【音読テクニックについては、「黙読1に対して、音読4になるような比率」で学習すると、ベストであることも覚えておきましょう。これは心理学者のゲイツが明らかにした「1:4の法則」なのですが、読む時間を「1」とすると、暗唱する時間を「4」にするのがいいそうなのです。1回目を走らせたら、4回声に出してください。そうするとどんどん覚えられます。】

という文章で、これは要するに「一回サラサラと通読したら、4回声に出して読む事で計5回読む」という意味でしょうか?違っていたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。

間違えました。
2回黙読,8回音読
と訂正します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分が理解していたとおりで、よかったですwありがとうございますw

お礼日時:2005/04/25 10:42

引用された文章の中に,「音読」と「暗唱」とが使われていますが,


書かれている文を見ながら声を出して読むのを「音読」,書かれている文を見ずに記憶した文を声を出して唱えるのを「暗唱」というのだと思います。
 引用文の前半の内容からは,おっしゃるとおり,「1回声を出さずに読み,4回声を出して読み上げる」という割合を推奨していると読み取れます。(ですから,2回黙読,4回音読でももちろんOKということになります)
    • good
    • 0

おっしゃるとおりの解釈でよいと思います。



読むのが1回、暗証するのが4回で1:4になるわけですから。

もし、合計4回読むとすると、1:3の法則になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sunasearchもご回答していただき、ありがとうございました!w

お礼日時:2005/04/25 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング