グローバル化と地域統合の課題について調べたいのですが、忙しくて文献や書籍を探す時間がありません。そこで、皆様の力を借りたいと、投稿しました。参考文献やサイトでもなんでもいいので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足について。



自分が求める資料はサイト検索がもっとも手っ取り早いでしょう。
地域統合、グローバル化、グロバリゼーション、NAFTA,APEC,MERCOSUR,EUなどのキーワードでヒットするでしょう。添付URLは一例です。

参考URL:http://www.iptp.go.jp/reserch/monthly/m-serch/fi …
    • good
    • 0

グローバル化について。



課題の対象分野を絞らなければ把握が難しいのではないでしょうか。企業発展のため、国際競争力強化のためグローバリゼーションの考え方が生まれたのはアメリカだと思います。日本はそれを見習ったわけです。高い技術と製造力を誇っていた日本の企業は日本対世界市場の考え方が強く、グローバル化は遅れていました。拍車をかけたのは円高です。急激な円高が進み又日本の給与水準が年々高くなったため、もはや技術と製造力だけでは競争力を維持することが出来なくなり、製造拠点を海外へ移し始めたわけです。しかし、この時点では未だ真のグロバリゼーション
とは云えず、単に製造拠点を移したのみで、戦略部門は依然として日本にありました。そのため海外の日系企業は日本人中心で日本の本社を見ながら事業経営を行っていました。

真のグローバリゼーションの必要性は、各地に経済ブロックが作られ
地域統合へと発展し始めてからです。日本の大企業は一斉に世界3極或いは4極体制構築(日本、アジア、アメリカ、ヨーロッパ)に取り組み始め、製造拠点だけではなく、研究、開発、製造、販売、販売促進、人事機能などを拠点に移すようになりました。世界戦略は日本と現地の共同作業へと変わって来たわけです。

グローバリゼーションが進んだ結果、新しい問題が発生しています。それは日本本社のグローバリゼーションがもっとも遅れており、外国語の出来ない重役が多く、海外で育った世界レベルの有能な人材を世界を視野に活用できない人事制度の遅れなどが目立つようになり、優秀な現地社員は日本企業を避ける傾向がはっきりしてきたからです。
日本のグローバリゼーションは前途多難です。

調査研究対象を電器メーカー、自動車メーカなどに絞り、更にある会社の事例にしぼれば資料やURLが探しやすくなると思います。

参考URL:http://www.asia-links.com/japanese/deloitte/08.htm

この回答への補足

課題の対象分野は、国際関係論的にグローバル化と地域統合の課題を調べようとしています。

補足日時:2001/09/16 04:25
    • good
    • 0

地域統合とは何かを、具体的に学ぶもの:


「二十一世紀の日中関係と東アジア地域統合」

http://www5.sdp.or.jp/central/gekkan/1nizyu9903. …

実証分析によりもっと理論的に学ぶもの:
「既存の地域統合に関する実証分析」

http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku/h13/html/13 …

より理論的なもの:
「地域統合の理論面・実証面からの分析」

http://www.meti.go.jp/report/tsuhaku/h13/html/13 …

参考URL:http://www5.sdp.or.jp/central/gekkan/1nizyu9903. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグローバル経済について易しめのおすすめ書籍

どうもはじめまして

世界経済についての書籍を探しているのですが
本屋、図書館を見ると
もう山のようにあって辟易しています

中高生向けの易しい書籍から読んでいきたいです
おすすめを教えてください

Aベストアンサー

西川 潤『世界経済入門』〔岩波新書〕が読みやすくていいかなと思います。

複雑に見える世界経済の構造をわかりやすくときほぐし,新しい世界秩序を展望する市民のための入門書として,多くの読者に親しまれてきた『世界経済入門』を全面改訂.
グローバル化の進行による激変,EUやNAFTAなど地域経済圏の進展,アメリカの覇権主義化の展開など90年代以降の動きを読み解き,日本の進むべき道を構想する.
(岩波書店ホームページより引用)

Q企業間の合併、買収、統合の目的・方法・課題について教えて

 明治安田生命、東京海上日動火災保険、三井住友海上保険のどれかでいいので合併した目的、合併した方法、その課題についてどれか一つでもいいのでわかる方がいらしゃったら教えていたただけませんか?
 そのほか違う企業の合併、買収のこと知っている方でもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 保険業界の合併に関しては、下記のページが分りやすいかな?
   http://www.j-cast.com/2004/11/01000274.html

 要するに、バブル崩壊で金融業界(保険も金融商品)が大ダメージを受け、そのうえ金融自由化により、外資が日本国内に参入してきた為に、素早く経営資源の再配置、及び成長力・収益力・財務健全性を確保する為にM&Aが実施されました。

 下記の「明治生命保険相互会社及び安田生命保険相互会社の合併についての回答」の「第3 合併の目的」にも明示されています。
   http://www.jftc.go.jp/pressrelease/03.april/030417tenpu.pdf

 また、保険加入者の頭打ちや、各種理由(保険会社の破綻や変額保険により膨大な負債を背負って自殺者が出るなど)による消費者の生保離れなどが業界再編を加速させました。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E9%A1%8D%E4%BF%9D%E9%99%BA

 明治安田生命保険の場合は、相互会社なので「明治生命保険相互会社を存続会社として安田生命保険相互会社と合併」と言う形式を取りました。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BC%9A%E7%A4%BE

 東京海上日動火災保険は、ミレアホールディングスを持ち株会社とする方法で合併しています。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9

 三井住友海上保険は、メインバンク(さくら銀行 + 住友銀行 = 三井住友銀行)の合併の影響だったりします。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E7%81%AB%E7%81%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA

 最後に保険業界の再編図を…。
   http://www.hokenno.net/merger.htm

 保険業界の合併に関しては、下記のページが分りやすいかな?
   http://www.j-cast.com/2004/11/01000274.html

 要するに、バブル崩壊で金融業界(保険も金融商品)が大ダメージを受け、そのうえ金融自由化により、外資が日本国内に参入してきた為に、素早く経営資源の再配置、及び成長力・収益力・財務健全性を確保する為にM&Aが実施されました。

 下記の「明治生命保険相互会社及び安田生命保険相互会社の合併についての回答」の「第3 合併の目的」にも明示されています。
   http://www.jftc....続きを読む

Qなぜ今、地域統合(EUやASEANなど)が注目されているのですか?

なぜ今、地域統合(EUやASEANなど)が注目されているのですか?
地域統合について授業で以下の事を学びました

1980年代ごろまで世界は地域主義の経済体系をとっていて、各国が様々な国と個別に貿易を行っていた
その後、石油危機や固定レート制度の廃止により地域主義が壊れ、各国は保守的なナショナリズムへ変わり経済が停滞しはじめた。経済停滞を打開するために現在は地域統合が進んでいる

このような事を学んだのですが、質問がいくつかあります
※上記の流れが間違っていたら加筆修正おねがいします。上記が正しいという前提での質問は以下です

1.各国が好きな国と自由に貿易していた、地域主義はぜ石油危機、固定レート廃止で崩壊したのです   か?他に理由があるのですか?

2.保守的なナショナリズムへ変わったというのは貿易量が低下したという事ですか?
                        なぜ貿易できなくなったのですか?

3.ナショナリズムによる経済停滞の打開策が地域統合だと思うのですが、地域統合を進めることは
  昔のような地域主義で各々の国が自由に貿易するのと比較してどういうメリットがありますか?

なぜ今、地域統合(EUやASEANなど)が注目されているのですか?
地域統合について授業で以下の事を学びました

1980年代ごろまで世界は地域主義の経済体系をとっていて、各国が様々な国と個別に貿易を行っていた
その後、石油危機や固定レート制度の廃止により地域主義が壊れ、各国は保守的なナショナリズムへ変わり経済が停滞しはじめた。経済停滞を打開するために現在は地域統合が進んでいる

このような事を学んだのですが、質問がいくつかあります
※上記の流れが間違っていたら加筆修正おねがいします...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.meti.go.jp/intro/kids/trade/01.html

子供向けだがちゃんと書いてある。

1973年前後 石油危機や変動相場制への移行がなされる
貿易が縮小したら大変だというので 1975年から 首脳国会議が始まる。
※ 首脳国会議の参加国は、日米英独仏伊

EUの前のEECは1957年発足

Q経済のグローバル化という意味以外でのグローバル化とは何があるでしょうか。

経済のグローバル化という意味以外でのグローバル化とは何があるでしょうか。

Aベストアンサー

何でもありますが、大きな意味で「文化のグローバル化」に全て含まれるでしょう。とんでもない所にマクドやスタバがあったり、寿司バーでまともなトロを食ったり、100チャンネル以上もあるテレビを見たり、そいつらが追いかけてくる。世界旅行の好きな人は「日本人に会わないところ」を探していましたが、みんなあきらめました。

Q小論文(グローバル化)

何度も質問してすみません。訂正します。

大学から来た小論文の課題で困っています。
内容は、まず資料を読んで解答する形で、問題文が
「グローバル化は、欧米的なシステムで、特にアメリカ的なシステムで世界を統合しようとする動きとして強く表れている」と述べている。「9・11」をそのようなグローバル化への抵抗と見る見方もある。
このように、グローバル化が問題となる局面が出てくるのはなぜか。その原因と背景を具体例を挙げて分析したうえで、グローバル化が進む中で私たちはどのようのに対応していけばよいか。
600字以内で述べよ。

という課題です。


私は、「文化」を例として書きたいのですが、
その問題点、原因と背景、解決策がよくわかりません。
また、パソコンで調べていても参考になる資料がありません。
何かアドバイスを下さい。
こんな未熟な私を助けてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アメリカの心情を理解する事が肝要かと思います。

アメリカは、圧倒的な力を持ってして世界に影響力を放っているという事を示したいし、アメリカが偉大である事を認めてもらいたいという心情があります。

故に、アメリカの世界戦略は、如何にして世界に大きな影響力を放つか、という観点から出発します。少し前までは、軍隊を道具にして圧倒的な軍事力を持って、それを示してきました。例えば、アメリカの前に立ちはだかった日本の存在や、アフガニスタンへの先制攻撃など、徹底的に叩いてきました。

ところが、原子爆弾よりも圧倒的な破壊力をほこる兵器が沢山開発された今では、軍事力・軍隊による影響を放つ事が出来ません。摩擦・衝突や戦争・紛争では、尊敬も感謝もされず、むしろ信頼を失い、心のキョリが生まれる一方です。世界では、徐々に戦争に対する意欲・関心は削がれる様になり、アメリカもその波に巻き込まれていきます。

今は、戦争が出来ない時代へと突入しています(世界大戦に発展したら人類・地球が破滅する事が予測されるため)。

そんな中、アメリカの心情は圧倒的な影響力を放っていたい訳ですから、次に何を使うかと言えばそれが経済力でございます。

アメリカを中心とするグローバル資本主義の一番の問題点は、アメリカが主体となって世界に影響力を放っていたいとするアメリカ中心の論理であるという点でしょう。

文化的な側面から計りたいのでしたら、アメリカの文化に寄り添う国々は発展し、アメリカの文化に寄り添わない国々は衰退していくという点を書かれてみてはどうでしょうか?

グローバル資本主義経済によって世界が繋がってしまうという事は、健全な疎通・交流が前提にあって、相手を認め、受け入れる心の大きさが土台になければなりません。文化は、多様性があって然るべきものですから、その土台が無い状態で世界を統合しようとしても共存は出来ない事となります。

それでも統合したいアメリカがおりますし、確かに大きな影響力を放っているアメリカでしたから、そんなアメリカ中心のグローバル資本主義の下では、アメリカ中心の文化に染まっていきます。

多様性を活かしてこそリーダーシップなのに、結果的に多様性を削ぎ落としながら自分たちの価値基準だけが発展していくのは健全なリーダーシップを発揮しているとは言えないのではないでしょうか?

それでは、どんな形で世界の文化が削ぎ落とされていくのかについて、日本の文化文明と金融バブル崩壊による世界経済の打撃を取り上げてみたいと思います。

日本の文化文明の良いところは、『観』でございます。

とにかく、よく観るんですね。サムライの精神、わびさび美学、大和魂、八百万・・・など、日本を代表する文化文明とは、すべて『観』が入っております。

命を懸けて観る!五感覚でパッと見るのではなく、命をかけて心を込めて観る!でございます。日本の素晴らしさです。

Made in Japanが何故素晴らしいのでしょうか?『観』です。日本人の『観』と、イギリス産業革命のモノ作り・製造業が出会って、Made in Japanを為し得たのでございます。

このMade in Japanは、世界中を覆いつくすほどの凄まじい勢いを持っていたのは、日本の『観』によるものでして、世界ではどんなに頑張ってみてもMade in Japanには勝てません。

世界中を覆いつくす程の日本の勢いは、アメリカから見て面白くありません。それどころか、経済力で世界を取られてしまう危機感を感じます。結果的にアメリカは、モノ作り・製造業が壊滅的打撃を蒙りました。

故に、アメリカはモノ作り・製造業を止めて、経済のルールを変える作戦に出ます。

そうして金融の仕組みが加速的に発達していきます。日本の『観』によって得た富を、金融の仕組みによって美味しくいただきました。日本は、『観』に関心がありますので金融の仕組みによって日本から世界へとお金が流れていく事や、知識・技術・企業などがお金の原理によって簡単に奪われてしまう事など検討も付きません。

結果的にバブル崩壊によって、日本は経済的原子爆弾を喰らい、貧乏の道へと歩みだします。20年にも続く日本経済の長期沈滞へと繋がります。

『観』は文化として素晴らしかったですが、経済論理によって日本人は食べていく事が大変になってきました。円高・デフレ・・・様々な向かい風に立ち向かう為に、生産コストを下げ、社員のクビを切り、向上を海外に移転させ・・・日本人の『観』が削がれ、アメリカ的な効率・結果・スピードなどが重視され、起きた問題がトヨタのリコール問題です。『観』が働いていたら起きよう筈がございません。

世界的不景気である今は代案が必要です。

それが前回お伝えした、『観』を技術化した観術です!

アメリカの心情を理解する事が肝要かと思います。

アメリカは、圧倒的な力を持ってして世界に影響力を放っているという事を示したいし、アメリカが偉大である事を認めてもらいたいという心情があります。

故に、アメリカの世界戦略は、如何にして世界に大きな影響力を放つか、という観点から出発します。少し前までは、軍隊を道具にして圧倒的な軍事力を持って、それを示してきました。例えば、アメリカの前に立ちはだかった日本の存在や、アフガニスタンへの先制攻撃など、徹底的に叩いてきました。

ところが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報