今朝、福田官房長官が但し書きをつけましたね。
 小泉首相の「全面的に支援する」でしたか?あの言葉はとても、非常にまずくありませんか?言質を取られたらどうしようもありません。各国元首がテロに対する批判に徹している中で他に言いようもあったのでは。
 問題は二つ、
1.「何に対してどこまで支援するか」という目的語が抜けているため、どのようにでも解釈されてしまうのでは?
2.国としての主体、意思を放棄するとも取れる、言葉一つで日本の対外評価をがっくり下げる言葉ではないのでしょうか?
 常に2言多いといわれる私に取ってさえ、「これはまずいよ~!」と慌てさせた小泉首相の発言。本当にまずいかどうか、皆様のご意見を伺いたい。
 聞いてみたところバイト先の店長は同意見で「今はごたごたしているから誰も何もつっこまないけど、前森首相の失言と同じ。後になったら野党がいろいろ言うのでは」というものでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

まあ、あの人の場合精神的に「ハイ」になる危ないところが有ります。


改革の時には必要なキャラクターかもしれませんが・・・。
「良い面のみが機能して大過なければ良いが」と思っている人も私の周りにも大勢います。
米国が冷静であまり期待していない事を祈るだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>米国が冷静であまり期待していない
 冷静ではないようですが、ブッシュ大統領もわかりやすい方でおざなりのように「日本の支援が得られてうれしいが、」の後、「プーチン大統領の支援をとりつけられたことはもっと嬉しい」と。やっぱり白人である自分とルーツを同じくするヨーロッパの方を向いているみたいですね・・。テロ後の日本のあからさまな優先順位の低さを見ても。
 ところで、最近市民レベルでは軍事報復よりもその他の解決を望むという声が日本のメディアでは取り上げられるようになりました。しかし、国としてのアメリカは以前強硬姿勢で耳をふさいだも同然です。タリバンとの交渉はしない、しかし(タリバンにとって英雄である)容疑者は引き渡せ。
 どちらが、本当のアメリカなのでしょうか。どちらが、本当にアメリカの大多数の言葉をあらわしているのでしょうか?
 テロの映像を見て涙した私ですが、無実のアフガニスタン国民のためにまた涙しなくてはならないのでしょうか?

お礼日時:2001/10/02 19:24

小泉首相の「全面的に支援する」・・・この、発言を意味するものは、”野党”的に回答すると、確かにYusuraさんの言う通りとなりますが、しかし”日本国憲法”の範囲内で、全面的に。

と云う意味です。で、”各国元首がテロに対する批判に徹している中で他に言いようもあったのでは?”とありましたが、各国元首がテロに対する批判に徹している中だからこそ、日本の首相が今回の様な発言が可能であったものではないか、と私は思います。今回の”テロ”事件の中、アメリカに対して批判的に対応する民主主義国家は100%ありませんし、国連の支援も間違えなく出来ます。(常任理事国は全て、中国もまた、ロシアも。)アメリカの支持をするものと思われます。
確かに国家元首の発言と云うものは私的であっても、公的であっても、一つ一つ大きな意味がありますが、今回の小泉首相の発言に対してあれこれ言うのはおそらく、現国家の反対政治組織や、野党側くらいでしょう。
    • good
    • 0

私はYusuraさんの観点では特に問題に感じませんでした。


というのは以下の2点の理由によります。
1.「支援」という言葉は、主体的に何かを行う者がいてそれに対する「支援」であるので、主体となる者が何をするか具体的に決まっていないのに、支援する内容について具体的に言いようがないのは当たり前だから
2.全面的支援=求められたことは全てやる、ではないでしょう。とりあえず現状では「派兵」は法的にできないわけですし、金銭的支援を求められたとしても、極端な話国家予算を超える額をも求められても絶対応えられないでしょう。アメリカその他の国々がどのような行動を起こしても、もしくはどのような支援を求めてきても、日本という国として「全面的に支援する」ということで言葉として全くおかしくないのではないですか?

むしろpartsさん同様、他人事としか捉えていないことの方が問題だと思いました。もし、アメリカが何かしらの行動を起こした際、少なくとも金銭的に日本が支援することは目に見えてます。それをさせないためには、日本にあるアメリカの基地ではなく、首相官邸・国会議事堂・東京都庁(象徴てきですが)などが標的になるのは想像に難くありません。そちらはどうなんでしょうね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご意見ありがとうございます。ちまちまと回答いただいた分を引用しては反論していますが、以下に述べることを、yama_xさんへの攻撃だと受け取らないでくださいね。

>主体となる者が何をするか具体的に決まっていないのに~
 私が、「まずい」と感じる理由の1つ、先走りすぎや!ていうことです。そう、何にも決まっておらず、各国首相(と引き合いにだしますが)全員はほとんどお見舞いとテロへの怒りしか口にしませんでした。そこへ、一人、その後の行動についての支援を述べるというのは・・。日本語と英語の解釈の違いも出てくるかもしれませんね。
 もし、yama_xさんが当て逃げにあって入院されたとします。かけつけてくれた知り合いのかたがたが口々に「怪我は大丈夫?」「ひどい目にあったね」などと慰めてくれるなか、一人だけ勇み足で「で、どうするの?手伝ってあげる!」といわれたらナニこいつ、って思いませんか?(^^;)

 それに、全面的支援とは確かに求められたこととイーブンではありません。でも、「何でも」って結局求められるよりも広い範囲をってことにもなってしまうでしょう。言葉の選びようがほかにもあったのでは、と思ったのです。
>日本という国が~
 のあたりは納得できますが。

 また、この質問をしてからはや2週間が過ぎ、自衛隊の派兵も決まってしまいましたね。少なくとも、湾岸戦争の反省らしいものはあったのだということを感じました。遅きに失したということでしかありませんが。
 なぜ、湾岸戦争終了後にこういった話題をもっと突き詰めなかったのでしょう。

お礼日時:2001/10/02 19:10

1.「何に対してどこまで支援するか」という目的語が抜けているため、どのようにでも解釈されてしまうのでは?



いやそれよりは、私としては米国の思うつぼで間違いなくこの発言は読まれていた通りか、それ以上に日本には悪い発言でしょう。
それに当初から、米国からの支援要請もないのに、自衛隊を米軍基地の守りにつかせようとか・・・米軍基地は最高レベルの緊急体制を敷いているし、軍事基地ですよ。自衛隊が支援って何するの・・・自衛隊は国民の安全を心配すべきで、何の要請もなく最初からアメリカ軍基地を最初に守ろうかって変だよ。まずは国民全体をカバーした上でなのに・・・平和ぼけかね?
しかも税金ですよ。テロが日本国内の他の場所でもあり得るのに・・・悲しいですよ。

そのあとで、これですよ。まあ、最初から期待されていない国でたぶんこれに相当する言葉はくると考えていたでしょう。日本は資金源としか見られていないでしょうし・・・こういう回答が続くなら、この国は変わらないかな。
具体策とまでは行かなくても、支援のある程度の道筋を提示しても悪いことではないですよ。全面的だと何か頼まれたときに否定はできませんよ。
少なくとも被害国の一つとして、できる限りはというぐらいで抑えるべきでしたでしょう。(たぶん、こういう回答がくると思っていたのではないかな、米国は)
確かに致命的な失言でしょう。人気があるからテレビがたたかないだけで、正直者?の森さんならもう「ぼこぼこ」です。

まあ、期待はしませんがこれからが問題でしょうね。
戦闘になるなら、どう支援要請がくるか、どう対処するか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私の主旨は、「テロ直後であったのだから、まだ何も決まっていない支援のことはあとからもう一度声明を出せばよかったのでは」ということです。支援のある程度の道筋は、後からでも間に合います。いわばテロへの感想みたいな声明だったのですから、まだ決まっていない事に対し「全面的に援助と協力をする」ではちょっと。もし、日本にとってまずい支援を割り振られたらどうするのでしょう。
 回答ありがとうございます。
 
 「人気があるから」には私も同感です。実際のところ、今回の件を別にしても首相は着任以来もう数ヶ月以上たったのに「抜本的改革」らしいことは何一つ発表していません。何かアイデアがあるにせよ、どのような筋道でどういう基本的理念をもとにどのような状態に持っていきたい、そのために何をしたいぐらいは言ってもばちは当たらないと思うのですが。
 ぐちはさておき。

お礼日時:2001/09/16 03:42

たしかに「派兵も辞さない」ととられる可能性はあります。

もちろん日本には出来ませんが・・・
しかし今回のように多国籍の人がいることがあらかじめわかっている建物を攻撃したということは「イスラム原理主義」に反する国家すべてに対してのテロであると取れないでしょうか?失言覚悟で申し上げますが、日本人の行方不明者があれだけだったのは奇跡に近いことだと思いませんか?アメリカを敵とみなしている勢力は当然日本も敵とみなしているはずです。アメリカの腰ぎんちゃくというか既「州」だと考えている人も世界には多いですから。
「被害を受けた国」の首相の発言として考えれば、失言とは取れません。森さんなら「憲法9条を改正せねばならない」などといったことを言いかねないシチュエーションではないですかね。これは完全に失言ですが・・・まぁbobさんがおっしゃってるように世界中日本の派兵は最初から期待してませんし、するとも思ってないはずですよ。

逆にあのときどういえば誰もが満足する発言になったのでしょうか?
「う~んお金は出すよ、あと後方支援と機雷と地雷の除去ぐらいはしてもいいかなぁ」などといったらそれこそ洒落にならないことになってたはずですよ。
アメリカを始め、世界中の国民感情が湾岸戦争のときとは比較にならないぐらいヒートしてますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 現在は幻滅されているかもしれませんが、アラブ人の中にはアメリカと戦争したという理由で日本人はわりと尊敬されている、と聞いたことがあります。「ヘイハチロー(東郷平八郎)」なんていう名前のアラブ人もいるとか。原理主義の方々にとってはどうかわかりませんが、原理主義というぐらいだからその宗教以外の国々はすべて攻撃対象なのでしょうね。
 私が問題とする点の一つは「日本には直接的な軍事協力はできない」にも関わらず、首相の発言はそれを可能であると捉えることもできる点です。というより、私は「支援」とは、真っ先にアメリカが今後行う確率の高い軍事行動への賛同表明に聞こえてしまいましたので、今回の質問をさせていただきました。
(半分は、「首相の発言、どんなふうに聞こえます?」っていうつもりも^^;)
 それに、日本は間違っても国として被害を受けたわけではないと思います。テロは国というより、人間の社会そのもの、言論の対立を通して解決をはかろうとする民主主義、互いを尊重する精神、そういったもの全てに対する一方的かつ傲慢な暴力的活動だと私は考えます。
 ええい!うまく言葉にできません。自分の語彙の貧しさ、論理の組み立て下手がもどかしいですね。
 HateCrimeっていう言葉がありますよね。人類の存在意義に対する冒涜になる憎むべき犯罪っていうか。そういうふうにテロを捉えています。
 だからこそ、アメリカ国内の問題と片付けずテロに賛同しない国々の元首がテロに対する批判の声明を出したのだと思っています。
 だから、首相もテロに対する声明に徹するべきだったんだと思います。だって、まだ被害を受けた国の大統領がまだ「今後どうする」については何にも言及していないんです。しかし、「米国を強く支持し、必要な援助と協力を惜しまない」はアメリカのその「今後」について言及しているように聞こえます。
 だから「まずい」のではないかと。外交上云々以前に世界の憲兵を自認するアメリカと、憲法9条が戦争に対する柱となっている(であろう)日本の立場はだいぶ違うはずです。
 それに、実は日本のアピール下手さがネックとなってか、諸外国のうちで「憲法9条」のことを認識している人間はあまりいないようです。少なくとも私の知る限り。湾岸戦争の時も、「なぜ出兵しないのか?」という疑問、怒りは見られておりました。欧米、アラブの認識は「一緒に血を流した人間こそが味方」であるはずです。
 ですから、私は前提として「世界が日本の出兵を期待していない」とは思っていなかったんですよ。

お礼日時:2001/09/16 03:36

疑問はもっともだと思いますが、「言質を取られるな」と「どちらともとれる発言をするな」というあなたの主張は全く矛盾しています。

外交においてもっともまずいのは矛盾ある発言です。

今回の首相の発言は意識的に具体性を排して、言質を作らない事を意図しているのは明らかです。例えば日本は過去の戦争の関係上そう簡単に海外に軍隊を派遣できません。従って「軍隊を派遣する」と答えても「派遣しない」と答えても大問題に発展します。だからこそああいった答え方になり、米国もそれを分かり切っているから敢えて具体性を追求せず素直に感謝の意を表しているのではないでしょうか。

我々国民が考えなくてはいけないのは首相がそういった声明を出さざるを得ない背景にあると思います。政府にばかり問題を押し付けていてはいけません。我々の問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 まずくはないと思います。要するに、小泉首相は「一言多かった。」のです。まだアメリカがどういう行動にでるかもわからないテロ直後の第一声明が、その後の戦争まで含めて支援いたしますと受け取られかねない発言はあまりに軽率ではなかったかと思い、質問しました。
 外交上、矛盾ある発言は問題あると考えます。しかし、「言質を取られてもよい発言」(=国としての方針、立場に反しない発言。他元首のテロを批判する発言)までにとどめるべきだったのではと思いました。
 「どちらともとれる発言」は非常に危ういと思います。「自分はこんなつもりで言ったのだから」と後からいちいち言い訳しなくてはならない発言は、国際社会の舞台において大人気なくはありませんか?少なくとも、欧米の政治家の感覚を見るに失言と私にさえ言われても仕方がないと思いますが。
 小泉首相の意図については、私は側近ではありませんのでさっぱりわかりません。ただ、非常に昂奮状態にあり、ぱっと感情的に言葉を発したように見受けました。問題なのは、あの時点では出兵だの戦争だの云々自国の憲法がどうだのそこまで考えて発言する必要はなんらありませんでした。おっしゃっているような「軍隊を派遣」することについて何か言明する場ではありませんでした。それを、先走ったようにも取れる発言をしたことは、ちょっと・・。
 ところで、そういった声明を出さざるを得ない背景とは・・?お手数ですが、もしこれをごらんになれば補足いただけないでしょうか。首相が、そんな時期でもないにも関わらず国内の今後をも視野にいれて自衛隊の複雑な立場を慮った声明を最初に出さなければならなかった、という意味ですか?
 私としては、テロ直後に元首が自分の国の立場を踏まえて発言することは当然だと思ったのですが。
 回答ありがとうございました。
 何ぶん、最初から小泉首相のことを胡散臭い目で見ていた私の書き方はだいぶ辛らつかもしれません。気分を害されたのならすみません。

お礼日時:2001/09/14 03:37

僕は「うわ。

小泉さん、失言だ~!」・・とは思いませんでした。
なぜなら、小泉さんって、こういう人だからです。
しかし、もうちょっと慎重でもいいんじゃ・・とは思いました。
なんか、これまでの小泉さん自身を象徴している発言ですね。
今後に注目しましょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一歩国外に出れば「なぜなら、小泉さんってこういう人だから」ではすまされないと思いますが・・(^^;)。
 憎めない人だからと日本人の間で大目に見てもらっても、外交の場ではそれは通用しないと思います。
 本当に、この後どうなるのでしょうね。今のところ、(ニュース番組は一日中この事件を取り上げているのですべては追いきれませんが)マスメディアでこの発言が取り上げられてはおらず私の杞憂に過ぎないのかとも思っておりました。
 回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 03:25

同感です。

金額を入れずに裏書した小切手をきったも同然です。小泉首相は情動で動くとこが危険ですね。靖国神社参拝問題のときにそう思いました。特攻隊員の無念に思いを致したことで靖国参拝を決意した、というのですから。ピュアな方なのでしょうが、政治家としては致命的な問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 靖国参拝問題の時は、なぜ教科書問題で揉めにもめてるこの時期に、「公人として」参拝を決行させた理由が結局理解できずじまいでした。何か、こう、政治家としてのバランス感覚に欠けた方のように思います。
 今回も、文句を言わない金袋になれといわれても反論できないのではないかと思い質問させていただきました。

お礼日時:2001/09/14 02:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉首相のW杯観戦について

ご多聞に漏れず、私も「小泉さんなら、日本を変えてくれるかも!?」と、
淡い期待を抱いた国民の一人でした。

ただ、真紀子さん解任のあたりから、こんにちの「それは、(僕が言及する事ではなくて)自身が決める事でしょ」と、多々ある不祥事の他人行儀な発言等々・・・「小泉よ、お前もか」と、なんだか怒りに変わりつつある今日この頃。

そんな中、へらへらと(!?)2度に渡るW杯観戦。

別に、サッカー観るなとは言いません。首相だって人間。ストレスも発散したいでしょう。遅々として進まない改革、一向に回復しない景気。それも百歩譲って、
すぐには効果がでないと、痛みに耐えましょう!わざと、しかつめらしい顔をしてろとは言いません。

でも、なんだか気分が悪いんです!シロウトが思い付くだけでも、リストラ、自殺、虐待・・・問題は山積です。今この時期に、浮かれまくって娯楽優先でいいの??(と、思われるような行動)って思ってしまうのです。こういう感情は、心が狭いのでしょうか!(笑)

皆様はこの件について、どの様にお感じになられましたか?
是非ご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いいたします。

ご多聞に漏れず、私も「小泉さんなら、日本を変えてくれるかも!?」と、
淡い期待を抱いた国民の一人でした。

ただ、真紀子さん解任のあたりから、こんにちの「それは、(僕が言及する事ではなくて)自身が決める事でしょ」と、多々ある不祥事の他人行儀な発言等々・・・「小泉よ、お前もか」と、なんだか怒りに変わりつつある今日この頃。

そんな中、へらへらと(!?)2度に渡るW杯観戦。

別に、サッカー観るなとは言いません。首相だって人間。ストレスも発散したいでしょう。遅々として進まない改...続きを読む

Aベストアンサー

私も同感ですね。
どうも、民意を逆なでしているとしか、思えないかと思いますね。(まあ、前からパフォーマンスばかりでしたが)

観戦自体は見方によっては悪くはないですが、今の国会状況を見ると・・・・いい気はしないですね。私は政治の情勢を見ると観戦にも否定的ですね。別にその場にいかなくとも応援やエールは送れますし、国民のほとんどそうであったわけですからね。首相が行ってワールドカップを盛り上げるよりは、政治を盛り上げるという本題の方が大事であって、これでもし国民の意識を国会からサッカーに大きく流れる結果となれば、それこそ政治面には悪影響になるでしょうね。それでも、世間は政治よりサッカーですからね。

一番、情けないのはあとの記者会見ですね。

非核三原則を否定する発言が官房長官から出る。郵政民営化問題、有事法関連法案の問題・・・景気対策・・・などなど、問題山積でありながらですからね。

あとで記者会見してまでというのは・・・あれぐらい娯楽のことで話が多々出て興奮できるのに、turubaraさんのおっしゃるとおり「自身の問題ですから」や「厳しいね・・・」と言った形で大事な政治の話では・・・どうも的を得ないですよね。

元々そうでしたけど、そういう点でのカバーもできないのに、観戦はやはり首としては評価できないという点がありますね。
(会社によっては・・・先がないよ。今の不景気で娯楽発言は良く、その他の仕事面では中途発言ではね)


まあ、これは私の意見です。
あくまで、参考ですが・・・善し悪しは見方によって人それぞれになりますからね。何とも言えませんけどね。
まあ、既に解答があるように見方によっては効能もあるかも知れませんが、私には逆風の方が大きく見えると言うところですかね。

私も同感ですね。
どうも、民意を逆なでしているとしか、思えないかと思いますね。(まあ、前からパフォーマンスばかりでしたが)

観戦自体は見方によっては悪くはないですが、今の国会状況を見ると・・・・いい気はしないですね。私は政治の情勢を見ると観戦にも否定的ですね。別にその場にいかなくとも応援やエールは送れますし、国民のほとんどそうであったわけですからね。首相が行ってワールドカップを盛り上げるよりは、政治を盛り上げるという本題の方が大事であって、これでもし国民の意識を国会から...続きを読む

Q小泉首相失脚で、中日友好となるか

小泉首相が失脚すると、
 次の首相はもう少し左よりの人が首相になるだろう、
という話があるらしいです。
ということは、
 中韓にまた謝り続け、
 何らかの形でお金を渡し続け、
 反日教育に賛成する、
ということになるのでしょうか?
そうなれば、中日(日中ではない)友好が復活して、反日デモや反日記念館建設は減るでしょうか?

Aベストアンサー

「謝り続け」というところは間違いですね。調子に乗っている向こうの言いなりになっているだけです。
一層、税金で共産主義に養分をやり続けます。中国が自分でやれる工事(建設業、放送事業)なども日本の税金でやるでしょう。こういう工事は日本の業者が行うわけで、この業者から一生遊んで暮らす位のワイロを受け取るのですよ。
政治家は業者から金儲け、業者は税金で金儲け、向こうは浮いたお金で核開発核支援。

記念館ではなく、国民への洗脳教育機関です。事実とは異なるように作ってあります。メチャいい加減です。デモは、やらせ。街中は公安が目を光らせていて、集団になることは難しいです。"偶然"デモの様子をカメラが捕らえるということはないです。

中国は、日本なしではやっていけません。中国に痛い思いをさせるなら、しばらく無視しておくのが1番ですが、そうするとワイロがもらえないので政治家たちが困るわけです。中には真剣に共産主義に埋没している人もいますが。

Q小泉首相は言う「可能性を言ったらきりがない。」

小泉首相は言う。
「可能性を言ったらきりがない。」
それに対し、反論や批判がテレビでは聞けませんでした。
可能性が高いか低いかは、大事なことではないでしょうか?
自衛隊員が殺されるかもしれない。
日本でもテロが起き、民衆が殺されるかもしれない。
日本が平和な国でなくなるかもしれない。
その可能性は、高いと思うのですが
言葉をかえれば低くないと思うのですが
どうなのでしょうか?
「テロに屈してはいけない」と言うのですが
完全に戦争が終わってから戦後復興に行くことでは
テロに屈したことになるのでしょうか?
なぜ、戦争が終結しない内に戦後復興に行くのでしょうか?
石油?経済?日米同盟?憲法改正?
日本人が安心して暮らせること以上の利益があるのでしょうか?
アメリカ政府のようなやり方、アメリカ政府への支持は
返ってテロを広げることになるのではないでしょうか?
テロとの戦いとは、テロと言う行為がいかなる理由であれ間違いであると言う思想を世論を
世界中に広げていく実践と国のあり方にあるのではないでしょうか?
自衛隊の派遣は、かろうじて賛成です。
しかし、戦争が完全に終わってからにすべきではないでしょうか?
そうしたら、いつまでたってもイラクの復興支援ができないとすれば
それは、アメリカがそのような戦争をしたのが原因であり
アメリカが責任をもって早く尻拭いをすべきではないでしょうか。

小泉首相は言う。
「可能性を言ったらきりがない。」
それに対し、反論や批判がテレビでは聞けませんでした。
可能性が高いか低いかは、大事なことではないでしょうか?
自衛隊員が殺されるかもしれない。
日本でもテロが起き、民衆が殺されるかもしれない。
日本が平和な国でなくなるかもしれない。
その可能性は、高いと思うのですが
言葉をかえれば低くないと思うのですが
どうなのでしょうか?
「テロに屈してはいけない」と言うのですが
完全に戦争が終わってから戦後復興に行くことでは
テロに...続きを読む

Aベストアンサー

 イラクに自衛隊を派遣すれば、99%死人が出ます。また、日本国内でも、正真正銘のテロが起きる事でしょう。
 イラク国内で起きているテロは、正確には、米国を中心とする国々にとっては「テロ」かも知れませんが、イラク国民やイスラム教徒の人達にとっては「抵抗運動」と解釈されているようです。他国の軍隊が自国を侵略しにきたとの考え方をしているようですね。
 そもそも、中東諸国で起きている「自爆テロ」と呼ばれる行為は、本来、侵略してきた異教徒を払いのける為の「殉教」に該当します。イスラム教では、異教徒が自国の領内に入り、かつ、敵対的な行為を取った場合は、聖戦を起こさなければならないとされている為です。数年前、中東のイスラム法学者がこれら行為を殉教ではなくテロと認定するに当たって「テロ行為」と見做されるようになったわけですが、現実には、大多数の人達は、殉教と捉えているようです。
 中東では、投石で抵抗するパレスチナの子供達が、イスラエルの戦車に砲撃されたり、轢き殺されたりしているわけです。そんなことが日常茶飯事といいます。イスラム教徒の自爆テロばかりが過剰に報道される背後には、こうしたテロを呼び起こすおぞましい行為が隠されているのです。
 また、ルール違反としてイラクを叩きながら、一方では、国連決議を無視しているイスラエルを支援している米国のダブルスタンダードに中東諸国の人々は強い憎悪を感じていて、米国は中東の人々にとっては文字通り侵略者なのです。だから、米国と同調する行為をとれば、確実に日本は狙われます。
 更に言えば、中東の国々は、米国に原爆を落とされた日本に対しては、実は親近感を抱いているとされています。米国に痛い目に遭わされた国ということで、仲間意識があるのでしょう。
 今回の派遣で、日本は、確実に、中東諸国から敵とみなされ、今後、関係が回復する事は困難を極めるのではないでしょうか。
 繰り返しになりますが、小泉総理は「テロには屈しない」と言っていますが、現地の人々にとってはテロではなくて抵抗運動のようなものなのです。自国の政権が他国によって打倒され、傀儡政権が誕生すれば、抵抗運動が起きるのは当然です。ですので、仮に、自衛隊派遣をやめても、テロに屈した事にはならないのですが。
 あと、戦後復興の件についてですが、そもそも、米国をはじめとする諸外国の軍隊が撤退しない限り、終戦は有り得ません。イラクの抵抗勢力は、諸外国の軍隊が撤退するまで、頑強なまでに抵抗を続ける(=米国が言うところのテロを決行)でしょう。かなり高い確率で、諸外国は自国の軍隊を撤退せざるを得ない状況に追い込まれます。それまでにどれだけの死者が出るか分かりません。
 小泉総理は、当然ですが、それを承知の上で自衛隊を派遣するわけです。米国に歯向かう気力は、残念ながら、首相にはないのでしょう。
 確かに、派遣しなければ、米国との関係が冷却化するでしょうし、経済的には大打撃を被るかもしれません。ですが、派遣した際に生じる、イラスム教徒に反日感情を植え付けてしまうマイナスや、国内テロの危険性も計り知れず、また、米国の計画がかなり高い確率で失敗するであろうことを考えても、果たして、自衛隊を派遣する価値があるのか甚だ疑問です。
 純粋な復興支援であれば、終戦後に民間人を派遣すればいいわけですし。

 イラクに自衛隊を派遣すれば、99%死人が出ます。また、日本国内でも、正真正銘のテロが起きる事でしょう。
 イラク国内で起きているテロは、正確には、米国を中心とする国々にとっては「テロ」かも知れませんが、イラク国民やイスラム教徒の人達にとっては「抵抗運動」と解釈されているようです。他国の軍隊が自国を侵略しにきたとの考え方をしているようですね。
 そもそも、中東諸国で起きている「自爆テロ」と呼ばれる行為は、本来、侵略してきた異教徒を払いのける為の「殉教」に該当します。イスラ...続きを読む

Qイラク戦争一周年。小泉首相の言う「正しい戦争」とは?

 イラク戦争一周年のインタビューで、小泉首相は「正しい戦争だったと思っている」ときっぱりと発言しておりました。
「正しい戦争」という言葉をあまり聞いたことがないのですが、小泉首相はどういう意味で「正しい」と考えているのでしょうか?
 「報復(先制攻撃)に対する戦闘」であるならば、あるていど理解できますが、イラクの場合は「大量破壊兵器をもっている疑惑」だけで攻撃されました。
 フセインによる専制政治により国民が弾圧されていることこともありましたが、国際法の国内不干渉の原則があり、それだけでは攻撃する理由にならないはずです。

 日本はイラクに対して特に恨みはなかったはずです。イラクに対して戦争をしかけるつもりもありませんでした。
 どちらかといえば対イラク経済規制を解除し、石油の輸入拡大を期待していたのではないでしょうか?

「正しい」=「正義」と考えますと、だれの何に対する正義のことを言っているのでしょうか?
 ある国で正義でないことが行われていたとして、戦争以外の方法で解決できなかったのか?そのために日本はどのような努力したのか、とても疑問です。
 
今後も「正しい戦争」が行われると思いますが、その判断基準はどういったものなのでしょうか。
国際法ではどのように定義していますか?
そもそも法律で「正しい戦争」という定義が存在するのでしょうか?
「勝ったほうが正義」という結果論でしか導けないような気もします。

よろしくお願いします。

 イラク戦争一周年のインタビューで、小泉首相は「正しい戦争だったと思っている」ときっぱりと発言しておりました。
「正しい戦争」という言葉をあまり聞いたことがないのですが、小泉首相はどういう意味で「正しい」と考えているのでしょうか?
 「報復(先制攻撃)に対する戦闘」であるならば、あるていど理解できますが、イラクの場合は「大量破壊兵器をもっている疑惑」だけで攻撃されました。
 フセインによる専制政治により国民が弾圧されていることこともありましたが、国際法の国内不干渉の原則が...続きを読む

Aベストアンサー

 戦争を起こす国どうしはお互い自分達の信念の方が正しいと思っているので、どちらとも「正しい戦争」を行っていると考えていると思います。戦争はどちらも正しくてどちらも間違っている事があると思いますが戦争が行われている国では一部の権力者以外は皆被害者となると思います。
 話は少し変わりますが、小泉さんの靖国問題も私は今まで立場がどうあれ、個人の気持ちで行っているので問題無いと思っておりましたが、戦争そのものに対して「正しい戦争」と言う言葉を発せられたのでホントは危険な思想の持ち主ではないのかと少し疑って見るようになりました。(戦争を憎んでいる権力者は絶対に戦争に対して「正しい戦争」等と言う言葉は発しないと思いますので。。。)
 権力者というものは昔から率先して戦火を交えません。多分自分の親族は誰もイラクへ行ってないんでしょうねぇ。
 軍隊を派遣する事=テロを撲滅できる事と小泉さんは考えているので「正しい戦争」と答えたのだと思います。
 

Q何がまずいのか?何がまずかったのか?

今の世の中、どっか狂っている(おかしい)と思うんですよ
社会や、政治、教育のせいにするのは簡単なんだけど
所詮は、みんなで作ってきた社会なんですよね
何時、何処でしくじったのか、また何故、しくじり続けているのか?
根本から正すにはどうしたら良いのか、分かる方、教えて下さい

Aベストアンサー

 離婚をなくす。自分の生まれた意味を崩され、両親そろった経験をしていない子が、子供の親になるのはリスクがありすぎる。子が生まれる前の環境条件をを正すべき。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報