私の学校では専門的な授業も基礎的な授業も他大学からわざわざ先生が来て授業をすることが多いです
私の学科の先生ならだれでもできそうな簡単な授業を他大学の先生が授業をしているのです(しかも教授クラスの人が)
私の学科には授業がつまって忙しい先生もいれば、週に2,3日しか授業をしない先生もいます
外から人を招けばよけいにお金がかかるだろうし・・・
なぜこんなことが起こるのでしょうか?
もしかして、「授業をしたくない」と言って人になすりつけてる?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も,思い当たるのはorimotoさんの挙げられたようなことですね。



他には,
(4)授業内容が自分の学科の教員の専門分野とずれている。
(でも,「基礎的な簡単な授業」だとこれには当たらないかも)

(5)時間割の都合。
特に,水曜の午後は非常勤講師(他大学の教授であっても,外から呼んだ人は一律に非常勤講師になります)がたくさん入っています。
これは,教授会を始めとして,いろいろな会議は(会社などでもそうですが)水曜に設定することが多いからです。
また,教職などの資格関連の授業は,なるべく多くの学生がとれるように,必修の授業と極力重ならないようにします。その結果,その時間に空いている先生が学内にいなければ,非常勤を頼むということになります。
ただ,それ以外の場合で特に選択科目のような場合は,一般には非常勤の先生の都合を優先させて時間割を組むことが多いと思います。

となると,
(6)「授業をしたくない」と言って人になすりつけてる?
大学によっては,こういう先生も中にはいるらしいです。極端な人になると,「授業は研究の邪魔」などというとか。
また,それとは違いますが,大学によっては,何々委員とか何々担当係とか,授業以外の仕事がたくさん割り当てられることがあります。これが多すぎて授業の準備まで手が回らないので,担当する授業数を減らしてほしい,という先生も居られるでしょうね。

なお,給料に関してですが,「ある授業を教えるために,専任を雇う」となるとかなりかかりますが,「非常勤の先生に来てもらう」なら確かにかなり安上がりです。
たとえば,誰かを専任の教授として採用すると,その人に対して年数百万~1000万ぐらいの給料を払うことになりますが,非常勤ならば(週1コマだけ教えてもらうのなら)年20~30万程度です。
しかし,もっと安くあげる方法があります。それは「今いる専任の先生が教える」です。なぜなら,非常勤の給与は教えた授業のコマ数に比例しますが,専任の先生はいくつ授業を教えても基本的には給料は同じだからです。

まあ,この辺の事情は大学によっても違うかもしれませんので,frankさんのいらっしゃるところに当てはまるかどうかは必ずしも分かりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「授業を人になすりつけている」以外は私の学校の場合では当てはまらないようです
どうやら助教授はとても忙しいようですが
教授たちは週2,3回ぐらいしか授業をやらない人が多いです
これは学科によっても異なるでしょうけどね

こういうのって直接先生にも聞きにくいですしねぇ
いったいどうなってるんでしょうね

お礼日時:2001/09/17 23:31

「私の学科の先生ならだれでもできそうな簡単な授業を他大学の先生が授業をしているのです」を、授業をする知識も時間もあると解釈すれば、つぎのことが考えられます。



1)招待する先生の知名度が高く、大学の宣伝になる。

2)実務的に良く知ってる、あるいは産業界に詳しいという理由。

3)給与面では、招待される先生は、通常「非常勤講師」とか「客員教授」の肩書きになりますので、「正教授」よりずっと安上がりになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 招待される先生は、通常「非常勤講師」とか「客員教授」の肩書きになりますので、「正教授」よりずっと安上がりになります。

これは知りませんでした
外から来るほうが安いなんて・・・

お礼日時:2001/09/15 23:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与の項目名、勤怠減額でOK?

小さい会社で事務全般をしています。

給与の項目名でわからないことがあったので教えていただきたく質問します。

先週社員が追突事故に合い、5日間欠勤しました。
その分給与は減額となります。
(有給は利用せず欠勤にし、社員は事故加害者の保険から
給与から減額された分を受け取る予定です。ちなみに正社員です)

この場合、給与明細の控除欄に減額された金額を乗せることになるのですが、
その項目名は「勤怠減額」で問題ないでしょうか。

小さいことで申し訳ありませんが、
どなたか詳しい方がいましたらぜひとも教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お答えしま。
勤怠減額でなく「欠勤」とちゃいまっか?
なんでややこい書き方しまんねんや?
それもなんでっけど、何で「有休」使わせ無いんでっか?
普通はでんな「有休」になるんとちゃうやろか?
でないと休まれた社員はん「賞与・昇給」に影響がでるんとちゃうんでっか?
もしかして「休業補償」と言う銭貰いとぉ~て、ややこい書き方しはるんでっか?
休業補償はのぉ~、社員はんと保険屋はんの話やよって、会社は関係おまへんやろ。
せやさかい「有休」分を「休業補償」で貰うんも、社員はんの話術ででけるはずでっせ!
その方が社員はんもお得やないやろか?

Qコースも学科も違う授業をどれくらい受けられますか?

今受験生です。
学科を選ぶのに困っています。
どちらの学科にも興味のあるコースあります。学部は同じなのですが、他の学科の授業と言うのは(特に専門的なものになると)、どれくらい受ける事ができるでしょうか?そもそも、受けられるでしょうか?
因に、大学は国立で、行きたい学科(の中の興味のあるコース)は、片方は哲学、宗教関係で、もう片方は歴史、孝古学です。
学科に入ってしまってから、「受けられない」と言われたら困るので、色々調べては見るのですが、大学HPに行ってもわかりません。
違う学科の授業を、どれくらい受けられるのか、どなたか教えていただけないでしょうか。
願書締め切りが近いです。
どうか、どなたかなるべく早く回答をお願い致します。

Aベストアンサー

単位認定されなくても良いならいくらでも受けられます。単位認定して欲しいなら、自学部と相手学部が認めている単位数内で履修できます。

ただし、実験科目などでは装置や器具の関係で外部からの受講を拒否することがあります。

また、文系の大教室の授業で履修制限を敷いている科目があります。多くは、出席も取らず試験もやさしい(またはレポートでよい)ものです。このような科目ですと、正規の学生さえ取れないのだから、他学部・学科の学生が聴くなんて問題外です。しかし、学期の初めの頃は教室は立錐の余地もありませんが、数週間もすれば結構空いてくるし、出席も取らないので盗聴(?)することは勝手です。

それ以外の科目では、他学部・学科でも聴講するのは自由です。しかし、担当教員には断っておいた方が良いでしょう。受講者が少ない科目だったら部外者はすぐばれます。

Q給与と賞与の減額について

私の勤める会社の部長(年俸制対象役員兼務者)がある事のため給与、役員報酬及び賞与を減額されることになりました。法的には最大でどれくらいの比率まで減額できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

使用人としての制裁として回答します。

1回あたりの減俸金額は次のように計算されます。
過去3ヶ月間の平均給与日額(歴の日数で除算)を計算して、その日額の2分1が限度です。
その月に複数回にわたり減俸対象となる場合は、上記の計算で回数分を減俸しますが、1ケ月の減俸の限度額は、月額の10分の1です。

会社な損害を与えた場合で、この減俸では手ぬるい場合は、実際の損害額を損害賠償させる方法を取ることも出来ます。

役員としての減俸であれば、労基法が適用それませんから、会社の任意の額で減俸できます。

Q大学の話なのですが、行きたい学部学科とれる資格がいける大学で1つしかないのですが、その学校の授業、雰

大学の話なのですが、行きたい学部学科とれる資格がいける大学で1つしかないのですが、その学校の授業、雰囲気、学力がほんとうにいやなのですがその学校のはやめといたほうがいいですか?
それとも我慢していったほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

いける大学というのは偏差値的な意味で?場所的な意味で?
偏差値的な意味だったら,どうしても嫌だというのならそこより上を目指すというのがスマートな解決方法だと思います.
場所的な意味だと,難しいですね・・・

Q休職後退職時の翌月給与減額の立替金について

小生は病気で休職し、12月半ばで退職する事となりました。

会社から給与明細が送られてきて、
12月度の給与が11月の欠勤分の減額で相殺されており、
厚生年金と健康保険料が立て替えられていました。
この厚生年金と健康保険料が立て替えられているのには納得いきました。
既に会社へ送金いたしました。

がしかし、1月度の給与明細も同時に送付されており、
1月度に発生する12月度の給与減額分が記載されており、
その金額に対し立替を実施したのでその金額を振り込んで欲しいとのことでした。

まず、12月に退職するので、1月度に発生する減額分は小生は預かり知らぬ事であり、
支払う義務はないと考えています。立て替えてくれとも頼んだ覚えはありません。
前借したりしたこともありませんし、借用書も書いた覚えはありません。

また、減額金額は日割り計算されておらず、一か月分の給与に値します。

そして何より、余剰分として過去に一カ月の給与を受け取っていないので、
返還する意味がわからないのです。

経理上の問題で、当月に給与減額できないので翌月に減額するのは解るのですが、
退職した後の減額分まで小生が支払わなければならないのかが解りません。

精神的な病気なのでこの事をぐるぐる考えると辛くなってしまいます。
傷病手当を給付されているので何とか生活できていますが、
一か月の給与をいきなり請求されても余剰なお金はありません。

なんとか支払わないで良い方法はありますでしょうか?

小生は病気で休職し、12月半ばで退職する事となりました。

会社から給与明細が送られてきて、
12月度の給与が11月の欠勤分の減額で相殺されており、
厚生年金と健康保険料が立て替えられていました。
この厚生年金と健康保険料が立て替えられているのには納得いきました。
既に会社へ送金いたしました。

がしかし、1月度の給与明細も同時に送付されており、
1月度に発生する12月度の給与減額分が記載されており、
その金額に対し立替を実施したのでその金額を振り込んで欲しいとのことでした。

まず、12月に退...続きを読む

Aベストアンサー

No1,2です。
入社した月に給与が支払われたなら、当月分の勤務が当月分の給与として支払われます。
12月分を判り安く書いたつもりですが、正確にかきます。
12月の給与
12月の在籍分の給与-11月の欠勤控除-12月の在籍分の欠勤控除です。
つまり1ヶ月分マイナスがあります。
通常退職の人は、欠勤控除がありません。退職月が通常に支給され、残業分が翌月支給になります。
控除とは、貴方の会社に対する負債であり、会社は貴方に請求する権利があります。
給与という会社の貴方に対する負債が先に発生し、控除という貴方の会社に対する負債が後から発生している為、この様な事が起きてしまいます。

Q授業であう先生と、同じ科目で別の先生が居ます。添削を頼むのにもう一人の先生に頼むのってどう思われるのでしょうか?

授業であう先生(A先生)のほうは正直教え方が下手です。もう一人の先生は、週に1度模試演習の解説をしてる先生(B先生)でいろんな組と合同で授業をしてるのでたぶん自分の名前もしらないと思います。ただ、解説を聞いてる限りではかなりわかりやすいです。

なのでこっちの先生に論述の添削を頼みたいと思ってるのですが、やっぱりもう一人(B先生)のほうからするとA先生に頼めよ。って思われるのでしょうか?
それに論述の添削は教師からしても面倒だと思いますし。。。
でもなんとかB先生に頼みたいと思ってます。
なんていえばいいでしょうか?
「先生の教え方がうまかったので、お願いします」ぐらいしか思いつきません。

Aベストアンサー

私にも、そういう経験はある。
教師としての資質はともかく、自分とそりが合うか合わないかというのは、常に起こりうる問題なのである。

まあ、君の知りたいのは「上手な添削依頼の方法」なのだろうから・・・。
「A先生にも見てもらっているのですが、B先生ならどう添削するのかというのを知るのも勉強になると思うので、どうか僕の論述も見てください」
とでも言えばよいのではないだろうか。
教師によって添削のやり方にも多少差が出てくる筈なので、それを理由(口実)にするのである。

「たぶん自分の名前もしらない」というなら、これを機に名前を覚えてもらう位で丁度よい。
教師は生徒に指導するのが仕事なのだから、遠慮せずガシガシ頼もう。

Q入社後すぐの給与減額について

このご時勢もあり会社の業績が思わしくなく給与の減額が
全社規模で実施されることになりそうな状況です。

私は今春就職したので、まだ試用期間という事もあり、会社
の事情ではなく私個人のパフォーマンスが足りないという
理由で給与が減額されることも予想されます。

入社前に取り交わした雇用契約時の年棒は契約として、有効
であり減額を突っぱねることは出来るのでしょうか?

それともやはり試用期間である為、個人のパフォーマンスが
原因とされてしまえば減額を受け入れなければならないので
しょうか?

まったく法律には無知なので、詳しい方いましたらご教授
よろしくお願いいたします。

以上

Aベストアンサー

> 入社前に取り交わした雇用契約時の年棒は契約として、有効であり減額を突っぱねることは出来るのでしょうか?
減額が可能かどうか、そのこと自体契約の内容によりますから、いただいた情報だけではなんともいえません。
年俸であることをもって、ただちに減額が無効だとは断言できません。

会社全体の減俸であろうが、個人のパフォーマンスを理由とするものであろうが、法律論としては、労働契約法9条によって一方的な減額はできないことになっています。
ただし、変更内容が合理的な場合、または労働者の合意がある場合には減額も有効です(同10条)。
「合理的」とは、つまりは「それほどの不利益ではない」ということですね。

契約上の特約もなく、労働者の合意もない場合には、「減額が合理的でない」として争う余地があります。
しかし、入社間もないのに、会社の事情を考えずに争えば、試用期間終了後に本採用にならない(すなわち解雇)になっても仕方ないとはいえます。
もちろん、会社に逆らったから解雇された、つまり不当解雇だとしてさらに争うことは可能ですが、「試用期間のパフォーマンスが悪い」というのが事実であれば、これが会社側の解雇理由にはなるので、不当性の立証は少々難しくはなります。

法律論は確かに大変重要です。
ただそれよりも、せっかく入った会社との関係を、長い目で見てどう考えるかが重要ではないでしょうか。
古株の従業員が減額に応じ(つまり同意して労働契約の内容を変更するということ)ているのに、使用期間中の人が応じない、このような状況になったとして、あなたは会社で普通に働けますか?

> 入社前に取り交わした雇用契約時の年棒は契約として、有効であり減額を突っぱねることは出来るのでしょうか?
減額が可能かどうか、そのこと自体契約の内容によりますから、いただいた情報だけではなんともいえません。
年俸であることをもって、ただちに減額が無効だとは断言できません。

会社全体の減俸であろうが、個人のパフォーマンスを理由とするものであろうが、法律論としては、労働契約法9条によって一方的な減額はできないことになっています。
ただし、変更内容が合理的な場合、または労働者...続きを読む

Q早稲田大学創造理工学部建築学科についての質問です。 早稲田大学創造理工学部建築学科の授業科目を教えて

早稲田大学創造理工学部建築学科についての質問です。

早稲田大学創造理工学部建築学科の授業科目を教えてください!
建築だけを学ぶ訳ではありませんよね?

Aベストアンサー

専門科目は、
http://www.arch.waseda.ac.jp/lesson/
ほかに教養科目もとらないといけない。

Q楽天カードの限度額の減額について

楽天カードの限度額の減額について

楽天で買い物をするのに便利なので、楽天カードを持っています。
専業主婦時代に作ったのに、あっさり出来てしまったのも驚きでしたが、知らないうちに限度額が100万円になっていました。
そんなに使うわけないので、電話して30万円に減額してもらいました。
その時のオペレーターさんに「一度減らしたら、再度限度額を上げるのに審査がいるので大変ですよ。本当に下げていいんですか?」としつこく食い下がられたのですが、「下げてください。」と言ってそうしてもらいました。
ですが1年以上経ったと思われる最近、限度額確認をネットでしてみたら、また100万円になっています!
メール等で連絡が来た覚えはなく、審査をされた覚えはさらにありません。
どうしたらこちらの希望の限度額のままにしておいてもらえるのでしょうか。

100万円でも使うわけではないので、別にいいんじゃ?というご意見もあるかと思いますが、自分が返済不能なほどの金額を気軽に借金出来る状況にあるのがなんとなく嫌なためです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ことに12月に改正割販法が本格施行されます。改正割販法の下では、収入や一般的な支出の見込みに基づいて限度額を設定することになります。ただし既存会員の場合は、更新時には再審査はありますが新規入会ほど厳しくはありません。法的にもある程度の猶予が認められています。
 多分、そこを見越して既存会員の枠についてはカード会社の営業政策の一環として今のうちに広げておいたのだろうと思います。
 或いは、ただ単にシステム上の問題で、限度額を固定するという設定ができなかったので、一定期間に事故がなければ自動的に上ってしまう。
 もう一つの可能性は、あなたの申し出を受けた担当者が入力する際に、限度額固定のフラグをたてるのを忘れていたという単純ミス。
 以上のようなことが考えられますが、どうしても嫌でしたら、再度限度額の縮小の申し出をされたらいかがでしょうか。

Q私は春から大学生になります。 大学の授業(私は教育学部です)とは、高校の授業と何が違うのでしょうか…

私は春から大学生になります。
大学の授業(私は教育学部です)とは、高校の授業と何が違うのでしょうか…。また、高校で習った国数理社英はセンターレベルまで分かっていないとダメなのか不安です。(大学の偏差値は62となっていました。)

Aベストアンサー

高校と大きく違うのは、自分で時間割を作って、履修する授業を登録しないといけないということです。高校まではほぼ自動で時間割が決まっていて、選択授業も、選択肢がごく限られていたと思いますが、大学はゼロの状態から、自分が何をどれだけ履修しなければいけないかを理解して、入学後すぐに決めないといけません。これについては入学直後にガイダンスがあるはずなので、そのときにしっかり話を聞いてください。
教育学部とのことですので、自分が所属する学科やコースで、履修しなければならない科目はかなり決まっていて、他の学部よりは自由度は低いと思います。それでも、例えば副免をどうするかとか、教養科目をどうするかとか、いろいろ選択する必要はあります。

高校までの授業は、教科書と参考書があって、先生が板書したことをノートに写して、それを覚えて市販の問題集を解いていれば、定期試験で良い点が取れたと思います。教科書で習っていないことは試験に出なかったでしょうし、テスト範囲も「今回の試験は、教科書の何ページから何ページまで」という指定があったでしょう。
大学では、そういったものが無いと思っていけばよいです。

一応、シラバスには到達目標が示されていますが、「ここまでやれたら十分」とは言えず、学問には「これで十分」はない、というのが大学です。授業でやらなくても、課題で出されなくても、自分が「これ、なんだろう」「これ、知らないな」と思ったら、自分で調べて自分の知識にする。それが大学での学びです。調べるツールは、大学(図書館など)に揃っています。

また、試験範囲は基本的に「授業でやったところは全部」です。試験の半年前にやった第1回目の授業から、試験一週間前の最後の授業でやったことも、試験範囲です。授業によっては、授業でやったことの「応用」で解ける問題(=その問題と答えは授業ではやっていない)を試験に出すこともあり得ます。

授業で教科書を使う先生もいれば、教科書を指定せずに授業を進める先生もいます。
そもそも大学の「教科書」は、高校までのように教科書検定を経た全国統一のものではなく、研究者が大学生向けに作った入門書だったり、あるいは特に大学の授業向けというわけではない専門書を先生が「教科書」として指定することもあります。授業の教材として何を使うかは、それぞれの授業の担当の先生の自由なのです。
大学の先生はその分野の専門家の1人ですから、他の研究者と意見が異なることもあります。ですから、大学の授業でのその先生の学説が、他の本に書いてあることと違うことも珍しくはありません。高校までならば、「先生、教科書と違います」ということで教科書が正しい、ということになりますが、大学ではそうとは限りません。学説が違う、いろんな意見がある(正解は決まっていない)、というのが大学での授業です。大学の先生を論破するには、先生の単純ミス(記憶違いとか、動かしようのない事実の誤認とか)を除いては、「教科書に書いてあります」では無理で、自分なりにちゃんと理論武装していかないといけません。(そこまで理論武装して先生と議論する学生はほとんどいないでしょうが)

また、高校のような丁寧な板書もほとんどありません。
大学の授業は90分ですが、90分びっしり板書していたら、先生が腱鞘炎になりますし、学生が板書を移すのを待っていたら、授業が進みません。それほど大学の授業は情報量が多いのです。最近はパワーポイントとそのハンドアウトで授業を進める先生も多いでしょう。
大学に入ったら、まず、言われなくてもノートと筆記用具を出して、先生が板書しなくても「これは自分が知らないことだな」「これはこの話のポイントだな」と思ったら、それを書き留めるようにすることです。社会に出てからも、例えば会議などでは板書はなく、口頭でどんどん話が進んでいくので、自分で積極的にメモを取らないといけません。その練習だと思いましょう。

>高校で習った国数理社英はセンターレベルまで分かっていないとダメなのか

センターレベルなら、分からないよりは分かっていたほうが良いに決まっています。
もう入学が決まっていると言うことは、推薦かAOでの合格ですか? ならばなおさら、一般入試の学生との学力差がないようにしておきましょう。
教育学部=学校の先生になるのですよね。学校の先生ならば、高校卒業レベル=センターレベルのことは、全教科、理解しておいてほしいと思います。小中高のどの教員免許か知りませんが、例えば自分は小学校の先生になるんだから小学校の教科書の内容がわかれば教えられる、というわけではありません。義務教育で教える内容は、実は大学レベルの知識や理論を知って、初めて、学習指導要領や教科書の意図する内容が理解できるのですよ。

高校と大きく違うのは、自分で時間割を作って、履修する授業を登録しないといけないということです。高校まではほぼ自動で時間割が決まっていて、選択授業も、選択肢がごく限られていたと思いますが、大学はゼロの状態から、自分が何をどれだけ履修しなければいけないかを理解して、入学後すぐに決めないといけません。これについては入学直後にガイダンスがあるはずなので、そのときにしっかり話を聞いてください。
教育学部とのことですので、自分が所属する学科やコースで、履修しなければならない科目はかなり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報