私の父(66歳)の相談です。平成9年に脳内出血で倒れ、暫くはリハビリなどに
励んでいました。しかし、心筋梗塞、胆石などになり その度に医師は
「今回は覚悟してください!」と言っていましたが、奇跡的に助かったようで
皆驚いていました。結局現在は療養型の病院に、入院し寝たきりの状態です。
左半身麻痺で特に 左のお尻がひどく痛み 1日1回の座薬を頂いていますが
本人は効かないと言っています。先生に言っても相手にしてもらえず
早く死にたいと、お見舞いに行くたびに泣いています。
何か良い方法はないでしょうか?宜しくお願い致しますm(_"_)m ペコッ!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

入院なさっているとのことですので、この回答が適当なものかはあまり自信がないのですがヒントにでもなれば幸いです。


今、痛みを軽減するための「ペインクリニック」という診療科があります。「ペインクリニック」で検索するとたくさん出てきますので、メールを受け付けている病院などを探してあなたのお父様のケースがどうにか出来るものかを相談してみる価値はあるかと思います。参考URLはペインクリニックが何かを説明しているHPです。
ただお父様が死にたいとおっしゃっているところから察すると、お医者様にも病院にも信頼をなくしている状態のようにお見受けします。転院したりすることはできないのでしょうか。それだけで状態がよくなったりすることも考えられます。なんとかお父様の気持ちを優先してあげられたらいいとは思いますが…。
お父様もご家族も快適に毎日過ごせるようになるといいですね。大変でしょうが、頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~YQ4Y-MRMT/pain.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(_"_)m ペコッ
さっそく調べて見ます。
お察しの通り、医師等に対する信頼などは 全く無くなってしまいました。
>お父様もご家族も快適に毎日過ごせるようになるといいですね。
本当にそう思います。やさしいお言葉心から感謝致します。

お礼日時:2001/09/14 01:53

床ずれ(褥創)ができていませんか?


療養型病院、半身麻痺、寝たきり、麻痺側のおしりの痛みと言われると先ず最初にこれを思い浮かべてしまいます。
寝たきりの患者さんに褥創を起こさせないためには長時間の圧迫を避けるため頻回に体位を変換させる必要がありますが療養型病院の場合マンパワーの不足からこれが以外とおざなりになっている場合があります。
また褥創はひどくなると骨がでてくるほどになったり感染から敗血症に成ったりすることもあるのに意外と医師の中には重視していられないかたを見かけます。お父様のお尻をみて褥創があるようなばあいはきちんとした管理のできる病院に移るとか褥創の専門家(形成外科の先生などが得意の様です)にみせると言った対処が必要かもしれません。
褥創が無く、脳内出血の後遺症で体のあちこちに痛みを感じている場合は治療は難渋するかもしれません。また、先の方々のおっしゃるとおり坐骨神経痛などの場合はペインクリニックを受診されることもよろしいかと思います。
お父様の痛みが改善されるようお祈りもうしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いますm(_"_)m ペコッ
褥創は出来ていません。前に2度程出来かけた事はありました。
お察しの通り、後遺症のためにあちらこちらが痛いようで
先生からも「後遺症だと思われるので、仕方ない」と言われた事も
ありました。坐骨神経痛と言われた事も・・・。
色々な病院を転々としていましたので、先生方により様々な診断が
下されました。何とか少しでも穏やかに、時間を過ごしてもらいたいと
願っています。

お礼日時:2001/09/15 23:55

左のお尻の痛みの原因が不明ですが、坐骨神経痛のようなものならブロック注射やマッサージなどで対応できるでしょう。


当然、片麻痺の方にもぎっくり腰や五十肩もあります。
色々な疾患を抱えているようですが、体位変換やリハビリは受けているのでしょうか?
それともリハビリできないほど衰弱していたり、血圧や脈拍などが安定していないのでしょうか?
私の友人(鍼灸師)は、最近片麻痺のぎっくり腰の治療に往診に行っているということです。
実際に私のところにも西洋医学に見放された方が治療にいらしゃいます。
これは西洋医学を批判しているわけではありません。
西洋医学で予後不良の場合、東洋医学でも予後不良の場合が多いし、そういう意味ではあまり差はありませんが、治療観・方針の違いから多少の違いが生まれます。
鍼灸師の中には家族の依頼で、医師の了承を得て病院まで往診に行く方もいらっしゃるようです。(嫌がられる場合が多いですが)
これは極端ですが、ご家族の方が諦めずに回復を願うなら、体位変換・座位保持・車椅子・起立訓練・歩行訓練などを少しずつするのが良いのですが、リハビリの協力がなければ中々難しいのかもしれません。
実際にはベッドサイドのリハビリは看護婦や、昔でいえば付き添いのヘルパーさんがしていたようなごく簡単なものでも効果があります。
ただ動けるようになると当然活動範囲が多少でも広がるため、周りの方の手間は今以上に大きくなる可能性があります。
循環器・脳外科疾患がある場合は、血圧などのコントロール下でのリハビリが原則ですので、もう一度担当医と相談する必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。m(_"_)m ペコッ
前にいた病院では坐骨神経痛かもしれないと言う事で、神経ブロック注射を
何週間か受けていました。本人は「わずかに効いたような気がする。」と
あまり実感がなかったようです。
リハビリは現在全くしていません。
体位変換は片側方向にだけは、自分で出来ますので 時々動かしているようです。
脳内出血の後遺症での痛みでも、鍼灸師さんは見て下さるのですか?
何とか少しでも、笑顔を見たいと願っています。

お礼日時:2001/09/16 00:11

わたしは、万が一の場合に備えて、「尊厳死協会」に入っております。


何かの末期ガンの方の苦しみを知ってから、延命治療に疑問を持つ
ようになりました。協会には、趣旨に賛同される医師のリストもあります。
治る見込みもなくどうしても耐え難たい患者に対するモルヒネの使用など
があるそうです。
http://www.songenshi-kyokai.com/

参考URL:http://www.songenshi-kyokai.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いますm(_"_)m ペコッ
そうですね、母は1年半前に肝臓癌で亡くなりましたが
最後はとても苦しがっており、延命治療はしませんでした。
とても辛かったのですが、本人が1番望む方法をとってあげたいです。

お礼日時:2001/09/14 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肩関節周囲炎(五十肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    肩関節周囲炎(五十肩)とはどんな病気か  中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛み(疼痛(とうつう))と動きの制限(拘縮(こうしゅく))を伴う病気の総称です。肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。  五十肩の定義についてはいろいろな議論がありましたが、現在では広義と狭義の2つのとらえ方が一般的です。広義の定義では肩関節周囲炎と同じですが、狭義では疼痛と拘縮を伴う肩関節(凍結肩(とうけつかた))のことをいいます。 原因は何か  関節を構成する骨、軟骨、靱帯(じんたい)や腱(けん)などが老化(変性)して肩関節の周囲組織に炎症が起...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片麻痺の人の便利用品

父が片麻痺の上、一人暮らしをしています
ハンガーに服をかけるのも不自由な思いをしています
片麻痺の人の生活便利品を紹介してください

Aベストアンサー

こんいちは。
孫の手、一つあるとすごく便利ですよ。
手の部分が丸っこいお匙みたいなやつじゃなくて、手みたいにかたどって作ってあるようなやつがいいです。
ハンガーにかけるような時も手の部分で難なく掛けられます。
また、麻痺してる側にある物を取る時にも重宝しますし、慣れると、反対側と突いて、起き上がる時の杖みたくも使えます。
反対側に机や椅子につける滑り止めゴムのキャップをつけるか、滑り止めシートを小さく切って接着しておくといいです。

Q心筋梗塞と急性心筋梗塞

心筋梗塞と急性心筋梗塞の違いってなんでしょうか?
とても気になるので、どなたか教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機能できるのです。

急性心筋梗塞は何かしらの原因で血流が阻害され起こる心臓のダメージの状態で、その後生き残った後で心筋の一部が機能停止状態、先ほどの霜降り状態を心筋梗塞の状態と表現します。

その後もそのダメージが持続し、繰り返せば慢性といったり、その中間を亜急性と表現するのは疾患の時間的経過を意味するだけです。

つまり、急性は短時間に病態がすすむことで、心筋梗塞が急に起こった状態を表現しているだけです。

一度機能を完全に停止した心筋は線維組織等に置き換わり再び前と完全に同じ状態にはなれませんが、ダメージが軽ければ生存できます。しかし、心臓の収縮の異常が起こりやすく、専門用語でリエントリー回路を作りやすいので、心臓発作等が起こりやすくなります。

専門用語を使用しないと説明できないので、ちょっと分かりにくいと思いますが、あとは医学書や一般向けの説明のホームページを見て下さい。私の過去の回答のHPも役に立つかも知れません。

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機...続きを読む

Q片麻痺患者の車椅子の注意点について・・。

介助側は、片麻痺の患者さんの車椅子移乗時と車椅子操作時にどんな事に注意すればいいでしょうか?ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれば、アームスリング(三角巾でも可)で麻痺側を損傷しないよう保護したりします。

車椅子乗車時ですと・・・全介助レベルだと座位バランスも悪いと考えますが・・・ベルトやカットテーブル(車椅子の上にテーブルで固定してずり落ちないようにするもの)を使用したりします。

あと、目を離すときは、ブレーキ・フットレストはかならず確認する・・・。

こんなことでよいのでしょうか?他に何か知りたいですか?一応、リハビリ病棟で働いていたことがありますので参考にしてみてください・・・

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれ...続きを読む

Q昨年の12月に交通事故にあいまして、左耳の耳鳴りや難聴、左肘と右手親指

昨年の12月に交通事故にあいまして、左耳の耳鳴りや難聴、左肘と右手親指付け根を骨折しました。耳と骨折は別々の病院で診てもらっていました。ともに治療は終了し、自賠責の後遺症診断書を書いてもらいました。耳の方はしっかりと書いていただき、こちらとしても安心しています。

ただ、肘と右手親指付け根の骨折については、ひどいもので、左肘は治るので右手親指付け根だけ書いておきますと言われ、障害内容の増悪…には「痛みが継続すると思われる」としか書いていません。さんざんDrに説明するも右手のみしか書いてもらえませんでした。かなり面倒だな~という表情でした…。

実際には
【右手親指付け根の痛み】
・仕事で自転車を使い利用者宅の訪問を行うのだが、自転車のブレーキを頻繁に握ったり、急ブレーキ時に痛みがある。右手を使いすぎると翌日まで痛みがり、痛みで力が入らない(結構痛いです)。
・ペンを持って書類に字を書く時、書き過ぎると痛みが出る。
・拍手をする際、患部に触れると痛い。
・パソコン等の板状のものを持つと痛い。

【左肘】
・自転車の急ブレーキ時痛みがある(結構痛いです)。
・机に肘を突いたり、うつ伏せ状態で肘をつくと痛い(結構痛いです)。
・腕を伸ばした状態・曲げた状態共に力を入れると痛い。

等々。

正直、主治医に書き直してもらうか、別のDr書いてもらいたいです。

このような経験をされた方や、診断書の書き直しや別のDrに書いてもらった?っという方がいましたら御指導いただきたいです。よろしくお願い致します。

昨年の12月に交通事故にあいまして、左耳の耳鳴りや難聴、左肘と右手親指付け根を骨折しました。耳と骨折は別々の病院で診てもらっていました。ともに治療は終了し、自賠責の後遺症診断書を書いてもらいました。耳の方はしっかりと書いていただき、こちらとしても安心しています。

ただ、肘と右手親指付け根の骨折については、ひどいもので、左肘は治るので右手親指付け根だけ書いておきますと言われ、障害内容の増悪…には「痛みが継続すると思われる」としか書いていません。さんざんDrに説明するも右手のみし...続きを読む

Aベストアンサー

>正直、主治医に書き直してもらうか、別のDr書いてもらいたいです。このような経験をされた方や、診断書の書き直しや別のDrに書いてもらった?っという方がいましたら御指導いただきたいです。

 後遺障害等級審査は、後遺傷害診断書の自覚症状欄に記載されている症状が、将来にわたって改善できない症状である場合に、後遺障害として認定されることになります。
 また、ただ単純に症状があるというだけではダメで、その症状を裏付けることができる医学的所見も必要ですし、日常生活や就労に影響がなければ対象とならないこともあります。
 おそらく主治医は長年の経験から、対象とならないだろうと考える症状を除外したのでしょう。
 質問者さんがそのことに不満を持たれるなら、作成してもらった後遺障害診断書以外に、別紙に「自分の症状」と「日常生活の状況」を記載した「陳述書」を添付して提出するという方法があります。

 第一次的に後遺障害等級審査を行うところは調査事務所というところですが、後遺障害診断書に添付する形で提出された陳述書の内容についても、ある程度きちんと審査してくれます。
 ただし、後遺障害診断書に記載されていない症状が認定されるか否かは責任もてません。
 また、無理をして後遺障害診断書を記載してもらっても、審査で認められるかどうかも分かりません。
 つまり、書いてもらえば等級が取れるということではないということです。
 それよりもむしろ気になる点は、「左耳の耳鳴りや難聴」は耳鼻科の診察で無ければならず、その中で聴力検査は6分法によらなければなりませんし、平衡機能検査等がなされているなら、そういう検査資料の添付も必要になります。

 整形外科の場合は、骨折等が明らかで、骨癒合状態は画像確認ができますから、骨癒合状態等の確認は比較的簡単です。
 関節可動域制限や神経不全麻痺等の病態がない限り、上記陳述書を作成・添付する方法で十分と考えます。
 もし、審査結果の回答に記載されていなかったときは、その時にどうするかを検討されると良いと思います。
 実際に陳述書を添付することで、調査事務所書がきちんと審査していた事例を、何度も見ていますので安心されて良いと思います。

>正直、主治医に書き直してもらうか、別のDr書いてもらいたいです。このような経験をされた方や、診断書の書き直しや別のDrに書いてもらった?っという方がいましたら御指導いただきたいです。

 後遺障害等級審査は、後遺傷害診断書の自覚症状欄に記載されている症状が、将来にわたって改善できない症状である場合に、後遺障害として認定されることになります。
 また、ただ単純に症状があるというだけではダメで、その症状を裏付けることができる医学的所見も必要ですし、日常生活や就労に影響がなければ...続きを読む

Q片麻痺がある人の…

片麻痺がある方のオムツ交換や陰部洗浄は、何か特殊な方法で行うのでしょうか?それとも、体位を工夫するだけで構わないのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけませんか☆

Aベストアンサー

排泄ケアにおいて片麻痺の有無は特に関係ありません。

更衣や摂食機能訓練(食事)、入浴、移動方法は
その方にあった工夫が必要です。

Q座薬について

このカテゴリーでいいのかわからないのですが、薬というカテゴリーがなかったので,質問させていただきます。

椎間板ヘルニアなのですが、主治医からは保存療法でよくなると言われています。疼痛をコントロールするため,ボルタレン座薬とソレトンをもらいました。長期間の使用になりそうなので、最小の使用量で生活、仕事に支障が出ないようにするためにうまく組み合わせていくようにしたいのですが、そこで質問です。

ボルタレン座薬は腸内にどれ位留まっていれば有功に作用するのでしょうか。生活習慣上の排便の時間と最も鎮痛効果を得たい時間帯との組み合わせを考えると、いつ使ったらいいかということなのですが。ご存知の方,もしくは参考になるホームページなどを教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ボルタレン座薬は腸内にどれ位留まっていれば有功に作用するのでしょうか

多少の差はあると思いますが
製薬会社さんによると 40分でほぼ吸収し終わっていると考えていい とのことです。

排便時薬剤が有形のまま排出されていなければ良いわけで、でちゃったら確認するというか…(仕事の場合は…可能な限り確認とりますが、20~30分経過していればそのまま薬効を見ます) 
ご家庭では 万一でちゃったかもしれない というときは 効果時間が短くなるかもということで覚悟しておく。時間が経過したら(疼痛の状態により)再度使用する ということかと。
入れた直後は便意誘発しますが、少し奥に入れるようにすると、しばらくすると収まるはずです。(入り口付近にあるといつまでーも違和感があるかも)

参考URL:http://www.voltaren.jp/faq/q_045.html

Qジムに片麻痺の老人を連れてくる家族

ジムに行っています。ジムに老人がいるのですが明らかに体不自由な老人、体が満足に動かない、歩くことも困難な老人がいます。彼らはトレーニングできません、せいぜい徘徊だけです。
一人では来ることも出来ませんから家族が連れてきてホッタラカシにしてそのような老人はスタッフが面倒見ています。
なんでジムに体が満足に動かない方麻痺の老人がいるのでしょうか?
若者、女性は気味悪がってジムから去っていきます。片麻痺の老人は歩くこともおぼつかなくてヨタッテ他人に倒れこんだり他人におぶさってきたり付きまといします。
このような老人を受け入れるジムにも問題あります、ジムに真剣にトレーニングしている人から苦情殺到しています。
なんで介護施設にいるような片麻痺の老人を家族が連れてきてジムにホッタラカシにするの?
デイケアセンターに行かれないのですか?
困っています。

Aベストアンサー

まずその施設としてですが 施設的に○○な方お断りと書かれている案内に該当しない限り受け入れなければ問題ありになります
たとえば刺青ダメとかって明記されてれば断れる口実にはなります あとは泥酔されている方とかいろいろありますね
ただ片麻痺の方お断りって書いてると人権団体からいろいろと言われます 「麻痺があるとトレーニングをしたらダメなのか!」とかね
ま、ある意味そのご老人の方も真剣にトレーニングに来ているんでしょうね。
っでジム内に関してはトレーナーの方がついているのならご家族さんがわざわざついて回らなくてもいいと思います。
デイケアに行くかどうかは家族さんとご本人さんのいこうなので何とも言えませんね。
しいて言えば片麻痺だからジムに行ってはならないってのもないし ジジババだからデイケアとかデイサービスしか行ってはいけないってこともありませんからね

ま、困っているのならこんなところに相談せずジムに掛け合うしかないですね

Q座薬について

座薬についてなのですが、肛門に入れさえすればよい思っていたのですが(もちろん出てこないように)、直腸の血管(静脈)の走行によって溶けた薬剤が門脈に入ってしまい予測した通りの効果が期待できなくなってしまうこともあるのでしょうか?、また、そうだとしたらなんという静脈血管の名前を通り門脈にいくのでしょうか。
また、直腸のどのあたりに(どのくらいまで)座薬を入れたらよいのでしょうか。
是非、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 直腸の血流は、腹部大動脈の分枝である下腸間膜動脈から(下降結腸から直腸まで)血液が送られています。胃から直腸までの静脈血は門脈を通って肝臓に帰りますから、上部の(肛門からいうと奥深くの部分)では、門脈に薬が流れて行く割合が多くなると思います。
 一方、殿部の筋肉や皮下組織には、総腸骨動脈の分枝である骨盤動脈(手元に解剖学書がないので、名称は不正確かも知れません。)よりの血流が流れ、それとほぼ平行して流れる静脈で総腸骨静脈から腹部大静脈へと帰ってゆきます。
 肛門部は、ちょうどその二つの血流の境目にあたるところですので、門脈にも薬が流れて行くのはある程度避けられないと思います。
 ですが、ほとんどは骨盤系統の静脈から薬剤が吸収されると思いますので、普通に今までどうり使用されれば良いと思います。
 よっぽど特殊な入れ方で、奥まで入れない限り、門脈に流れる為に薬効がなくなるとは、考えられません。

Q片麻痺の姿勢

片麻痺(右)の人が、座っているときは左に傾いているのですが、立っているときは右に傾いています。
なぜ姿勢によって傾く方向がかわるのでしょうか???

Aベストアンサー

座っているときに左に傾く理由は二つ考えられます。一つは、体の部分の右半分の筋力(腹筋、背筋など)が弱いために、体を骨盤に対して引き上げることができないために左に倒れてしまう、というもの。もう一つは、右の股関節が曲げにくい緊張が伴っていることが考えられるので、座った場合に右股関節が伸び気味になっているため、左に倒れてしまうことが考えられます。

立っているときに右に傾くのは、右の股関節の筋力、特に中殿筋といって立つときに体をまっすぐに支える筋力が弱いために、重さでバランスを取る意味で右に体を傾けることが考えられます。右片麻痺の場合、立ち姿勢で中殿筋が弱く、右に傾く場合と、反対に左に傾く場合もあります。

実際にどうして傾くのかは、体の各部分の筋力を細かく調べたり、座っている姿勢や立っているところを観察しないと分かりませんが、おおむねこのような理解で良いのではないでしょうか。

Q心筋梗塞とタバコ

3週間前、ゴルフ場で急性心筋梗塞でたおれ、二日後に意識が戻りおかげ様で生命は取り留めました但し、心臓の3分の1の筋肉が壊死しもとの戻りません。主治医はタバコは絶対駄目!!と言っていますが、一日30本吸っていたものを6本程度吸っています。絶対駄目ですか?因みにタール1mgニコチン0.1mgと薄いものですが薄い、濃いは関係ないのですか?

Aベストアンサー

おやおや・・・ですね~。

ちなみに、mori22 さんのニコチンシール、似たようなのにニコチンガムもありますけど、血管を収縮させるのはニコチンの作用ですから、これじゃ意味ありませんよね。

30本でも6本でも吸っている時に取り込むニコチン量は同じです。蓄積量は減りますけど、6本も吸ってれば血中のニコチンは下がらないでしょう。

薄くても作用はあります。

心臓の三分の一が死んじゃったのに止められませんか???


人気Q&Aランキング

おすすめ情報