私は、牧草収量を知るうえで、どの程度の面積で、どのくらいの間隔で牧草をサンプリングすればよいかを明らかにするという研究を大学でやっています。
土壌の肥沃の度合いを示す特性値(pH・硝酸態窒素濃度・アンモニア態窒素濃度・土壌水分率)と、実際の牧草収量との関係を導き出すために、ペドメトリックス(計量土壌学)で用いられている「セミバリアンス解析」という統計学の分野から分析を行っています。
しかし「セミバリアンス解析」自体あまりよくわからないので、大学の図書館や、大きな図書館の専門蔵書などで調べてみたのですが全くと言っていいほど参考になるものがありません。
そこでもしこの分野に詳しい方や、本などご存知の方は是非教えていただけないでしょうか?
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

MiJunです。


ramurameさんの回答から、再度検索してみました。
その中で以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?

これらのOriginal Paperにあたって参考文献を参照しては如何でしょうか?

あるいは、統計手法の問題のようですから、「数学」のカテゴリーで質問されてはどうでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.apsnet.org/phyto/abstract/2001/pjn01a … http://www.findarticles.com/cf_dls/m2120/8_79/53 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も検索していただいたようで本当にありがとうございました。
英語はそれほど得意ではないので少しずつ解読・検索しています。
また何かありましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/09/22 00:31

Googleで「semivariance analysis」の検索をすると、英語のページですが、かなりヒットしますけど。


これに、他のキーワードを追加すれば、ご希望の情報が手に入るのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インターネットども散々検索はしましたが「Google」というHPは初めて知りました。
英語なので時間はかかると思いますが頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/22 00:36

専門外ですが、ネット検索してもあまりHitしませんね?


データベースによる文献検索はされてのでしょうか?
大学図書館の司書に相談されましたか・・・?

調査の手がかりとして、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「矢内純太 (やないじゅんた) のホームページ」

「土壌学会誌」「土壌肥料学会誌」等のバックナンバーはチェックされたのでしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://rafale.kais.kyoto-u.ac.jp/yanai/yanai.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸態窒素や亜硝酸態窒素の濃度の高い水の作り方

硝酸態窒素または亜硝酸態窒素の濃度の高い水で、実験をしたいと思っているのですが、どのように作ればいいのかわかりません。

高校の理科室や実験室にあるもので簡単に作る方法はありませんか?

どなたか解答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

どの程度の濃度のことを「高い」とおっしゃっているのか分かりませんが、
硝酸や亜硝酸のカリウム塩やナトリウム塩を天秤で量って、
蒸留水に溶かし、予定の量まで水を加える
のが普通のやり方で、格別難しいこともないと存じます。

Q土壌の可給態窒素の測定方法について

畑地土壌の保温静置法なんですが、水分が最大容水量の60%(乾土当たり)とあるんですが、どのような算出方法で60%の水分となるのでしょうか?水分含量からなのか?それとも三相分布から計算する?
専門的なんですがどなたかわかるかたよろしくお願いします。できたら計算方法もお願いします!

Aベストアンサー

最大容水量の60%ということです。
乾土当り も へったくれ(失礼!)も ありません。
算出方法 というようなことも別にありません。
そういう条件に揃えて実験をするということです。

最大容水量というのは、飽和容水量と同じです。
その土が保持できる水の最大量で、実用上は
土の孔隙(隙間)を全部水が占めている場合の
水の量ということになります。

ご質問の実験は、この最大容水量の60%の水分で
行いなさい ということになっているわけです。

三相分布から求めても結構ですし、
使用する土を使って同様の操作をしても良いです。

正式ではありませんが、一般の土では孔隙率が60%くらい
と仮定して、10gの土に4mLの水 という条件を採用
している例もあります。

Q全窒素と無機態窒素の扱い

今日もよろしくお願いします。

ある河川における過去の水質調査データを見ておりますと、
全窒素、硝酸性窒素(恐らく硝酸態窒素のこと)、
亜硝酸性窒素(恐らく亜硝酸態窒素のこと)の記述がありました。

・全窒素=有機体窒素+無機態窒素
・無機態窒素=硝酸性窒素+亜硝酸性窒素+アンモニウム態窒素

というところまでは分かります。ただ、アンモニウム態窒素が
計測されておらず、完全な無機態窒素が分かりません。
もし、一般的にアンモニウム態窒素は他の2項と比較して
微小なのであれば、アンモニウム態の項を無視して無機態窒素を
求めようと思うのですが、一般的に、アンモニウム態窒素は
無視されることはあるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アンモニア態窒素はプラスに帯電しており、土壌中ではマイナスに帯電している粘土鉱物や腐植等に吸着され、地下へ流出することはありません。しかしバクテリアにより亜硝酸イオンや硝酸イオンに変化すると、マイナスに帯電しますので、速やかに土壌中から水と一緒に流出してしまいます。地下水等に硝酸イオンが多いのはこのような理由からで、河川水に対してもよっぽど特殊な条件でない限りアンモニア態窒素はほぼ無視できると考えていいと思います。

Q窒素施肥量と作物収量の関係

試験の過去問で次のような問題が出題されていました。
(1)窒素施肥量に対する作物収量の反応曲線をグラフで示せ。
(2)(1)の収量の反応曲線に対応する施肥窒素の利用効率の変化を同一グラフ上にもう一本の座標軸を設けて図示せよ。

模範解答が手に入らなかったので、答えが気になります。
私は、(1)では施肥窒素量を横軸に、収量を縦軸にとって、最初は比例的で、ある値に達すると収量はそれ以上あがらず、一定となるようなグラフを図示しました。
施肥窒素利用効率のグラフはどう図示されるのでしょうか?私は、(1)と(2)のグラフは重なるように思うのですが、違うでしょうか?

どなたかご教示ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

窒素利用効率=(窒素施用した時の収量-窒素施用なしの時の収量)/窒素施用量
です。

その値(Y)を窒素施用量(X)に対してプロットすればできあがりです。通常,YはXが増加すると徐々に低下します。

Q硝酸態窒素

硝酸態窒素について質問します。

野菜等の植物中に硝酸態窒素が存在するということまではわかりました。
土壌中の硝酸態窒素除去するという目的で植物に硝酸態窒素をとりこませたのち、その植物を燃焼させた場合、硝酸態窒素はどうなるのでしょうか。
また、このような方法で土壌中の硝酸態窒素は減らすことができますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植物はほぼ硝酸態窒素の形で窒素を吸収します。
(有名どころでは水稲などはアンモニア態で吸いますが)
それを体内で形を変化させて利用します。
しかし変化しない窒素も体内にあり、
それは硝酸態窒素のままで残っています。
これが「野菜に含まれる硝酸態窒素」と呼ばれる物でしょう。

なので土壌硝酸態窒素を植物を介して除去することは、十分に可能です。
なぜなら栽培時、吸ったものよりも少ない硝酸態窒素を植物はたいてい持つことになるので、差し引きで減ります。

これはファイトリメディエーションという技術の一種では?
詳細は養賢堂から最近出た「根のデザイン」という本に確かのってました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報