アセテートフィルムにはOH基があるため手の水分を吸着する性質があるから触るとしっとりしている・・・と聞きました。

そもそもOH基って何ですか?どういうものなんでしょうか?
手の水分を吸着するって本当ですか?吸着してすぐに放散して・・・ということで触ったときだけしっとりした感じがするものなのでしょうか?

この質問を読んでいただいてわかるとおり、理系の基礎知識はゼロに等しいです。
こんな私にも理解できるように、どなたか教えていただけないでしょうか?

触るとしっとりしているとか、ざらざらしているとか、とにかく触感が変わっているフィルムを探しています。そういったフィルムをご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 酸素(O)は、手を2本持っています。

一方、水素(H)には、手は1本しかありません。このため、OとHが互いに手をつなぐと(専門用語で言えば、結合すると)、Oの手が1本余ります。図にすれば、-OHとなります。図中の「-」は、Oの残りの手です。
 このままでは不安定なので、-OHは、この単位で他のものと手をつなぎたがります。例えば、他のHと手をつなぐとH2O、つまり水の分子となります。この状態では余っている手はないので(新たにくっついたHの手は、Oの余っていた手とつながっている)、ようやく安定な分子として存在することができます。

 「基」とは、このようにグループで手をつなぎたがるものの総称で、OH基(水酸基)の他にもいろいろなものが存在します。ご質問の場合、アセテートという高分子を構成している元素とOH基とが手をつないでおり、このOH基がフィルムの表面に存在しているのです。

 さて、このH、他のものとつなげる手は残っていないのですが、他のものを電気的に引き寄せる力を持っています。例えば、水の中では、H2O分子中のHが他のH2O分子中のOを引き寄せます。

           H
 H        /  
  `O-H・・・O
          `H

という具合に。これを水素結合といいます。

 上図の左側のH2Oをアセテートフィルムの表面のOH基に、右側のH2Oを手の水分に置き換えて考えてみて下さい。これが、手の水分がフィルムに吸着される理由だと思います(おそらく、ですが)。つまり、手の水分は、OH基と水素結合することによって手から離れていっているのです。

 残念ながら、私が説明できるのはここまで。触感が変わっているフィルムに関しては、情報をもっていません。あしからずご了承下さい。

         
    • good
    • 5

>そもそもOH基って何ですか?どういうものなんでしょうか?


inorganicchemistさんの仰るとおり、水分子の一部と考えて良いと思います。
水に水は溶けますよね(当たり前)。このように似た形のものがあると、なじみ易くなります。

>触ったときだけしっとりした感じがするものなのでしょうか?
揚げ足取りのようになりますが、触らないと触感は味わえないのでは?
吸着現象は平衡反応(くっ付いたり離れたりを常に行っている)ので、常に水蒸気を出している手で触る事によって、一時的に水分子の量が増えることは考えられます。

触感に関しては、miDumoさんの仰るように表面の(化学的)性質よりは、その形状に依るところが大きいと思います。komarinrinさんは「テフロン」という物質を聞いたことがあると思います。この物質は撥水(水をはじく)性の代表例みたいなものですが、私的にはかなりスベスベ感(ちょっと「しっとり感」とは違うかな?)があって、好きな手触りですね。

一応補足しておきますが、「アセテートフィルム」と言うのは、親水性の高いセルロースの表面のOH基を酢酸(薄めると酢)と反応させて得られる物なのでそれほどOH基が残っているとは思えませんが?(全部反応させているわけではありません)
    • good
    • 1

フィルムの手触りについての質問とお見受けします。


この場合、OH基(水酸基)はあんまり関係なく、
表面の加工次第と言う気もしないでもありませんが。。。

OH基は酸素(O)と水素(H)が一つずつで構成された部品とでも言うべき物質で、全体としてマイナスの電気を1つもっており、そのため、プラスの電気をもつ物質と結合します。例としてH20(水。水素1つとOH基1つ)ベンゼンなどにもくっつき様々な物質を作ります。

さておき。。。
かわった素材としてはコラーゲン含有の樹脂フィルムなどは
人の皮膚のような滑りにくさ、なめらかさ、しっとり感から
一部ノートパソコンの外装に利用されたりしています。
IBM ThinkPadにそんな機種があったように思います。
    • good
    • 2

よく水と油といいますが、化学の観点から、ひどくおおざっぱに


言ってしまうと
水:OH基
油:CH3、CH2などの炭化水素基
となります。

どのような基が表面に出ているかによって、その表面の化学的特性
(濡れ易さ、親水性、疎水性)は大きく変化します。

代表的な例ではビニールとビニロンの違いがあります。
これは高校の化学で習うものですが、ビニールは水酸基を
多くもち、水に濡れやすいのがビニロンになるとかなり
水をはじくようになります。

水酸基とは?という問いに対してですが、水の一部分と
同じです。水はH2OですがHOHとも書けます。
普通こんな表現はしませんが、水は水酸基をもつ。
といえなくもありません。似たような構造の間には
親和性がありますので、水酸基を多く含む物質は
水になじみやすい、濡れやすい、溶けやすい
といった性質をもちます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「元」ですか?「基」ですか?

「審査基準をもとにチェックをしています」の「もと」を漢字で書くと
「元」ですか?「基」ですか?

Aベストアンサー

異字同訓の疑問ですね。訓読みが存在する世にも珍しい言語である日本語を使う限り、この手の疑問は、広くまた常に生じるため、文化庁や国語研究所などが繰り返し目安を示していますが、最新のものとして、半年ほど前(2014年2月21日)に文化庁が公表した「異字同訓の漢字の使い分け例(報告)」が在ります。全部で132の訓読みについて漢字の使い分けを示しています。
その122番が「もと」で、「もと」と読む漢字として【下】【元】【本】【基】の4つが挙げられ、ご質問の【元/基】に関しては、

【元】物事が生じる始まり。以前。近くの場所。もとで。
(例)口は災いの元。火の元。など、11の例(下略)

【基】基礎。土台。根拠。
(例)資料を基にする。詳細なデータを基に判断する。これまでの経験に基づく。

となっています。
既にお気づきと思いますがご質問の文の場合は、明らかに【基】が適切です。

ただし、この報告はあくまで「目安であり、使用者の側で柔軟に使い分けできるものである」と、この報告作成に携わった内田伸子・十文字学園女子大特任教授が述べている通り、この例示に従う義務はありません。私(murasakimai)個人の感覚としては、「審査基準を元に・・・」も決して排除しきれないと思います。

また、新聞社などのマスメディアも、表記に関しては独自の基準を作成・使用していることも付け加えておきます。詳しくは、市販の「用字用語辞典」などをご参照ください。ご参考になれば幸いです。

異字同訓の疑問ですね。訓読みが存在する世にも珍しい言語である日本語を使う限り、この手の疑問は、広くまた常に生じるため、文化庁や国語研究所などが繰り返し目安を示していますが、最新のものとして、半年ほど前(2014年2月21日)に文化庁が公表した「異字同訓の漢字の使い分け例(報告)」が在ります。全部で132の訓読みについて漢字の使い分けを示しています。
その122番が「もと」で、「もと」と読む漢字として【下】【元】【本】【基】の4つが挙げられ、ご質問の【元/基】に関しては、

【元】物事が生じ...続きを読む

Qフェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思

フェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思います。
この場合PBr3で-BrにしたあとにNaOCH3でくっつけるのとNaHで引きぬいてCH3Iで反応させるのはどちらが妥当あんでしょうか??
回答よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

大学三年未満の知識ならNaH/CH3Iしかないです。
PBr3/NaOMeもアリですが、両者とも非常に「強烈」な条件なので、他の置換基はメチャメチャ。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qカルボニル基と-OHとの反応性

画像の最初の反応で、-OHがカルボニル基に求核付加をしないで、水素引き抜きが起こるのはどうしてでしょうか?詳しく教えください。

Aベストアンサー

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高いことが理由で、7,8員環は歪みこそありませんがエノラートの衝突頻度が低いので形成は不利になります。
しかし図の問題は逆アルドール反応ですので、7員環が形成したことではなく、歪みのある4員環が無くなったということが重要です。

それで回答ですが、No.1の方と同じです。-OHはカルボニル基にも付加しますが、元に戻る逆反応が起きるだけでそれ以上先に進みません。なので付加しないように見えるわけです。
そして図中の逆アルドールが起こるのは、7員環エノラートから4員環にもどる逆反応が起きにくいためです。(4員環はひずみが大きく生成しにくい)
ちなみにアルドール反応は全て平衡なので、右矢印だけで書くのはまずいです。
(最後のプロトン化以外は両矢印)

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高い...続きを読む

Q石井紘基・元民主党議員の殺害犯が「本当は頼まれたから殺した」と告白・・・最近、日本の闇がやたらとあらわに出てきませんか?

テレ朝のスーパーJチャンネルで石井紘基・元民主党議員の殺害犯が獄中の独占告白として取材に答えており、「本当は頼まれたから殺した」「法廷での証言はでたらめだった」などの発言をテレ朝が報道したのを記者が確認。・・・とありました。最近、日本経団連の会長を務めるキャノンの御手洗会長の脱税事件への関与疑惑や、後藤組組長の除籍など、日本の闇に光が当てられているような気がします。それは喜ばしいことなのですが、タイミングが良すぎるような気がしませんか? 何かが自民党政権の膿を今あえて出しているような・・・(個人的にはアメリカかなあ? と・・・) 政治に詳しい人たちはどう思っているのでしょうか?

追伸ー石井紘基・元民主党議員の殺害犯は「ある国会銀に頼まれた」と言っていたようですが、誰だと思いますか? 石井紘基・元民主党議員はRCC、闇金、パチンコ疑惑などを追っていたそうですね。仲間の民主党議員からも「もうやめてくれ」と言われていたとか。民主党も頼りにならないですね・・・・。

Aベストアンサー

ジャーナリストのベンジャミンフルフォード氏も同じ事をいっています
要は米国支配の終焉が近いとのいうことのようです

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/02/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E5%BD%93%E5%B1%80%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E3%82%84%E8%A3%8F%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%93%E6%9A%B4%E9%9C%B2%E3%81%95%E3%82%8C%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%81%9F.html

QOH基の馴染みのよさ

OH基の ゴム、セメント、樹脂など様々なマトリクスとの馴染みのよさについて調べています。

OH基が水(H2O)と馴染みがいいということは、化学式をみて何となく理解できるのですが、実はこのOH基は水の他にも上記で上げたような様々なものと馴染みがいいと聞きました。
それは一体どういう原理によるものなのでしょうか?
教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

補足ですが、OH基はそれ自身がある程度電離しますので、イオンを安定化することができます。たとえば、食塩が水に溶けるのも水のOHは関係しているといえるでしょう。
それと少し視点を変えて、もっと具体的に述べるなら、ルイス酸であるカチオンはOHのO(これはルイス塩基)による配位を受けて安定化されるでしょうし、アニオンはOHのHと水素結合を形成するでしょう。こういったことがOHによるイオン性の物質との馴染みの良さにつながるであろうと言うことです。
ちなみに、イオン性の物質というのは塩類を想定しています。アルコールは水とは異なり、アルキル基を有する分だけ、塩類を溶かしにくくなっているでしょうけど、ある程度の親和力のようなものはあると思います。

QEXCEL 基本の基  複写元のぐるぐる回っている物を止める方法

EXCELです。
基本の基ですよろしくお願いします。

D8~F22に数字が入っているデーターがあります。
その中には計算式も入っています。

D8~F22をコピーして→形式を選んで貼り付け→値を選んで
D40のところに複写をします。

その後ぐるぐる回っているように見えるD8~F22の処理について正しくはどのようにやったら良いのか教えてください。

私は通常はD8のところにセルを持って行って→エンター→そうすると青紫に色が変わる。→ 下向きの矢印で

ぐるぐる回っているように見えるD8~F22の外側ぐるぐる回っているのは終わります。

今まで何となく適当にやっていましたが
本当のこのぐるぐる回ってみえる複写元を止める方法を教えてください。

最後にぐるぐる回っている状態を何というのでしょうか。
合わせて教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「クリップボードにコピー」した状態が継続している表示ですね。

「Esc」キーを押せば解除されます。また、キーボードから何らかの入力をしても解除されますね。(Excel2003)
ただし、クリップボードもクリアされますね。

Windowsのクリップボードと、Excelの「作業ウィンドウ」のクリップボードは別物で、「作業ウィンドウ」のクリップボードは24個の範囲やオブジェクトをコピーして保持しておけるので、便利な場合がありますよ。

Qアリル基の末端にOHを入れる方法

アリル基の末端にOHを付加反応で入れる方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過酸化水素存在下での硫酸のanti-Markovnikov付加は無理です。
硫酸はラジカル付加を起こしません。ラジカル付加を起こしうる化合物はかなり限られます。

実験室的に行われることの少ない反応ですので、具体的なことはわかりませんが、HBrのラジカル付加を行いたいのでしたら、気体のHBrをCCl4などの非極性溶媒に溶かしたものを用い、ラジカル開始剤を加えるのが基本ですが、同時にMarkovnikov付加が起こる可能性もあり、条件設定は難しいのではないでしょうか。

Q債権 知人の中古住宅のリフォームを請け負っていましたが、その中古住宅購入の際よ融資元より抵当権に基づ

債権
知人の中古住宅のリフォームを請け負っていましたが、その中古住宅購入の際よ融資元より抵当権に基づき競売になります。
リフォーム資金を回収する手段は無いものでしょうか?
先取特権とは何でしょうか?

Aベストアンサー

無理かと。

残念ですが、請け負う際に前金で貰うべきでした。

QSiO2粒子にOH基を修飾する方法

タイトル通りSiO2粒子にOH基を修飾する方法を探しています。いろいろ探してみたんですが、水熱処理をすればよいということはわかったんですが、水熱処理装置がないのでこの方法ではできないんです。
SiO2粒子にOH基を修飾する際の、水熱処理は水熱処理装置がなくても単純にSiO2粒子と水や塩基性の溶液中で撹拌しながら加熱するだけで大丈夫なんでしょうか?
できれば特殊な装置を使わずにSiO2粒子にOH基を修飾する方法があれば教えてください!
 

Aベストアンサー

>SiO2粒子にOH基を修飾する…
これは「シリカ」表面にSi-O-Hグループを生じさせるという意味でしょうか?
シリカ表面には既に充分たくさんのSi-O-Hグループが存在します。
水熱合成するのは通常「結晶系のはっきりした」「定性的に既知のシリカ」を作る時だけです。
また、水熱合成装置は十万円も出せば耐圧硝子工業様辺りで売っております。というか、ただの圧力計付きオートクレーブなら何でも良いのです。シリカ原石を入れ水を加え、pHを調節して、あとは文献通り加熱するだけ。
特殊な装置ではなく無機結晶を扱う時の基本装置です。
今後のために一台お求めになる事をお薦めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報