タバコにある粉をつけると、ニコチンがビタミンに変わる、というものを見かけましたが、化学的にそのような事は可能なんでしょうか?

A 回答 (1件)

ビタクール(VITA COOL)っていうのがあります。

¥490らしいのですが、以前もっと高いので別物を使ったことがあります。
私は化学者でも何でもないので、詳しいことはよくわかりませんし、たぶんメーカーに聞いても「企業秘密」ってなことになるのが落ちかも・・・

「◆ニコチンの約80%をニコチン酸に転化させます」
という解説が下記URLのホームページにありました。
http://homepage1.nifty.com/ikasama/sukima/vc/
ここは個人のサイトで、ビタクールを使っていろいろ実験?をしていました。

「たばこの有害物質の除去。たばこのニコチンをビタミンB3に変え、ニコチン・タールを80%(最大)減らす・・・」
という解説が下記URLのホームページにありました。
http://www.igyoushu21.gr.jp/kigyou/bikutaru.html
ここはビタクールの総販売元のサイトのようです。

いろいろ検索していたら、「タバクール」って名前のもあったんですが、なぜか文中に「ビタクール」って名前が出てきてました。ここでは成分のはたらきについても詳しく解説しています。
http://www.25cinq.net/TabaCool/qanda.html

あと、シガポンとかいうのも見つけましたが・・・いろいろあるんですね!?。ビックラしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
早速、HP調べてみます!

お礼日時:2001/09/14 22:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンB3のことをナイアシン、ナイアシンのことをニコチン酸・ニコチン

ビタミンB3のことをナイアシン、ナイアシンのことをニコチン酸・ニコチン酸アミドといったりしますが、ビタミンB3とナイアシンとニコチン酸・ニコチン酸アミドはそれぞれどう違うのですか?

Aベストアンサー

1)ナイアシン と ビタミンB3 は 同じ意味
2)ナイアシン(=ビタミンB3)は 
  ニコチン酸(Pyridine-3-carboxylic acid) と ニコチン酸アミド(Pyridine-3-carboxylic acid amide)
の総称
3)Google > Niacin, Vitamine B3 参照(日本語、ドイツ語)

Q不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか? 化学基礎と化学は年々ちょ

不飽和結合についてですがこれは化学基礎の内容ですか?それとも化学ですか?

化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、何が基礎なのか分かりません

教えてください!!

Aベストアンサー

有機化合物は化学基礎では扱いません。
高等学校学習指導要領( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/kou/kou.pdf )
P53~P54

>化学基礎と化学は年々ちょっと変わってるらしく、
そんなことありません。
 教科書や教師が変われば、微妙に変わることはありますが、基本的に教える内容は変わらない。

Q【化学】化学的に体内で油を吸着させて体外に排出させることは可能なのでしょうか? デトックス商品の科

【化学】化学的に体内で油を吸着させて体外に排出させることは可能なのでしょうか?

デトックス商品の科学性を教えてください。

Aベストアンサー

デトックスという用語は確かに化学としてあります。
ですが、商品として用いられるデトックスはそれとは似て非なるものです。「疑似科学」と呼ばれています。
下記をご参照ください。
http://www.sciencecomlabo.jp/alternative_medicine/detox.html

Q【化学】アスコルビン酸とビタミンCの違いを教えてください。

【化学】アスコルビン酸とビタミンCの違いを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

アスコルビン酸には「光学異性体」といって、L型とR型があります。

「ビタミンC」と「L-アスコルビン酸」は同じ物です。

「R」の方のアスコルビン酸は天然には存在しなくて、人体への影響も「L」とは異なります。

Q化学平衡「見かけ上反応が止まったように」について

こんにちは。化学平衡についてです。
「正反応と逆反応の速度が等しくなったときを平衡状態といい、見かけ上反応が止まったように見える」というような説明が一般的ですが、正反応と逆反応はどうして止まらないのでしょうか。
温度が0K(-273度)でない環境では、物体が運動している以上、物質同士の反応(衝突)が続くからでしょうか。
この理由について言及されている参考書を見たことがありません。(三省堂・化学IIIの新研究では速度を用いて言及されていますが、上記の一般的な説明と大差ない気がします)ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

“正反応と逆反応が止まらない”(可逆的な反応)条件の下で、ある物質量比で正反応と逆反応の速度が等しくなったときを平衡状態といい、見かけ上反応が止まったように見える状態を、化学平衡というハズです。つまり、平衡状態でなぜ反応が止まらないかと問うこと自体がナンセンスでは。
一般的に正反応が一方的に起こり止まってしまう反応(不可逆反応)として物質の燃焼が挙げられると思います。
ある反応が可逆的であるかどうかについては、以下のHPが参考になればと思います。

参考URL:http://www.1101.com/kasoken/2004-03-19.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報