非イオン性界面活性剤であるTween20(ポリオキシエチレン(20)ソルビタンモノラウレート)の25℃における臨界ミセル濃度CMCを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

手元に化学便覧の古いのしかないので新版は分かりませんが、調べられましたでしょう?


さらに、以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
===================================
機能性界面活性剤/角田光雄/シーエムシー/2000.8 
界面活性剤/竹内節/米田出版/1999.5 
界面活性剤の話/北原文雄/東京化学同人/1997.界面活性剤/北原文雄∥〔ほか〕編…/講談社/1994.11 
膜タンパク質の可溶化と界面活性剤/土屋友房/広川書店/1990.12 
食品開発と界面活性剤/渡辺隆夫/光琳/1990.3 
界面活性剤ハンドブック/吉田時行∥〔ほか〕共…/工学図書/1987.10
===================================
これらの中で「ハンドブック」を見てください。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手元の化学便覧(4版)を調べても載っておらず、困っていました。参考本ということでお返事をいただきましたが、結局、図書館には「界面活性剤ハンドブック」がありませんでした。それなので、注文して購入することにし、今は取り寄せ待ちをしているところです。もっと多くの界面活性剤CMCが一覧表になった資料などがあったらいいのにと、いつも思います。意外にないですよね。 お返事ほんとうにありがとうございました。   

お礼日時:2001/09/17 16:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加香ヒマシ油

ヒマシ油ダイエットに挑戦しようと思い、
薬局で「加香ヒマシ油」を買ってしまいました。
購入後、加香ヒマシ油は飲むためのもの。
と知り、薬局の人に確認しに行きましたが、
「TVでやったものが、この”加香ヒマシ油”なのか
別のものなのかわからないので、何ともいえない。」と
言われました。
この加香ヒマシ油で「ヒマシ油ダイエット」をした方いらっしゃいますか?
また、効果はありましたか?

Aベストアンサー

no-aさん、こんばんは。

『加香ヒマシ油』で検索かけましたが、はやり即効性の下剤で副作用があるようです。
ヒマシ油ダイエットはつまり、宿便を出すということでしょう。
あまりオススメ出来ません。

宿便を取る意味では食物繊維を薬局で購入するほうが安全いいです。
『ルチオ』『ウィズ・ワン』って名前で売ってます。
これは顆粒状飲みやすいタイプです。
あと、『ヨーグルゲン』というオリゴ糖系で水に溶かして飲むタイプもありますが、
休みの日しか使えないけど、安全で宿便を取り除くものもあります。
そちらのほうがオススメです。
これで私は1年で68kgの体重が47kgまで痩せました。(本当です)

参考URL:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2356002.html

Qもう一度質問します 界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少す

もう一度質問します

界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少するのに対し、臨界ミセル濃度以降ではモル伝導率は急激に減少します

この理由について教えてくださればありがたいです

Aベストアンサー

電解質の濃度を高めていくとモル伝導率は減少していきます。
伝導率は電解質の濃度とともに高くなりますが、それをモル濃度で
割ったモル伝導率は低下するのです。
これは、電解質の濃度を高めると伝導率は上昇するが、
その上昇性は、濃度の上昇性よりも低い・・・
伝導性向上の効率が濃度が高いほどだんだん悪くなるということです。
なぜか?
一般的に考えられているのは、イオン同士が混み合ったり、
イオン同士の相互作用によって、イオンの動きが妨げられるからという
理由です。
界面活性剤の場合、臨界ミセル濃度以下では均一に溶解しているのですから、
界面活性剤の極性基の挙動が電解質と同じであると考えることができると思います。
一方、さらに濃度が高まり臨界ミセル濃度を超えてしまうと、
追加して添加した界面活性剤は、ミセルを形成してしまいます。
均一に溶解している界面活性剤に比べ、たくさんの界面活性剤分子が
集合したミセルは動きにくいなることから、添加量を増やしても
それに見合った伝導性の向上が得られないため、モル濃度で割った
モル伝導率は、急激に低下するのだと考えることができると思いますよ。

電解質の濃度を高めていくとモル伝導率は減少していきます。
伝導率は電解質の濃度とともに高くなりますが、それをモル濃度で
割ったモル伝導率は低下するのです。
これは、電解質の濃度を高めると伝導率は上昇するが、
その上昇性は、濃度の上昇性よりも低い・・・
伝導性向上の効率が濃度が高いほどだんだん悪くなるということです。
なぜか?
一般的に考えられているのは、イオン同士が混み合ったり、
イオン同士の相互作用によって、イオンの動きが妨げられるからという
理由です。
界面活性剤の場合、臨界ミ...続きを読む

Qヒマシ油(下剤)の効果について

一日ぐらい、トイレが無い場所で過ごす用事があり、
行く前の日に全部、出しておこうと思い、下剤としてヒマシ油を買いました。

ところが、「ヒマシ油なんて飲んだら、三日間は下痢が止まらなくなる。」
と家族に止められました。

本当に、ヒマシ油の効果はそんなに強烈なのでしょうか?
ヒマシ油を飲むとどのような状態になるのでしょうか?
教えてください。

因みに自分が購入したヒマシ油(下剤)は、
小堺製薬株式会社 加香ヒマシ油という製品で、大人 一回20mlと書いてあります。

Aベストアンサー

はい、三日間下痢です (^_^;

ところで、健康な男性の方ですか?女性でもいいけど

うんこは3日前のが出るんですよ

だから、前日に排便しても、その前々日のが当日出てきて意味無いですよ

Q質問です 界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少するのに対し

質問です

界面活性剤の濃度を上げていくと臨界ミセル濃度以前ではモル伝導率が緩やかに減少するのに対し、臨界ミセル濃度以降ではモル伝導率は急激に減少します

この理由について教えてくださればありがたいです

Aベストアンサー

化学屋ですが、「モル伝導率」って何のモル伝導率ですか?水溶液?ミセル混合物?それともミセル?

Qポリオキシエチレン硬化ヒマシ油とヒマシ油

こんにちは。
医薬品関係の調査をしています。

どなたか知っていらっしゃる方がいれば教えてほしいのですが、
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油とただのヒマシ油とは全然異なるものですか?
例えば構造なんかが違うことはわかっているのですが、性質として似ているとか
代替性があるといえますか?

すみませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 『医薬品関係の調査をしています』との事ですが,「日本薬局方解説書」は無いでしょうか。

 私の手元には「第十一改正 日本薬局方解説書 1986」しかないのですが,「ヒマシ油」と「硬化油」で記載があります。

 それによると,全然異なります。例えば,

 【性状】ヒマシ油:無色~微黄色澄明の粘性の油。硬化油:白色の塊又は粉末。

 【適用】ヒマシ油:俊下薬,外用に皮膚緩和剤としての製剤原料。硬化ヒマシ油:錠剤の防湿被包剤。

 つまり,代替性は無いでしょう。

Q臨界ミセル濃度(cmc)

ミセルが出来始める活性剤の濃度を臨界ミセル濃度といいますが、塩(NaClやNaBr)を加えると、一般的にCMCは下がるようです。

この理由が、よくわかりません。
どなた様か、詳しく教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親水条件で、cmcは大きく、疎水条件でcmcは小さくなることが基本にあると思ってください。

電解質が入るため、イオンが水和水を奪い、親水基から水がうばわれることと同じ状態になりますので、より低濃度で、親水基のための水不足になり、はやくミセル形成がおきることになります。要は疎水側に条件を振ったことと同じです。

参考で答えた、親水基、疎水基の関係と同じ方法で説明できるわけです。
ミセル形成自体はご存じだから、こんな説明で大丈夫ですよね(たぶん私よりも専門家でしょう)。

界面活性剤のラボに所属とのことですので、界面活性剤ハンドブックという本があると思うので、詳しくはそちらをご覧ください。cmcに影響を与える条件がいろいろ出ています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=420755

Qヒマシ油ダイエット

 こんにちは。先日書店で↑という本を見つけました。
右わき腹にヒマシ油を染み込ませた布をあてて眠り…、とか
ダイエットや便秘に効果がある、等書いてあったのですが、
効果の程はいかがなのでしょうか?

 もともとヒマシ油は下剤として用いられるようなので、
だったら最初から服用すればいいのでは?とも思うのですが。
 やったことのある方や専門家の方々のご意見をお聞かせ
下さい。
 

Aベストアンサー

回答しにくいご質問ですね。著者がいるわけですから、むやみに批判して面倒なことになるのはイヤですから。
内容を読んでいませんのでなんとも言えませんが、まあ私なら試してみようとは思いません。イメージ的にはやせたとしても健康的なやせ方ではないような気が・・
、いやあくまでもタイトルから受ける印象だけで言っていますので、本当のところはわかりません。

Q界面活性剤のミセル構造

イオン性界面活性剤の場合、

モノマー
↑↓
球状ミセル
↑↓
棒状ミセル
↑↓
ヘキサゴナル構造
↑↓
ラメラ構造

と濃度を変えることにより
構造が変わるという話をきいたのですが、
どうしてこれらの構造をとるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

要するに、各濃度でもっとも安定な状態(エネルギーの低い状態)で存在するということです。

濃度が低いと集まるよりバラバラのほうが安定。
濃度が上がってくると個々に存在して親水性基と疎水性基が触れ合うよりはミセル構造をとるほうが安定。
更に上がれば球形にはなりきれず棒状に…

ということです。

Qヒマシ油 飲用 値段について

あるオークションで購入しようと思っているのですが 飲用で4回分10000円で落札だそうなのですがそんなに高い物なのでしょうか?

加香ヒマシ油とは少し違う成分が入っているらしいのですが。。

Aベストアンサー

下剤に一回2500円だすつもりなのかな?

http://www.herb-scents.org/herbgoods55.html
ここなんかでもアトピー用に塗る奴を売っているみたいだけど、波動なんたら充分怪しいけど、流石に飲用は避けている位の代物ですよね。

イワシの頭も信心からですので、信じるのは勝手ですが体調を壊すのは自分自身だからね。

過去にも似たようなのが有ったみたいですね。
http://okwave.jp/qa237029.html?rel=innerHtml

>加香ヒマシ油とは少し違う成分が入っているらしいのですが。。
所詮ヒマシ油はヒマシ油ですので劇的な変化は無いと思いますが?
まぁ波動とかなんとかを行っている何てオチだったりしてね。

Q臨界ミセル濃度の温度依存性について

初投稿です.
界面活性剤の臨界ミセル濃度には温度依存性がありますが,温度と濃度は比例関係にあるのでしょうか?それとも非線形なのでしょうか?

どなたか回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

室井宗一氏の著書によると、臨界ミセル濃度は一般的に温度の上昇により増大しますが、
極小値の存在する場合も知られているようです。

そのような場合には、非線形だということになります。

ところで、温度上昇によって臨界ミセル濃度が増大する事例として、
ドデシルスルホン酸ナトリウムがあり、35℃で0.10mol/lなのに対して、
65℃では0.14mol/lとなり、温度の及ぼす影響は小さいとのことです。

温度の影響が非常に小さいのならば、線形に近似してもそれほど問題はないかもしれません。


人気Q&Aランキング