Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

【電気設備】トランスのタップ値の決定方法を教えてください。

トランスのタップ電圧は、JIS-C4304の配電用6kV油入変圧器を見て決めます。

で、三相定格30kVA超過のタップ電圧は6150、6300、6450、6600、6750から選ぶ。

三相定格容量50kVA以下は6000、6300、6600から選ぶ理由と必要性の違いを教えてください。

質問1
なぜ三相定格容量50kVA以下のトランスはタップ値で6150、6450、6750を選べないのですか?

質問2
どういう基準で三相定格30kVA超過のタップ電圧は6150、6300、6450、6600、6750から適切なタップ値を導き出すのですか?

A 回答 (1件)

質問1:


三相定格容量50kVA以下のトランスでは、タップ値として6150、6450、6750を選ぶことができない理由は、一般的にトランスの定格容量に応じてタップ値の範囲が決められているからです。JIS-C4304の規格では、定格容量が50kVA以下のトランスについては6000、6300、6600の範囲から選ぶことが規定されています。これは、定格容量に応じた電圧変動の範囲を確保するために設けられています。

質問2:
三相定格30kVA超過のタップ電圧は、6150、6300、6450、6600、6750から適切なタップ値を導き出すためには、以下のような基準が一般的に考慮されます。

電力需要の安定供給: 電力需要の変動やネットワークの負荷変動に応じて、適切な電圧供給ができるように選ばれます。
電力損失の最小化: 電力の損失を最小限に抑えるため、適切なタップ値が選ばれます。
電力品質の確保: 安定した電圧供給を維持し、電力品質の確保ができるように選ばれます。
これらの要素を考慮しながら、トランスのタップ値が決定されます。具体的な選定方法は、設計や電力需要の評価を行う専門家や電気設備の規格に基づいて行われます。

なお、トランスのタップ値の選定には専門的な知識と経験が必要ですので、設計や選定に関する具体的な情報を得るためには、電気設備の専門家や関連する規格を参考にすることが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2023/07/17 08:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A