転居後に株の住所変更をしようとしたらその株を扱っている信託銀行より「届印」が違うと言われそのコピーが送られてきました。見るとサインも本人のものではなく印鑑もシャチハタになっていました。その株を購入したのは間違いないのですが、厳密に言うとこれはいけないことだと思うのですが、業界ではよくあることなのでしょうか?
(例えば、お客から印鑑とサインをもらうのが面倒だから担当者が変わりにサインと押印をするということ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ちょっと考えられないような出来事ですね。

有印私文書偽造と言われてもしかたがないですね。

実際のところは、誰が偽のサインと印を使ったのでしょうか?証券会社の担当ですか?

多分証券口座開設時に氏名および印鑑を登録させられるので、そのコピーが株式を管理する信託銀行に渡されるのだと思いますが。その過程で何らかのミスがあったのでしょうかね。

業界の人間ではないのでわかりませんが、あってはいけないことだし、普通はしないのではないでしょうか。いや、びっくりしました。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。偽のサインと印鑑を押したのは証券会社の担当者の可能性が強いと思います。信託銀行はそれが本人の印鑑にまちがいないと思っていたからこそ、その署名と印鑑のコピーをうちへ送って来たんだと思います。ここの証券会社は他にも、株を売買する時の口座開設の時の控え「口座開設のご通知」を1年後に送ってきたり、ちょっと?の点が多かったです。
細かいことをいちいちおかしい!!と指摘するつもりは毛頭ないのですが、ただ単にやってはいけないことだけれども業界内では慣習化して誰にも支障がないものなのか、あるいは、明らかに何らかの悪意があって行っていたことなのか・・・。
肝心の担当者はすでにここの証券会社を退職してしまったそうで・・・。売買代金も口座振込みではなく、手渡しされていたそう(両親が)で悪く考えれば何か悪意あることが行われていたのかなと思いました。

補足日時:2005/04/25 12:35
    • good
    • 0

ありえない。


一任勘定の時代???

印鑑紛失届けから入れば問題ないけど。

この回答への補足

ご意見ありがとうございます。私も業界の人間ではないのでよくあることなのかどうかわからなかったのですが、やっぱりおかしいですか・・・。

補足日時:2005/04/25 12:32
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング