アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

決済条件で

サイトという単語をよく目にします。

サイトとはどういう意味なのでしょうか。

サイトとは、手形にのみ使われる言葉なのでしょうか。

また一覧払いとは、どういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一覧払いとは、その手形や小切手の所持人から呈示を受けた場合、これを直ちに引受け(=支払う)


なければならないものです。
つまり呈示日=支払期日、となり、小切手はこれにあたります。

それに対して、支払期日までに余裕がある手形などで、その余裕日数のことをサイト、と呼んでいます。
4月1日の振り出した手形の支払期日が7月末の場合、サイトは4ヶ月(または120日)といいます。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
それでは、サイトとは手形のみに使われる言葉という解釈でよろしいでしょうか。
またたしかL/C at sightという言葉があったと思いますが、ここでいうsightとはどういう意味なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

補足日時:2005/04/28 00:08
    • good
    • 0

#2です。


at Sightとは、直訳すると「見てすぐに」という意味でありますので、
この場合は「一覧払いのL/C(信用状)」となります。
    • good
    • 0

サイトとは、手形の発行日から現金化可能に成るまでの期間の事です。


60日サイトとか120日サイトとか使います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QL/C at sight での代金受け取り

L/C at sightの条件で輸出します。
仕向け地が南米なので着荷まで40日程度かかるので、船積書類は製品が港に着く前に入手、すぐに銀行に持ち込みますが、輸入者としては製品の着荷まで時間があるので、こちらが書類を持ち込んでも着荷まで受け取らない、つまり結果的に代金回収が出荷40日後となってしまうのではと思います。

このような場合、輸入者が銀行から書類を受け取るのを(着荷まで)待つということは可能なのでしょうか?それとも提示されたら必ず受け取る義務があるのでしょうか?どなたか経験のある方、教えて下さい。

Aベストアンサー

L/C at sightにおける銀行間の原則は、輸出者(L/C上の受益者)が銀行に書類を持ち込んだら、その銀行は輸入者の銀行に書類を送付し、輸入者の銀行はその書類に不備がなければ代金をの銀行に決済する事になっています。 (この説明は輸入者の取引き銀行がL/Cを開設し、かつ輸出社の銀行とコルレス関係にあるため輸出者の銀行がL/Cの通知銀行である場合です。 コルレス関係がなかったり、コンファームが付いている場合、中間に他の銀行が関与するケースもあります。)

また、その信用状が信頼のおける銀行の発行で、かつあなたの会社(もしくはあなた個人)に信用があれば、あなたの銀行にL/C書類を持ち込んだ時点で「買取り」を依頼する事が出来ます。 つまり、あなたの銀行がL/C書類を担保に輸出代金を実際にL/Cが決済されるまでの間貸し付けてくれるのです。 勿論、銀行も商売ですのでその間の金利や手数料はあなたの負担になります。

ただし、上記はあくまでも原則であり、一部政情不安な国や外貨が不足する国は日本の銀行から必要な書類が全て届いていても支払いが出来なかったり、政府や国自体が消滅する(たとえば最近のイラク)場合、「絵に描いた餅」になってしまいますので、第三国の信用がおける銀行(US or European First Class Bank)にコンファーム(支払い保証)を付けてもらう事をお勧めします。 これは輸入者にL/Cを開設してもらう時の条件として依頼する必要があります。

L/C at sightにおける銀行間の原則は、輸出者(L/C上の受益者)が銀行に書類を持ち込んだら、その銀行は輸入者の銀行に書類を送付し、輸入者の銀行はその書類に不備がなければ代金をの銀行に決済する事になっています。 (この説明は輸入者の取引き銀行がL/Cを開設し、かつ輸出社の銀行とコルレス関係にあるため輸出者の銀行がL/Cの通知銀行である場合です。 コルレス関係がなかったり、コンファームが付いている場合、中間に他の銀行が関与するケースもあります。)

また、その信用状が信頼のおけ...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q会計用語の「AP or/and AR」とはどういう意味でしょうか。

英文レジメのスキルチェックシートの中に「AP or/and AR」という用語があるのですが、これはどういう意味でしょうか。

ARは辞書で調べると、acknowledgment of receipt 受領通知{じゅりょう つうち}とあったのですが、APは分かりませんでした。

また、ARについては意味は分かったのですが、受領通知の経験ってなんだろうって考えちゃうんですが・・・。

レシートを受領するって事ですから、それをもらって清算する、即ち出納係りの事でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

タイプミスがありましたので、再度書きました。

会計用語の場合、ARときたらAccount Receivableだと思います。またAPはAccount Payableで日本語では前者は販売した商品で今後入金があるという意味です。また後者は受け取った荷物があって期限内に支払いが発生するというととになります。日本語では売掛と買い掛けでしょうか。

Qなぜ小切手は手形と違い、支払呈示日以外でも払い出す?ことができるのでし

なぜ小切手は手形と違い、支払呈示日以外でも払い出す?ことができるのでしょうか?
理由を教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

http://www.houko.com/00/01/S07/020.HTM#s2

手形は”手形法”で手形の要件が定められています。

第75条 約束手形ニハ左ノ事項ヲ記載スベシ
3.満期ノ表示

満期の表示とは、支払期日の事です。

第33条(満期の種類)
(1)為替手形は、次の各号のいずれかとして振り出すことができる。
 1.一覧払
 2.一覧後定期払
 3.振出日付後定期払
 4.確定日払
   ※約束手形は、為替手形の規定を準用する(手形法77条)

手形で満期日(支払期日)が記載されていない場合は、一覧払となります。
この場合、手形であっても小切手と同じです。
 ※一般的な手形は、満期日が記載されていますので確定日払です。

一覧払
http://kotobank.jp/word/%E4%B8%80%E8%A6%A7%E6%89%95%E6%89%8B%E5%BD%A2

つまり、手形は手形法で定められている<満期日、確定日払>としているので、
満期日に支払をする事になります。
 ※それ以前に支払をできません。

これに対し小切手法では
第1条 小切手ニハ左ノ事項ヲ記載スベシ
1.証券ノ文言中ニ其ノ証券ノ作成ニ用フル語ヲ以テ記載スル小切手ナルコトヲ示ス文字
2.一定ノ金額ヲ支払フベキ旨ノ単純ナル委託
3.支払ヲ為スベキ者(支払人)ノ名称
4.支払ヲ為スベキ地ノ表示
5.小切手ヲ振出ス日及地ノ表示
6.小切手ヲ振出ス者(振出人)ノ署名

満期日がありませんね。(法律に定めが無い)
つまり満期日がないですから、いつでも支払されます。
  ※先付け小切手は、法律に定めがありません。
    ※振出日を先日付にしているだけです。
   銀行に持ち込めば普通の小切手となんら変わること無く現金化できます。
   →小切手の発行者が、法律の定めの無い行為を慣例によっておこなっている
    だけです。
   →但し、先付け小切手を、その日付より前に銀行に持ち込むと、不渡に
    なる場合があります。(先日付までに現金を用意する。今、お金がない
    から、そのような面倒なことをしているのです)

>なぜ小切手は手形と違い、支払呈示日以外でも払い出す?ことができるのでしょうか?

小切手に、支払提示日(支払期日)はありません。
 ※振出日しかありません。
よって、いつでも支払いできます。

手形は、支払提示日(満期日、支払期日)が記載されています、それ以前に払
い出す事はできません。
 ※満期日が記載されていなければ、小切手と同じ扱いになります。

http://www.houko.com/00/01/S07/020.HTM#s2

手形は”手形法”で手形の要件が定められています。

第75条 約束手形ニハ左ノ事項ヲ記載スベシ
3.満期ノ表示

満期の表示とは、支払期日の事です。

第33条(満期の種類)
(1)為替手形は、次の各号のいずれかとして振り出すことができる。
 1.一覧払
 2.一覧後定期払
 3.振出日付後定期払
 4.確定日払
   ※約束手形は、為替手形の規定を準用する(手形法77条)

手形で満期日(支払期日)が記載されていない場合は、一覧払となります。
この場合、手形で...続きを読む

Q会計用語について

「直課」という言葉の意味について教えてください。
「配賦」との違いは何でしょうか?
管理会計の用語なのでしょうか?
ちなみに、会計用語辞典にも管理会計辞典にも載っていませんでした。

Aベストアンサー

費用と製造品の関係が明確な場合、その費用は直接的に製造品の原価とすることができます。これが直課です。
例えば車の製造で1つ5千円のハンドルを付けたとすれば5千円は車の原価になるという具合です。
一方、費用と製造品の関係がこれほど明確でない場合は、ある一定の基準に基づいて費用のかたまりを製造品に割り振るということをします。この割り振りが配賦です。
例えば車を一ヶ月で40台生産した工場があったとします。また工場の同月の電気代が40万円だったします。この場合、工場のルールで電気代は製造した車に平等に割り振ると決まっていれば、40万円を40台の車に割り振って1万円ずつを車一台分の製造原価とすることができます。
ハンドルと電気代の違いは車(製造品)とハンドル(費用)の関係は明確ですが、車(製造品)と電気代(費用)の違いは明確ではありません。この差が直課と配賦の方法の違いの元になっています。
以上参考になればうれしいです。

QL/C NET 30 DAYSとは

輸入取引の決済条件で、海外の取引先(輸出者)から代金決済方法は「L/C NET 30 DAYSで」と言われました。
L/C取引は頻繁に行なっておりますが、NET 30 DAYSの意味がわかりません。
期限付LCで30DAYS AFTER SIGHTまたは30DAYS FROM B/L DATE的な意味でしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり聞いたことがないので調べたら
30days for payment whithout discountの略語で、30日後に送り状(インボイス)金額そのまま...
って書いてありました。

いずれにしても30日がafter sightなのかBL dateか
不明なので問い合わせされた方がいいと思いますが!

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q貿易実務における「船積」とは?

船積日などのように貿易実務で「船積」という言葉が頻繁に使われますが、
この意味を教えて下さい。

1. 船積というのは、言葉通り、貨物を船または飛行機などに載せることですが、
   「船積日」というのは「貨物の搭載日」「出港日」どちらを表すのでしょうか?

2. TOKYO ETD 3/24-25
   と書かれてあった場合、3月24日も3月25日もどちらとも「船積日」ですか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

>船積日などのように貿易実務で「船積」という言葉が頻繁に使われますが、
>この意味を教えて下さい。

学校のテストの問題なら、私の内容は間違いでしょうが、実務上というなら、

1. 船積日というのは、
  英語では、Shipping Date で、L/C以外では、本当に取り沙汰されることは
  少ないと思います。相手に商品が届いて、「ナンボ」ですから。
  それに、Open Account の請求は、通常、Invoice Dateからです。

  一応、船積みされて、出港準備や手続きが終わった状態だと解釈していますが、実務上は、
  その船積みの労役のことではなく、結局の所、Shipping Documents(B/L等)上の日付
  ということだと思います。(そう言ったら身も蓋もないかもしれませんが、現実問題です)

2. TOKYO ETD 3/24-25
  ETD の E は、"Estimated"で、Estimated Time of Departureで、
  「出港予定時間」という意味ですね。
  それは、相手に連絡する時に使う用語です。Documents 上は重要ではありません。
  「3/24-25」だったら、その間に出港するという意味でしょうね。

  相手は、ETA(到着予定時間)が気にします。急ぎのものを、
  東南アジア経由やロシア経由だなんて言ったら、激怒するかもしれません。
  飛行機でしたら、ETAに合わせて、到着前に事前申告をすることもあります。

こんにちは。

>船積日などのように貿易実務で「船積」という言葉が頻繁に使われますが、
>この意味を教えて下さい。

学校のテストの問題なら、私の内容は間違いでしょうが、実務上というなら、

1. 船積日というのは、
  英語では、Shipping Date で、L/C以外では、本当に取り沙汰されることは
  少ないと思います。相手に商品が届いて、「ナンボ」ですから。
  それに、Open Account の請求は、通常、Invoice Dateからです。

  一応、船積みされて、出港準備や手続きが終わった状態だと解釈していま...続きを読む

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報