現在就職活動中の、大学4年生です。
私の志望職種は、人事や総務の管理部門です。なぜなら、表に立つ仕事ではあまりないかもしれませんが、この仕事ができているのといないのとでは、会社の雰囲気が変わってくる、という点に魅力を感じているからです。また、私は雑務大好きなので、そういうところで向いているのではないかと思っているのです。
そこで、この職種に関して色々研究しているのですが、たいていわかるのは、メリットの部分ばかりです。もっと実際の仕事だとか、デメリットも知った上で、自分にできるのか、志望したいかを判断したいし、そうすることで説得力のある志望動機が言えるのではないかと思っています。
甘っちょろいと言われてもかまいません!!どなたか教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

総務・経理です。


デメリットは以下の通りです。

・目に見える成果というものがないので、他者から評価されにくい。
・同様に自分でも達成感が得にくい。
・毎月同じような業務の繰り返しが多いので飽きる。
・他部門の人に、業務の煩雑さや手間を理解されにくい。

しかし、デメリットはいつもその背面にメリットを隠しているものです。
管理部門がしっかり機能し、風通しがよくなると、それだけで経費節減や他部門の業務の遂行がスムースになります。
それを自分の誇りとすれば、奥の深い(どこまでやっても際限なくベストを追求できる)仕事であろうと思います。
逆に言えば、必要最低限のことをやっておけば、手抜きもできるということになりますが。

雑務を厭わないというのは向いていると思います。
いろいろなところから、あれこれ雑務をいっぺんに言われるので、咄嗟に優先順位を判断して、より効率的に(どこからも文句を言われないように。みんな自分の頼んだ仕事を先にやってほしいのです。)やる手順を考えるので、頭と手がフル回転ということになります。
このあわただしさに慣れると、少しずつ押さえるポイントがわかってくるので、頼まれる前にやってあげたり、それ以上の処理を進めてあげることができ、それが自分だけの達成感、満足感になってくると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!!
大変参考になりました。少し孤独な仕事なのでしょうか。でもメリットや、頭も手も使う仕事と伺い、ますますやってみたいと感じました。
デメリットも十分受け止めた上で就職活動を進めていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/29 13:53

管理畑だけを歩いてきた人間として回答させていただきます。


結論から言うと、会社の内部を一番知りうる立場にあります。船で言うとブリッジのメンバーですね。
したがって、いいことも悪いことも知りうる立場にあり、当然救命ボートに乗るのはいちばん最後になります。
私の昔の会社の後輩で、製造部門の中国シフトのために工場を複数閉める計画立案をした男は、工場閉鎖後に「気持ちに区切りがついた」として会社を去りました。
工場で起きた労災事故のため、機械に巻き込まれて亡くなった社員の遺族におわびに行く部長を駅まで見送ったこともあります。
どんな仕事にも光と影はつきものですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても責任の重い仕事なのだということがわかりました。精神的にもとても重くなる仕事なのですね。大変参考になります。
>どんな仕事にも光と影はつきもの
という言葉が刺さりました。その通りだと思います。でも、どんな仕事にも必ずついて回るものならば、腹をくくって自分のしたいことを信じて頑張ってみたいとも感じました。難しいかもしれませんが・・・
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/29 14:02

初めまして。

元人事(総務)部のスコンチョといいます。(^_^)
ユニークなご質問ですね。

僕がいたときに感じたデメリット

1.会社のミス(不備)・不満の突き上げがくる部署である
2.守秘義務があるため同期ともうっかり話が出来ない
こともある
3.全社的な情報に通じていなければならないうえ、残業多し
(他部署のせいで残業が発生することも多い)
4.こつこつと遵守してきたルールが鶴の一声でひっくり
返り、自分が馬鹿のような気がするときもある(^_^;)
5.営業・現場の部門から比べると昇級遅く賞与少なし

てな感じでしたが、個人的に大好きな部署でした。ただ、
採用時点では他の職種に比べて志望動機が地味になるのは
否めません。2次面接あたりから合格率が低いのが管理部門
志望者でした。どこの業界に行っても同じような志望動機に
なるのがマイナス要因かと思われます。ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
守秘義務があるということに驚きました。また、残業やお給料の面から見ると、多少不利になるのだということがよくわかりました。
志望動機は本当に迷うところです。たいがい面接官の方にも、甘いよ、という顔をされてしまいますし、難しいところですね・・・。企業ごとの差別化にもっと力を入れてみようかと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/29 13:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ会社の違う職種に応募? 向いていない職種と向いてる職種 就職活動

こんにちは。これから最終面接の予定があります。それは、ごく入りたい業界です。
しかし、何を血迷ったのか、一時的に気が大きくなっていたのか、、、
自分に最も向いていない職種で応募してしまっていました。
一次面接はそれでも通ったようです。業界への思いがわかった、と一次面接の担当者がおっしゃっていました。
せっかくですので、二次面接にいって勝負してくる予定です。
しかし…心苦しいです。自分の気持ちを確かめるためと憧れの企業で働いている方にあいたくて二次面接を受けさせて頂こうと思ったのですが、本音では営業職はやりたくないし、性格も向いていません。

そんな中、同じ企業の、自分に向いている職種での求人サイトを発見しました。
今更ながら思います。何で初めからこちらで応募しなかったのかと。。

ご存知の方、いらっしゃいましたらアドバイス願います。
同じ会社で、違う職種に応募可能でしょうか?
向いていないと思う営業職の最終面接でどのような結果を頂くかわからないのですが、ありがたいことに内定が出ても、大変心苦しいのですが辞退しようと今から思っています。
もし、営業職の最終面接で落ち、あるいは内定を頂き辞退しても、今後同じ会社で他の職種での応募は可能でしょうか?(可能であっても、やはり過去の行為は関係するのでしょうか?)

こんにちは。これから最終面接の予定があります。それは、ごく入りたい業界です。
しかし、何を血迷ったのか、一時的に気が大きくなっていたのか、、、
自分に最も向いていない職種で応募してしまっていました。
一次面接はそれでも通ったようです。業界への思いがわかった、と一次面接の担当者がおっしゃっていました。
せっかくですので、二次面接にいって勝負してくる予定です。
しかし…心苦しいです。自分の気持ちを確かめるためと憧れの企業で働いている方にあいたくて二次面接を受けさせて頂こうと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

人事採用を担当しています。

>同じ会社で、違う職種に応募可能でしょうか?

普通は同時(最終結果出る前)だったら対応しちゃいますけどね。
後からはほぼ無理だと思ってください。

但し、営業職の場合は枠が多め(辞める率が高いから)なので、採用基準が甘い場合があります。
「営業だったら合格だけど事務系や技術系だとちょっと・・・」って言われる可能性も覚悟してください。

Q文面で御社は「貴社」、では部門は「貴部門」??

タイトルの通りです。

部門の文面での書き方について教えていただきたいです。
貴社は良く使うのですが、会社の部門の書き方がわかりません。

果たして「貴部門」で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

誰に宛てて書くかによって、少し変わってくると思います。

つまり、その部門長より上(部門長を含まない)なら、「貴社の○○部門」が良いでしょう。 これは比較的簡単です。 二度も三度も出てくるときは、「○○部門(に於かれては、、)」など、貴社を繰り返す必要は無いと思います。

では、その部門長およびそれ以下の人に送る場合は? 少し迷うところですが、この場合は「貴部」乃至は「貴部門」有りだと思います。 どちらかと言うと「貴部」のほうがすっきりしていて好ましく感じられます。

如何でしょうか?

Q経理部門と財務部門

経理部門と財務部門の残業時間について聞きたいことがあるのですが、会社によって異なると思いますが、どれくらい残業時間があるのでしょうか?また土日は休めるでしょうか?決算日、中間決算がくるたび、大変で夜通し仕事をすると聞きますが、本当ですか?

Aベストアンサー

会社の規模や経理・財務に所属する人数とか色々加味しないと
一概に言えないですよね。

私は小さい会社で経理をしていましたが、毎月月末や
給与などの支払い日前に数時間の残業はありました。
ただし決算時は大変でした。
3月(決算準備)4月(決算処理)この2ヶ月は月30時間以上は
残業しています。また私がいた会社は親会社と連結決算だったので
親会社への決算報告書の提出が4月中旬だったため
3月から4月にかけては日中が通常の経理業務で残業時間帯が
決算業務という感じでした。

そして5月は税務署に提出する書類の関係で5月中旬くらいまで
残業は続きました。土・日は業務量によって出勤はありました。
でもこれも会社によって様々だと思います。

社会保険料の算定が4・5・6月なのに経理はこの時期が
忙しいから社会保険料が高くなりやすいと思いました。
(この時期と普段の差によって後日調整されますがね)

こんな感じでしょうか?

Q志望職種で悩んでいます。

職種の併願できる企業さんはいいんですが、併願不可の企業さんに今悩んでいます。

就職サイト(数社)の適正診断を受けると必ず出てくるのが
「営業」「販売」「プロモーション」
なんです。
実際、「初対面の人とも話せる・クレーム処理や販売を経験したので交渉力は身についた(と思っています)・怒られてもいい意味で引きずらないしくじけない」ので、「企画」や「制作」よりも「営業」や「広報」を志望しようと思っています。

しかし、どうしても「どんな仕事をしたいか、実現したいか」とエントリーシートや面接で聞かれるとなると「企画」や「制作」を匂わすような文章が出来上がってしまうんです。私自身、自分がアイデアマンだとは思っていません。ですが、「こうなったらいいのになぁ」と思うのでそれを文章にする→結果、企画案になっている→「作る」の観点で面接でつっこまれたら回答出来ない可能性が高い、という流れになってしまうので怖いんです。

どうしたら良いのでしょうか・・・。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

単に文章作成が下手なのか、本当は企画をやりたいのかの
どっちかだと思いますよ。

文章を書くのが下手なら、順序を逆にして考えてみるといいかもしれないです。たとえば「営業の業務内容・メリットを探す」→「メリットに対応する夢や性格を考える」→「夢や性格を匂わせる過去のエピソードの紹介」みたいな。
「自分に向いてる職種なんだ」と主張するより
「職種に向いてる自分」を主張する方が楽です。

Q異なる職種を志望するのは駄目でしょうか?

私は建築系の大学を卒業した者です。
今も就職活動をしているのですが、なかなか志望職(経理職)からの
内定がいただけません。
そこで、志望職種の視野を広げてみたら、グラフィックデザイナーに興味が沸いたのでそちらも受けていこうと考えています。
しかし、このように異なった職種を並行して受けていくより、どちらか一つに絞って就職活動をした方が良いのでしょうか?
人に聞くものではないと十分わかっていますが、回答お願いします。

Aベストアンサー

大学を卒業して現在就職活動中ということですから歳はまだかなりお若いかとお察しします。
色々な職種を経験できるのも若いうちだけです。今のうちに冒険心を持って体験しておくことをお勧めいたします。
30過ぎて新しい職種に興味がわいて1から学びなおすことは非常につらいことだと思いますよ。一生涯身を置ける職種を今のうちに見つけておいてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報