会社で経理を担当している者です。
当社は複数の事業にわかれており、それぞれ事業所ごとに年末調整をし、合計表も別々に提出します。
そこで、A事業所に所属し、給与を受けている従業員Yさんがいるのですが、B事業所からも月1万円の収入を得ています。

その場合、月々の源泉徴収はどうなるのでしょうか?
1.B事業所は乙欄で源泉徴収し年末調整はしない。
2.B事業所は年間20万円以下の為、源泉徴収せず、Yさん確定申告不要。
3.B事業所は甲欄で計算し、源泉徴収票をA事業所に渡し、A事業所が合算して年末調整を行う。

20万円以下の場合は確定申告不要なので、源泉徴収しなくても分からないので2の方法で良いとも聞いたのですが、そうすると会計処理の方で「給料手当」の科目で計上していると監査等で指摘されるのでは?
その為に別の科目で計上しておけばよいのでしょうか?
3の方法は可能かどうか分からないのですが、どういった基準で別会社と判断されるのでしょうか。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2の続きです。



>従業員YさんはB事業所で働いているのですが、給与はA事業所が負担する事になっており、A事業所で年調も行っています。その金額が足りないと本人が希望した為、B事業所が独断でY従業員に支払っているのが1万円です。

この文章だけで判断すると、B事業所から支払われているものは「給与」となると思います。



>B事業所からは源泉徴収票も交付していません。
>それなのに会計上「給与手当」で計上するのはどうなのでしょうか?

本来、正しく処理すべきものを正しく処理していなかったためのものですので、正しく処理すればよいと思います。
この支払いを「給与手当」勘定で処理する方法が正しい会計処理となりますが、会社の事情で他の勘定科目で処理しても、税務上は「給与」となります。
税務調査で指摘を受け、このような状況を説明すると「給与」認定を受けることになります。



>それで、支払ったものを給与でなく、
お礼、外注に出した手数料、等という事にする。
つじつまを合わせる事は不可能か?と考えているのです

このご質問については、回答しかねますので、Yさんのお知り合いにご相談されてはいかがでしょうか?



>本人と会社の関係が深い為、
>その従業員にとって良い方法をとってほしいと言われています。
>Y従業員は他に収入は全くなく、もし確定申告をしても、控除が多い為、税額が0になります。

最終的に所得税が「0」となるのであれば、余り小細工せずに正しく処理した方がよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答頂き、とてもよく理解できました。
会社とYさんに説明し、正しい処理にしようと思います。
助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 23:20

#1の続きです。



B事業所から支払われているものは「給与」ですか?

税務上は、その支払いが「給与」に該当するものであれば、
その会計処理した勘定科目が「給与手当」以外のものであっても、
例えば「福利厚生費」「旅費交通費」「雑費」に計上されていても、
税務上は「給与」と認定されれば所得税の課税対象となります。

従って、B事業所から支払われるものが「給与」に該当するものであれば、乙欄で源泉すべきです。



>上記を見ると「主たる給与以外の給与の収入金額」=B事業所分となり、年間12万なので申告は不要だと受け取れるのですが。

すみませんでした、もう少し説明します。
前提として、
A事業所からの給与=主たる給与
B事業所からの給与=従たる給与(年12万円)、乙欄で源泉有り
で説明します。

この条件だけであれば、確定申告はしなくても良い(不要)となりますが、
例えば、初回の住宅取得控除や、医療費控除を受けるために確定申告する場合には、
このB事業所分も含めて確定申告しなければなりません。

ここがポイントで、税法にも少額不追求の考え方がありますが、
納税者(この場合、給与をもらっている従業員)が自主的・能動的に確定申告する場合には、
全ての所得について確定申告しなければならないこととなっています。

また、従業員の所得内容を全て会社側で把握しているわけではないと思います。
例えば、親からの相続で不動産所得があるとか、趣味で小説を書いて印税収入があるとかです。
この場合は、B事業所分の給与と合算して、所得が20万円以下ならば確定申告しなくても良いことになりますが、
逆に20万円を1円でも超える場合には、確定申告しなければなりません。

この回答への補足

>B事業所から支払われているものは「給与」ですか?

「給与」の判断基準は?
従業員YさんはB事業所で働いているのですが、給与はA事業所が負担する事になっており、A事業所で年調も行っています。その金額が足りないと本人が希望した為、B事業所が独断でY従業員に支払っているのが1万円です。
どれも給与と考えれば乙欄で控除するだけでいいのですが、今まで所得税は控除せずにきていますし、B事業所からは源泉徴収票も交付していません。
それなのに会計上「給与手当」で計上するのはどうなのでしょうか?
それで、支払ったものを給与でなく、
お礼、外注に出した手数料、等という事にする。
つじつまを合わせる事は不可能か?と考えているのです。

本人が税理士の知り合いがいるらしく、
「20万以下なら税金引かなくてもバレないよ」と聞いてきたらしいのですが・・
それは多分、正確には違法なんでしょうね。

本人と会社の関係が深い為、
その従業員にとって良い方法をとってほしいと言われています。
Y従業員は他に収入は全くなく、もし確定申告をしても、控除が多い為、税額が0になります。

補足日時:2005/04/25 07:12
    • good
    • 0

>どういった基準で別会社と判断されるのでしょうか。



1つの会社でも、本社や工場など別々の事業所がある場合には、税務署へ届け出て、それぞれの事業所を源泉徴収義務者とすることができます。
届け出る書類は「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」になります。



そこで、
源泉徴収義務者として源泉所得税をそれぞれA事業所とB事業所で、別々に行っているのでしょうか?

つまり、
「(株)○×会社 A事業所」と「(株)○×会社 B事業所」として、別々に源泉徴収して、納付しているのでしょうか?

【ハイそうです!】
ご質問の内容から推察すると、A事業所からの給与が主たる給与となっていると思われますので、

A事業所に「給与所得者の扶養控除等(移動)申告書」を提出していただき、
A事業所分の給与については、通常どおり、源泉徴収し、年末調整する。

B事業所分の給与については、上記により、従たる給与となりますので、乙欄で源泉徴収する。

A事業所、B事業所、それぞれで源泉徴収票を発行し、ご本人に確定申告していただく。


【いいえ違います、源泉徴収義務者は1つです】
この場合は、A事業所とB事業所の給与を合算して、月々源泉徴収し、年末調整しる方法が正しいです。
計算は面倒となりますが・・・



>20万円以下の場合は確定申告不要なので・・・

少し誤解があるようです、正しくは、次のような人は確定申告しなければなりません。(所得税法121)

(1)1か所から給与所得を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
(2)2か所以上から給与所得を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人



また余談ですが、時節柄、労働保険の概算・確定申告、健康保険・厚生年金の標準報酬月額の算定にも注意が必要です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>源泉徴収義務者として源泉所得税をそれぞれA事業所とB事業所で、別々に行っているのでしょうか?

はい、そうです。という事は別会社と考えていいのですね。

乙欄源泉→本人が確定申告

というのは理解できますし、正しい方法だと思うのですが、
実際、B社から支払われている月1万円は源泉徴収をせず、賃金台帳にものせていません。(給与計算をせず、ただ現金で1万円を払っているという状態です)
これを給与扱いにせず、会計上では雑費や外注で支払えば、会社側は賃金と源泉は一致するし、本人は20万円以下なので申告もせず済むと考えているのですが・・
少し調べると、例えばネット収入を得ている人は雑所得となり20万円以下なら申告不要です、と書かれていたりします。
これと今回のB事業所からの支払いとでは扱いが違ってくるのでしょうか?

>(2)2か所以上から給与所得を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

理解力がなくて申し訳ないのですが、上記を見ると「主たる給与以外の給与の収入金額」=B事業所分となり、年間12万なので申告は不要だと受け取れるのですが。
それは乙欄で源泉徴収している事が前提なのですか?

質問にまとまりがなくてすみません。
とりあえず知りたいのは、B事業所からの支払いを給与扱いにしない(表に出さない)事は可能かという事です。

補足日時:2005/04/24 22:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業所得と給与所得の違いは?

こんにちは、みなさん!!

事業所得と給与所得の違いについてうかがいます。

 フリーで歯科技工士をやっていて、いくつかの
会社と契約して、収入をもらっているんですが、

もともと、源泉10%をとられているものは事業所得
であると思うんですが、そうではなくて、請負先の
会社からこれは給与所得であると言われた物もあります。

源泉も10%ではない感じです。

確定申告の際に給与と事業の所得は明確に分けて書く
ので、迷ってしまいます。

正式には何をもって、事業所得で給与所得で区別する
のでしょうか?

ご存知の方いらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用契約に基づいて支払われる場合が「給与所得」で、雇用契約に基づかない場合は「事業所得」となります。
又、給与所得か事業所得かについては、就業の実態により、概ね下記のような場合は、給与所得と判断されます。

1.会社の指揮監督のもとに置かれている。
2.仕事の結果の責任は会社が負う。
3.その会社だけの仕事をしている。
4.仕事で使う機械器具類は会社が支給する。
5.仕事に要する経費は会社が負担する。
6. 業務請負契約書、業務委託契約書、注文書、請求書がない。

詳細は、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://sr-office.com/syokuba09.html

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1175297

参考URL:http://www.yokosuka.jp/yfn/yf-00316.htm

Q青色事業専従者の源泉徴収(年末調整)について

よろしくお願い致します。
主人が自営業で3年前より青色申告の届け(専従者、年2回の特例等)を提出しておりますが、
一昨年まで私(妻=専従者です)の給料はナシでしたが、昨年は毎月15万円×12ヶ月=180万円になりました。
7月に1月~6月分の収入に対する税金(5250円×6=31500円)を支払いましたが、(この金額は税務署に電話をして聞きました)
1月に支払うべき7月~12月分の税金は年末調整をして計算しなければならないですよね?
給与所得控除・基礎控除と国民年金保険料(約16万円)を計算すると、
私が支払う税金はいくらになるのでしょうか?(国民健康保険料は主人の方で控除します)
税務署に電話をしてみたのですが、早口で説明され、定率減税がどうの・・・と言われたため理解できずにおります。
過去の質問も検索したのですが、よくわかりませんでした。
それと、私が税務署に提出しなければならない書類は、
「所得税源泉徴収簿」と「所得税徴収高計算書」だけでよいのでしょうか?
他に忘れているものはありませんか?
長文・乱文にて失礼致しました。

よろしくお願い致します。
主人が自営業で3年前より青色申告の届け(専従者、年2回の特例等)を提出しておりますが、
一昨年まで私(妻=専従者です)の給料はナシでしたが、昨年は毎月15万円×12ヶ月=180万円になりました。
7月に1月~6月分の収入に対する税金(5250円×6=31500円)を支払いましたが、(この金額は税務署に電話をして聞きました)
1月に支払うべき7月~12月分の税金は年末調整をして計算しなければならないですよね?
給与所得控除・基礎控除と国民年金保険料(約...続きを読む

Aベストアンサー

年末調整は源泉徴収簿を使って具体的な数字を入れて計算します。ここで聞かれても答えられません。計算の仕方がわからなければ、税務署から書き方のパンフレットをもらいましょう。
あなた(専従者)が税務署に提出しなければならない書類は、確定申告が必要でない限り、ないはずです。質問の「所得税源泉徴収簿」は事業主が保管する書類ですし、「所得税徴収高計算書」は事業主が源泉所得税を納付するために使用する書類です。
事業主は、給料を支払った場合、給与支払報告書を市町村に提出する必要があります。

Q給与所得と給与収入の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいか?

こんにちは。

給与収入と給与所得の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいでしょうか?

Aベストアンサー

年収は給与収入です。

給与所得は給与収入から経費を差し引いた金額です。
この経費というのは年収に応じていくら!と決まっ
ています。

確定申告や年末調整の手引きなどにはこの表が載っ
ています。

自営業は、領収書で経費差し引けますがサラリーマ
ンなどはそういうのが認められていないので、国が
年収に応じて経費を算出しました。
サラリーマンといえども、仕事の為に靴は買う!
スーツは買う!などしますからね。

Q年末調整の源泉徴収票について

今の会社に入る前に2~3週間で辞めた会社が
3社あります。
保険料を引かれた結果、所得税は3社とも0です。
その3社に関しては今の会社に話しておりません。
知られたくないので、源泉徴収票は出さないで
年末調整をしてもらおうと思うのですが、
後で知られてしまうでしょうか?
宜しくご指導下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

>2~3週間で辞めた会社が3社あります。

それぞれ、給料はたいしたことないでしょうから、三社は多分、給与支払報告書を質問者の所轄の市役所(?)へ提出しないでしょう。

>知られたくないので、源泉徴収票は出さないで年末調整をしてもらおうと思うのですが、後で知られてしまうでしょうか?

給与支払報告書が三社から市役所へ提出されなければ今の会社にバレません。

地方税法では、年の中途に退職した社員で給与が30万円未満の者については、市役所へ給与支払報告書を提出しなくても良いことになっています。しかし、そのことを知らない会社が、うっかり提出してしまえば、バレます。

万が一、ほかの会社から給与をもらっていたことがバレたら、「済みません。叔父の家で商店をやっていますので、ここに入社する前、手伝っていました。お小遣いももらっていましたが、『乙欄給与』の扱いだったのでこちらの会社には源泉徴収票を提出しませんでした。『乙欄給与』は年末調整できないはずですよね?」と、うまく言い逃れしましょう。

※「扶養控除等申告書」を提出した会社の給料を『甲欄給与』、そうでない給料を『乙欄給与』または『丙欄給与』といいます。『乙欄給与』と『丙欄給与』は年末調整の対象になりません。
根拠:所得税法第百九十条本文、同法第百九十条第一号

>2~3週間で辞めた会社が3社あります。

それぞれ、給料はたいしたことないでしょうから、三社は多分、給与支払報告書を質問者の所轄の市役所(?)へ提出しないでしょう。

>知られたくないので、源泉徴収票は出さないで年末調整をしてもらおうと思うのですが、後で知られてしまうでしょうか?

給与支払報告書が三社から市役所へ提出されなければ今の会社にバレません。

地方税法では、年の中途に退職した社員で給与が30万円未満の者については、市役所へ給与支払報告書を提出しなくても良いこと...続きを読む

Q派遣です。[給与収入]と[給与所得]の違いについて

派遣です。[給与収入]と[給与所得]の違いについて


平成21年度の市民税・都民税通知書を見て、[給与収入]が2646193円で[給与収入]が1670800円でした。

社会保険、所得税を考えてもかなり高く引かれていると思うのですが、、どうなんでしょうか?


年末はきちんと確定申告はしていました。


どうか詳しい方、教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「給与収入」とは源泉税や社保などを引かれる前の支給総額のこと。
「給与所得」とは給与収入から「給与所得控除」を引いた数字で、税金を計算する元になる。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

「給与所得」から「所得控除」(給与所得控除は所得控除ではない) を引いた「課税所得」に「税率」を掛け算して「所得税」を求める。

(国税の所得控除)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
(国税の税率)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
(住民税で某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q年末調整の源泉徴収簿作成

給与所得に対する所得税源泉徴収簿を作成しております。

社会保険料等の控除額という欄は、

健康保険料
厚生年金保険料
雇用保険料

以外にも引いているものも たして書きますか?
上記3つ以外にも 宿舎費として控除しているものがあります

幼稚な質問ですみません
よろしくお願いします

Aベストアンサー

宿舎費として控除しているものは社会保険料控除にはあたりません。


「住民税および一般控除」というような欄に記入します


所得税控除の対象となるもの(社会保険料) とならないものは分けて考える必要からです。

Q事業所得と給与所得の違い

現在、個人事業主でA社から事業所得があります。
また、そのA社から給与所得もあります。
給与所得は仮のものであるため返金しなければなりません。まず、今月末にA社からの事業所得200万円の内給与所得分の100万円を差し引かれます。その場合の処理方法はどのように行えばよろしいですか?また、保険料等給与所得で支払った税金関係に問題は生じないのでしょうか?変な契約ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

変な契約なんかではありませんよ。
私も、同一会社から給与所得と給与所得があります。
これから流行ると言われている雇用形態ですよね。
社会保険は安くなるわ、税金は安くなるわで、いいこと尽くめ。

で、この場合の処理ですが、(私の場合)
給与所得部分は年末調整してもらいません。
で、源泉徴収票をもらいます。
そこには、支払った社保の金額、源泉徴収額、所得金額が記載されています。
その金額と、それとは別に事業所得の方は、支払調書をもらいます(10%源泉されていますよね)。
支払金額と、源泉金額が書かれています。

確定申告は、源泉徴収票と支払調書とで行います。

ですので、給与所得が仮というのは、この場合関係ありませんし、その分事業所得から差引かれるというのも、関係ありません。
#1さん、#2さんが何書いているか私には理解できませんが、あくまでも、源泉徴収票(給与所得)と支払調書(事業所得)の金額で確定申告すればよいわけです。
仮だろうとなんだろうと、源泉徴収票と支払調書でいいんですよ。
支払う側は、源泉徴収票と支払調書を発行する義務がありますので、もらえない場合は、税務署に駆け込みましょう

変な契約なんかではありませんよ。
私も、同一会社から給与所得と給与所得があります。
これから流行ると言われている雇用形態ですよね。
社会保険は安くなるわ、税金は安くなるわで、いいこと尽くめ。

で、この場合の処理ですが、(私の場合)
給与所得部分は年末調整してもらいません。
で、源泉徴収票をもらいます。
そこには、支払った社保の金額、源泉徴収額、所得金額が記載されています。
その金額と、それとは別に事業所得の方は、支払調書をもらいます(10%源泉されていますよね)。
支払...続きを読む

Q源泉徴収金年末調整の差額について

どのような科目にすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

年末調整での、還付金や不足徴収分についての勘定科目の事ですよね。

それでしたら、毎月、源泉徴収の際に使用している科目を使用すれば良いので、一般的には「預り金」を使用されている事とは思います。

その分で場合によっては還付金が多い場合は、一時的に預り金の残高がマイナスになるかもしれませんが、1/10(特例の適用を受けている場合は1/20)までに納付する際に、その分が減額された少ない金額で納付しますので、そこで調整されて帳尻は合うようになっています。

Q個人事業者と給与所得者の年収1000万円の違いを教えて!

掲題のとおりなのですが、どちらのほうが実際には手取りで多いのか?また、どちらのほうが自由に使えるお金が多いのか教えてください!
(要は独立したほうがいいのか、給与所得者のほうがお得なのか、そのあたりのものさしとしたいと思ってます。。)
ぜひよろしくおねがいします!

Aベストアンサー

年収1000万円程度の個人事業主です。
勤め人のころより年収が倍になりましたが、
実感としては、勤め人のころと変わりません。
独立してからは、仕事が無くなった時に対する恐怖心が強くなり、
精神的に落ち着いているヒマはありません。
しかし突如として発作的に、「また稼げばいいや」と思って、
アルマーニのスーツなんかをドーンと買ってしまうこともあります。
そのあと、妻に激怒され、惨めな質素倹約生活に戻ることになります。
個人事業主なら3000万円くらいの年収で、勤め人の1000万円の年収と
同じような感じかな、という感じです。

Q年末調整の転職で前職の源泉徴収がもらえない

年末調整の相談です。39歳独身男のサラリーマンです。

22年の3月16日から24年4月22日まで転職の繋ぎでA会社に

アルバイトをしていました。

就職活動をして24年4月24日から正社員として新しいB会社で働いてます。

今年年末調整で通常ですと24年1月1日~24年4月22日までの

A会社の源泉徴収をもらってB会社に提出しB会社で年末調整

するのですが、実はまだ週末WワークでA会社でアルバイトをしています。

A会社に源泉徴収をもらおうとしたら、24年11月21日時点で

まだ退職してなく在籍中なので、源泉徴収は出せないとのことでした。

B会社にはまだA会社で仕事をしていることが明かされるのは避けたいです。

ひとつの案としてB会社にはA会社がちょっと変でなかなか源泉徴収が

貰えないことにして自分で確定申告する旨を伝えて1月頃にもらえる

A会社の源泉徴収で個人で確定申告する。来年は通常通リB会社で年末調整する。

これ以外何か方法あればアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

貴方の仰る方法は合法ですし、自然です。
ただ、確定申告によって、市民税の徴収額に変更があると思いますので、その通知がB社に届きます。
このときにB社の経理担当者は、給与収入以外に収入があることがわかります。
ただ、その収入が他の給与収入であるとは断定できないはずです。
しかし、B社の経理担当者は怪しいと感じるかも知れませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報