市皇女は父の大海人皇子に味方しているようですし(母の額田王の影響もあったと思いますが)。
あまり愛情があったという感じは受けませんでした。

>武市皇子とは、大友皇子が生きている時から?
昔「天上の虹」だ...続きを読む

Q壬申の乱・天武天皇について

壬申の乱で勝利した天武天皇は日本書紀に自分が正統な天皇だと永遠と書かせたのは本当ですか?

Aベストアンサー

天武天皇の年齢が不詳。天智天皇の弟ということになっているが、文献によれば天武天皇の方が年上と読めるものもある。
天智天皇の死に方がいかにも怪しく、暗殺されたのではないかと昔からささやかれていたこと。
天武天皇の皇子時代の記述が少なく壬申の乱の前になっていきなり歴史に登場すること。
破れた大友皇子(天智天皇の第一皇子)は後に弘文天皇と諡されていること。即位していたかどうかは不明だがその可能性はある。
天武天皇の皇后の持統天皇(天智天皇の皇女)の諡号が「持統」(皇統を保持する)であること。漢語の熟語で「継体持統」となる一方の「継体天皇」がまさに皇統を維持するために即位した(させられた)ことを思い起こさせる。
壬申の乱後、天武天皇は天智系の皇族を徹底的に迫害し、その後、天智系の天皇が復活すると逆に天武系の天皇は存在しなかったと同等の扱いをした(さすがに歴史を書き換えるまでのことはしなかったが)。

・・・ざっと思いつくだけでもこのような理由から、天武天皇はそもそも皇族ではないか、あるいは皇族ではあっても非常に身分の低い皇族のはしくれではなかったかという説はあります。
ただし、説があるというだけで、確定しているわけではありません。

日本書紀を読めば、壬申の乱にいたるまでの過程の記述など、必死に自分の正当性を主張しているように読めます。

天武天皇の年齢が不詳。天智天皇の弟ということになっているが、文献によれば天武天皇の方が年上と読めるものもある。
天智天皇の死に方がいかにも怪しく、暗殺されたのではないかと昔からささやかれていたこと。
天武天皇の皇子時代の記述が少なく壬申の乱の前になっていきなり歴史に登場すること。
破れた大友皇子(天智天皇の第一皇子)は後に弘文天皇と諡されていること。即位していたかどうかは不明だがその可能性はある。
天武天皇の皇后の持統天皇(天智天皇の皇女)の諡号が「持統」(皇統を保持する)で...続きを読む

Q【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか?

聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

皇子、太子ってことは天皇の祖先ということ?

それとも聖徳太子とは別に当時に天皇はいた?

聖徳太子は厩の皇子と言われたのは聖徳太子は厩(馬小屋の前で産まれた)という意味ではなく厩の地域(馬を管理する地区)で産まれたという意味だそうで、聖徳太子は馬を管理するどちらかというと貧困層の地域で産まれたが産まれながらに天才でその噂が広がって高官になっていった。

聖徳太子が天皇の祖先なら天皇は元は馬小屋の管理人の家に産まれた人になってしまうが聖徳太子の真似を後醍醐天皇がしていたので、聖徳太子は天皇ではなく聖徳太子の太子と天皇家は全く関係がないということですかね?

天皇家でもないのに皇子とか太子とか今で言う天皇陛下の子供である天皇皇太子と同じ位の人間と同じ位を名乗れていたのはなぜ???ってなる。

聖徳太子は天皇の子供じゃないの?

Aベストアンサー

実在の人物でない説が有力です。

Q義淵僧正を育てたのは天智天皇or天武天皇?

http://www4.kcn.ne.jp/~balance/cn4/index.html

上記によれば
義淵僧正は天智天皇に引き取られ、岡宮で草壁皇子とともに育てられました。
とあります。

一方、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E6%B7%B5
によれば
義淵僧正は天武天皇により皇子とともに岡本宮で養育されたという。

とあります。

義淵僧正を育てたのは天智天皇なのか、天武天皇なのか?
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

天智天皇が育てたとの伝承を支持したのは、義淵僧正の研究者の、横田健一氏でその著書「義淵僧正とその時代」吉川弘文館 に書かれています。

Q旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関

旧華族の子孫と使用人の子孫、旧大名の子孫と家来の子孫の様に、今も主従関係が続いているケースはありますか?(例=会社社長と社員、主人と使用人など)ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>今も主従関係が続いているケースはありますか

ありますよ。
旧華族については、不明ですが・・・。

愛知県犬山市にある「犬山城」は、旧名古屋藩付け家老である成瀬家が2004年まで個人所有していました。
現在は、財団法人犬山城白帝文庫(理事長は、成瀬家子孫)に所有権を移転しています。
昔、ここの職員に旧家臣の子孫がいると聞いた事がありますね。

他にも、旧藩主が持っていた古文書・美術品などを保存管理している「○○家公益会」「○○家美術館」などに、旧主従関係が続いている事があるようです。

幕府旗本家臣団の子孫の集まりである「柳営会」は、今でも徳川宗家と交流を続けています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報