オプティマのイエローバッテリーD1000を専用充電器で充電後、マイナス端子側の端の固いスポンジのような穴(グレーの爆発防止用の穴?)あたりからぷちぷちと何かが沸騰しているような音がします。数時間経過すると収まります。バッテリー端子に機器を接続していても、接続していなくても音がしています。もう一つのイエローバッテリーは完全充電後何も音はしませんでした。この音がするバッテリーをこのまま使用するのは危険でしょうか?

A 回答 (2件)

うちのD1000は音がしません。

国産のバッテリーも音がしませんでした。

電槽が1箇所でも劣化していると沸騰音がします。
正常なバッテリに比べちょっと放電しただけで2V近く電圧が下がるようなら寿命です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼大変遅くなりましてすみません。電槽が劣化している可能性もあるんですね。今までそのまま使っていますが、特に電圧も問題なさそうでした。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/24 12:28

バッテリーは充電中とその後しばらくは水素ガスが多く発生します。


このガスの小さい泡がはじける音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼大変遅くなりましてすみません。特に気にしなくても大丈夫なんですね。密閉型なので音がしてはいけないのかと思っていました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/24 12:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のバッテリーが上がった時のケーブルのつなぎ方

あまりに初心者的な質問なのですが、車のバッテリーが上がってしまい、救援車のバッテリーにつないで、エンジンがかかるようにしたいのですが、バッテリー上がり車と救援車のバッテリーのつなぎ方、手順、注意点を教えていただきたい。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、バッテリー上がり車と救援車の両方のバッテリーの+(プラス側端子)のカバーを開けます。そして、赤い方のブースターケーブルを、両車のカバーを開けた、バッテリーの+(プラス側端子)に+同士つなぎます。 救援車のエンジンは、上記のカバーを開ける前から、かかっていても大丈夫です。 次に、黒い方のブースターケーブルを両車のバッテリーから離れた場所(エンジンやエンジンまわり、又はボディの金属部分)につなぎます。 これは、バッテリーから引火性のガスが出ている
場合、つないだ瞬間に出る火花が危険なので、敢えてバッテリーの-(マイナス側端子)につながいのです。
特に、注意点は+と-を絶対に間違えないことと、+と-を絶対にショートさせないことです。 ショート時の火花がバッテリーから出る引火性ガスに触れると爆発してしまいます。 十分ご注意ください。

参考URL:http://www.jaf.or.jp/qa/index0.htm

Qオプティマ バッテリー 品質

オプティマを購入しましたが、幾つか「本当に新品?」と感じられる点が有りました。
だんだんオプティマ(=北米生産)の場合、国産と違って、おおらか(中身重視)という事も分かっては来ましたが。
一般にオプティマと言う商品の品質について訳知りの方がおられましたら見解をお聞かせ下さい。

1)端子について
端子表面に月の表面の様なクレーターがたくさん有るのですが、あくまで表面だけの事と考えられますか?

端子内部も気泡が入った、スポンジ状態と考えられますか?
もしそうなら、身の詰まったものに通電性・堅牢さで劣ると考えられますか?

2)電圧について
電圧を3回測ってみましたが、12.59Vしか有りません。

http://www.soundwavemeiwa.com/battery/full-jyuuden.html
ここを見ると、満充電が12.83Vである事と、外気温が10℃下がると開放電圧が0.15V下がると書いて有ります。
23℃で12.83Vなら3℃では12.53Vとなります。

他には23℃を基準に+-10℃で+-0.1Vになる(ただし‐10~40℃の間で起こる現象)、言う見解も聞きました。
これだと3℃で12.63V、33℃なら12.93Vと言う事になります。

計測時の気温は4℃程(たぶんケース温度も同じくらい)でしたが、よって12.59Vならほぼ満充電と思われますか?

オプティマを購入しましたが、幾つか「本当に新品?」と感じられる点が有りました。
だんだんオプティマ(=北米生産)の場合、国産と違って、おおらか(中身重視)という事も分かっては来ましたが。
一般にオプティマと言う商品の品質について訳知りの方がおられましたら見解をお聞かせ下さい。

1)端子について
端子表面に月の表面の様なクレーターがたくさん有るのですが、あくまで表面だけの事と考えられますか?

端子内部も気泡が入った、スポンジ状態と考えられますか?
もしそうなら、身の詰まった...続きを読む

Aベストアンサー

カーバッテリーの端子は「鉛、スズやカルシウム(高性能品)」の合金たと思いますが、鋳造品の場合、品質が悪いと鋳造欠陥として「巣」が出来ます。

この「巣」は表面だけでなく内部にも生成しています。この「巣」は強度に影響を及ぼしますが、電気的特性には無関係と考えられます。

オプティマは「ディープサイクルバッテリー」と言う種類のバッテリーで、完全放電からでも充電して使用できる事が特徴です。
このディープサイクルバッテリーを充電させるには専用充電器が必要と言う事です。

質問者さんのバッテリーの電圧に関してはわかりません。

Qサブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られたが

電気の知識が無い者が、車中泊で車始動用のバッテリーがあがると困るので、サブのバッテリーを買いました。

 エンジンを切って、サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。
車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

Aベストアンサー

>サブバッテリーをシガレットにつないだら車のナビが見られました。これはサブバッテリーの電気を使っていますか。

はい、サブバッテリーを使ってます。

>車始動用のバッテリーに影響が有りますか。

ありません。

Qオプティマのレッドとイエローの違い

タイトル通りなのですが
オプティマバッテリーの
レッドとイエローの違いは何なのでしょうか?
宜しくお願い申します。

Aベストアンサー

イエローはディープサイクルバッテリで、殆ど放電してしまうような使い方、を繰り返ししても普通のバッテリーよりこう寿命ですまた内部インピーダンスが低いのでオーディオや電装品が動作したときの電圧降下を防止できます。アーシングなどを行う場合は必要なバッテリーです。
レッドは普通のバッテリーのように始動特性を強化したバッテリーで寒冷地でも十分に特性を発揮できます。
普通ならインピーダンスの低いイエローをおすすめします。エンジンの始動からカーステレオの音質まで、人によりアーシングと併用でエンジンフィーリングまでかわるようです(私も変わったような気が?)
▼アーシング施工例
http://www.puma-net.co.jp/html-1/inp-201.htm
▼オプティマ
http://4wdsuv.auto-g.jp/shop/295/37.html

参考URL:http://www.gw-i.com/optima/t-word.html

Qバッテリー上がりの車に・・・

今日バイト先のお客さんの車のバッテリーが上がってしまったらしく、自分の車のバッテリーとケーブルをつないでエンジンをかけてあげました。良いことをしたと思い気持ちがいい反面、自分の車のバッテリーに悪影響は無いのか心配です。
そこで質問なのですが、これによって自分の車のバッテリーが弱ったりする事は無いのでしょうか??詳しい方どうぞ教えてください。
ちなみに、自分の車のバッテリーは去年8月に交換したばかりです。

Aベストアンサー

全く問題ないです。

バッテリーに悪影響があるのは、過放電と過充電だけです。

過放電は、車を長い間(数ヶ月間)使わないでおいておくと、バッテリーの自己放電や電装品の暗電流で過放電になることがあります。

過充電は、レギュレータが故障した場合に起こることがありますが、通常の使用では過充電はおきないです。

QオルタネーターB端子からバッテリーの+端子間の配線について

先日、オルタネーターのブラシを交換修理して、元通り組み付けていろいろと点検してみたのですが、オルタネーターB端子からバッテリーの+端子間に何らかの異常があり、バッテリーに充電されません。

テスターで検査してみたところ、オルタネーターに関しては、異常はありません。(ブラシを交換したおかげで、以前よりもパワーアップした事を確認済み)複雑に絡み合っているコードを丁寧に解いて確認しようとも考えましたが、とても手間がかかる作業なので、ためらっています。

そこで、素人なりに考えたのですが、B端子からバッテリー+端子間を5.5sq程度のケーブルで直結してはまずいでしょうか?

そもそも、B端子からバッテリー+端子間には、50Aのメインヒューズの他にどんな回路を経由しているのでしょうか?

また、直結する際の注意点などを教えて下さい。

Aベストアンサー

車両側のB端子の処理については取り外した上で絶縁処理をしておいてもかまいませんが、ただし、B端子の配線が2本来ているような場合は、1本がバッテリへ1本が他の電装品への電源ラインである場合があるので、取り外してしまうとそれらの電装品が動作しなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ヒュージブルリンクを使う場合、オルタネーターの最大出力と同等または+数%程度の容量のものが適当でしょう。また、セルモーターとオルタネーターが近い位置にあればオルタネーターのB端子とセルモーターのB端子をつないでも(この場合もヒュージブルリンク等は必要です)かまいません。セルモーターのB端子までの配線は十分に太い(14sq~22sq程度あるでしょう)ので5.5sqで長く引くより電圧低下を抑えられるでしょう。

いずれにしても大きな電流が流れますので、端子の取り付けはしっかりして置かないと焼損するなどの危険があります。配線や端子ボルトにあった圧着端子を使用してさらに半田付けすることをお勧めします。

Q車のバッテリーが上がってしまいました

車のバッテリーが上がってしまいました。

先程犬の散歩をするため近くの川に行ったのですが、車のバッテリーが上がってしまいました。

もう一台の車と繋げたいのですが、その車では道が細くその場所までいけません。

救援車からバッテリーを外してブースターで繋げてもエンジンはかかりますか?

Aベストアンサー

大丈夫、かかります。
ただし、救援車のバッテリーがフル充電に近くないとダメです。
バッテリー同士をつながずに入れ替えして近くまで行ってから、付け直して充電するという方法もありです。

Qサブバッテリーのアースはメインバッテリーのアース端子に接続していいのですか?

自動車(大型ワゴンやキャンピングカー)に搭載するサブバッテリーですが、
バッテリーのアースはボディからアースをとっていいでしょうか?
そうすると、メインとサブバッテリーのアース(マイナス端子同志)が接続されるのと同じことになると思うのですが、
メインバッテリーに影響はないでしょうか?
(尚、オルタネータからの充電はアイソレータを介しています。)

Aベストアンサー

何も問題はありませんよ。

Q車のバッテリー上がり時の充電について

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いまいち理解できません。

                 バッテリー上がり側
     ---------+  ― ---------
    │                               │
    │                               │
    │                               │
     ---------+  ― ---------                                           救援車側

 上記のような抵抗が無い回路になると思うのですが、救援車側の+から電流が流れ、バッテリー上がり側を通って、-に戻ってくる。
 その時にバッテリー上がり側のバッテリーに電気が流れるから充電されるということですか?

 いろいろと調べているのですが、理論的(電気回路的)に理解をしたいと思っています。
 
 よろしくお願いします。

 

 
    
    

車のバッテリーが上がった時のブースターケーブルを使用した時の充電方法について質問があります。
ブースターケーブルを使用して充電する場合、バッテリー上がり車の+端子と救援車の+端子、救援車の―端子とバッッテリー上がり車のエンジンブロック等の金属部分に接続するかと思います。

これって、バッテリー同士を並列に接続しているということですよね?
つまり、容量の違う電池を並列に接続していることと同じですよね?

そこで質問なんですが、どうしてこの並列回路でバッテリーが充電できるのかが、いま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。
質問者さまの回路のとおりです。
「バッテリ上がり車」のバッテリに、ブースターケーブルを使って「救援車のバッテリ」を並列につないだだけのことですね。
「バッテリ上がり車」側の「スタータ回路」は、なんらの変更もありません。
通常どおりの始動操作で始動できます。

Qバッテリー充電 比重 バッテリー液補充について

自動車のバッテリーを充電器で充電する場合
バッテリー液の補充は充電前・後のどちらで行えば良いのでしょうか?
またバッテリー液の補充は液面を合わせるのではなく、液の比重を合わせるとどこかで見た記憶がります。
その場合比重の低いセルの数値に、合わせるということで良いですよね?

Aベストアンサー

MAXレベルに液を入れるのは実は間違い。
経験上、バッテリー液は可能な限り足さないほうが正解。
よって、充電前に電極が露出しないようにMINの位置まで液を補充する。
充電しているうちに気体のせいか液量が増える。
充電後に液量をみてMINギリギリなら電極露出の恐れがあるので、液を足す。
これで比重が上がらないなら要交換。
充電中に電極が露出しないように、こまめにチェックするように。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報