先日この映画を見たのですが何故このようなタイトルになっているのか疑問に思い投稿しました。
誘拐されたのは主人公のロバート・レッドフォードひとりですし、その一回きりですし。
「二重誘拐」ってどんな意味を込めてつけられたのでしょうか?

些細な質問かも知れませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も「二重誘拐」のタイトルには疑問でした。

おそらく「最低な邦題ワースト10」に入ると思います。

邦題をつけた人を弁護するわけではありませんが、私なりに考えてみると、ロバート・レッドフォードが誘拐されてからずっと山を登らされているのに、家族のところへ次々と手紙や眼鏡、ボイスレコーダ、血液などが送付されてきます。まるでレッドフォードとは別の誰かが誘拐されているのか、それともレッドフォードの誘拐そのものが別の事件なのかと思えてしまいます。これは家族の時間軸と誘拐の時間軸がずれていることによる錯覚なのですが、「二重誘拐」というタイトルをつけることによって、それを錯覚しやすいように暗示をかけられてしまうのでしょう。

このような解釈でもしないと、邦題にだまされた気分になって悔しいですよね。
    • good
    • 0

想像ですけど、ウィレム・デフォーは当初「主犯格の別メンバーから依頼されてロバート・レッドフォードを誘拐した」、「合流場所(山小屋)まで連れて行けば私の仕事は終わりだ」とずっと言っていたけど、終盤にデフォーの単独犯だったことが発覚するというところを指しているのではないかと思います。

(苦しいですけどね。)

私もレンタルする際にタイトルを見て、奥さんの依頼でレッドフォードが誘拐されるけど、後で奥さんも誘拐されて実はレッドフォードは犯人とグルだったとか、そういうストーリーを想像していたので、急に普通の誘拐事件になって「あら、終わり??」という印象でした。
この邦題はちょっとひどすぎですよね。映画通以外にも見せるために無理矢理つけたような感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芸能人で殺人事件などに巻き込まれた人

 芸能人は顔が割れているしお金も持っているので事件に巻き込まれやすいという話がありますが、これまで誘拐されたり、殺人事件の被害者になったりしたケースってありましたっけ?。
 誘拐されたのは芸能人ではないですが、グリコ森永の事件・先日の美容整形医師の娘誘拐。金銭目的ではないものの命を失うケースになってしまったのは高島夫妻のお子さんが誘拐されたケースしかないように思うんですが。
 まず、芸能人が殺されたというケースはありませんよね?。

Aベストアンサー

◆1946年に歌舞伎俳優12代目、片岡仁左衛門と三男、妻、子守女中
が住み込みの座付き作者の男に殺されています
子守女中は犯人の実の妹(12歳)でした
◆1987年に、ものまねタレントの佐々木つとむが愛人に刺殺されました
 その愛人は2日後、自殺しました

Q映画のタイトルを教え下さい。内容はあまり覚えていないのですが、少女が誘拐される映画です。家の地下に

映画のタイトルを教え下さい。
内容はあまり覚えていないのですが、少女が誘拐される映画です。家の地下に両手足を椅子に縛られ閉じめられます。女性警察官が犯人が外出しているすきに助けだそうとします。
テレビで放送されたのを見たのですが確か前編と後編の2回で長時間の映画だったような気がします。

Aベストアンサー

「ザ・コール 緊急通報指令室」http://eiga.com/movie/78489/ ですね。 前・後編に分かれてはいません。

Q中国で誘拐グループ摘発 子供89人を救出

中国で子供らを誘拐したグループが一斉に摘発され、赤ちゃんを含む89人の子供が救出されました。中国の公安当局は、18日から四川省や広東省など9つの省で子供を誘拐した犯罪グループの摘発に乗り出し、24日までに355人を逮捕し、子供89人を救出しました。

新華社によりますと、子供らはブローカーを通じ、労働力などとして転売されるケースが多く、健康な男の子の赤ちゃんは最高で7万元から9万元、(日本円で約95万円から120万円)で取引されるということです。公安当局は買い手側の需要を減らし、厳しく罰することで誘拐犯罪を根絶する方針だそうです。

日本では、すでに失われてしまった価値観が、この中国という国には残っているようで、金を払ってでも子供を養育しようとする、そのココロは見習うべきものがあるような気が致します。人口が多い分、貧民の数も馬鹿にならない中国で、どうして労働力に窮する事態が起こるのでしょうか。そのメカニズムをどなたか教えてください。

Aベストアンサー

>金を払ってでも子供を養育しようとする
>健康な男の子の赤ちゃん
>労働力などとして転売されるケースが多く、健康な男の子の赤ちゃんは最高で7万元から9万元

この意味がお分かりですか?
ここで「労働力」というのは、給料の保障された従業員ではありません。「赤ちゃん」という言葉から、ここを読み取らないといけないと思います。ただで過酷な肉体労働を強いられる、奴隷として買い取られるのです。もしこれがまともな「就職」と呼べるような仕事ならば、誘拐せずに、手続きを経て成人を採用すればいいのです。

誘拐された赤ちゃんには戸籍がありません。戸籍を作った瞬間に、一人っ子政策に違反していることが、共産党に知られてしまいます。中国では(誘拐ではなく、実の子供でも)二人目の子供には戸籍が与えられません。つまり法律上は人間として存在しないことになっているのです。たとえその子供が目撃者の大勢いる、往来のド真ん中で殺害されても、警察の捜査の対象にはなりません。二人目だと分かった時点で、犬猫の死骸と同じ扱いになるのです。存在しないことになっているからです。出生届けがないので、死亡の届けもないという訳です。

このように中国は人命に対する尊厳という感覚がないのです。二年ほど前の特急列車事故の後始末の様子を知れば、想像できると思います。

ですので、誘拐した赤ちゃんを「養育」するつもりなどさらさらありません。五歳にでもなれば重労働を強いられる運命が待っているのです。

>金を払ってでも子供を養育しようとする
>健康な男の子の赤ちゃん
>労働力などとして転売されるケースが多く、健康な男の子の赤ちゃんは最高で7万元から9万元

この意味がお分かりですか?
ここで「労働力」というのは、給料の保障された従業員ではありません。「赤ちゃん」という言葉から、ここを読み取らないといけないと思います。ただで過酷な肉体労働を強いられる、奴隷として買い取られるのです。もしこれがまともな「就職」と呼べるような仕事ならば、誘拐せずに、手続きを経て成人を採用すればいいのです...続きを読む

Q娘誘拐,映画のタイトルが思い出せません><

洋画でどうしても思い出せないタイトルがあり,
お力お貸しください。

覚えているシーンは,

お母さんが警察/刑事で,
その娘(19歳くらい)が,ある夜,駐車場のごみ箱の中で遺体で見つかったという話で,
お母さんとその仲間たちで犯人を追う映画です。

なんとなくなのですが,
これしか覚えていません。

調べても,ロング・キス・グッドナイトしか出てきません。←これではないです。


分かる方いませんか?(´・ω・`)

Aベストアンサー

『シークレット・アイズ』でしょうか?
http://movie.walkerplus.com/mv60241/

Q未成年者略取及び誘拐の量刑についての質問です

 未成年者の略取及び誘拐は三ヶ月から七年の有期懲役だったと思いますが、量刑を決める基準はどういたポイントですか?
 例えばです。知人の子供Aが家で虐待をされているとします。Aは知人Bに助けを求める。Bはその要請に従いAを家に連れ帰り、大切に養育したとします。
 この場合、BはAの親権者ではないので、誘拐となると思いますが、情状の余地があるとすれば、どういった点でしょうか? また、こういった事件の基準とされている判例が有れば教えてください。

Aベストアンサー

Aが虐待をされていたという証明が出来るなら緊急避難として罪に問われない可能性もあります。
他人の身体の危険を避けるための行為ですから。


ポイントとしては
・本当に虐待と言える行為だったのか。
痕に残らないような教育の範囲の暴力だった場合はそれ避けさせてもただの誘拐です。
・最低限の養育だったか。
一晩ぐらいならともかく、行政や警察に通報もせず何日も養育することは保護の範囲を超えています。


虐待だとわかる痕が残っていたのであれば、診断書を取ることも出来ますし、
緊急避難での保護として罪には問われないでしょう。

Qシャッターアイランドを先日観ました!ネタバレになりますが疑問点がいくつ

シャッターアイランドを先日観ました!ネタバレになりますが疑問点がいくつかあったのであげてみます。

・テディが島に着いたときに、人差し指を口にあてていたおばさんの意図
・患者への尋問中、テディの相棒が席を外した時に「RUN」と書いたおばさんの意図(グルだとわかっていた?)
・上記のおばさんにアンドリューのことを知っているか聞いた時に震え出した理由
・C棟でテディと話した元生徒の人を殴ったのは「お前だ」と言ったのは何故?(テディはアンドリューと確定している?それともグル?)
・結局結末は洗脳されたのか?本当にアンドリューの妄想だったのか?

気になって仕方がありません‥orz
どなたかご意見お聞かせください!!><

Aベストアンサー

はじめに、回答にネタバレがありますので、観ていない方はご注意下さい。

私も先日レンタルで観たのですが、どうも釈然としませんね。
この映画の真相として、大きく分けて「主人公妄想説」と「院長サイド陰謀説」があると思うのですが、決め手となる決定的な証拠は存在しないように思います。どちらの解釈をしても腑に落ちない点が残されてしまうように思います。

この映画の難点(?)は、妄想と現実の区別をはっきりつける決め手がないことです。現実の中に妄想がしみ出しているようなシーンはどこまでが現実でどこまでが妄想なのか、また過去の回想ではどこまでが真実なのか、刷り込まれた記憶なのか、分かりません。またこの映画の進行が主人公にとって1回目とは限りません。その解釈によっていろいろなストーリーが考えられます。

ご質問の
>・テディが島に着いたときに、人差し指を口にあてていたおばさんの意図
>・患者への尋問中、テディの相棒が席を外した時に「RUN」と書いたおばさんの意図(グルだとわかっていた?)
>・上記のおばさんにアンドリューのことを知っているか聞いた時に震え出した理由

これらは病人テディの妄想とも考えられますし、保安官テディに対して何らかの警告・メッセージを発しているとも考えられますが、はっきり確定できません。

>・C棟でテディと話した元生徒の人を殴ったのは「お前だ」と言ったのは何故?(テディはアンドリューと確定している?それともグル?)

この囚人ノイスとのやりとりは意味深で、どうやら妄想ではないようです。しかし、テディ=アンドリューのように話しているようにもとれるし、テディとアンドリューが別人のように話しているようにもとれる。ここは非常に難解なシーンです。しかしテディに対して何らかの陰謀が働いているような話をする点は重要な気がします。そもそもテディに妻はいたのか?という疑問すら沸きます。

>・結局結末は洗脳されたのか?本当にアンドリューの妄想だったのか?

大勢の意見としては「主人公妄想説」が有力ですが、私は敢えて「院長サイド陰謀説」にこだわっています。つまりテディは罠に嵌められて薬物により妄想の世界に引きづり込まれている、という説です。
キーパーソンは相棒のチャックです。テディはチャックがポートランド出身であるかのような話を2度もしますが、チャックは自分はシアトル出身だと言います。しかも2度目はチャックと決別する間際に意味ありげに話しています。これはこの映画最大の謎で「妄想説」では説明のつかない点です。また最後には危険を冒してでも相棒を助けにいこうとする点から、実際に「ポートランド出身の相棒」が存在した、と推理することもできます。私は、チャックはやはり本当に相棒チャック(ポートランド出身)だったのではないかと思っています。映画の出来事よりも以前にテディとチャックはこの島に捜査にやってきており、テディよりも先にチャックが洗脳され(もしくはされたふりをして)シーアン医師になっているのでは? 最後のシーン「一緒に島を出よう」というテディの台詞、これは相棒に対する最後の訴えだったのでは?そして「モンスターとして生きるか善人として死ぬか」という台詞はまさにチャックに向けて発せられているように思います。その意味は「チャック、お前は保安官としての自分を捨てモンスターとして生きていくだろうが、俺は最後まで保安官として勝ち目のない戦いを挑む」と解釈した方が私としてはしっくりきます。真実を見失ったはずのテディが発した真相をえぐるその言葉にチャックは思わず動揺し「ハッ!」となったのではないかと(そうでないと彼が動揺する理由がつかない)。この最後のシーンによって全てがひっくり返ったのではないかと思えます。

はじめに、回答にネタバレがありますので、観ていない方はご注意下さい。

私も先日レンタルで観たのですが、どうも釈然としませんね。
この映画の真相として、大きく分けて「主人公妄想説」と「院長サイド陰謀説」があると思うのですが、決め手となる決定的な証拠は存在しないように思います。どちらの解釈をしても腑に落ちない点が残されてしまうように思います。

この映画の難点(?)は、妄想と現実の区別をはっきりつける決め手がないことです。現実の中に妄想がしみ出しているようなシーンはどこまでが現実...続きを読む

Q「宇宙人に誘拐された」と断言する人の心理

「宇宙人 誘拐」でキーワード検索しましたが、ざっと見たところ過去に質問がないようなので質問します。

以前第二外国語を習っていた先生(欧米人)で、自称霊感が強い人がいました。

どこまで本当かわかりませんが、彼はよく、死期の近づいている人の周りに黒いオーラが見えたり(実際それが見えて、その人が死んだから確信を持ったそうな)、かつて人が大勢死んだ場所の跡に行くと気分が悪くなるとか、そういった話をしていました。そこまでは、まぁ、黙って「そうですか~」と聞ける範囲でした。ところがある日、「寝ている間に宇宙人に連れ去られ、知らない間に手術をされた。体に、身に覚えのない傷跡ができているからだ。」と言うのです。(ひっかき傷なんかではなく、手術の跡に見えると主張)

また、上記宇宙人の話とは別なのですが、ときどき彼は、意識がふっと「別のところ」に飛んで、1時間くらいその「どこか」で過ごした後、我に返ると(現実の世界?に戻ると)時間が全然経っていないというのです。本人は、かなり本気で語っていました。私にそんな話をしても何のメリットもないので、嘘をついてもしょうがないのですが、ちょっと信じられません。

オカルトではなくできるだけ心理学的あるいは医学的な観点から、彼は脳のどこかに異常があるかもしれないとか、虚言癖ではないかとか(だとしたら何のために?他人の関心を引き寄せたいから?)、あるいは、いやそういった不可思議な経験はありうる、などいろいろなご意見を伺いたいです。一体あの人は何だったんだろう・・・

「宇宙人 誘拐」でキーワード検索しましたが、ざっと見たところ過去に質問がないようなので質問します。

以前第二外国語を習っていた先生(欧米人)で、自称霊感が強い人がいました。

どこまで本当かわかりませんが、彼はよく、死期の近づいている人の周りに黒いオーラが見えたり(実際それが見えて、その人が死んだから確信を持ったそうな)、かつて人が大勢死んだ場所の跡に行くと気分が悪くなるとか、そういった話をしていました。そこまでは、まぁ、黙って「そうですか~」と聞ける範囲でした。ところがあ...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカでは10%以上がこの経験をしているそうです。
ちょっと考えてみましょう、#3の二十人に一人とすると、1500万人になります。で、これを50年かけてやったとすると、一年あたり30万人、平年は8760時間ですから、不眠不休で一時間当たり35人処理しないと間に合わない計算になります。なんて勤勉な宇宙人なんでしょう。
アメリカは広いとはいえ、これだけの勢いで埋め込み作業が行われているのに気付かないとは、なんて呑気なアメリカ人。

というような簡単なことにも気付かない奴がいるんです。

で、ご質問の問題は異常心理学か精神分析学の問題です。精神分析のカウンセラーがアブダクティーと性的虐待の被害者の記憶を作り上げていることはエリザベス・ロフタスやスーザン・クランシーなどの研究で指摘されています。

Qネタバレ注))実際あった映画で この内容のタイトル教えてください><;

母親・息子二人で買い物に行った際に
ちょっと目を離した隙に息子一人が誘拐されてしまい

数年ご その息子が奇跡的に見つかり 家に戻ったんですが 今までの生活環境と自分が過去に誘拐されたという複雑な感情のなかで これから新しい生活をはじめようと いった ハッピーエンドで終った映画で
数年前に見たことあるんですが また見たいとおもいでもタイトルが浮かばず・・調べても見つからず。。
解る方いましたら 教えてくださ^^;

Aベストアンサー

自分も細部は忘れてしまったのですが・・
『ディープエンド・オブ・オーシャン』(99)ではないでしょうか。
監督:ウール・グロスバード
出演:ミシェル・ファイファー、トリート・ウィリアムス、
息子の捜査をする刑事はウーピー・ゴールドバーグが演じています。
得にハッピーエンドならこちらと思います。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31549/


『この愛を忘れない』「Always Remember I Love You」(90)
かもしれません。
監督: マイケル・L・ミラー
出演: スティーブン・ドゥーフ、パティー・デューク、ジョーン・ヴァン・アーク
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7996

どちらも面白いので未見なら是非。

Q誘拐のターゲットにされるのは?

ドラマでは 身代金目的誘拐では よく 善良な市民が狙われ 身代金も奔走して やっとのことで かき集め、また、身代金の受け取りも 警察が張っている前提で 犯人は巧妙な方法を考えるけど、
必ず 失敗し、警察に捕まります。
だが、狙うんだったら 阿漕な商売で大儲けしたり、多額の脱税をしているような 警察を嫌っている人間の方が 身代金も簡単に都合が付けられ、水面下で取引が行われるんじゃないだろうか。

しかし今の時代、身代金目的誘拐、とかは割に合わないでしょうけど
逆探知、監視カメラ、捜査網や科学捜査などの進歩とかで…。
中東に行ってさらわれる「市民」ぐらいでは。
で、現実に昭和の時代の身代金目的誘拐だと、子供が多いですよね
おもちゃや興味をひくもので誘い出したり。
自分がコーチしてる少年野球の選手、ってケースもありました。

また、たとえ 多額の脱税をしているような 警察を嫌っている人間で 身代金も簡単に都合が付けられる人間でも 脱税がバレルより身内の人名や、あとあと恐喝が続くことを考えたら警察を頼むでしょうし
頼まなくて済むレベルの人ならこわーい人でしょうから、どうでしょうか…

金が引き出せそうな相手を狙った事件、っていうのはありましたね
津川雅彦さんの赤ちゃんが誘拐されたり、創価学会員が日蓮宗の僧侶を誘拐して億単位の請求したりと。

阿漕な人とはいえ、数年のお勤めと追徴課税でも、身代金より安い、となれば警察に言うでしょうし。
一度誘拐されて水面下で支払えば、何度も誘拐されたりかえって危険になりますからね。相手をとらえないと。
テロと同じですよね。水面下で応じて話が終わってるだろ、とは考えにくいです。

そこで質問です。誘拐で 身代金が水面下で取引が成立することってあるんでしょうか?

ドラマでは 身代金目的誘拐では よく 善良な市民が狙われ 身代金も奔走して やっとのことで かき集め、また、身代金の受け取りも 警察が張っている前提で 犯人は巧妙な方法を考えるけど、
必ず 失敗し、警察に捕まります。
だが、狙うんだったら 阿漕な商売で大儲けしたり、多額の脱税をしているような 警察を嫌っている人間の方が 身代金も簡単に都合が付けられ、水面下で取引が行われるんじゃないだろうか。

しかし今の時代、身代金目的誘拐、とかは割に合わないでしょうけど
逆探知、監視カメラ、捜査網...続きを読む

Aベストアンサー

貴方が話しているような例では成立は難しいかもしれませんが、少し内容を変えれば成功している例は多いですよ。
例えばですが、誘拐される側も共犯の場合。すでにターゲットの周りの人間が原因不明で失踪、もしくは殺害されている場合。情報がどれだけ正確で豊富か?どれだけ選択肢のない状況をつくれるか?世界中を例にあげればこういった事情で成功しているケースが多いと思いますよ。
国によっては誘拐を報道していたらきりがないぐらい、多発しているところもありますしね。

Q誘拐する映画なんですけどなんて映画か分かりません

自分が小学生の頃、15年以上前に見た映画なんですけど、

・誘拐犯と誘拐された子どもの話
・途中で子どもが逃げ出し、犯人がハイウェイ(?)を 横断して追いかける。しかし、追いかけた先で補聴器 を落としてしまう(犯人は耳が聞こえないらしい)。
 「あれがないと聞こえないんだ!」と必死で補聴器探 す犯人。そこへ誘拐された子どもが見つけて持ってき てくれる。
・最後、警官隊に囲まれてしまい、会話が
犯「ボク、何歳だ?」
子「○○歳(年齢忘れました」
犯「○○歳か……。偉かったな」
といって自分のこめかみに銃を突きつけ(後ろからの広い撮り方でした)、銃声とともに暗転。スタッフロールが流れはじめる。

という映画だったと思います。あと、誘拐犯の相棒に小柄で小太りの人がいたような気もします。

これだけの記憶なんですが、ずっと気にかかっています。
御存知の方いらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「ジャッカー」(1988年アメリカ)でしょうか。

参考URLのあらすじでは補聴器にはふれてませんが、映画には出てきます。

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD4320/story.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報