ご存知の方を教えてください。

さみだれや 大河を前に 家に軒

教えてください。

A 回答 (3件)

 与謝蕪村の句。

季語は五月雨(夏)。五月雨が降り続き、大きな川に水が渦巻き流れている。その川を前に二軒の家(家に軒ではありません)がいかにも不安さを感じるように並んで建っているのが見える。蕪村は軽妙洒脱な画家でもあったから、絵になりそうな風景がとして捉えたようにも感じられる。
 これ、宿題じゃないのですか?
    • good
    • 0

五月雨や大河を前に家二軒    与謝蕪村



ですね。
    • good
    • 0

何を教えて欲しいのか解らないけど、↓


読み人は「与謝蕪村(よさぶそん)」

参考URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/bungsono/shisoro/ …

この回答への補足

ごめんなさい、説明が悪くて、

僕は外国人で日本語の勉強をしている人です。
その俳句の入っている意味を教えてほしいのです。
よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/27 16:59
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいろんな俳句、教えて下さい。

表題の通り、いろいろ俳句を教えて下さい(爆)
文学的な俳句でもいいし、オモシロネタな俳句や
日常の疑問について思わず頷いてしまう様な俳句、
語呂が俳句に近いような格言・川柳的なモノでもかまいません。

とにかく沢山の俳句を集めていますので、ご助言よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

歳は人にとらせていつも若恵比寿
蛸壺やはかなき夢を夏の月
石山の石より白し秋の風
美しや障子の穴に天の川
芭蕉

散る桜残る桜も散る桜
裏を見せ表を見せて散るもみじ
どちらも良寛の辞世の句という俗説があります。
真偽は色々語っているサイトがありますので
興味があれば探してください。

露の世は露の世ながらさりながら
一茶辞世の句

耕運機盛りのゲンゲ裏返す
作者失念。

一日も捨てる日もなし梅の花
栗田樗堂

糸瓜ぶらり夕顔だらり秋の風
秋の蝿追えばまたくる叩けば死ぬ
正岡子規

逝く空に桜の花があれば佳し
三波春夫

顔抱いて犬が寝てをり菊の宿
高浜虚子

蝉時雨子は担送車に追ひつけず
石橋秀野

他にも沢山ありますがまあこんなところで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報