デュアルハブとスイッチングハブの区別が
いまいちわかりません・・。
10BASEと100BASE、どちらも混在して使用できると
聞いたのですが、その他の違いってなんですか??
すいませんが教えて下さいませ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スイッチングハブ


 データの送り先を制御する機能があるハブで,これによってネットワークの負荷 を減らし,また異なる速度のEthernet(10BASE-Tと100BASE-TXなど)を繋げる こともできる
デュアルハブ(ハブ)
 上記のようなことが出来ない

以上・・・簡単ですみません(ーー;)

 

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/imacwire/0107/31/it_words …
    • good
    • 0

デュアルハブ:10BASE-Tと100BASE-TXを混在できるハブ。

内部的には10BASE-Tと100BASE-TXの2系統のマルチポートリピータが、1つのスイッチでつながっている。つまり、各10BASE-T機器と100BASE-TX機器は同士は1台のハブにつながっているのと同じ状態になる。そのため、10BASE-T同士、100BASE-TX同士では同時に1台(1組)しか通信できない。通常はオートネゴシエーションの機能により、10BASE-T、100BASE-TXを自動認識して通信を行なう。


スイッチングハブ:ブリッジと同じくデータリンク層で動作するネットワーク機器で、ハブという名前は付いているが、各ポートがブリッジ機能を持つ「マルチポートブリッジ」を指す。受信したパケットの送信先アドレスと内部のアドレステーブルを照らし合わせ、送信先の端末がつながっているポートにのみパケットを送出する。受信したパケットを他のすべてのポートにブロードキャストするリピータハブと異なり、各ポート間で1対1の通信を行なうため、ある1組が通信している最中でも、他のポートは自由に通信できる。こうした機能によりコリジョンを抑えることができるため、ネットワークのパフォーマンスを向上することができる。

 また、現在一般的な「ストア&フォワード方式」と呼ばれるスイッチング方式では、受信パケットをいったんバッファにため込み、エラーパケットをフィルタしてから再送出する。そのため、10BASE-Tと100BASE-TX、全二重と半二重のように異なる速度のネットワークを混在させることが可能になっている。

参考URL:http://yougo.ascii24.com/gh/search/?pattern=%83n …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報