http://www.jbpa.or.jp/contract.htm
にありますような『出版契約書ひな型』で出版契約をしており、たとえば第27条に
ある契約の自動更新をしなかった場合、契約期間満了ということになるのだと思い
ます。
そうなると、第1条にあるような出版権の設定というのが契約していた出版社から
はずれるのだ思いますが、これは期間満了となったのだから今まで契約していた
著作物を別の出版社から発行しても差し支えないということなのでしょうか?
極端な話、契約期間満了が2001年11月10のような場合、2001年11月11日には別の
出版社から同じ著作物が発行されていても問題なのかということとかです。
このように極端に満了後すぐにということはまずないことだと思いますが、要は
そのようなことも可能なことが、出版契約を更新しなかったことで可能ではあるか
否か、そのあたりのことに詳しい方がいましたら、ご教示をお願いいたします。

A 回答 (3件)

御承知とは思いますが、まず、第27条に定める期間内に文書による「終了の通知」を出版社に対してしなければなりません。


このことによって、出版権の存続期間が終了し、最初の出版社に設定した出版権は消滅することになります。(著作権法第83条)また、契約も当然終了します。
したがって、あなたには最初の出版社以外に複製・譲渡(本として出版すること)を許諾し、または出版権を設定することを禁止するような契約上の義務も法律上の義務もありませんから、契約終了後に別の出版社との間で出版契約を交わすことは可能となります。

ただし、11月10日に満了して11日に発行ということになると、10日以前に別の出版社と出版契約を結んでいたということが明らかですので、まずいのだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。
私が例にだした、11月10日に満了して11日に発行、というのは少々極端な話でしたが、もし新しい契約を交わすことを考えるのであれば、契約日というのに充分注意を払う必要があるのですね。
ということは、11月10に満了し、11月30日に別の出版社から発行となった場合、契約書は11月11日以降ならとくに問題はないと解釈するのですが、契約が満了をむかえる以前に発行にかかDTPや印刷や製本という作業を行うのは何かしら問題が生じるのか、そのあたりがまだよく分からない点ではあります。発行は満了後から20日程度であって問題なくとも、満了後20日後に別の出版社から発行となると、やはり発行をするまでの作業は満了以前からとりかかるわけですので、そのあたりはどういう解釈になるのか少し疑問が残るところではありました。
出版権が前の出版社にある間に、次の出版社からの発行のための作業を行うということが、出版契約や著作憲法からみるとどうなのかとかですが・・・・。

お礼日時:2001/09/14 16:23

お礼をいただきありがとうございました。

微妙な問題ですね。
契約については、「出版」というのがどの段階を指しているのかはっきりしないこと、3ヶ月前には既に終了の意思が明らかであることなどいろいろと勘案すべきことがあります。
ただ、法律については、出版権の設定期間中は、出版権者が「印刷その他の機械的又は化学的方法」により複製する権利を専有していますから、他の者が印刷などを行うことはできないことになります。(著作権法80条)

DTP作業はどうか、校正はどうか等々詰めていけばいくほどわからなくなるのですが、「印刷」まで行くと法律上はほとんど黒で、それ以前の状況は契約上グレーであると考えてよいのではないかと思います。
実務上どのようにしているのかはわかりませんので、どなたか他の方の御回答をいただきたいところです。
    • good
    • 0

 可能ですし、出版界では、このようなケースはよくあります。

下のHPが出版契約について詳しく書かれていますので参照願います。

参考URL:http://www.big.or.jp/~daba/copy/890217pub1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示していただいたHP拝見しました。当然のことなのかもしれませんが、著作権法から出版契約書の内容についての解説がなされていたので、参考になる部分の多々ありました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 16:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約社員の期間満了による退職は会社都合?

パートタイマーとして2年強勤務した人に対し
契約期間の満了にともない、契約を更新しない
こととしました。
離職票の離職理由は2-(3)の「労働契約期間満了による離職」で「事業主の意志により契約更新せず」となります。

この際、職安側としては、「会社都合」として
扱うことになるのでしょうか?
(最低でも7日の待機で手当は支給されると思うのですが・・・)

また、その際、会社側は雇用に関する助成金等の
受給ができなくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.esprit.co.jp/~kitamitingin/kikanmanryou.htm
ここを読んで見てください。
何回継続したかみたいです。

Q契約期間満了後の有給休暇消化の可能性について

派遣社員です。今年の3月31日で満七ヶ月の契約期間を満了します。4月以降も更新して4月31日に退職することで派遣先の上司とは話が付いておりました。また実際に仕事をするのは4月20日までで後は有給休暇を消化するため欠勤扱いとしてくれる事で上司と話が付いていました。しかしそのことを派遣会社に話すと有休は取らせるつもりはないので契約の更新はもうしませんと行ってきました。どうやら更新はなさそうです。私は10日の有給休暇を消化することは3月23日の今日現在もう不可能なんでしょうか??
知っている方どうか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

単純に、日数的に無理のようです。
有給消化のために満了の契約より1カ月更新なんて!しかも、派遣先の上司とそのような交渉をするなんて考えられません!
もし、有休消化をするのであれば契約期間中にするべきだとおもいます。
派遣先の上司が許可してくれるなら(仕事上問題が無ければ)残日数分の有休消化は可能かもしれませんが・・・

Q著書を出版している出版社が倒産して、困っています。

2009年4月に出版会社、雄鶏社が倒産しました。

同社で出版しているのですが、
書店やインターネットで販売されている書籍はどうなりますでしょうか?

また、本がもう売られないということであれば
書籍の内容や写真などを著者としてインターネットや他の教材として利用しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

小説の出版には、著作権を作家が持っている場合がおおいです。 出版する権利を与える。

角川書店で、多数の人数の作家が引き上げたことがあり、新聞の掲載されていました。

著作権が誰にあるか不明では、回答できません。 破産管財人に確認を?

Q派遣 契約期間満了前の退職

もし派遣で働いた場合ですが、人間関係に問題があった場合、契約期間満了前に退職する場合は、法的に大きな問題はありますでしょうか?
他のサイトで派遣先から損害賠償されることは滅多にないとの事ですが、人間関係を理由に退職する場合は基本的に認められない事でしょうか?
少しの期間派遣で働く事になりそうなので。
原則法的な部分と、実際中途退職する際の実際の派遣業界の現状を教えて頂ければと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

問題の内容を上司に相談します。
会社に問題解決のための請求を行います。
・トラブルの元凶となっている担当者に注意
・配置転換
・業務内容、業務処理手順の見直し
など。

そういう問題解決のための努力(請求)を行ったが、自身の責でなく、会社の都合により問題が解決せず【やむを得ず】退職する場合、会社都合の退職として処理可能です。
転職に有利ですし、代替の業務が見つからなければ、派遣の場合も失業手当の給付があったかと。

--
> 契約期間満了前に退職

上司や派遣担当者などとの話し合いで解決できるのであれば、双方合意の上で、例えば契約期間を本日までに前倒しするよう契約変更すれば、誰も契約違反せずに済みます。

Q代理人としての出版社との契約

よろしくお願いします。
外国人の著者の海外で出版されている本を、この度日本で翻訳して出版することになりました。

私は著者とはまだ面識がなく、版権を持ってる外国人の友人からの依頼で日本国内の出版社を探してて、運良く見つかり今回条件によっては契約になります。

当初友人は私には、著者からもらう友人の取り分の半分をくれるという話で、著者と出版社が直接契約するような形を考えてました。しかし、出版社の話ですと、日本で契約するなら国内の代理人の私を通してする方がスムーズに契約できるということで、私が著者の委任状を取って、代理で契約することになりそうです。

ただ、本当に私自身は素人で契約のことが全然分からないので、あまり知識がないまま契約してしまうのも危険かと思います。基本的にはどのように契約が進むのか、代理人になる場合は手数料としては別途契約しておいた方がいいのか、あと注意するべき点などあったら、教えていただきたいのです。

というのも、来週著者の国に行って、その際、国際電話で話し合い、合意に達すれば契約する予定です。ちょっと分かりづらい点がありましたら、補足いたしますので、本当に基本からで申し訳ないのですが、基本的な契約の流れと注意点など教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
外国人の著者の海外で出版されている本を、この度日本で翻訳して出版することになりました。

私は著者とはまだ面識がなく、版権を持ってる外国人の友人からの依頼で日本国内の出版社を探してて、運良く見つかり今回条件によっては契約になります。

当初友人は私には、著者からもらう友人の取り分の半分をくれるという話で、著者と出版社が直接契約するような形を考えてました。しかし、出版社の話ですと、日本で契約するなら国内の代理人の私を通してする方がスムーズに契約できる...続きを読む

Aベストアンサー

出版業界に関してそこまで詳しくありませんので、対価に関しては正直わかりません。交渉次第だと思います。時間給にするか、日当にするか、もしくは包括的に契約されるか、正直色々あります。
経験がないことを差し引いても、翻訳・通訳をすることやリスクなど考えて安くはないと思います。
代理人をされるのであれば、著者への対価は出版社から直接振り込んでもらうようにされたほうがよいと思います。
また、著者と出版社との契約がうまくいかなくても、最低限それまでにかかった費用はもらえるように、その他本契約の方向性を示した覚書(Memorandum of Understanding)を簡単にでも結んでおいたほうがよいと思います。
これは著者とも結ぶ必要があります。契約前は半分払うといっていても、いざ契約を締結したら、やっぱり嫌となるかもしれませんので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報