決済条件で

サイトという単語をよく目にします。

サイトとはどういう意味なのでしょうか。

サイトとは、手形にのみ使われる言葉なのでしょうか。

また一覧払いとは、どういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一覧払いとは、その手形や小切手の所持人から呈示を受けた場合、これを直ちに引受け(=支払う)


なければならないものです。
つまり呈示日=支払期日、となり、小切手はこれにあたります。

それに対して、支払期日までに余裕がある手形などで、その余裕日数のことをサイト、と呼んでいます。
4月1日の振り出した手形の支払期日が7月末の場合、サイトは4ヶ月(または120日)といいます。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
それでは、サイトとは手形のみに使われる言葉という解釈でよろしいでしょうか。
またたしかL/C at sightという言葉があったと思いますが、ここでいうsightとはどういう意味なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

補足日時:2005/04/28 00:08
    • good
    • 0

#2です。


at Sightとは、直訳すると「見てすぐに」という意味でありますので、
この場合は「一覧払いのL/C(信用状)」となります。
    • good
    • 0

サイトとは、手形の発行日から現金化可能に成るまでの期間の事です。


60日サイトとか120日サイトとか使います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどの送り仮名を使っていますか?  “備付”、“備え付”、“備付け”、“備え付け”

私は、新たまって考えてみると、“備付け”をよく使っています。理由は、次のことのようです。
1.送り仮名があると読み易い
2.とはいえ、送り仮名が多いのは冗漫である
3.漢字に挟まれた送り仮名は、美しくない
以上の怪しげな理由付けにより、”備付け”のように、最後にのみ仮名を付けているようです。と、書きながらも、“読み易い”には挟まれた送り仮名を使っていますが。
皆様は、どの送り仮名を使っていますか?  “備付”、“備え付”、“備付け”、“備え付け”

Aベストアンサー

普通は「備え付け」でしょうが、私は頑なな「備付け」派です。

理由は質問者様の1.~3.と全く同じです。
特に<3.漢字に挟まれた送り仮名は、美しくない>は漢字
の持つ簡潔さを失わせ、先人の考案した漢字語句と文化への冒涜である
とも感じて居ます。
技術的な英独文を翻訳する事が多いのですが、普通は和訳文が原文より
短く簡潔になります。漢字の使用もその理由の一つです。
「備え付け」「取り組み」「組み合わせ」等は何か間が抜けて居ます。特に科学技術関係の文中では。

余談ですが、ご存知ですか?
翻訳は、訳語1字が何円で計算される事があります。
つまり「備え付け」が「備付け」より高いのです。
それで、「備え付け」や、ひどい場合は「そなえつけ」と漢字を
使えば良いのに字数増やしをしている様な訳者がいてイライラ
することがあります。

時代遅れと言われようが「備付け」がいい。そんな気分です。

Q約束手形(不渡手形)を決済される基準は?

こんにちは。どなたかご存知でしたら、ぜひ教えてください。

支払手形の決済日に当座預金に資金を用立てできなかった場合は、当然不渡となりますが、例えば一部は支払可能な資金がある場合は金融機関が判断をして決済されると聞いたことがあります。
それは本当でしょうか?また、本当ならばや判断基準や慣習を教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前聞いた話では、複数枚の手形が有り、一部しか決済できない場合は、銀行の判断で任意の手形を決済します。

このばあい、金額の少ない手形から決済して、不渡りの枚数を少なくするとのことでした。

Qハ行四段活用の送り仮名意識(古典を読んでいたら)

古典で、同じ文章でも送り仮名意識の違いがみられます
例えば、「思」なら「思」のみで送り仮名がないもの
「於毛ひ」のように送り仮名があるものがあります
この違いは一体何なのでしょうか?
特にハ行四段活用の送り仮名について調べています
自分で調べても答えが出ず困っています
すぐに回答が欲しいです。
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

ためしに「更級日記」からハ行四段動詞「給ふ」の例を拾ってみました。わざとページ・行は示しません。( )付きの部分は底本に本来無かった仮名であるということです。

さらに、ためしに私なりの基準で分類してみました。活用語尾無表記の例は、活用語尾が無くても何形かわかるような例が多いようです。逆に活用語尾が表記されている例は、もし活用語尾が無表記だと、誤解しやすいかなとも思えます。例えば「給ひぬ」を「給ぬ」と書いてあると「給はぬ」と誤解したりするとか。

ただこういう問題で、中古の仮名文を資料にするのは危険です。中古の仮名文は原典が失われ、現存するものは後世の写本がほとんどですから。さらに「更級日記」とくれば、あの藤原定家が書写したやつですからなおさらです。慎重にならざるを得ない資料です。

〔未然形〕……未然形語尾「は」の表記例

さだかには見え給はず、
かやうにのぼらせ給はましなど

〔連用形〕…連用形語尾「ひ」の表記例

御子失せ給ひぬとおぼしまどひ、
侍從の大納言の御むすめなくなり給ひぬなり。

〔連用形〕…連用形語尾「ひ」の無表記例

京にとくあげ給(ひ)て、
たゞひとり御簾のきはにたち出で給(ひ)て、
その夜この浦を出でさせ給(ひ)て、
佛の御丈六尺ばかりにて、金色に光り輝やき給(ひ)て、

同じおりなくなり給(ひ)し侍從大納言の御むすめの手を見つゝ、

宮など失せ給(ひ)にければ、

いま片つかたには、印をつくり給(ひ)たるを、

佛もあはれと聞き入れさせ給(ひ)けむかし。
このかう思し分かせ給(ひ)けむ御心ども、
春秋をしらせ給(ひ)けむことのふしなむ、

〔終止形〕…終止形語尾「ふ」の無表記例

ゆかしくし給(ふ)なるものを奉らむ」とて、
梅壷の女御ののぼらせ給(ふ)なるをとなひ、

かほる大將の宇治に隱しすへ給(ふ)べきもなき世なり。
佛の御徳かならず見給(ふ)べき人にこそあめれ。

あなかしこ、をびえさはがせ給(ふ)な。


〔連体形〕…連体形語尾「ふ」の表記例

上にものし給ふを度々呼び下すに、

〔連体形〕…連体形語尾「ふ」の無表記例

をのづから人のやうにもおぼしもてなさせ給(ふ)やうもあらまし。
たゞ宮にその國を預け奉らせ給(ふ)よしの宣旨くだりにければ、

みかどの御むすめいみじうかしづかれ給(ふ)、たゞひとり御簾のきはにたち出で給ひて、

みかど、きさき、御子失せ給ひぬとおぼしまどひ、求め給(ふ)に、
母、物語などもとめて見せ給(ふ)に、
又の年の八月に、内へ入らせ給(ふ)に、

いみじくあはれなる也」と語り給(ふ)を聞くに、
さめざめとなき給(ふ)を見れば、
秋の夜に心を寄せて答へ給(ふ)を、さのみ同じさまにはいはじとて、
透きて見え給(ふ)を、せめて絶え間に見たてまつれば、

來年の司召などは、今年この山に、そこばくの神々集まりて、ない給(ふ)なりけりと見給へし。
それ棧敷へわたり給(ふ)なるべし、


〔已然形〕…已然形語尾「へ」の表記例

額をつきし藥師佛のたち給へるを、見すてたてまつる悲しくて、
その宮の産み給へるこどもは、
めでたく書き給へるを見て、いとゞ涙を添へまさる。
親の太秦に篭り給へるにも、
いみじう氣高う清げにおはする女の、うるわしくさうぞき給へるが、
神の現はれ給へるかとおぼゆ。
かたわらに臥し給へる人聞きつけて、
宮にかたらひ聞ゆる人の具し給へると、物語して心細さを慰む。
石津に着かせ給へらましかば、
阿彌陀佛たち給へり。

この中の君のすゞろにあはれと思ひいで給へば、たゞしばしこゝにあるを、
「この鏡には、文や添ひたりし」と問ひ給へば、
いま片つ方に寫れる影を見せ給へば、
「なにしにおはしつるぞ」と問ひ給へば、


〔命令形〕…命令形語尾「へ」の表記例

物語のおほく候ふなる、あるかぎり見せ給へと、身をすてて額をつき、
源氏の物語、一の卷よりしてみな見せ給へ」と心の内に祈る。
「こと、からうじて離れて、たひらかにあひ見せ給へ」と申すは、
「三日さぶらひて、この人のあべからむさま、夢に見せ給へ」などいひて、
あなかしこ、をびえさはがせ給ふな。息もせで、臥させ給へ」といふを聞くにも、

ためしに「更級日記」からハ行四段動詞「給ふ」の例を拾ってみました。わざとページ・行は示しません。( )付きの部分は底本に本来無かった仮名であるということです。

さらに、ためしに私なりの基準で分類してみました。活用語尾無表記の例は、活用語尾が無くても何形かわかるような例が多いようです。逆に活用語尾が表記されている例は、もし活用語尾が無表記だと、誤解しやすいかなとも思えます。例えば「給ひぬ」を「給ぬ」と書いてあると「給はぬ」と誤解したりするとか。

ただこういう問題で、中古...続きを読む

Q手形決済

手形は期日までに無くす恐れがある場合は、銀行は期日まで預かってくれるのものですか?

Aベストアンサー

>手形は期日までに無くす恐れがある場合は

窃盗(内部犯行、侵入盗等)、天災・火災による消失の恐れが常にあります。
(全ての所持人に可能性があります)

よって、一般的には、
 ○金庫に入れる
   手形を受入れた場合は、所持している金庫に入れます。金庫は1時間以上
   の耐火性能があり、防犯性能の高いものが望ましいと思われます。
 ○銀行の貸金庫
   個人の金庫より耐火性、防犯性が格段に高いですから、できれば個人の
   金庫より貸金庫の方が望ましいと思われます。
 ○銀行に取立て依頼をする
   銀行に取立て依頼をすれば、当該手形が不渡りにならない限り、確実に
   現金化されます。(無くす恐れがなくなります)
   手形の保管義務が銀行に移転しますから、万が一の場合は責任が銀行に
   なります。

では、すぐに銀行へ取立て依頼をしてしまえば良いかと言えば、会社事情により
そうはいかない場合もあります。
会社の資金が健全で借入など必要ないならば良いのですが、手方割引で資金を
調達しなければならなくなった場合、貸金庫に預けてある手形は良いですが、
取立て依頼してある手形はそうはいきません。
よって、受取って一週間以内は自社の金庫、それ以降は貸金庫、取立て依頼を
する時期になれば貸金庫から出して、取立て依頼をする場合が多いかと思われ
ます。
(勿論、大型金庫を保有しているのであれば自社内の金庫でも構いません)

>手形は期日までに無くす恐れがある場合は

窃盗(内部犯行、侵入盗等)、天災・火災による消失の恐れが常にあります。
(全ての所持人に可能性があります)

よって、一般的には、
 ○金庫に入れる
   手形を受入れた場合は、所持している金庫に入れます。金庫は1時間以上
   の耐火性能があり、防犯性能の高いものが望ましいと思われます。
 ○銀行の貸金庫
   個人の金庫より耐火性、防犯性が格段に高いですから、できれば個人の
   金庫より貸金庫の方が望ましいと思われます。
 ○銀...続きを読む

Q送り仮名について

送り仮名の問題点について調べたいのですが、インターネットを使ってもなかなか載ってません。本でもいいのですが、なるべくインターネットで載ってる範囲で教えていただけないでしょうか?送り仮名について詳しいホームページなどを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「問題点」というのが何を問題とされているのか具体的に判りませんが、ここらあたりでしょうか?

http://utuzawa.hp.infoseek.co.jp/

http://www.konan-wu.ac.jp/~kikuchi/kanji/

Q手形決済のメリット。

運転資金が潤沢にある会社が、
支払手形(それも120日サイト)で決済をする
という方法を選択する場合、
どういったメリットがあるのでしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

至極簡単に判断するならば その経営者はお金を
支払うのがいやなんですね。

支払い管理上 現金にすれば物凄くわかり易いでしょうが。まあ 催促されても支払いしたくないのでは。

Q「送り仮名」の変遷を知りたいです。

 「送り仮名のつけ方」「送り仮名の付け方」
「送りかなのつけかた」などの時代と
どのように変わって行ったか、調べたいのですが、
文部科学省や国語学学会など調べた所
見つけることができませんでした。

どうかご存知の方教えていただけませんか?

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

前の方がおっしゃっていることは,一般論としては確かにその通りです。
インターネットの検索をちょこっとやってみて,見つからないとまるで世の中にその情報は存在しないと思ってしまう人が時々いますが,図書館には膨大な情報の蓄積があり,また司書という情報探しの専門家がいます(いない図書館もあるけれど)。
でも,それだけでは身も蓋もないので,ネット上でもこのくらいはみつかるよという話をしておきましょう。

文部科学省のサイトにいらっしゃったのなら,トップページの上のほうにある「文化庁ホームページ」をクリックしてみましょう。
なぜそれを思いついたかというと,仮名遣いや常用漢字などは文化庁の管轄である国語審議会(現・文化審議会国語分科会)が決めていたなあ,と考えたからです。
すると,左下のほうに「国語施策情報システム」がありますので,そこに入ってみて下さい。
現行の「送り仮名の付け方」は,「国語表記の基準」の中の「内閣告示・内閣訓令」のところにあります。
その前の「送りがなのつけ方」(昭和34年内閣告示第1号)はまだ載っていませんが,それと同じものが国語審議会の第4期の答申として掲載されています。(「各期国語審議会の記録」の「第4期」をクリックすると出ています)
それ以前の規定はまだありませんが,「歴史的な資料も順次収録していきます」ということですので,今後に期待しましょう。
(参考URLは文部科学省のトップページです)

参考URL:http://www.mext.go.jp/

前の方がおっしゃっていることは,一般論としては確かにその通りです。
インターネットの検索をちょこっとやってみて,見つからないとまるで世の中にその情報は存在しないと思ってしまう人が時々いますが,図書館には膨大な情報の蓄積があり,また司書という情報探しの専門家がいます(いない図書館もあるけれど)。
でも,それだけでは身も蓋もないので,ネット上でもこのくらいはみつかるよという話をしておきましょう。

文部科学省のサイトにいらっしゃったのなら,トップページの上のほうにある「文化庁...続きを読む

Q手形の決済日と支払日

不得手なもので質問させてください。
6月20日締翌21日起算90日の支払条件で発行された手形ですが、支払日が9月24日とされています。
先方より期日は9月21日ですが、日曜日のため22日がその日に当たり、支払は翌営業日なので24日という説明を受けたのですが意味がよくわかりません。
わかりやすく御説明いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>期日は9月21日ですが…

手形で指定された日。
この日より 3営業日ほど前に銀行へ持ち込んでおく。
手形で指定された銀行とは違う自分の取引銀行でよい。

>日曜日のため22日がその日に当たり…

手形交換所にかけられる日。

>支払は翌営業日なので24日…

手形交換所から銀行に戻って支払可能になる日。
ただし、手形で指定された銀行とは違う自分の取引銀行に持ち込んだ場合は、もう 1~2営業日あとになることもある。

Q「送り仮名の付け方」は改定すべきだと思いますか。

「送り仮名の付け方」は改定すべきだと思いますか。
 常用漢字表が改定されました。これを機に,送り仮名の付け方も改定すべきだと思いますか。
 私は押さえる,聞こえる,捕らえる,振るうは送りすぎのように思います。それぞれ,押える,聞える,捕える,振うに戻すべきだと考えます。

Aベストアンサー

こんばんは
私の電子辞書は10年ぐらい使っています。その広辞苑で引きますと
すべて押える、聞える、 捕える、振うで、出てきます。私はそれで使っていました。
何時から、押さえる 聞こえる 捕らえる 振るうになったのでしょうか。
それからパソコンの変換は全て両方でてきます。両方使えるとするなら、
使いやすい法を使えばいいのではないでしょうか。
でも統一すべきですね気がつきませんでした。

Q支払手形の決済について

いつもの銀行の手形帳がなくなり、
別の銀行の手形を切りました。
その銀行の普通預金の残高はあるのですが、
当座預金の残高はほとんどありません。
他の方の質問で受取手形や割引手形は
指定すれば普通預金に入金出来るとの事ですが、
支払手形も普通預金から落ちるように
指定できるのでしょうか?
ご指導宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の手形は、約束手形のことだと思われます。
(本件の質問の趣旨であれば、約束手形でも為替手形でも基本的には同じ
 事です)

これは当座預金の意味を知れば解決する問題です。
 一般的に銀行口座には当座預金と普通預金があります。
 (普通預金には、決済用普通預金がありますが本旨とは関係ないので割愛)
 当座預金と普通預金の違い
  ※当座預金と普通預金の一番大きな違いは、当座預金は小切手と手形を発行できる
   事です。普通預金では手形・小切手を発行できません。

>支払手形も普通預金から落ちるように
指定できるのでしょうか?

これは、質問者さんも記していますが支払手形の話です。
よって受取手形とは分けて考えて下さい。
簿記の勘定としての支払手形は、約束手形の発行です。約束手形が発行できる
のは、当座預金口座を有する人のみです。

手形の発行について(支払手形の簿記)
  100万円 買掛金 / 当座預金 100万円
   手形の発行は当座預金からしかできません。
   ※御社は当座預金を有する銀行から手形帳を購入し、その手形を発行
    します。その手形に紐付いた当座預金からのみ決済されます。

>他の方の質問で受取手形や割引手形は
指定すれば普通預金に入金出来るとの事ですが

本件は、手形を入金(受取手形)の話です。
支払手形(手形の発行)とは別の話です。

手形の受取について(受取手形の簿記)
  100万円 普通預金 / 売掛金 100万円
   上記の普通預金は、御社が普通銀行に有している普通預金口座、当座預金
   口座どちらでも構いません。
   
約束手形は手形法によって守られていますから、ある意味面倒ですが、ある意味
信用があります。よって事務手続き上の簡素化を求めているのであれば、
http://www.meti.go.jp/policy/economic_industrial/report/downloadfiles/g50510a01j.pdf
http://www.asahi-kasei.co.jp/akemd/koubai/jp/documents/GF_finance.pdf
のような方向性はありますので、電子手形であれば今後は普通預金から決済で
きるようになるかもしれません。

ご質問の手形は、約束手形のことだと思われます。
(本件の質問の趣旨であれば、約束手形でも為替手形でも基本的には同じ
 事です)

これは当座預金の意味を知れば解決する問題です。
 一般的に銀行口座には当座預金と普通預金があります。
 (普通預金には、決済用普通預金がありますが本旨とは関係ないので割愛)
 当座預金と普通預金の違い
  ※当座預金と普通預金の一番大きな違いは、当座預金は小切手と手形を発行できる
   事です。普通預金では手形・小切手を発行できません。

>支払...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング