タイトルの通り,この間白馬のスキーのジャンプ台に登ってきました.
よく聞く感想ですが,よく選手の人はあんな所から飛べるものですね.

で,質問なのです.
ジャンプする選手が助走する場所がありますよね.
そこを見たら左側にレール状のものがあって,そこにスキー板をはめ込んで
滑るのかなと思っていたのですが,そのすぐ右側には人工芝のようなものでも
滑るラインが用意されている感じでした.

実際には選手はどちらから滑り出すのでしょうか?
私は摩擦の少なそうな左からだと思うのですが.
そうだとしても右側のスペースは何のためにあるのでしょう.

どなたか詳しい人がいましたら教えて下さい.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

左側のレールも右側の人工芝も、両方ともサマージャンプの助走に使用します。

左側のレール(チャイナレール)は見ておわかりの通り、スキー板をはめ込みます。選手は踏み切る瞬間まで、そこから脱線(表現が適切ではないかも)することはほとんど考えられんません。しかし隣の人工芝(通称ソーメン)では、レールと違いスキーの脱線をカバーしてくれるものは何もありません、ですからより高度な滑走技術を要求されます、しかし今は冬場の助走路も整備技術が上がり、レールに限りなく近い状態に仕上げられていますので、ソーメンでの練習機会がほとんどなくなりました。説明が下手ですが、理解していただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくですが理解できました。
そろそろ始まるまろうサマージャンプの放送でも見て,
実際に使っているのか確認してみたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/06/19 22:11

大学時代に競技スキーのジャンプをしてました。


白馬ほど大きな台は飛んだことがないので、推測になりますが簡単に説明します。
sophyさんが書かれている通り、サマージャンプでは「チャイナ」の部分(レール状のところ)に板をはめて、助走に使います。
右側の部分は、冬のジャンプ時に使用するものと思われます。
雪が付いた時には、専用の機械で圧雪とレール入れを行いますが、そのレールを入れる部分になると思います。(夏は転倒時の怪我防止として人工芝になっている?)私が飛んでいたジャンプ台では、センターにチャイナがあり、冬もその上にレールを入れていましたが・・・
    • good
    • 0

滑るのはレールのところです。

 
スキーの幅よりも一回りほど太い幅のレールの中を滑ります。
素材は陶器で、通称「チャイナ」と呼ばれています。
常時霧状の水が撒かれていて、レールの中は水が
流れてるような状態になっています。

人工芝は(右側のスペースは)
多分、ランディングバーンやブレーキングトラックに
ある人工芝と同じ理由で敷いてあると思うんですけど。
間違って転倒したときのための安全確保、及び美観のためだと思います。

この回答への補足

お礼が遅くなって申し訳在りません.

で,申し訳ないついでなんですが…
安全確保と美観というのがいまいち理解できないんですが…

特に美観に関しては人工芝なんてないほうが見栄えが良いと思うのです.

友人と考えた結果,サマージャンプのときに使うのでは?
と言うことになったのですが,そういうことはないのでしょうか?

重ね重ね申し開けありませんが,しばらくポイントはお待ち下さい.
(まだ,納得がいかないもので…)

補足日時:2001/09/22 10:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1月のW杯スキージャンプの試合で、意識不明になった選手についてのその後

私は、スキージャンプを見るのが好きです。先日、新聞を見ていたら、記事は大変小さかったのですが、信じられないような、衝撃的なことが書かれていました。私の記憶では、今年の一月にポーランドで行われた、W杯スキージャンプの試合で、チェコの選手で、名前までは覚えていないのですが、転倒などによって、意識不明の重体になったという内容だったと思います。私は、その選手が誰だったのかを知りたいのと、その後の容態について、快方に向かっているのか、それとも…、も知りたいと思いますので、もしお分かりの人がいらっしゃったら教えて頂きたいと思います。その情報をどこから手に入れたのかも合わせて教えて頂きたいと思います。私も出来れば、それを確認したいからです。その試合は、今週の土曜日にJスポーツで放送されますが、結果を見ると1回で打ち切られた事から、条件が相当悪かったと想像されますが、あまり見たくはありません。このような惨事が二度とないことを心から祈りたいと思います。

Aベストアンサー

http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20070121-145330.html
この事故の話ですね。ヤン・マゾッホさんが重態になったという話です。

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20070125-OHT1T00202.htm
その続きの話が載っています。
こん睡状態からは脱したという話です。

http://www.hiroburo.com/archives/50306469.html
こちらのブログのコメント欄にその続きの話が出ています。
その記事によると、
http://sport.gazeta.pl/sport/1,65025,3888560.html
この記事がその後日譚だそうで、左の写真がヤン・マゾッホ選手だそうです。
ポーランド語らしく、僕にはまったく読めないのですが、後日譚を紹介した人いわく
「マゾフ選手は最新のポーランドでのニュースでは意識も戻って自分で食事も採り、少し歩けるようになったそうです。」

だそうです。


google先生に調べてもらいました。ありがとうございました。

http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20070121-145330.html
この事故の話ですね。ヤン・マゾッホさんが重態になったという話です。

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20070125-OHT1T00202.htm
その続きの話が載っています。
こん睡状態からは脱したという話です。

http://www.hiroburo.com/archives/50306469.html
こちらのブログのコメント欄にその続きの話が出ています。
その記事によると、
http://sport.gazeta.pl/sport/1,65025,3888560.html
この記事がその後日譚だそ...続きを読む

Qスキー カービングスキー ショートスキー だったら、どれが滑りやすい?たつのが簡単ですか?

スキー カービングスキー ショートスキー だったら、どれが滑りやすい?たつのが簡単ですか?

五年前にスノボーに行って初級滑れた印象でしたが
久しぶりに行ったら立つことも運動不足で難しくてなってて、

次に行ったときはブランク八年ですがにスキーしたことあるので、挑戦しようと思いますが
八年年前はカービングスキー?
スキーの授業受けた方が上達
早いと思いますが、前に習って時間もったいないのとお金もったいないので受けるつもりなくて、あと日帰りバスで行くので

Aベストアンサー

カービングとショートスキーで簡単なのはショートスキーですが、お勧めはその中間のミッドスキーです。100~130cmぐらい。

以前にスキーをやっていたのなら、ショートスキーは短すぎて違和感があると思います。
そして、装着はすぐ慣れると思うけどビンディングもちょっと違います。
簡易固定式で簡単に言えば、普通のスキーのように危険な力がかかっても外れず 危険な場合があります。

ミッドスキーなら危険な時に外れるビンディングが付いているし、以前のスキーの経験が生かせて、普通のスキーより取り回しも楽です。

Qノルディック複合ジャンプと スキージャンプ の違い

ソチオリンピックで ノルディック複合でエリック・フレンツェルがノーマルヒル103.0m ラージヒル139.5mを飛んでいます。
スキージャンプではカミル・ストッフがノーマルヒルで142.0mを、ラージヒルでは143.4mを飛んでいます。
ノーマルヒルではノルディック複合とスキージャンプでは 明らかに違いがありますが、ラージヒルでは ほぼ同じ飛距離のように見えます。
ジャンプだけのスノージャンプのほうが 技術的にも上と思えますが あまり差がないのはどうしてでしょうか。
複合の選手とジャンプの選手の差はどれくらいあるのでしょうか。
また スキージャンプのノーマルヒルとラージヒルの違いを教えてください。

Aベストアンサー

カミル・ストフのノーマルヒルは105.5mですよ。
従って、結果からみればジャンプも複合のジャンプも飛距離は大して変わりません。

これは、何故かと言うと
まず下のページを見て下さい。
http://www.jsports.co.jp/ski/jump/rule/

ジャンプ台にはP点、K点、L点があり、選手がP点からL点の間に着地するのを想定しています。
特にL点を超えると危険なので、それを超えそうな場合は、助走の距離を短くする(助走の開始位置を下げる)事になります。

従って、結果からみれば飛距離はあまり変わりませんが、同じ条件(助走距離)でやればもっと差がつくものと思います。

ノーマルヒルとラージヒルの違いも上のページを参照してください。簡単に言うとジャンプ台の大きさの違いです。
オリンピックでは種目がありませんが、最も台が大きい185m以上のフライング大会で今年レジェンド葛西選手が優勝していますよね。

複合の選手とジャンプの選手の差は、はっきりわかりませんが、渡部暁斗選手の前に複合の日本のエースだった高橋大斗選手はジャンプの日本国内の大会でもそれなりの成績を残しています。

カミル・ストフのノーマルヒルは105.5mですよ。
従って、結果からみればジャンプも複合のジャンプも飛距離は大して変わりません。

これは、何故かと言うと
まず下のページを見て下さい。
http://www.jsports.co.jp/ski/jump/rule/

ジャンプ台にはP点、K点、L点があり、選手がP点からL点の間に着地するのを想定しています。
特にL点を超えると危険なので、それを超えそうな場合は、助走の距離を短くする(助走の開始位置を下げる)事になります。

従って、結果からみれば飛距離はあまり変わりませんが、同...続きを読む

Qスキーを上手に滑るコツを教えてください 。゚(゚´ω`゚)゚。 高校2年生女子です。 1月にスキー授

スキーを上手に滑るコツを教えてください 。゚(゚´ω`゚)゚。

高校2年生女子です。
1月にスキー授業があります。ほぼ初心者です。1年生の時にも学校で行ったのですが、トラウマしかありません。体育のテストと称して急すぎる斜面を滑らされたり、変なところに突っ込んでクラッシュしたり本当に怖いです。
斜面にスキー板をベッタリ付けて友達はすいすい滑るのですが、私は地球に対して垂直に立っていないと不安で、エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。また、斜面が怖すぎて足に力が入ってしまいます。八の字で滑るとゆっくり滑れるとインストラクターの方からよく言われるのですが、八の字は逆に全然進まなくて斜面で一時停止してしまいます。

こんな私にざっくりとしたコツでもいいのでアドバイスよろしくお願いします (p_-)

Aベストアンサー

>地球に対して垂直に立っていないと不安で
 極端な表現をすると、
 45度以上の斜度でそれをやったら
 ほぼ「寝そべった状態」になるから、それは滑降ではなく滑落。
 スキーは、斜面に対して垂直に立って滑るスポーツで、
 そうすることで、コントロールするものです。

>エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。
 エッジは「曲がる」ためにあります。
 滑るためにあるのは「ソール」、だからワックスはソールに塗ります。

>ざっくりとしたコツでもいいのでアドバイス
 スキーは「滑るスポーツ」ですが、初心者はスピードに恐さを感じ
「止まる」ことを意識しがちです。
 滑ることを意識して、励んでください。

>八の字は逆に全然進まなくて斜面で一時停止してしまいます。
 斜度の割に「内股になり過ぎている」のが原因です。
 ハの字の姿勢をとると、スキー板は雪面に対して斜めに傾きます。
 いわゆる、内(側の)エッジが雪面に刺さり、
 ソールが雪面を押し退けようと踏ん張ったラッセル状態になります。

◆山麓に対してスキー板を横や斜めに向けた時
谷足-山麓、坂の下側に来る足のことを言う。スキーは基本、谷足荷重で滑る。
山足-山頂、坂の上側に来る足のことを言う。山足の荷重で左右のバランスを取る。

●準備
 スキー板を2本とも、谷(山麓)に対して横向きに置いて履く。
 周りの人に気を付けて「両腕をグルグル回し、上半身を左右に捻り」柔軟にする。
 慣れてきたらストックを突いたまま、軽くジャンプをしても良い。

●滑り出し
1.平行状態にあるスキー板の谷足に重心を載せ(谷足荷重)
  山(坂の上側)側のスキー板を開いて「ハの字/やや内また」の姿勢を作る。
  重心を谷足に載せていれば急斜面でも滑り出すことはないが、
  例外として、アイスバーン(雪ではなく氷状態)だと、
  エッジが効かずに滑落することがあるが、
  それでも谷足荷重を続けていれば雪だまりで停止する。

2.上半身を捻り谷に向け
  (この後、止まるまで上半身(特に胸)は絶えず谷に向けたまま!)
  荷重を山足側に移動すると滑り出します。
  そのまま、荷重を載せていれば(山には登って行かないから)
  180°ターンして止まる。
  そう、滑り出した方の足が「山足→谷足」になった訳です。

  滑るためには、ターンした後、止まる前に「山足→谷足」の荷重移動を
  すれば良いのです。

  回り込むターンを
  多目に取れば「減速する」し、
  少な目にすればスピードは上がる。
  スピードをコントロールする方法の一つです。

3.斜面に対して垂直に立つ
  スネ(弁慶の泣き所)がブーツの前方に当たり
  腰はスキー板の重心の真上に来るハズです。
  斜面でも滑っている間は、この状態が続くのが基本です。
 (地球に対して垂直に立った姿を横から見ると「へっぴり腰」になり、
  重心が後ろに来て、エッジが効かなくなります。)

先ずは「止まる」技術を身に付けましょう。
右向きでも左向きでも良いから「止まる時に得意な向き」を習得しましょう。
そうすれば「危ない!!!」って時にもグイッと停止して危険を回避出来るし
ゆとりが持るので、周りを見ながら安全に滑走することが出来るようになります。

両足のスキーを「山麓に対して真横90°」になるように
ハの字から平行に戻し「谷足のスキー板に体重が掛かるように」
足の裏全体で踏み込めば、止まります。
ハの字から平行に戻す時「左右のどちらの方が早く、確実に出来るか」で
得意な方を身に付けてください。

>地球に対して垂直に立っていないと不安で
 極端な表現をすると、
 45度以上の斜度でそれをやったら
 ほぼ「寝そべった状態」になるから、それは滑降ではなく滑落。
 スキーは、斜面に対して垂直に立って滑るスポーツで、
 そうすることで、コントロールするものです。

>エッジの部分だけを雪の斜面に刺して滑ってしまいます。
 エッジは「曲がる」ためにあります。
 滑るためにあるのは「ソール」、だからワックスはソールに塗ります。

>ざっくりとしたコツでもいいのでアドバイス
 スキーは「滑...続きを読む

Qスキーワールドカップ選手のスキー板裏側の表示について

スキーワールドカップ選手のスキー板裏側の表示についてお尋ねします。現在世界選手権が行われていますが、私の知る限り選手達のスキー板の裏側には昔メーカー名が印刷されていたと思うのですが、久々見ましたら黒く塗られていました。何か規則変更でもあったのでしょうか?

Aベストアンサー

以前の滑走面は半透明なシンタードベースで着色が容易だったことからメーカーロゴを入れるのも簡単でした、現在は静電気のおきにくいグラファイトベースの黒い滑走面を使っています(原料の色が黒)したがって文字を表示するのが面倒です、サロモンのように先端部のみシンタードベースを使い渦巻状のマークを入れているものもあります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報