アメリカで悲惨な事件が起きました
最初に関係者のご冥福をお祈りします

ところで、日本国内にいて何か協力できることはないのでしょうか
例えば募金とか何かあれば教えてください
どんなことでも参考になることがあれば教えてください
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

http://www.donate-for-free.com/index_ja.asp

上記のサイトにある「募金ボタン」を1日1回クリックすると、広告主がクリックをした人に代わって(クリックした人がお金を払う必要はありません)、米国赤十字社へ10円を寄付してくれます。

参考URL:http://www.donate-for-free.com/index_ja.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます
早速募金に協力できました

お礼日時:2001/09/14 17:00

>日本国内にいて


なら、Financial Contributions ですね。

The Tuesday morning tragedies in New York and Washington
resulted in a significant number of injuries and deaths
leaving millions of Americans searching for ways to help.
Numerous federal and local agencies along with private
organizations are seeking assistance from the public.
In a voluntary corporate effort, YesMail offers the
following information as a resource for helping victims.

To Give Blood:
American Red Cross 1-800-HELP-NOW
New York Blood Center 1-800-933-BLOOD

To Make Financial Contributions:
American Red Cross 1-800-HELP-NOW
United Way 1-212-251-4035
Salvation Army 1-800-SAL-ARMY

To Volunteer Services (New York):
FEMA World Trade Center Relief 1-800-801-8092
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2001/09/14 17:02

Yahoo!の特集ページに、募金受付のURLがありました。


下記URLをクリックして、「救援よびかけ」の欄を探してください。
ご参考まで。

参考URL:http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/terrorism_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
さまざまな形で協力できるのがわかりました

お礼日時:2001/09/14 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有償ボランティアという制度の現状教えて

通常より安い等の条件ではあるが、社会貢献としてこれ(安い事とか、ルールの曖昧な部分を含む事等)を許容して行う仕事というものが制度化されれば、もっと高齢者の活用が活発化し、社会の活性化が図れると思われます。働く側はボランティアとは言え気ままな振る舞いを禁じる一方、雇用者は上から目線での命令ではなく、同意に基づく作業というようなことになると思われます。こういう有償ボランティア制度はまだ存在しないのでしょうか。なお、現在存在しているシルバー人材センターは、雇用という形態をとらないので、労働に関する権利関係を曖昧にしたまま、一方では正規の労働のような労使関係を作るなど、ごまかしの制度になっていると思います。有償ボランティアという制度ができれば、スッキリできると思われます。

Aベストアンサー

こんにちは
自分も長年ボランティアに関わっていますが、お互いに謙虚な姿勢で居られる有償ボランティアの推進には大賛成です。
有償ボランティアの取り組みとしては、ずいぶん昔から各地の生活協同組合で「コープくらしの助け合いの会」を立ち上げ、家事支援、子育て支援、通院・外出介助などを実施しています。活動内容は、地域の生活協同組合によって異なるようです。
例としてコープさっぽろの活動です↓
http://www.coop-sapporo.or.jp/activity/tasukeai/index.html
他には、地域通貨(エコマネー)の利用による有償ボランティアも条件さえ整えば有効な手段だと思います。

Qユニセフ募金の協力について

[今日、ユニセフから募金の協力がきました。募金の気持ちはあるのですがユニセフのホームページで確認すると口座番号とか申込みの封書の郵便番号とかが違うんですが本物なのでしょうか。このご時世なので疑ってしまいます。また、送られてきた封書には消印はないし、アパートの階数を書いていました。いままでに住所を書くのに階数を書いたことなど無く、どこで調べたのかも不審でなりません。これって本物なのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。
私もユニセフに、毎月、少額ですが募金しています。
雑誌か何かについていた振り込み用紙で募金し始めたのですが、ユニセフのHPに書いてあったものと同じ口座番号でした。
相談者様の場合、少々疑わしい点があるように思いますので、ユニセフのHPの「ユニセフについて」の項に募金についての問い合わせ用のフリーダイヤルがありますので、問い合わせてみたらいかがでしょうか?

ご質問とはぜんぜん関係ないのですが、何度かユニセフの口座へ直接募金すると、年に一度程度、ユニセフのマーク入りネームシールをもらえるようです。(何度かいただきました)

Q有償ボランティアについて質問です。

お金を貰っているので普通の日雇い労働者と何が違うのですか?

感謝されるなら日雇いより有償やりたくなりますが…

ホームヘルパーやるより有償ボランティアやってますと言った方がイメージよくね?

社会福祉士の勉強していて疑問に思いました…

Aベストアンサー

日雇い労働者は、賃金を目的に労働を提供します。
有償ボランティアは、賃金を目的にしていません。(賃金を目的にしてしまったら、一般的なボランティアという意義から外れます。)

最低賃金や労働保険などの束縛がない状態での賃金が目的の労働提供は、有償ボランティアとは言えません。違法とまでは断言できませんが、お小遣い稼ぎと有償ボランティアの間にも、一定の概念の差はあります。ボランティアだから一切のお礼を受け取ってはいけない!とまではなりません。例えば、お茶を一杯いただくとか…その延長線上に交通費やその他材料費などの実費が支払われるのが「有償ボランティア」と呼ばれるものですよね。

>有償ボランティアやっていますと言った方がイメージよい…
というのは、ボランティアはサービス提供の目的が金銭などの報酬では無いから!であるからですよね。

でも、私は「プロとしてサービスを提供している」ホームヘルパーさんの方がイメージが良いですが…。
プロフェッショナルとして感謝されるサービスを提供するって言うのが一番カッコいいと思いますよ。

Q街頭で毎日のように大勢で募金活動することについてどう思いますか?

私は大阪に住んでいますが、難波や天王寺などの大きな街で、毎日のように募金活動をしている若者を見ます。

彼らは同じ団体に属するようで、大きな交差点ごとに一人ずつ、募金箱を持って募金活動をしています。

このことについて私の意見なんですが、正直、好感が持てません。

狭い地域に何人もの人を配置しても、増やした分だけ募金が集まるわけではないでしょう。

募金活動は自分たちの活動をみんなに知ってもらうためでもあるというのは分かりますが、効率が悪いでしょうし(若い人なので、数を半分に減らして半分の人は働いてはどうかと思ってしまいます。)この不況の中では、裕福な人でない限り、一人が募金をできる限界というのがあるでしょう。

限界があるということは、その団体にある程度募金をしたら、他の団体には募金をしない(あるいは金額を減らす)という人が多いかと思います。

他の団体の募金が減ってしまうことになりかねないので、募金は、震災の義援金のように、活動の日数や募金の場所にメリハリをつけてするべきだと思います。

このような街頭での募金の実態について知っている方は教えてください。

また、みなさんは毎日街頭で大規模に募金活動をすることについてどのようにお考えですか?

病気の人、被災者などへの募金活動に従事されている方で気分を悪くされた方がいらっしゃるかもしれませんが、個人的な意見ですのでお許しください。

私は大阪に住んでいますが、難波や天王寺などの大きな街で、毎日のように募金活動をしている若者を見ます。

彼らは同じ団体に属するようで、大きな交差点ごとに一人ずつ、募金箱を持って募金活動をしています。

このことについて私の意見なんですが、正直、好感が持てません。

狭い地域に何人もの人を配置しても、増やした分だけ募金が集まるわけではないでしょう。

募金活動は自分たちの活動をみんなに知ってもらうためでもあるというのは分かりますが、効率が悪いでしょうし(若い人なので、数を半...続きを読む

Aベストアンサー

まあ・・、その「募金」自体の是非はピンキリですので控えます。

ただ、これを行ってる側の思惑としては
『宣伝効果』、これについてはお察しの通りです。

『研修(洗脳)』、こうした行為をさせる事で、団体への帰属や結束を高め、奉仕の気持ちを与える。
また、質問者さんがおっしゃる通り、そうそう募金をする人はいないですよね?これはどういう心理状態に持っていけるかというと・・。

「なかなか募金してもらえない」→「世間は冷たい人ばかりだ」→「私は正しい事をしているのに」→「やはり私はこの団体で奉仕していこう」→「こんな体験を与えてくれた団体に感謝」→「世の中の人に、こんな尊い行為があるのだと知ってもらおう」→「独善的で一方的な価値観が作り上げられる」

なんていう図式も無きにしも非ずです。
いわば「度胸試し」として街頭に立たせたり、募金という活動を通じて、仲間意識を高め、忠誠心を試す意味もあるのですよ。

むろん・・、それらは歪んだ一部の団体の話、っですけどね。
街頭募金の多くは信用できないのでしません。
本当に募金したいなら、善意銀行や信用できる各ボランティア団体に直接するだけの事ですから。

まあ・・、その「募金」自体の是非はピンキリですので控えます。

ただ、これを行ってる側の思惑としては
『宣伝効果』、これについてはお察しの通りです。

『研修(洗脳)』、こうした行為をさせる事で、団体への帰属や結束を高め、奉仕の気持ちを与える。
また、質問者さんがおっしゃる通り、そうそう募金をする人はいないですよね?これはどういう心理状態に持っていけるかというと・・。

「なかなか募金してもらえない」→「世間は冷たい人ばかりだ」→「私は正しい事をしているのに」→「やはり私はこ...続きを読む

Q介護保険外のヘルパー(有償ボランティア)

独り暮らしが難しくなってきて、介護保険の申請をしたのですが、認定結果が出るまで時間がかかります。それまでに、介護保険外のヘルパー(有償ボランティア)を利用するというのはおかしいでしょうか?(何か問題があるのでしょうか?)

Aベストアンサー

介護保険の申請をされたのなら 認定結果は 申請時にさかのぼれます。

ケアマネジャーに相談して 認定されるのが確実であれば
軽い目に見積もって 介護保険サービスを開始することは可能です。

しかし 認定されることが 微妙な場合は、やはり 介護保険外のサービスのほうが安全ですね。

Q海外青年協力隊と青年海外協力隊について

インターネットで『海外青年協力隊』と検索しても両方でてきます。
青年海外協力隊(JICA)と青年海外協力隊(JOCA)は歴史も青年海外協力隊の方が古いようですが2つはどこが違うのですか?

Aベストアンサー

JICA(ジャイカ)は外務省の関連団体、「独立行政法人国際協力機構」で、「青年海外協力隊」を発展途上国に派遣しています。
もうひとつのJOCAは、「社団法人青年海外協力協会」で、青年海外協力隊帰国隊員が、国内での支援活動を主体とした活動を行なっています。

参考URL:http://www.joca.or.jp/

Q有償ボランティアの報酬について

とある自治体で1時間2000円の仕事をしています。(交通費はその報酬に含まれているので別途には出ません)
(学校に派遣されての仕事です 1回4時間 週2回ぐらいの仕事です)
仕事の形態は有償ボランティアということでしたが、そもそも有償のボランティアがこんな高額な報酬になっているのが不思議に思います。

先日報酬が支払われましたが、給与明細的なものはでないそうですが、
16時間働いたにもかかわらず、28800円の振込みになっていました。

単純に計算すると32000円振り込まれているのですが、税金分がひかれているとなるとなんだか納得いきません。

有償のボランティアでも税金は引かれるものなのでしょうか?
一度問い合わせてみたいのですがあまり労務の知識がないのでその前にアドバイスをいただけたらと思います。

Aベストアンサー

矛盾点というか、

1.有償ボランティアって、そもそもどーなの?
→ボランティアという響きからもっていくと、
日本では”無償”なんでしょうが、
諸外国では有償も多いですよ。手弁当もなんだし、最低賃金に
満たないけど、お願いしますね。という感じ。
労働、として考えたらやってられないなぁ、というくらいの
低い報酬ということでしょう。
(まぁ、ボランティアという表現自体が???という感じです)

今回のケースは・・・有償ボランティアとはいえないような
ものですが、臨時職員としても違うしねぇ。

2.給与所得扱いなのかどうか
時給換算されていますので、給与所得扱いだと思われます。
また、日額9299円を下回っているにもかかわらず、控除されている
ということは、2ヶ月以上継続して、という”雇用条件”のもとに
行われている可能性が高いです。
従って、控除証明書が出ないはずはありません。
自治体であれば、これは”雇用契約ではない”ということで、
有償ボランティアという名前になっているかとは思うのですが、
内部的な処理は、給与としてされています。
→以上の条件より、10%控除はされます。
→控除分は確定申告する必要があります。
→万が一、雑所得とかなんとか言われた時の為に、交通費も、経費として換算できるので、”月何回”そしていくらかかったか、はメモしておいて、領収書はとれるものはとっていてください)

矛盾点というか、

1.有償ボランティアって、そもそもどーなの?
→ボランティアという響きからもっていくと、
日本では”無償”なんでしょうが、
諸外国では有償も多いですよ。手弁当もなんだし、最低賃金に
満たないけど、お願いしますね。という感じ。
労働、として考えたらやってられないなぁ、というくらいの
低い報酬ということでしょう。
(まぁ、ボランティアという表現自体が???という感じです)

今回のケースは・・・有償ボランティアとはいえないような
ものですが、臨時職員としても違う...続きを読む

Q青年海外協力隊について知りたいことが・・

青年海外協力隊について知りたいことがあります。
高校の授業の一環で調べ学習をしているのですが、
「これだ!」という資料にまだ巡り会っていません。

例えばどんなことを探しているのかというと、
・どのような国に派遣されるのか(基準は?)
・どの国にどれくらい人数が派遣されているか比率
 (国単位、地域単位)
・派遣後の成果(具体的な数値やグラフで)
*隊員の方の体験談などをよく見かけますが、
 私は数字で見た協力隊の資料(特にアジア地域)を
 探しています。

私の調べ方が足りないのかもしれませんが、
ご存じの方がいらっしゃれば是非教えてください。
少しの情報でもけっこうです。
お願いします。

Aベストアンサー

下記に青年海外協力隊関連の図書が掲載されています。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/WAKAHARA/book.htm

Q無資格の有償ボランティア

ボランティアで通訳ガイドをしています。最近有償ボランティアがあちこちで出てきていますが、例えば通訳ガイドの国家試験に合格して免許を持っているわけでもない人が例えわずかな額でもボランティアによって何らかの報酬を受け取るということは法に抵触するのでしょうか。通訳ガイドがなじみがなければ、たとえばタクシーの免許を持ってない人が介護の送迎を低料金で行なう場合など、無償のボランティアであれば全く問題にならないことが、有償になったとたん問題になるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

通訳ガイドについては詳しく知りませんが、国家試験があり、免許制になっており、更に同業協会も多数あるようですので、無資格の方が”通訳ガイド”として有償無性に関わらず活動する事自体問題があると思います
(但し問題を問われるかどうかは別問題ですが)

ただ、各自治体の観光ボランティアが通訳を兼ねるという事例もありますので、不問に付す…というのが現状ではないでしょうか?

有償で…という件につきましては、近隣の通訳ガイド協会に相談されてお墨付きを貰えば良いのではないかと思います
(協会からの了解があれば合法性に関する問い合わせは発生しないと思われます)
といいますのは、ご存知の通り、ボランティア関連の事業は今だ法整備が整っておらず、活動の可否の判断基準が大きく
・その活動によって他者の活動(営業等)に影響を与えるか
・(それによって当事者の生活を賄う程度の)営利活動であるか
などの状況に拠っているからです

ですから、あなたとしては、
・不特定多数を対象としない
・個人的に収益を得ない(会として運営金使途に金銭を取る)
・通訳ガイド業全般を網羅するものではない
という点を確認して協会の許しを得るという形にするべきだと思います

通訳ガイドについては詳しく知りませんが、国家試験があり、免許制になっており、更に同業協会も多数あるようですので、無資格の方が”通訳ガイド”として有償無性に関わらず活動する事自体問題があると思います
(但し問題を問われるかどうかは別問題ですが)

ただ、各自治体の観光ボランティアが通訳を兼ねるという事例もありますので、不問に付す…というのが現状ではないでしょうか?

有償で…という件につきましては、近隣の通訳ガイド協会に相談されてお墨付きを貰えば良いのではないかと思います
(協...続きを読む

Q海外協力に行った人が、戦闘に参加することはありますか

可能性として教えてほしいのですが、海外に協力(ボランティア)に言った人が何らかの事情で(戦闘地帯だとして)戦闘に協力するような可能性、または現実にそれが行われたことなどはあるのでしょうか?

お教え頂きたくお願いいたします。

Aベストアンサー

可能性としては「無い」とは言えないでしょうが
相当低い確率だと思います。

そもそも戦闘地域などの危険地域には外務省から退避勧告などが出るか入国出来ない可能性の方が高いと思います。

どちらの見方に付くというより、自らの生命が脅かされる事態になれば当然闘うしかないでしょうけど。

と書いていて思いましたが、

多国籍軍や国連など日本の自衛隊も戦闘地域などでボランティアにあたりますが攻撃されればやり返すでしょうね。
そういうニュースは希にありますよね。

ただ一般人のボランティアでは希でしょうね。


人気Q&Aランキング