首の痛みと手足の痺れがあり、整形外科に行ったら、
頚椎椎間板ヘルニア
(MRIを撮ったら第5.6が神経にあたっているそうです。)
と診断され、
神経根ブロックをうったんですが、効き目はありませんでした。

もう何年も悩まされているので、いまより楽になるんだったら
手術をと先生に言ったのですが、
自分の場合少ししか神経にあたっていないので、
手術にはならないと言われました。

首の痛みはまだ我慢ができるのですが、
手足の痺れがひどくて何も出来ない状態です。
何か他の病気ということは考えられますか?
ちなみに酒は飲まなく、タバコは1日1箱です。

A 回答 (2件)

整形外科でMRIがあるということは、かなり大きな個人医院か他の診療科目もある病院ですね。


他の科を受診したことはありますか?
この文面では細かい内容までわかりませんが、椎間板ヘルニアに関しては保存療法が基本であることは恐らく他の病院に行っても同じでしょう。
当然、手術ということはそれに伴う事故などの危険性もあるわけですから、手術による症状の軽減が見込まれる場合や、現在が余程状態が悪いことが手術を選択するには必要でしょう。
患者の自覚症状は様々な要素で変化しますから、それによっては手術は行われないでしょう。
様々な要因というのは、例えばよくいわれるストレスなどでは痛み・痺れともに感じられます。
特にヘルニアでは多いように思います。
実際にはヘルニアで痛みや痺れを訴える場合は、局所での急激な炎症が原因の場合が多く、そのため炎症が治まると圧迫がある状態でも症状は軽快する場合が多いように感じます。
数年間も炎症が長続きするようには思いませんし、それなら他の検査で何か変化が認められるように思います。
慢性の血行不良でも同じように痺れは出るでしょうが、血行不良が長期に渡ってひどい場合は組織の壊死などが起こるでしょうから、やはり心因性の可能性が大きいように思いますが、もちろんそれだけとは限りませんので、他の病院でセカンドオピニオオンを求めてはいかがでしょうか?
その場合には、今通っている整形外科より設備が整い、複数の科が受診できる病院を選んでください。
    • good
    • 0

何年も悩まされているとありますが、神経根ブロックの他にも治療をしていらっしゃいますよね?


私の努めている整形外科は個人病院なので、当然手術はありませんが、患者様への説明を聞いていると、手術の対象になる方は、「日常生活に支障をきたす方」のようです。
ちなみに、治療内容は、薬(痛み止め・筋弛緩剤・ビタミン剤など)と理学療法(牽引治療・ホットパクなど)と注射(痛み止め・ビタミン剤・血行を促す薬)そして、ブロックを併用して行う場合が多いです。特にブロック注射も1度ではなかなか痛みが取れない場合が多いです。2~3回行うこともあります。
他の病気はについてですが、例えば腫瘍が神経を圧迫している場合や動脈硬化で血管に血栓が出来ては血流が悪くなる場合又脳梗塞などでも神経麻痺が出ることも考えられると想います。私は医者ではないので聞いた知識だけですので、はっきり断言はできません。
ただ、首が原因では足に症状が出ることはないと言われています。お医者様とよくお話されるか、また病院を変えてみることも一つの方法だと思います。
治療にどのくらい影響しているかはわかりませんが、タバコは神経症状に良いとは言えません。それは血管を収縮させ血流を悪くするからです。たとえ1本でも収縮させることに変わりがありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ