株価がどんどん下がっているのですが、この低迷はいつ頃まで続くのでしょうか?今はじっとこらえたほうが身のためでしょうか?もしよければ、今後延びそうな所を教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

株市況は、(日経平均、トピックス)このところ連日安値更新中です。

企業の株保有評価額が、多いところで1/4まで下がっていますから、日本経済にとっても大変な痛手です。今年上期は、多くの企業で好業績を計上していますので、本来株価も上昇すべきなのです。しかし、日本の株市場は、売買の40~50%を、外国投資家が動かしています。彼は、世界特に米国の株市況をベースに売買しますから、日本の株市況も、米国にひきずられて下げています。従って、米の新大統領が決まり、世界が安心し落ち着いてきたら米の株価が上昇し、日本の株も戻るでしょう。
株は魔物です、どんな時世でも、上がる株、下がる株、まちまちですから、いつ、何が値上りするか知る人は誰もいませんが、長期的な資産株として、電力会社、世界的に通用する独自の技術を持っている企業などを、ご自身で検討されては如何でしょう。株取引は、自己責任が絶対条件です。
    • good
    • 0

まだはもうなり もうはまだなり と言いますから


回答にたいした意味はありませんが
もう買いでしょう

まだ資金の有るひとはいいですね!
私など もう軍資金がありません
まだあるともうない では大きな違いです(涙)
    • good
    • 0

アメリカ大統領戦の決着が付けば、


政治的な安定ということで小上がりするとは思います。
ただ、ネット株の調整はまだ終わってないので、
全体的な景気回復はまだまだだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリサの株価低迷について

業績文句なし、バック完璧=ソロス・マネーなのに、オーナー夫婦が持ち株売却して以来、低迷しています。1部上場時に見合った株数にと、株式分割の噂も消え、図書館で取り寄せた出版物では、*に?という記事もありました。マネXの松本さんに匹敵する元・長銀エリートの会社なので、贔屓にしていたのですが、流石に手放そうかと考え中です。よろしくご指導くださいませ。

Aベストアンサー

リサ個別の要因で低迷しているわけではありません。

今の新興不動産は全て叩き売られています。ソフトバンクと同様に外資系証券会社が成長鈍化についてのレポートを出したことも要因の一つとされています。

もっと直接的なネガティブ要因としては、ゼロ金利解除によって資金調達面と物件調達面のいずれも厳しくなっているという点です。そもそも絶対量の減った買い得物件を奪い合いしているにも関わらず、それを買うためのお金の蛇口が絞られるわけですから、競争はますます激化します。あとは各社とも有利子負債が非常に多いですので、利払いを考えれば収益性が悪化しやすいですね。

そんな構図が実際の決算数値にも表れており、パシフィックやクリードなどは成長鈍化とも受け取れる数値になってきました。特にクリードは発表翌日S安まで売られて、なおかつ翌日以降も叩き売られているわけですが、これがセクター全体にもネガティブでした。

アセットについてはサプライズのある好決算にも関わらず、発表後は軟調な展開になっています。

そして金曜引け後にIDUが物凄い決算(逆の意味で・・)を出してきました。これを見る限り、業界全体がより一層厳しく見られることになるでしょう。

リサ個別の要因で低迷しているわけではありません。

今の新興不動産は全て叩き売られています。ソフトバンクと同様に外資系証券会社が成長鈍化についてのレポートを出したことも要因の一つとされています。

もっと直接的なネガティブ要因としては、ゼロ金利解除によって資金調達面と物件調達面のいずれも厳しくなっているという点です。そもそも絶対量の減った買い得物件を奪い合いしているにも関わらず、それを買うためのお金の蛇口が絞られるわけですから、競争はますます激化します。あとは各社とも有利...続きを読む

Qイチヤの株価が超低迷を続けている理由は?

イチヤに興味を持ち、自分なりに財務諸表を読んでみました。

すると、損益計算書はともかく、貸借対照表は非常に良い状態だと私は思いました。
これだったら、いくらなんでも20円に達しない株価はあまりにも低すぎるのではないか・・・?と思い、
他にどんな理由があるのかいろいろと調べてみたところ、「不可解な増資があった」という情報を目にしました。
確かに、貸借対照表が非常に良く見える理由は最近行われた増資のおかげであることはわかりますが、この増資が不可解である、という判断はどこから来るのでしょうか。

一歩引いて見れば、こんなボロボロの会社の巨大な増資を引き受けるというのは何か裏があるんじゃないか?という考えは確かに浮かんでくるのだろうと思いますが、イマイチ根拠が薄いように思います。
この増資が「不可解な増資」だという明確な根拠や判断基準は何かあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ざっと調べただけですが、まずは増資先が投資組合という怪しげなところであるということ。それが「不可解」ということでしょう。

あとは増資引き受け価格の低さ。10円とか12円ですよね?それだと、そこが株を受け取ってからすぐに市場で15円や17円で売却しても利益が出ますから。

投資家はどう考えるのかといえば、そういった売られ方をすると株価が下落して損をしますから、イチヤ株を高値で買いたがらなくなるのです。

Q【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか? PER(株価収益率)とは株価を1株

【株】PER(株価収益率)が高すぎる会社はなぜダメなんですか?

PER(株価収益率)とは株価を1株当たりの当期純利益で割った値で、日経平均銘柄だと14-16倍だそうです。

で、PERが高い銘柄をスクリーニングするとワタミが2.43倍とPERで見ると良い会社に見えます。

進学会だと3.02倍でブラックワタミ嫌いの人なら進学会の株を買えば儲かると思うのですが投資家は買ってないですよね。

なぜ買わないんですか?

PER(株価収益率)は良いですよね?

Aベストアンサー

PERが平均より高い会社がダメとは限りません。
PERが高いということは、それだけ評価が高い、高い成長が期待されているということでもありますので。
その期待に応えられれば株価はさらに上昇する可能性があります。
逆にそれなりの成長は続けていても、期待されているところまで到達しないと株価は下落ということもあります。

ワタミが2.43倍というのはPBR、純資産倍率ですね。PERとは違います。
進学会だと3.02倍というのはなんの数字が意味がわからないです。PERでもPBRでもないですね。

株価は単純にPERの高い低いだけでは判断できません。
様々な要素を幅広く考える必要があります。

Qyahooファイナンスの株価収益率と株ドットコムの株価収益率の値が全然違う。どちらが正しい?

yahooファイナンスの株価収益率と株ドットコムの株価収益率の値が全然違う。どちらが正しいのでしょうか?

ご存知の方、わかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

両方正しいです。Yahoo!は今期利益からPERを出しているのに対し、カブドットコムは来期予想利益からPERを出しているので違いが生じています。

Qログイン無しで数銘柄の株価(なるべくリアルタイム株価)をで見られるようなサイトはありませんか?

特定の数銘柄株価(なるべくリアル株価)を、ログイン無しで見られるような、WEBページはないでしょうか?
yahooの株価情報など20分遅れのものではなく、せめて1-3分遅れ(なるべくリアルタイム株価)のものが有れば教えてください。当方はE-tradeを使っていますが、ログイン無しに極短時間で簡単に株価をチェックしたいのです。
キーポイントは(1)ログイン無し (2)なるべくリアル株価   以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リアルタイムの株価を不特定多数に無償配信することは証券取引所が認めていません。よって認証手続き無しでリアルタイムという条件はまず無理です。
1~3分のDELAYというのを配信しているサイトも存じません。予測ですが、無いと思います。
不特定多数に無償配信する条件として取引所が20分遅れというラインを出しているのかもしれませんし、自主的に20分遅れというラインでコンセンサスが作られているのかもしれません。詳しいことはわかりません。
少なくともリアルタイムがダメなら1分遅れはいいじゃないかといった屁理屈みたいな議論は、取引所もサービス提供者も望まないでしょう。サービス提供者からしてみれば、1分遅れならいいだろうと固執すると情報配信自体を停止されるリスクがあるかもしれませんし、20分遅れを15分遅れにしたところで、大してアクセスが伸びるとは思えないでしょうし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報