ご存知のとおりマイカルが破産しました。マイカルの社債を持っています。どうなるのか、また何かしたほうがいいなら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マイカルの社債については、お気の毒ですが、紙くずになってしまいました。


恐らく、戻り金は期待できないでしょう。

「公社債投信」ですね。
これは、証券会社が顧客から資金を集めて、投信会社に委託して、公社債(国債・地方自治体債・社債)に投資をして、利益を購入者に分配して、満期が来れば時価で公社債を売却して顧客に返還するものです。
これには、満期があるものと、満期が無くいつでも売却できる者と有ります。
いずれも、売却すると、その時の時価でから、手数料を引いて返金されます。
これは、国債や自治体の債券が多ければ、安全度が高く、社債が多いと安全度が低くなります。
どのような物をお持ちか判りませんが、証券会社に問い合わせれば、時価と解約時の戻り金が判りますから、お問い合わせになってください。
解約の手続きも、その証券会社に依頼することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とってもよくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 19:35

 大変お気の毒ですが、おそらく紙屑となります。


 運が良ければ一部配当があるかも知れませんが、2兆近い負債では如何ともし難いでしょう。

 あとは、民事再生法に向かったことに一縷の希望を託し、奇跡の再建を長い目で待ち続けることを期待する方がよろしいかと。 個人ベースでやれることなど何もないと思います。

 ちなみに私は今でも赤井電機の株をもっています。(^_^;) 記念品として千株だけだけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kAMOCHAさん、お返事ありがとうございました。
これに懲りて以後よく考えて購入することと心しております。

お礼日時:2001/09/15 11:00

 諸手続はすべて社債管理会社が行います(商法309条1項)が,再生手続への参加には社債権者集会の決議が必要です(商法309条の2第1項2号)ので,社債管理会社からは,いずれ社債権者集会の招集通知(商法320条)が送付されてくると思います。

この社債権者集会では,おそらく,社債権者の債権届出(民事再生法94条)や再生計画案の決議(同法171条)について,社債管理会社に一任する旨の決議案が付議されることになるかと思います。
 
 もしよろしければ,mikanorangeさんは,いつ発行された社債をお持ちなのか,また,社債管理会社はどこなのかを教えていただけますか。

この回答への補足

 お返事ありがとうございます。
 早速ですが、いつ発行されたかというのはよく分からないのですが、《第27回 (株)マイカル 無担保社債》と表示されています。購入したのは12年の10月ですので、約一年前です。管理会社というのは、何のことですか?証券会社は、野村証券です。
 あと、justinianiさん、とっても詳しそうなので、もうひとつ教えてください。
《公社債信託》っていうのは、どういったもので、また、解約とかはどのようにするのですか。時期とかあるのですか。あと、解約するとどのようになるのか、など何も分からないので、何でも、教えてください。
 実は、うちの母が何も分からないのに、証券会社に進められて、持っているのですが、今回のことで《公社債信託》のほうも解約したいといっているのですが、どうしたらいいモノ化が、分からず正直困っています。
 なんか、ずうずうしくもうひとつ質問までして申し訳ないのですが、無知に私と私の母のために知恵を伝授ください。
 お返事お待ちしておりますので、宜しくお願いします。

補足日時:2001/09/15 11:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGM破産 なぜカナダ政府?

GMの株、米政府や米国内の州政府が取得するのは、なんとなくわかりますが、なぜ?カナダ政府も取得したの?

Aベストアンサー

カナダ国内にもGMの工場があって、カナダ人が働いているし、関連企業があり、カナダの経済にも影響があるからでしょう。

QSTAMとeMAXIS:コストの低いほうへ乗り換えますか?

今年の春からSTAMシリーズでインデックスファンドの積立をはじめました。
(TOPIX、グローバル株式、グローバル債券、新興国株式)

当時はコスト面でSTAMシリーズが頭ひとつ抜けていたのですが、
最近、さらにコストの低いeMAXISシリーズが登場し、投資初心者として迷っています。

元々コスト面を重視してインデックスファンド投資、さらにその中からSTAMシリーズを選んだのですから、
さらにコストの低いファンドが登場したら、すみやかに乗り換えるべきかと思うのですが、
具体的にはどうすればよいのでしょうか。

STAMシリーズを換金してから、そのお金でeMAXISシリーズを買う?
それともSTAMシリーズの売却注文と、eMAXISシリーズの買付注文は同時に出す?
これまでの積立分はそのままに、とりあえず次回積立からeMAXISシリーズに変更する?
STAMシリーズは換金するとして、それぞれ8~15万程度になったお金でETFを買う?

また、今後、STAMシリーズの信託報酬改定の可能性はあるのでしょうか。

インデックスファンドに投資している方々のお考えを伺えれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年の春からSTAMシリーズでインデックスファンドの積立をはじめました。
(TOPIX、グローバル株式、グローバル債券、新興国株式)

当時はコスト面でSTAMシリーズが頭ひとつ抜けていたのですが、
最近、さらにコストの低いeMAXISシリーズが登場し、投資初心者として迷っています。

元々コスト面を重視してインデックスファンド投資、さらにその中からSTAMシリーズを選んだのですから、
さらにコストの低いファンドが登場したら、すみやかに乗り換えるべきかと思うのですが、
具体的にはどうすればよいの...続きを読む

Aベストアンサー

現在プラスなら換金すると利益部分に税金がかかるのでもったいないので売りません。
STAMの積み立てを辞めて、今ある分はそのまま放置。
eMAXISの積み立てを開始するのが良いと思います。

現在マイナスならSTAMは売っぱらってeMAXISかETFに乗り換えるのが良いかと。ETFは信託報酬は安いですが、いかんせん再投資ができません(面倒)。

STAMの信託報酬ですが、資産総額がある程度増えれば値下げするという話もあるそうです。

ちなみに私個人としては、当分様子見…
eMAXISがどの程度資金を集めることができるのか、がポイントです。

Qレナウンを買収した山東如意科技集団の中国株の証券コードをご存知の方教え

レナウンを買収した山東如意科技集団の中国株の証券コードをご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

山東如意科技集団は上場していないか、もしくは日本では購入できないのではないでしょうか。
下のサイトは内藤証券の中国株ですが、ここの中国銘柄検索で「山東如意科技集団」で検索しても見つかりません。
「山東」で検索すると7社の中国企業が表示されますが、山東如意科技集団はこの中にありませんので。。

参考URL:http://www.naito-sec.co.jp/chinap/index.php

Q3年間こつこつ貯蓄するなら?

毎月5万円をこつこつとりあえず3年間貯金してこいうと思うのですが、その場合
1:定期預金に預ける
2:証券会社のMRFに預ける
3:リスクの少ない積み立て投信に預ける
のどれにしようか迷っています
あなたらどうしますか?お聞かせください。
3の場合オススメの投信があればおしえて下さい
親が銀行で100万の投資信託で毎月約7000円の配当を得ているので
投信もいいかなと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

元本保証なら1、事実上の元本保証なら2、元本割れを容認するなら3です。今後3年では損するだけかも、、、。
3のお勧めはノーロードのTOPIX投信2万円、ノーロードの海外株式インデックス投信3万円。

>親が銀行で100万の投資信託で毎月約7000円の配当を得ているので
財産を作りたい人は、このような投信を買ってはいけません。親御さんは、持ち金から、お小遣いを稼いでいるだけで、得しているかどうかは微妙なところ、トータルでは損しているかもしれません。

Q月10万円貯蓄するなら?

これから月10万円貯蓄しようと思います。当面使う予定はありません。早くて5年、遅くて25年後というところです。

どのような貯蓄方法を取ったらいいでしょうか?

個人的には、とりあえず普通預金で日経平均が下がりきったなと思えるところあたりで、いくつか優良株を買ってみようかと。。。それか、下がりきったころに投信積み立てを始めようかとか。

Aベストアンサー

№5で回答したものです。

投資に限定するのであれば、まずは「人に任せる」のか「自分でする」のかを決めるのが一番最初ではないでしょうか。

投資の本などには、「他人任せにしない」「自己責任で」とありますが、「人に任せる」のと「自己責任」は両立しうると私は思います。
というのが、「誰に、何を、どの程度、まかせる」のかを決めるのは自分ですし、それを自分の裁量と責任の範囲で行うわけですよね。
「人任せ」を全否定してしまうと、本業がある人間が投資をするのは、少し無理があると思います。
勉強時間や運用時間も含めて、自分でやる余力があるのかどうかは、かなり重要なポイントだと思います。
副業や投資に頑張るあまり、本業の成績が落ちたり、家庭や友人関係にひびが入ったりなんてことになったら、一体何をしてることやら、ですよね。
一方で、十分な時間があるのに、無駄に「人任せ」で損をするのも、ばかばかしい話かと思います。

株や債券でしたら、「人に任せる」なら投資信託、「自分でする」なら株や国公社債の購入でしょう。
不動産なら、「人に任せる」ならリート、「自分でする」なら、マンションや駐車場などの購入と運営。こちらは、予算面からリートを選ぶ人も多いようです。
月10万レベルが、しばらくは続く見込みなら、どれか一つではなくて、分散投資をお勧めします。

№5で回答したものです。

投資に限定するのであれば、まずは「人に任せる」のか「自分でする」のかを決めるのが一番最初ではないでしょうか。

投資の本などには、「他人任せにしない」「自己責任で」とありますが、「人に任せる」のと「自己責任」は両立しうると私は思います。
というのが、「誰に、何を、どの程度、まかせる」のかを決めるのは自分ですし、それを自分の裁量と責任の範囲で行うわけですよね。
「人任せ」を全否定してしまうと、本業がある人間が投資をするのは、少し無理があると思います。
勉...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報