よろしくお願いします。
小額訴訟で11万円ほどの請求訴訟を起こしています。
被告は弁護士さんをつけたようで答弁書が送られてきました。
それに基づき新たに証拠をいくつか用意するつもりですが、答弁書には私から見れば事実ではないことが書かれてあります。
そのことについて、答弁書のここは間違っているというような書類を作成した方がいいのでしょうか?
また作成する場合、なんという書類として作成するのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タイトルを「準備書面」として、「御庁平成17年(小コ)第○○号××事件について、原告は被告の答弁書につき、次のとおり反論する。

」としたうえで「記」として、次の行から詳細に反論部分を記載します。
そうしないと、認めたことになります。
また、証拠書類は以前は個々で「認否」していましたが、今ではこれを廃止していて争いがあれば、その争いの部分だをピックアップして反論するようになっています。
口頭弁論の期日に口頭で主張してもかまいませんが、このように事前に準備書面として提出しておいた方がいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 01:31

自分で裁判をするHOW TO本



としては、緑風出版の「絶対に訴えてやる!」(矢野輝雄)がよろしいでしょう。訴えるための知識とノウハウが書かれています。

それと、No1の方の書かれた体裁でその通りです。書き方としては、答弁書に書かれている被告側の「主張たる事実」について、「認否」するのと、原告の反論たる「主張」を分けて書くということです。

第一 被告答弁書に対する認否
 1 なになにの点は、否認する。なになにの点は認め  る。なになにの点は不知(知らない)。なになにの  点は争う(被告の主張が法律構成に関するもので、  原告側の主張とは相容れない場合)。
第二 原告の主張(被告の答弁書での主張をふまえた再  主張となります)
   当然ですが、訴状中で述べている主張内容と矛盾  してはいけない。その上で、被告の反論に対して、  それを崩し、自己の主張の正当正を訴える内容の主  張をすることになります。

なお、ハウツー本を読めば分かると思いますが、主張の裏付けとなる証拠については、第二の主張部分の該当箇所に(甲第 号証)として挿入し、別途、証拠説明書をつけたほうがよろしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 01:30

自分で裁判をするHOW TO本が売ってあります。


もし、自分で答弁書を書かれるのなら参考にされては。
下手に、何も知らずに書かれていると後で、その点をつっこまれるかもしれませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/03 01:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q答弁書が期日を過ぎても送られてこない。

本人訴訟で民事裁判を起こしております。
第1回口頭弁論がまもなくあります。
被告側には弁護士がいるみたいなのですが、答弁書が期日を過ぎてもいまだに送られてきません。
答弁書を期日までに提出しなくても特に問題はないのでしょうか?このまま答弁書が来ない場合、原告が何か有利になる事はありますか??
あと、気にしているのは口頭弁論期日の直前に被告が答弁書を送ってくるのではないかと考えています。
そうなると答弁書に対する反論が整理する暇がないまま口頭弁論になって原告が不利になると思いますが、こういうことってありますか?

Aベストアンサー

私も,本人訴訟に関わった経験があり,お答えできると思います。

○答弁書を期日までに提出しなくても問題はないか。
 期日までに提出せず,裁判当日も出席しないと,原告勝訴になります。しかし,期日ぎりぎりに提出したり,提出せずとも裁判当日に出席して「争う」旨伝えれば,問題はありません。

○原告が有利になることはあるか
 上述の原告勝訴となる場合を除き,有利なことはありません。

○口頭弁論期日直前に答弁書を送ってくる可能性
 十分にあり得ると思います。

○答弁書に対する反論を整理する暇がないという点
 口頭弁論期日においては,「答弁書の内容を審査した上,次回までに反論する」と答えれば十分です。といいますか,争いある事件については,実務では,第1回期日は,手続が進んでも,答弁書の提出陳述までだと思います。

○その他
 答弁書の提出が遅くても,それをもって裁判官が不利に扱うことはないと思います(裁判官も気分は悪いでしょうが)。裁判官は法律に則って,裁判をしますから。
 私の経験上ですが,弁護士さんの中で,答弁書の提出期限を守らない方はたくさんいると思います。
 何か分からないことあれば,書記官室に電話して聞けば,丁寧に教えてくれますよ。

私も,本人訴訟に関わった経験があり,お答えできると思います。

○答弁書を期日までに提出しなくても問題はないか。
 期日までに提出せず,裁判当日も出席しないと,原告勝訴になります。しかし,期日ぎりぎりに提出したり,提出せずとも裁判当日に出席して「争う」旨伝えれば,問題はありません。

○原告が有利になることはあるか
 上述の原告勝訴となる場合を除き,有利なことはありません。

○口頭弁論期日直前に答弁書を送ってくる可能性
 十分にあり得ると思います。

○答弁書に対する反論を...続きを読む

Q小額訴訟の訴状に対する答弁書に証拠写真と見積書のない、めがねを壊された

小額訴訟の訴状に対する答弁書に証拠写真と見積書のない、めがねを壊された、時計を壊された、
とあります。事実でないのは明らかなのですが、司法書士のかたが書いているにもかかわらず、資料がありません。
裁判所では受付るとき、書類と中身(内容)を確認してますから見落としはないと思いますが、
証拠写真と見積書のない、めがねを壊された、時計を壊された、は裁判日に通用するのですか?
裁判日に、現物を持ち込めば済むことなのですか?

Aベストアンサー

当日に「証拠」を持ち込めば問題ありません。

少額訴訟では「当日証拠調べ」が出来るものに限られますから、「現物」でもいいのです。

Q労働審判の答弁書

間もなく第1回の審理が行われますが、相手方が答弁書を提出しないことが有るのでしょうか?。
答弁書とは第1回の審理の実施日の1週間前までに提出する必要があると思いますが、それを過ぎて提出された場合、裁判所は答弁書を認めるのでしょうか?。

Aベストアンサー

裁判所は、当日提出の答弁書でも認めます。

多いのが裁判所にだけ出している場合です。

書記官に確認してください。

Q小額訴訟の答弁書がでたらめな内容の場合、警察に告訴など、対処してもらえ

小額訴訟の答弁書がでたらめな内容の場合、警察に告訴など、対処してもらえないのですか?
喧嘩の場合、従業員同士では、勤務中であっても労災は適用されません。
訴状を簡易裁判所(小額訴訟)に提出した場合、訴状の件と、その答弁書の件で質問です。
(1)訴状で請求金額を表示する場合、どちらが交渉しやすいですか?
 治療費、休業補償、慰謝料、器物損壊、を計算して決めるか、
 または、
 傷害(過失)・暴行罪の罰金刑は30万円以下となっていますから、
 示談・慰謝料として請求も30万円前後を・・・。つまり、
 慰謝料の中に、告訴を取り下げる内容の示談金を請求できると思いますから、
 この方法で請求する。
(2)答弁書(専門家が被告の代理です)が事実と異なるような場合、
 (訴状は素人が出しです)
 言った、言わない、の精神論や感情の問題を取上げ、訴状と異なる場合、
 どうすべきですか?
(3)写真を証拠として提出する場合、
 A4サイズのコピー用紙にデジカメから印刷してもいいのでしょうか?
 カメラ店でLサイズなどの大きさでもいいのでしょうか?
(4)デジタル画像処理のデジカメの場合、証拠写真となりますか?
 レイヤーで画像処理して、レイヤーを選択して印刷できると思いますが?
(5)傷害(過失)・暴行の事実関係は、警察が決めるのですか?
(6)言った、言わない、の精神論や感情問題の事実関係は、警察が決めれますか?
 暴言、侮辱、精神的苦痛、などになると思いますが?
以上です。
お願いします。

小額訴訟の答弁書がでたらめな内容の場合、警察に告訴など、対処してもらえないのですか?
喧嘩の場合、従業員同士では、勤務中であっても労災は適用されません。
訴状を簡易裁判所(小額訴訟)に提出した場合、訴状の件と、その答弁書の件で質問です。
(1)訴状で請求金額を表示する場合、どちらが交渉しやすいですか?
 治療費、休業補償、慰謝料、器物損壊、を計算して決めるか、
 または、
 傷害(過失)・暴行罪の罰金刑は30万円以下となっていますから、
 示談・慰謝料として請求も30万円前後を・・・。...続きを読む

Aベストアンサー

相談者さんは、慰謝料と損害賠償を「少額訴訟」で請求するのでしょうか?

まず、この件では「少額訴訟」はつかえません。
損害賠償・慰謝料というのは「争う」のが必至です。
少額訴訟は「争いの無い債権」ときまっており、この場合には「地方裁判所」での審理が必要になります。
相談者さんは、誰に聞いたかはしりませんが「少額訴訟」では、この請求はできません。
一度、専門家である弁護士に相談して、訴訟を視野にいれた対応をしてください。

Q答弁書、提出後では無理ですか?

答弁書を提出した後で、更に訴状におかしいと思うところが出てきました。

こんな場合でも、答弁書を出した後は答弁できないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

提出した答弁書の訂正ではなく、追加の答弁をしたいということですよね。

第一回口頭弁論において陳述するまでは、訂正(差替え)が可能です。
既に提出した答弁書を訂正する形で作り直し、再提出(既に提出したものと差替えてもらう)する方法もありますし、
他の回答者様が仰るように、準備書面の形にして、新たな文書を提出する方法もあります。

Q小額訴訟の訴状に対する答弁書にある陳情者の人を、裁判日に証人として出頭

小額訴訟の訴状に対する答弁書にある陳情者の人を、裁判日に証人として出頭するように
準備書面で提出すると実現可能ですか?
答弁書にある、
陳情者達は会社に忠誠心は、わかりますが、陳情者達の真実を教えてあげたいです。
陳情者達が束になって言論してきても、筋が通らないこと知ってもらいたいです。
会社に忠誠心::本音、建前、自分の意見は持たず、言われたことは不平不満を言わない、意味です

Aベストアンサー

少額訴訟は1回で終了するので、証人はむり。 
通常訴訟でしてください。

Q被告2人が各自答弁書を出したら、被告1人ずつ準備書面で反論するか教えてください。

簡易訴訟(損害賠償事件)で、本人訴訟をしているものです。

第1回の答弁期日は終了したので、今度は私が準備書面を出す番なのですが、被告がA氏B氏と2人おり、答弁書の記名が1枚はA氏だけ、もう1枚はA氏B氏と連名で書かれており、それぞれの答弁書に準備書面も2枚用意しなくてはならないのですか?

また答弁書2枚とも、似通った文章なのですが、ところどころ話がずれているので、どちらの言い分なのかがはっきりせず困っています。

Aベストアンサー

答弁書において、「第一項」といった区分けがなされていないか、センテンスが大きすぎる場合、段落わけできる場合には、「答弁書第一段」は否認する、と言った具合にし、これが困難な場合、被告答弁書一行乃至5行…とある部分は、否認する、といった具合にするとよいでしょう。「…」は、被告答弁書の内容の引き写しでもよいと思いますし、要旨、たとえば、「被告が原告に対し代金を弁済した旨」でもよいと思います。なお、民事訴訟では、余り好ましくありませんが、全部否認する、とか、すべて争う、といった口頭弁論期日での口頭主張・認否もよくみかけます。

Q小額訴訟の訴状に対する答弁書にある陳情者の人を準備書面で反論できますか

小額訴訟の訴状に対する答弁書にある陳情者の人を準備書面で反論できますか?
陳情者(嫌いな性格)の人達は好き勝手なことを書いてる気がします。
やり込める方法は、準備書面になるのですか?
それとも「求釈明書」とかと言うものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

> やり込める方法は、準備書面になるのですか?

むり。あなたじゃ、むり。

せめて、小額訴訟のマニュアル本を買って読んでから質問したら?
それぐらいもできないあなたに、相手をやり込めるなんて、どだい無理。

このところのあなたの質問、実質的には、全部同じですよ?
いい加減に気がつきなさい。

Q答弁書への対応について

よろしくお願いします。
小額訴訟で11万円ほどの請求訴訟を起こしています。
被告は弁護士さんをつけたようで答弁書が送られてきました。
それに基づき新たに証拠をいくつか用意するつもりですが、答弁書には私から見れば事実ではないことが書かれてあります。
そのことについて、答弁書のここは間違っているというような書類を作成した方がいいのでしょうか?
また作成する場合、なんという書類として作成するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイトルを「準備書面」として、「御庁平成17年(小コ)第○○号××事件について、原告は被告の答弁書につき、次のとおり反論する。」としたうえで「記」として、次の行から詳細に反論部分を記載します。
そうしないと、認めたことになります。
また、証拠書類は以前は個々で「認否」していましたが、今ではこれを廃止していて争いがあれば、その争いの部分だをピックアップして反論するようになっています。
口頭弁論の期日に口頭で主張してもかまいませんが、このように事前に準備書面として提出しておいた方がいいです。

Q小額訴訟の答弁書に対する反論の書式

現在敷金精算の事で私がオーナーに対して小額訴訟を起こしました。
それに対してのオーナーの答弁書が送られて来ましたが、その答弁書に
対する意見(反論)の書類を作成したいのですが、

◆どのような表題で作成するのか?
◆決まった書式があるのか?
(誰宛に、どのように書き始めればいいのでしょうか?)
◆その他注意点があれば教えて下さい。

期日が数日後に迫っています。
訴訟は初めての初心者なので分かりやすいご説明を
いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

表題は「準備書面」です。
書式は、参考URLをご覧になるか、「準備書面」で検索したものをご覧下さい。
宛先は裁判所の配属部(裁判所からの事務連絡に書いてあります)です。
○○簡易裁判所○係とか書いてある、あれです。
書き方は自由ですが、参考URLのような書き方が一般的です。
それと、一般的に準備書面の作成には時間がかかるものですので、
期日までに焦って作成する必要はありません。
期日の際に、裁判官に、答弁書に対する反論のために1期日入れてください、
とお願いすれば基本的には応じてくれます。
不安なら、事前に書記官に電話するなり上申書を書くなりして、
続行期日の指定をお願いしておけば万全です。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/contact/information/doc-03.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報