先日「模倣犯」を読み終わって他の作品も
読みたいと思ってるんですけど、かなり作品が
出ていてどの作品がおすすめなのか
教えていただけませんか?

できれば皆様のおすすめを3冊ほどあげて
もらえないでしょうか?(模倣犯以外で)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

「火車」です。

数年前彼女の薦めでこれを読んで宮部みゆきにはまりました。
宮部みゆきには模倣犯に代表される「人間模様推理小説?」や「サイキック物」「歴史推理小説」がありますがどれを読んでもそこそこおもしろいです。
僕は「模倣犯」「火車」が一番おもしろいと思いました。あとは「龍は眠る」「レベル7」(サイキック物)とかかな。
ちなみに「火車」は「人間模様推理小説?」で僕は大阪在住なんで小説の中に「大阪球場」(今はなんばパークスですが)が出てきたのをやたら覚えてます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私も大阪出身なんです。みなさん「火車」薦めてくださって今読んでいます、大阪球場の住宅展示も出てきて懐かしかったです!

お礼日時:2005/05/16 21:49

No.5さんにぴったり同意します。



(1)『火車』
(2)『理由』
(3)『クロスファイア』

とにかく「火車」です。
    • good
    • 5

宮部さんの本って面白いですよねっ!!私も大好きです。

私のオススメは・・・
1 ドリームバスター
2 地下街の雨
3 龍は眠る
この3つです。宮部さんの本ってどれも面白いんですよね。当たり外れはないと思います。ちなみに北海道新聞の朝刊では、宮部さんの連載をやっています。
    • good
    • 1

私も「火車」ははずせないんですが皆様出されているのでそれ以外で3冊。

(反則ですかねえ)

「我らが隣人の犯罪」
私はこの短編集を読んで、そこから宮部氏にはまりました。良さがぎゅっと詰め込まれてる感じがします。

「蒲生邸事件」
他にも出まくってますが。これは泣きました。

「あやし」
時代ものもたくさん読みましたがこれが一番印象に残っています。
短編集ですが、人間の怖さ切なさを感じました。

これから宮部作品をたくさん読めるのか、と思うと
文庫本をほぼ制覇した私としてはうらやましい限りです。
楽しんでください。
    • good
    • 3

既に何人もの方が書かれていますが、長編ならやはり「火車」は外せませんね。

これはゼヒ、です。
軽快なテンポで読めるので、連作短編「ステップファーザー・ステップ」もオススメです。
もう1つあげるなら、タイムスリップモノである「蒲生邸事件」ですね。ものすごく感動しました。

以下余談。
オールラウンドな作家である宮部みゆき氏ですが、一部の作家仲間からは「もったいない作家」と言われています。というのも、普通の作家なら長編に使うようなネタを、あっけなく短編で使ってしまうからなんですが。それでも、次から次に作品を発表する氏は、やっぱりすごい作家ですよね~。
氏のオフィシャルHPを紹介しておきますね。毎週更新の日記も、”オススメ作品”の1つです(笑)。

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/
    • good
    • 0

こんにちは。



宮部作品はどれもお勧めですよ。(回答ではないですが)
系統的に…
 TVor映画 になった
 小説のみ
であると思います。一般ウケが良かったものと趣味の色合いが濃いものだと思います。そういった観点で読んでみるのも良いかと思いますが。

 時代物
 現代物
と言うわけ方も出来ますね。
時代物はシリーズの傾向があるので折角ですし、出版順に読んでみては?どれも、一話完結型が主流なので何処から読んでも構いはしないのですが。
因みに、私は出版順に読みましたよ。
 本所深川ふしぎ草紙(時代物)
 魔術はささやく(現代物)
 
    • good
    • 2

宮部みゆきの大ファンで全作読んでいます。


私のベスト3は
1.火車
2.霊験お初シリーズ「震える岩」「天狗風」(シリーズなので2冊お許しを)
3.誰か

「蒲生亭事件」「ぼんくら」「日暮し」も捨てがたいです。
短編も、無駄をそぎ落とした鋭いものが多いです。
「あやし」「堪忍箱」など。
    • good
    • 1

宮部みゆきさんの時代ものもとても面白いですよ。


「ぼんくら」と「日暮し」なんか、軽く楽しく読めます。登場する美形の少年、弓之助とおでこコンビがすごくかわいらしいですよ!
ストーリーもよくできていて時代ものの推理小説という感じで、抵抗なく読めると思います。
どちらも同じシリーズです。読まれるなら、「ぼんくら」を先に読まれるといいですね。
    • good
    • 1

宮部みゆきさんの時代ものもとても面白いですよ。


「ぼんくら」と「日暮し」なんか、軽く楽しく読めます。登場する美形の少年、弓之助とおでこコンビがすごくかわいらしいですよ!
どちらも同じシリーズです。読まれるなら、「ぼんくら」を先に読まれるといいですね。
    • good
    • 0

おすすめは、



 「蒲生邸事件」

 です。「模倣犯」や「理由」などとは一味違った切ない物語です。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮部みゆきさんの作品の魅力について教えてください。

私の知り合いの女性に、宮部みゆきさんの作品が好きだという方が多かったです。

宮部みゆきさんは、女性ファンが多いと言われている気がします。もしそうなら、女性にとって、どの辺りが、魅力なのでしょうか?

私は、宮部みゆきさんの本は、ほとんど読んだ事がないのですが、もし良かったら、宮部みゆきさんの作品の魅力について、教えてください。

また、もし読むとしたら、お勧めは何でしょうか?

宮部みゆきさんは、ミステリーが多いそうですが、女性の方で、ミステリー好きの方が多い気がしています。何故なのでしょうか?


男性の方でも、宮部みゆきさんの魅力やお勧めの作品について語ってくださる方がいたら、お願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があったりして・・・。
かなりの長編ですが一気に読みきりました。
ミステリーが多いというのは私的には「???」です。確かに大きく分類すればミステリーでしょうし(事件的な物はだいたいの作品で出てきますしね)本の分類としてもミステリーとして売られていますが、私に言わせれば宮部作品は「人物劇」
登場する「人」を読んで行く・・・といった感じでしょうか。
そうゆう意味でお勧めなのが「孤宿の人」
おまえは阿呆だからあほうの「ほう」と名づけられた女の子とある事情で地方へ預かられている「お大名様」の2人のお話です。私はこの本で泣きました。

後ミステリー色の強い物であればいわゆる捕り物帳になるのですが「ぼんくら」「日暮し」の2作品。
主人公は「井筒平四郎」という本所深川方の同心です。この平四郎もいいのですが、「おでこ」と「弓之助」とゆう2人の子供がもう!!!こんな子供が回りにいたら毎日楽しいだろうなぁ~と思う可愛らしさと「子供のくせになぁ~」というこまっしゃくれた感じとがいいんですよ!
どちらも上下2冊に分かれているのですが、最初は短編集なのかな?と思うのですが読み進めて行くとそれぞれのエピソードにつながりが見えてきて、最後の1編(この1編だけで普通の小説1冊になりますw)ですべての謎が明かされていく・・・という感じなのですがこれもまたスルスルと読み進めてしまいます。

私自身同じ小説を読み返す事はほとんどないのですが、宮部作品だけは何度読んでも飽きないおもしろさがあります。
それはただ事件(謎)がありそれを解く人がいて、解決⇒終了~ ではなく、事件を取り巻く人々や事件には関わりがあまりないような人たちまで生き生きと、そして魅力的に描かれているからではないかな~と思います。
私なんかの言葉では表しきれない魅力が宮部作品にはあるんですよ。

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があった...続きを読む

Q宮部みゆきの「模倣犯」

色々な人に推薦されますが、文庫で一から五まであるんですね。その価値があるのかどうかを教えてください!

Aベストアンサー

色んなサイトで立派なレビューが掲載されていると思うので、ごく個人的な意見だけ書きます。

・定価で5冊買うほどの価値はないと思います。図書館で借りるか人が読み終わったのを譲ってもらいましょう。
・人によっては内容に不快感を覚えそうです(特に上の世代に)
・何度読み返しても面白いミステリ、ではないです。(まぁ宮部みゆきはだいたいそうかな…)一気に読める内容なのでその点では手軽で良いと思います。

Qおすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さ

おすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

百田尚樹さんは貴志祐介さんや宮部みゆきさんと若干似ている気がします。

私はたまたま手にとった本がおもしろかったことが多いです。本屋さんに行ってみたらいかがですか?
好みが見つかるかもしれませんε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

個人的なお勧めは「あん」です。読んだことが有りましたらすみません(。>A<。)
ファンタジーでは上橋菜穂子さんが大好きです!
海外の小説もおもしろいです。ユーモアと表現力が豊かなので楽しく読めると思います。

Q『模倣犯』

 今、模倣犯を読んでいる最中なのですが、その文章中(上巻P543)に
『被害者には、梯子や階段を見せちゃいけないそうなんだ。見たら、絶対にのぼったり近づいたりしないから』
という1節があるのですが、これはどういう意味なのでしょうか??どういう心理が働いているのですか??イマイチ理解できないので教えてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

私もNO.2さんの考え方でいいと思います。

確かそこは女子高生を家に帰してあげるって言って、シャワーあびさせて食事させて外にでるよってとこで首吊りさせたんでしたよね?
誘拐された人間としては自分がいつ殺されてもおかしくない状況で、危険と感じるとこには一切近寄らないと思うんです。階段や梯子など高いところは突き落とされる危険があるから心理的に近づきたくないと思うわけで・・・

この女子高生に先に階段をみせてしまっていたら、やっぱり警戒して階段のほうには近寄らなかったと思うので、殺人計画が狂っていたかもな、なんて思います。

Qおススメの文庫と宮部みゆきさんの作品

通勤の往復2時間半のほとんどを読書に当てています。
以前も同じような質問をした事がありますが、その中で教えて頂いた貴志祐介氏の作品にどハマりしてしまいました。特にサスペンス・推理小説が好きです。

また、宮部みゆきさんの「レベル7」と「火車」が気になっています。どちらも有名な作品ながら未読でしたので読みたいのですが、「英雄の書」があまりにつまらなく途中で読むのをやめたこともあり、これらについても踏み切れずにいます。(※お好きな方はごめんなさい)

私が好きな作品をいくつか挙げますと、、、
 
 ・クリムゾンの迷宮、黒い家、新世界より等(貴志祐介)
 ・連続殺人鬼カエル男(中山七里)
 ・秘密(東野圭吾)
 ・告白(湊かなえ)

(1)皆様のおススメの作品を教えてください。
  ※私が好きな作品の傾向からのおススメだとありがたいですが、特に拘りません。

(2)宮部みゆきさんの上記2作についての感想や、私が好きな作品の傾向からみてどうか?

以上2点について、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「2」ですが……
『英雄の書』は、宮部みゆきさんのファンの間でも「イマイチ」と言われることがしばしばある作品なので……
宮部みゆきさんは、『模倣犯』のヒット以降、特に現代モノの小説は、やたらと分量の多い作品ばかりになってしまいました。つまらないわけではないのですが、スピード感とか、そういうものがあまり感じられない作品が多いように感じます。

その点で言えば、『火車』や『レベル7』は大丈夫だと思います。
宮部さんの作品では、『スナーク狩り』などもお勧めしたいです。


で、「1」に戻ります。

・『追憶のかけら』(作者・貫井徳郎)
・『犯人に告ぐ』(作者・雫井脩介)
・『ジョーカー・ゲーム』『ダブルジョーカー』(作者・柳広司)
・『龍神の雨』(作者・道尾秀介)

辺りをとりあえずあげます。

Q電撃文庫でおすすめの作品を教えてください。できれば最新巻5巻以下でおねがいします。

電撃文庫でおすすめの作品を教えてください。
できれば最新巻5巻以下でおねがいします。

Aベストアンサー

アクセル・ワールド(既刊4巻)
ソードアートオンライン(既刊3巻(4/10に4巻発売します))
ロウきゅーぶ(既刊4巻)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(既刊5巻)
烙印の紋章(既刊5巻)

ですね。(全部人気作品なので知ってるかと思いますが^^;
アクセル・ワールドとソードアートオンラインは同じ作者ですね。

個人的に、オススメなのは
ロウきゅーぶですね。
表紙で「あれ?そういう系か?」とか思いますが、内容は凄く面白いです。

参考になれば幸いです。

Q宮部みゆきさんの作品中に登場する海外ミステリ

宮部みゆきさんの小説の中で、「字が読めないことが犯行動機」というミステリが文中に出てくる作品があったと思うのですが、その宮部さんの小説と、その文中内のミステリのタイトルが思い出せません。
ご記憶の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「文中内のミステリのタイトル」の方だけのお答えになりますが。

冒頭の一行で犯人と動機が明かされてしまうということで有名な小説、
(つまり犯人も動機もここで明かしたとしてもネタばれにはならないでしょうけれど、
一応下げます)




























ルース・レンデルの「ロウフィールド館の惨劇」だと思います。

その冒頭の一行は↓
>ユーニス・パーチマンがカヴァデイル家の一家四人を惨殺したのは、たしかに彼女が文字が読めなかったからである。

Q模倣犯

宮部みゆきさんの『模倣犯』は文庫本化されないのでしょうか?
一般的に、初版より何年後に文庫本化されるとか定義はあるのでしょうか?
是非読みたいのですが、あの重さを考えると通勤に持ち歩くのは不便で、文庫本化されるのをひたすら待っているのですが・・・。

Aベストアンサー

文庫化の時期ですが、一般的に言えば、単行本が売れている間は、文庫化しないことが多いでしょう。
単行本の売れ行きが一段落したところで文庫化という感じです。映画化やドラマ化時にあわせて文庫化ということもありますが、今回は、既に映画になってますから…。

で、単行本の売上を見てみると、Amazon.co.jpの売上ランキングで、
上巻が3万番台、下巻が2万番台ですから、そろそろかもしれませんね。

Q宮部みゆき作品の題名について

いつもお世話になっております。

宮部みゆきさんの作品に関して質問があります。
「模倣犯」「誰か Somebody」「楽園」
これらの作品は、なぜこのような題名が付けられているのでしょうか?

いずれか一作品でもご存知の方がいらっしゃいましたら、
ご教示のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たちを女優、自分を演出家だと例え、自分の創り上げた「舞台」に酔いしれていたので、この言葉には激怒します。

「誰か」は、誰か分からない事件の関係者(犯人を含めて)からきている部分もあると思うのですが、多分、ある臆病な女性がおびえ続けた、心の内にある恐怖(子どもが暗闇にお化けがいると怯えるのと同じです)に対しての一文がラストにあるのですが、そこから来ていると思います。単行本377ページです。自分の言葉でうまく説明できないので…。

 わかりにくい回答ですみません。
 参考までに。

宮部みゆきさんが好きで、ほとんどの本を読了している者です。
「楽園」はまだですが…。
ネタばれになってしまいますが、よろしいでしょうか?
また、私の解釈違い、浅い解釈であったら、すみません…。

「模倣犯」は、天才犯罪者とも言える犯人を罠にかけるために、「あなたの犯した事件はセコイ模倣にすぎない」的なことを言い、犯人を怒らせ、本音を語らせる場面があります。そこからきているのだと思いますが。犯人は、「自分は他の奴らとclassがちがう」と思っているかなり自尊心の強い者で、被害者たち...続きを読む

Q模倣犯の・・・

宮部みゆき氏の 「模倣犯」を最近読みました。
で、確か この本は前作があるって聞いたのですが
それが思い出せません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

後作なら、「R・P・G」ですが・・・。


人気Q&Aランキング