以下は天声人語の英訳版からの引用[*1]ですが、構文的によく分からない所がありましたので、教えてください。訳に関しましては何となく分かるのですが...。 as if 以下のところです。またこのような修辞の例を知っている方がいらっしゃいましたら併せて情報を下さい。お願いします。

The methods used in a series of fraud cases recently exposed at the Foreign Ministry are amazingly similar to one another. It almost looks as if somewhere there were a manual on how to raise off-the-book funds and everyone there was following it to the letter.


外務省の一連の不祥事は、どれも驚くほど手口が似ている。「裏金づくり」の手引書がどこかにあって、皆それを忠実に実行しているのではないかと思われるほどだ。

[*1] 出典: Asahi.com mailing Listより:9/11号

----------------------
[補足]
[[個人的解釈]]

somewhere there were a manual on how to raise off-the-book funds
--> soewhereが副詞で、文章全体にかかる。どこかに(sonewhere)、...がある(<-->there is ...)

everyone there was following it to the letter
-->こちらがしっくりこ来ない

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

>このような修辞の例


私も質問者の方の疑問の核心がわかり、少し感動してしまいました.

この修辞は、日本語を母語とする英語学習者である私、にとって、やはりしっくりきませんでした.

このような修辞の例が他にあったら私も知りたいし、そのような修辞がネイティブライターの間でどのような評価を受けるものなのか、を知りたいと思いました.(低い評価を受ける修辞なのかなのか、高い評価を受ける修辞なのか.)

私の個人的予想では、これは、文学的表現を装って深みを出そうとしがちな、マスコミ特に散見されがちな修辞で、本来の深みのある文学的修辞になれた年長者には軽薄として嫌われる種の修辞ではなかろうか、と「予想」はします.が自信はありません.特に文法構造の勉強をしたものには、文法構造の対応がないのにあるかのごとき「装い」がひっかかると思います.書き手としても、その点で、やっぱりかえって馬鹿みたいだからやめとこう、と思う人もいるのではないか、という修辞にも見えます.

逆にこれは近年のごく自然な修辞だということであれば、その事実を知りたくもあり、質問者と現在疑問を共有している気分です.

この修辞の特徴は、(1)文法構造は対応していない (2)それなのに一見文法的にも対応しているかのごとき「装い」だけは持っている (3)音韻は対応している
だと思います.気になるのは(2)の部分で、(2)の特徴を持つ修辞というのはなんか気になる、というのが日本人の自然な感性ではないか、と思ったりします.

蛇足ながら何を言っているのかを説明すると、最初のthere were は「there+be構文」であり、次のthere wasは 「"場所の副詞there"+"everyoneの動詞としてのbe"」であるとの解釈を踏まえての発言です.

面白い質問で楽しみました.他の方のご意見も聞きたいです.
    • good
    • 0

念のため、somewhere there をひとかたまりとみなした場合の


訳をつけておきます。

「外務省のどこかに裏金づくりの手引書がある」

2つの解釈は、文体上は大きく異なるのですが、
内容としては「どこか」と「外務省のどこか」の違いしかありません。
    • good
    • 0

No.11に関して。



なるほど、納得です。

わざわざあえて「動詞の形」を一致させなかったことには、
私も疑問を感じました。
    • good
    • 0

NO.5 の訂正:


「時制」という言葉は不正確だったので「動詞の形」に訂正します。
私も there were a manual と everyone there was はどちらも仮定の話と思ってますが、「なぜ everyone there were にしなかったのだろう?」ということを書いたつもりです。
    • good
    • 0

>there were a manual と everyone there was の時制が揃っていません。



there were a manual が仮定法過去で、
everyone there was が直説法過去だと言いたいのだと思いますが、

everyone there was following it to the letter.

の it が前出の manual を指す限り間違いなく
これは仮定法です。
    • good
    • 0

すでに指摘されているように、


as if (somewhere there were ~) and (everyone there was ~)
という構造ですが、
まず後ろのほうは、「外務省の連中は皆~」で問題ないでしょう。

>everyone there の解釈についてですが
>everyone at the Foreign Ministry ととると外務省の人が
>全員「裏金作り」をしているような印象を受けますが

という意見もありますが、
全体では「まるで~かと思われるほどだ」という内容であり、
しかも仮定法が用いられています
(仮定法は可能性が極めて低い事柄を表します。)
ので、むしろ「外務省の人が皆裏金作りに関与している」
としたほうが、適当でしょう。

さて、somewhere there were a manual(以下略) のほうですが、
確かに there is 構文 there were a manual somewhere の
somewhere が前に出たとも考えられます
(ただし、前に出た理由は不明)
が、別の解釈も可能です。

その別の解釈と言うのは、somewhere there を一つのまとまりとみなす解釈で、
「外務省のどこか」という意味になります。
こう解釈すると、somewhere there と everyone there の構造が一致します。 
    • good
    • 0

#1の方と同意見です。

andやorでつながるのは同じ形の文ですから以下のように解釈が可能かと思います。
as if (somewhere there were ー funds) and (everyone there was ー letter).

まるでどこかにーがあるかのように、そしてまるで誰もがーのようだ。
    • good
    • 0

everyone there was following it to the letter


-->こちらがしっくりこ来ない

everyone there の解釈についてですが
everyone at the Foreign Ministry ととると外務省の人が全員「裏金作り」をしているような印象を受けますが(日本語では漠然と「皆」となっている)、それは言い過ぎではないかと思います。
私は位置的にも近いsomwhere「どこか」を指すと考えます。「裏金作り」関与しているのは外務省内の一部の人で、「その人たちがどこかで手引書を隠しており、その隠し場所でその人たちみんなが裏金作りをしている」ととります。

to the letter についてはmaizuruさんの指摘されたとおりでしょう
    • good
    • 0

somewhere there were a manual on how to raise off-the-book funds


--> soewhereが副詞で、文章全体にかかる。どこかに(sonewhere)、...がある(<-->there is ...)

somewhereが強調のために前に置いたのは事実ですが、もし本来の語順
there were a manual on how to raise off-the-book funds somewhere
にすると、somewhere はbe「ある」ではなくraise「水増しする」 を修飾すると
解されて「裏金をどこかで水増しする方法」という意味になってしまう。それで
前に置いたと考えられます。
    • good
    • 0

これは、修辞ではなく、単純ミスだったという見方はいかがでしょうか。



1. everyone there の there は意味的に不要です。原文にもありません。
2. there were a manual と everyone there was の時制が揃っていません。

という理由から、次のように推測してみました。

翻訳者は everyone の動詞に迷ったので、とりあえず were was と書いておいた。
校正者は勘違いして there was と直してしまった。
責任者はざっと読んで「まあいいんじゃないの」と OK を出した...
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地図の折り方(たたみ方)

地図の折り方(たたみ方)に何通りかあると思うのですが、たたんだ状態で端と端を持って開くと簡単に開く
折り方があったと思うのですが、(たしか人の名前のついた
折り方)その折り方(たたみ方)を教えてほしいのですが
関連サイトでもかまわないのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です。
三浦折りの現物をご覧になりたいのでしたら,書店の地図売り場をのぞいてみて
下さい。去年の春ごろから,ゼンリンという地図出版社が「ミウラ折り登山地図」シリーズを
出しています。また,「ミウラ折り関東圏広域東京横浜地下鉄鉄道路線図」というのもあります。

Durandal様 私も山は歩きますが,そんなに捨てたものではないと思いますよ。
等高線の正確さや縮尺の大きさなどの点からいうと,常時手元において現在地を確認するのに使うのは
ふつう国土地理院の地形図であって,ゼンリンはじめ民間の登山地図は,むしろ
プランニングとか,頂上からの展望を確認するときなどに補助的に使うものだと思います。
ですから,地形図を三浦折りして山に持っていこうとは思いませんが,登山地図が
最初から三浦折りされているぶんには,私は構わないというか,1つの選択肢として
そういう商品があってもよいと思います。まして鉄道路線図なら,全部拡げる
ことに不便を感じる状況はあまりなさそうなので(ラッシュの車内でもないかぎり),
いいのではないでしょうか。まあ半分は好みの問題なので,意見を押しつけるつもりは
ありません。

ちなみに,人工衛星の太陽電池パネルを折り畳むのにも使われているそうですね。

補足です。
三浦折りの現物をご覧になりたいのでしたら,書店の地図売り場をのぞいてみて
下さい。去年の春ごろから,ゼンリンという地図出版社が「ミウラ折り登山地図」シリーズを
出しています。また,「ミウラ折り関東圏広域東京横浜地下鉄鉄道路線図」というのもあります。

Durandal様 私も山は歩きますが,そんなに捨てたものではないと思いますよ。
等高線の正確さや縮尺の大きさなどの点からいうと,常時手元において現在地を確認するのに使うのは
ふつう国土地理院の地形図であって,ゼンリンは...続きを読む

Q1、There used to be a big tree on the corner.2、Ther

1、There used to be a big tree on the corner.2、There seems to be no hope of his recovery.

3There may be a useful book in the library.


4There will be some changes to our coupon system.



*1〜4で倒置の前の文はどんな感じになるのでしょうか。p

Aベストアンサー

A pen is on the desk. より
There is a pen in the desk. がいいのです。

この is が used to be と助動詞が付いているだけ。

A big tree used to be on ...
No hope of ... seems to be. で終わってしまいます。

A useful book may be in ...
Some changes will be to ...

there is 構文で助動詞が付いたと考えるのがいいです。

Q普通の鶴の折り方を教えてください!

普通の鶴の折り方を教えてください!
折り方が乗っているサイトを教えてくださっても構いません。

Aベストアンサー

これは自転車の乗り方と同じで(^^)、覚えたら忘れないが、はじめは不思議です。
一例
http://ori-ori.seesaa.net/article/22768112.html

Q訳は?「the currents up there are such that anything would have been taken out to se

宜しくお願いいいたします。

"The reason why it has been called off is that the currents up there are such that anything would have been taken out to sea," police spokesman Graham Clifford told reporters.

を訳しています。

take out ~ to …=「~を…に連れ出す」
currents=「海流」

打ち切られた理由は
存在する上昇海流が
何かが海に引き込まれたというような海流の隆起(=up?)
???

that節はどのように解釈したらいいのでしょうか?

the currentsが主語でupが動詞??ですかね?

Aベストアンサー

the currents up there are such that anything would have been taken out to sea
あそこの潮流は、何でも海に流してしまうほどのものだ。
“the current up there”が主語で、“are”が動詞、“such that ~”が補語です。

“such that”のところがどうしてもわかりにくければ、“such currents that anything would have been taken out to sea”(何でも海に流されてしまうほどの潮流)のように“currents”を補って考えればよいと思います。

Q鶴の箸置きの折り方

初めて投稿させて頂きます。6月の披露宴で鶴の箸置きを折り紙で作って使用したいと思っていますが、書店等を探したのですが、折り方の本が見つかりません。折り方が載っているものがありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
鶴の箸置きとかあるんですね。
検索したらこちらの方のブログに折り方が載ってました。
ご要望の折り方かはわかりませんが参考までに。

http://ameblo.jp/kuramoto-yasuko/image-10052160150-10034789710.html

QThe problem is there to.

ダウンロードの問題に関する説明で、以下のような文章がでてきました

just downloaded the file and the problem is there to

この文章の文法構造も意味も分かりません。
the problem is there to.

詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり,これだけじゃわからないですね。

the problem is there too
かもしれませんが,この前に問題個所が書かれているはず。

 to で合っているとしたら,to 原形の原形が省略,あるいは to 名詞の名詞が省略。
やはり,前に何かがあるはずです。
その繰り返しを避けて省略。

Q折り紙の「メダル」の折り方

折り紙で「メダル」を作ることになりました。
オリンピック選手が首にかけるようなメダルです。
折り方が分からず、ネットで検索してみましたがわかりませんでした。
メダルの折り方が載っているサイトをご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

こういうのはどうでしょう?少し小さいかな?

このメダルは幼稚園の時、先生に作ってもらったモノ
そのものです!懐かしく思いました♪

参考URL:http://www.origami-club.com/

Q[be better off]の[off]について?

NHKラジオ英会話より
Listen,you're better off now than you were last year anyway.
いいかい、とにかく君は去年より今のほうが恵まれている。

(質問)[be better off]で「より恵まれた」という意味ですが、[off]の「~から(離れて)」、からはどうしてもイメージが広がりません。
(1)[off]を除くとネイティブはどのように感じるのか、その違いを知りたいのですが?
(2)[off]の「コアイメージ」から、説明がつかないでしょうか?そうすれば「動詞+副詞」のさまざまな表現が覚え易くなると、勝手に希望しています。

どなたか、参考になるご意見をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。  以上

Aベストアンサー

実に好奇心をくすぐる質問ですね。なかなかすっきりした答えがなく、随分考えた末に漸く一つの結論に至りました。もっとも、イメージだけの話ですが・・・。

offの語源を調べると、初めは"away"という意味の副詞として使われ、"away from"という前置詞と"farther"という形容詞の意味が出てきたとあります。
「リーダース・プラス英和辞典」には「5 《物質的に》 …な状態[境遇]にある, 暮らしが〈楽・貧乏〉で」という定義が出てきます。

本来の「離れて」という意味から「・・・な境遇にある」という意味へつながっていく橋渡しがあったはずですが、いろいろ調べてもこの橋渡しは見つかりませんでした。こうなれば、自分なりのイメージを創るしかありません。
では、橋渡しは何だったのか。offは「離れて」が本来の意味ですから、そこには「何から」という含みがあるはずです。off (from the average)とかoff (from people)とかという感じではないでしょうか。「平均から離れて」とか「普通の人々から離れて」という意味を補えば、「より恵まれた」というイメージが出てくるように思えます。

次に、offの有と無の比較ですが、
be well off裕福だ、豊かだ
be badly off貧乏だ、困窮している
be worse off暮し向きが悪化した
be better offだけは意味に広がりがあります。しかし、be well offの比較級と考えれば、やはり(以前と比べて)暮らし向きがよい、というように経済的な状態を指すのが原則だと思います。


offの語源
Online Etymology Dictionary
URL: http://tinyurl.com/m3svg

実に好奇心をくすぐる質問ですね。なかなかすっきりした答えがなく、随分考えた末に漸く一つの結論に至りました。もっとも、イメージだけの話ですが・・・。

offの語源を調べると、初めは"away"という意味の副詞として使われ、"away from"という前置詞と"farther"という形容詞の意味が出てきたとあります。
「リーダース・プラス英和辞典」には「5 《物質的に》 …な状態[境遇]にある, 暮らしが〈楽・貧乏〉で」という定義が出てきます。

本来の「離れて」という意味から「・・・な境遇にある」という意味へ...続きを読む

Q一度に開ける折り方

昔、一枚の大きな紙でも、ある特殊な折り方で小さく折っていき、そして完成後は角と角とを持って斜めに引っ張るだけで一気に展開できるという折り方を本かテレビで見たことがあるのですが、やり方を忘れてしまいました
どなかた知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

そりゃたぶんミウラ折り
http://homepage.mac.com/kamenoseiji/MountNotes/Miura_Fold.html

Q[no]か[not]か?

NHKテレビ「新感覚・キーワードで英会話」のホームページ゛に毎回テストが掲載されます。
http://www.nhk.or.jp/shinkankaku/flash.html
今回HAVEのテストでno/notの使い方が解りません。

I have (no/not) regrets at all.

(質問)[no]が正解ですが、その判断の根拠がわかりません、例文もあわせて、使い分けについて、解りやすい説明をお願いできませんか。よろしくお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

regretには「後悔」という意味があり、動詞も名詞もあります。ここでは名詞として使われているので、否定の時はnoなのです。もしnotを使うと、
I have not regret at all.(現在完了になってしまい、regretを過去分詞regrettedにする必要があります。もしくはnotではなくdon'tを使わなければならなくなり、I don't have (any) regret at all.となります。
整理すると、
○I have no regret at all.
○I don't have any regret at all.
○I haven't regretted at all.
です。

「分からない」という表現でも、
I don't know.もあるし、
I have no idea.もあるでしょう?
使われている単語の品詞が何であるかを考えて、noもnotも使い分けるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報