ピアノは子供の時5年くらい、25年ぶりに再開して3年ほどになります。
もうすぐツェルニー40番が終わります。1曲に1ヶ月はかかりました。
目標はショパンのエチュード10-1、10-3、10-12.25-1
25-12、プレリュード28-17、ノクターン15-2
など希望だけは大きく持っていこうと思っています。
そのためにはどのような教則本をやればよいでしょうか?

A 回答 (3件)

私はsinnamonnさんの意見に賛成です。


教則本をここまで進んだから、上手くなったように思っている人たくさんいますが、それは大きな間違いです。
私も先生をしていますが、やる気がなくて長く持っていると もうイイか~ってなります。
要は、その練習をする意味をしっかり把握して、理想の姿をきちんと持ってそれに向かって努力することだと思います。
失礼ですが、これからプロになろうと思われているわけではないと思います。でも、ショパンのこの曲が弾きたいと思われていると言うことは、クラッシックピアノ好きさんですよね。
この際、弾きたい曲を練習曲としましょう!(元々エチュードですもの)弾けないところをいかに練習するかです。リズムを変えたり、スタッカートで弾いたり、ある時は移調したり・・・弾きたいパッセージによって腕や手首の使い方も考えていかなければならないでしょう!
amicaleさんのやりたい曲全て良い教則本になると思いますよ!!!頑張ってください。耳と頭をフルに使って!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
うまくなったどころか、私のはうるさいばっかりです。特にショパンの曲を
弾くと (弾くなんてもんじゃないですね。自分でうるさっくてしょうがない。)
せめて、そこから脱却したいと思いまして、それにはまずは教則本かな、と。
今日はツェルニー50番を立ち読みしてきたんですが、まだ迷っております。
貴重なご意見、今後の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 17:10

amicaleさん、こんにちは。

amicaleさんが挙げられた曲はどれもすてきな曲ですよね。わたしもショパン大好きです。
教則本って、飽きてしまって長続きしませんよね?教則本をマスターしてからではなく、弾きたい曲をいきなり練習してはどうですか?
ショパンのエチュード10-3(別れの曲)とかでしたら、ツェルニーが弾けるなら、前半は十分弾けると思います。
あとは、『この曲を弾きたい』という情熱次第だと思います。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、お答えいただきましてありがとうございます。
実は10-3を練習したんですが、だいたい繋がるようになるのに1年も
かかってしまいました。いまだに間違わなかったことは一回もありません。
それでやはりもっと教則本に時間をさくべきかな、と迷っております。
ご意見、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 16:59

適当にショパンエチュードを弾こうと思えば、今でも弾けないことはないと思いますが、いろいろな意味(音楽的、テクニック的)できちんと弾こうと思うのでしたら、チェルニー40番の次にチュルニー50番を仕上げ、その次にクレメンティ グラドス アド パルナッスムという練習曲集を仕上げ、その次にモシュコフスキー15の練習曲を仕上げてからがよいと思います。


これは、すごく大変なことですが、本気でショパンエチュードを弾こうと思っている人は皆が行っていることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、お答えいただきありがとうございます。
ツェルニー50番をしようか、その時間をショパンの比較的簡単な曲に
向けようか、大変迷っているところです。
ご意見、非常に参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 16:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショパン エチュード10-3(別れの曲)

やはり、全音ピアノピースに書いてある指づかいのとおりに弾くのが、一番いいですよね?

Aベストアンサー

基本的には楽譜通りに弾く事をお勧めします。
でも、どうしても弾きづらくてこっちの指の方がいいのに、っていう所がありますよね。
そういう所は変更してもよいと思います。
その場合、フレーズの途中で指が足らなくなってしまわないよう、常に次の音のことを考えてくださいね。
それを守らなければ曲が途切れてしまったりめちゃくちゃな指使いの原因になります。

私は、最初は楽譜通りの指使いで練習して慣れてきたら弾きにくいところを自分なりに変更しています。
何度練習しても弾けなかったところが指使いを一つ変えただけで弾けるようになった、ということもよくあります。
それくらい大事なものでよ。

指使いは曲をきれいに聞かせるためにあると思っています。
がんばってくださいね。

Qショパン ノクターン9-2 暗譜方法

ショパンのノクターン9-2を練習しているのですが、左手の和音が覚えられません。

技術的なことではなく単純に、次はどこだったっけ、と迷ってしまうのです。

独学でやっていて音楽理論などがわからないせいかもしれませんが、次の和音はこれ、次の小節はこう、という必然性というものを感じないので覚えづらいのです。

ひたすら暗記すべし!

というレベルのものなのでしょうか、なにか覚えるコツがあればお教えください。

Aベストアンサー

はじめまして、ピアノをウン十年やっている40代前半男性です。よろしく。

ショパンのノクターン9-2ですか。いい曲ですよね。私も普段の遊びで弾く曲が無くなったら、馬鹿のひとつ覚えみたいにこの曲を弾いています。

「左手の和音」が、技術的なこと抜きにして、単純に迷うのですね。

う~ん。困りましたね。

アドバイスしてさし上げようと思ってコメントを始めたものの、「さて自分はどうやって覚えたか」と思い返すと、「気がついたら覚えてた」としか言えないもので・・・。「どうやって覚えたのか」自体を覚えてません。ごめんなさい。

「独学でやっていて音楽理論などがわからない(以下略)」と仰ってますが、私も音楽大学を出てるわけじゃなく、ただだらだらと何十年も弾いてきただけなので、音楽理論は怪しいものです。もっとも、ちゃんと10年以上は習っていますから、それなりの音楽知識は持ってるつもりです。

「次の和音はこれ、次の小節はこう、という必然性」があれば、確かに覚えやすいですね。でもそれでは、実際問題として、曲が平べったく単調になり、面白味のない音楽になってしまいます。おんなじようなメロディーでもところどころ変化をつけていくから、音楽の世界が広がっていくわけです。

今楽譜を見ながら、私も一緒に勉強するつもりで、わかる範囲で説明いたします。自信ないけど・・・。

まず、最初の5小節と次に続く4小節は、左手の伴奏がほとんど同じであることは分かりますよね?(右手は第1テーマが2度目に出る時に、少し「おかず」が入って細かくなりますが)

ただし、1回目に出てくるときと2回目に出てくるときのベース音がところどころオクターブ違いなので、これは注意しなければなりませんが、それぞれの3連符の2つ目と3つ目の音は全く同じです、

楽譜に書いてある事を言葉だけで説明するのは非常に難しいので、私の言ってることがあなたに伝わるかどうかは疑問ですが、1小節目から5小節目までと6小節目から9小節目までの左手伴奏は、小指で弾くベース音を除き全く同じなので、要は1小節目から5小節目までの僅か5小節の伴奏をしっかり覚えて、あとはその和音進行と少しずつ違うところを覚えればいいのではないでしょうか?

違うと言っても全く音が違うのではなく、オクターブ上か下かの違いなんです。

例えば、左手小指で弾くベース音(ミ↓・ミ・ミ↓・レ↓/ド↓・ド・ファ・ファ~)の流れをまず覚える。それにそれぞれの三連符の2つ目・3つ目の音を足していく。なんて言う覚え方はどうですか?

説明がうまくできないから、よくわかんないですよね?

あとは、耳にたこができるくらい原曲をCDなどでひたすら聞きまくって、頭に叩き込むしかないかな。

僕なんかは楽譜のオタマジャクシで覚えるんじゃなくて、耳で何度も聞いて耳コピーして、その後で、細かいミスを楽譜で直していくって覚え方をしたからね・・・。楽譜で覚えんじゃなくて、サウンドで覚えたな。僕の場合は・・・。

参考になんないよね。だって楽譜を言葉で説明すんのホント難しいですもん。(これじゃピアノの先生できないですね。)

頑張ってくださいね。

はじめまして、ピアノをウン十年やっている40代前半男性です。よろしく。

ショパンのノクターン9-2ですか。いい曲ですよね。私も普段の遊びで弾く曲が無くなったら、馬鹿のひとつ覚えみたいにこの曲を弾いています。

「左手の和音」が、技術的なこと抜きにして、単純に迷うのですね。

う~ん。困りましたね。

アドバイスしてさし上げようと思ってコメントを始めたものの、「さて自分はどうやって覚えたか」と思い返すと、「気がついたら覚えてた」としか言えないもので・・・。「どうやって覚えた...続きを読む

Q「ノクターン」や「エチュード」って?

今日、楽譜集を買いに行ったのですが、その楽譜集には
「ノクターン」や「エチュード」という曲が何曲かありました。

そこで他の楽譜集も見てみたのですが、また同じように
これらの名前があるものを見つけました。

しかしよく見てみると、名前は同じにもかかわらず譜面が全く違うのです。

どうしてでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ということは、作曲者がそのテーマ(ジャンル)によって作曲し、
>作曲者自身が「ノクターン」などの題名を付けた、ということでしょうか?

そうですね。「ノクターン」は「夜想曲」にふさわしく、テンポがゆったりで
叙情的なメロディを持つ曲につけられます。ドビュッシーのものが有名です。
一つ一つの音に耳を傾けながら夜のしじまを楽しむ曲です。

また、No.1 の方の言われた「ワルツ」「マズルカ」、また「ポルカ」などは
ダンスの伴奏がルーツの舞曲であり、ワルツなら3拍子、
マズルカなら「3/4または3/8拍子による活発なリズム」が特徴です。

「アンプロンプチュ(impromptu)」は「即興曲」という意味で、
シューベルトやこれまたショパンが得意としたものです。
本来作曲家のインスピレーションからその場で生まれた曲を指し、
この意味ではモーツァルトやベートーヴェンも即興の大家でしたが、
これをジャンルにまで高めたものがシューベルトということです。

ジャンルとしての「即興曲」は必ずしも即興演奏から生まれたものではなく、
ソナタなどのかっちりした形式よりに比べ自由な発想を重視した曲を指します。

参考URL:http://www.yasuhara.edu.yamaguchi-u.ac.jp/m_history2/listening_guide.html

>ということは、作曲者がそのテーマ(ジャンル)によって作曲し、
>作曲者自身が「ノクターン」などの題名を付けた、ということでしょうか?

そうですね。「ノクターン」は「夜想曲」にふさわしく、テンポがゆったりで
叙情的なメロディを持つ曲につけられます。ドビュッシーのものが有名です。
一つ一つの音に耳を傾けながら夜のしじまを楽しむ曲です。

また、No.1 の方の言われた「ワルツ」「マズルカ」、また「ポルカ」などは
ダンスの伴奏がルーツの舞曲であり、ワルツなら3拍子、
マズルカなら「...続きを読む

Qショパンのエチュード黒鍵での音程について

ショパンのエチュードOp10-5「黒鍵」練習しているものです。

僕の使っている楽譜では、頭から4小節目の右手での右から4番目の音が
http://www3.uploader.jp/user/Misc/images/Misc_uljp00003.png

のようにEsと書いてあるのですが、何か不自然な響きです。

皆さんの楽譜はどう書いてありますでしょうか?

Aベストアンサー

うちのライブラリーに6種類のショパンエチュードがありましたので、その箇所を見てみましたら全てDesでした。

Qいつか、ショパンのバラード3番と、大洋のエチュードが弾きたいです。シンフォニア、ツェルニー40

いつか、ショパンのバラード3番と、
大洋のエチュードが弾きたいです。

シンフォニア、ツェルニー40は終わりました。ショパンエチュードは別れの曲だけ弾きました。

上記の2曲が弾く前に、弾いておいた方が良い曲はありませんか?

Aベストアンサー

>シンフォニア、ツェルニー40は終わりました。ショパンエチュードは別れの曲だけ弾きました。
>上記の2曲が弾く前に、弾いておいた方が良い曲はありませんか?
シンフォニア、ツェルニー40番が終わっていてショパンのエチュードに入っていれば挑戦しても良い気はしますが、
技術的に不安があるというのであれば、ショパンの別れの曲以外のエチュードや、
ショパンのワルツ、ノクターン、ポロネーズなどを弾いてみてショパンの表現を学んでみるのはいかがでしょうか。

エチュードであれば、Op25-2やOp25-11(蝶々)あたりが入りやすく、
少し背伸びして良い、というのであればOp10-5(黒鍵)やOp10-12(革命)、Op25-1(エオリアンハープ)といった有名どころを弾いても良いでしょう。

ワルツであれば華麗なる大円舞曲などの少し難しいところや、
ポロネーズであれば軍隊ポロネーズや英雄ポロネーズなどの有名どころに挑戦してみると良いでしょう。

ショパンの曲自体をまだそこまで弾いたことがない、というようであれば、
マズルカや前奏曲、ワルツの簡単なところでショパンの曲に慣れてみるのも一つかと思います。

大洋もバラードも難しい曲ですががんばってください。
参考程度にどうぞ。

>シンフォニア、ツェルニー40は終わりました。ショパンエチュードは別れの曲だけ弾きました。
>上記の2曲が弾く前に、弾いておいた方が良い曲はありませんか?
シンフォニア、ツェルニー40番が終わっていてショパンのエチュードに入っていれば挑戦しても良い気はしますが、
技術的に不安があるというのであれば、ショパンの別れの曲以外のエチュードや、
ショパンのワルツ、ノクターン、ポロネーズなどを弾いてみてショパンの表現を学んでみるのはいかがでしょうか。

エチュードであれば、Op25-2やOp25-11(蝶々...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報